子猫に糞をさせる方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

生後1日から約3週間の幼い子猫には、よく注意を払い、育てる必要があります。母猫に見捨てられた子猫は非常に無力であり、自力では何もできません。母猫に促されなければ、糞や尿の排泄もままなりません。生後3週間未満の子猫を保護したら、子猫に糞をさせる方法を知っておく必要があります。生後3週間未満の子猫は、毎食後に刺激をして糞をさせましょう。[1] このまま読み進んで、子猫に糞をさせる方法を学びましょう。

パート1(全2パート):マッサージをして糞をさせる

  1. 1
    刺激を与えるための体勢を整える 子猫が食事を終えたら、利き手ではない方の手で子猫の腹の下を持ち、臀部が自分の方を向くようにします。子猫を持つときは優しく、しかし子猫が逃げない程度にしっかりとつかみます。刺激を与える際には、暖かい部屋で行うようにしましょう。幼い子猫は、凍えると非常に具合が悪くなることや、死んでしまうこともあります。[2]
  2. 2
    暖かい濡らした布を利き手に広げて持つ 子猫が糞をするように、濡らした布を使って子猫の腹から肛門付近を刺激します。母猫は、子猫が食事を終えると子猫を舐めますが、暖かい湿った布がこれの代わりになります。排尿したかどうかがわかるように、明るい色の布を使用しましょう。[3]
    • ペット専用の布を使いましょう。台所で使う布や洗顔に使う布は使用しないようにしましょう。
    • 湯で湿らせた綿球やガーゼも排便促進に使用できます。[4][5]
  3. 3
    布で覆った手を子猫の臀部に当てて動かす 親指とその他の指を使い、布越しに子猫の肛門付近を優しくマッサージします。親指を主に使い、母猫が舌で舐めて排泄を促すように行います。[6]
  4. 4
    時折、子猫が糞やおしっこをしたかどうかを確かめる していなければ、肛門付近のマッサージを続けます。子猫が排尿しはじめると、マッサージしている手に暖かいものを感じます。尿が出きったら、糞をしそうかどうかを見ます。
    • この作業には60秒ほどしかかかりません。子猫が食後に糞もおしっこもしない場合は、獣医師に相談しましょう。[7]
  5. 5
    手に持った布をずらし、清潔な部分で親指を覆う マッサージを続け、必要に応じて布をずらしましょう。時折、布をずらして、子猫が糞で汚れないようにします。綿球やコットンを使う場合、汚れたら捨て、清潔なものでマッサージを続けましょう。
    • 子猫がミルクを飲んでいるあいだは、糞が柔らかいのが普通です。完全に固形の糞は、キャットフードを食べるようになるまで出ません。[8]
    広告

パート2(全2パート):後始末をする

  1. 1
    糞をし終わったら、臀部を拭き取って乾かす 排便後はきれいに拭き取り、臀部をしっかりと清潔にします。次に乾いたタオルか別の乾いた布で、できるだけしっかりと乾くように拭きます。子猫の臀部を清潔で乾いた状態にすることが、発疹や感染症の予防になります。
  2. 2
    子猫を飼育場所に戻す 子猫を箱やケージなどの飼育場所のきょうだいの元に戻します。肛門マッサージを他の子猫にも行いましょう。それぞれに別の清潔な布を使うようにしましょう。
  3. 3
    使ったものをきれいにする 綿球やガーゼは捨て、布は徹底的に洗いましょう。洗濯機で熱い湯を使い、洗剤と漂白剤を使用するのが最適な洗い方です。
    • 次に子猫に糞をさせるときに汚れたままの布を再度使うのはやめましょう。汚れた布を再度使用すると、子猫の健康に重大な危険を及ぼす感染症を引き起こすおそれがあります。
  4. 4
    子猫の肛門付近のマッサージの後は手をよく洗う 子猫の肛門を触る際に間に布があったとしても、糞尿が手に付かないわけではありません。子猫に糞をさせた後は、抗菌せっけんでよく手を洗い、湯ですすぎましょう。
    広告

ポイント

  • 新しく子猫を拾ったら、24時間以内に獣医師の診察を受けるように予約をしましょう。できるだけ早く獣医師の診察を受け、子猫の健康状態を確認し、必要があればワクチンや薬を投与することが重要です。子猫への排便促進の方法をはじめ、獣医師は子猫の飼育方法に関する質問にも答えてくれます。[9]
  • 肛門付近へのマッサージは、毎食後に行いましょう。2~3時間に1度、24時間行い、子猫が生後約3週間になるまで続けます。その際、鳴き声をあげて抗議する子猫もいるかもしれませんが、必要なことなので抗議に屈せずに行いましょう。
  • 生後約4週間になると、猫用のトイレを使いはじめることができます。食事の後に子猫を猫用トイレに入れ、何をすべきなのかを教えます。[10]
  • 使用する布は、白かベージュ、ピンクが最も適しています。編み目のある布で、なめらかではなく適度にざらざらしていて、母猫が子猫を舐める舌のざらざらした感触を模倣できることが必要です。
広告

注意事項

  • 子猫を乱暴に扱わないようにしましょう。まだ赤ちゃんなので、ていねいに優しく扱う必要があります。乱暴にマッサージすると、子猫の骨折や、さらに重大な事態になる可能性があります。
  • 強くつかみ過ぎないように注意しましょう。強くつかんで傷つけると、内臓損傷や死につながるおそれがあります。幼い子猫を扱う際には、優しく、しっかりと持ちましょう。
  • マッサージの際の持ち方が弱すぎないようにも注意しましょう。子猫を落としてしまうと、深刻なけがをしかねません。子猫がどんなにうまくすり抜けようとしても逃げ出さないように、しっかりと持ちましょう。
広告

このwikiHow記事について

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告