子持ち男性と付き合う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

子どもを持つ男性と付き合う女性が最近増えています。子どものいない独身女性が離婚歴のある子持ち男性と付き合う際に、どんなことに気を付けるべきか考えてみましょう。

4の方法1:
どんなことに足を踏み入れようとしているのかを考える

  1. 1
    自分に正直になりましょう。自分が何を必要としているのかをじっくり考えましょう。自分が相手の男性に求めているものは何かを早い段階で自覚しましょう。子持ちの男性と生涯に渡って関係を続ける覚悟があるのか、それとも友達としての交際を楽しみたいだけなのかを自問自答してみましょう。
  2. 2
    待ち受けているかもしれない困難を覚悟しましょう。元妻に先立たれたにせよ、離婚したにせよ、あるいは未婚で子どもを持ったにせよ、相手の男性は過去の失敗から立ち直ろうとしている最中かもしれません。[1][2]一般的に男性は自分の感情をあまり表に出しません。[3]本人が大丈夫だと言っているからといって、何ともないだろうと考えるのは禁物です。長期的な関係を築きたいのであれば、相手の胸の内や喪失感などを打ち明けてもらえるように努力しましょう。また、心の問題にどう対処しているのかを男性との会話から推察してみましょう。[4]
  3. 3
    男性にとってのナンバーワンは、子どもです。自分の優先順位は子どもの次だ、と早いうちに自覚しましょう。デートを計画するにも自分の欲求だけで決めないように柔軟性を持ちましょう。[5]また、子持ちの男性は長期にわたって養育費を支払わなければなりません。それだけ多くを望めないということにもなります。[6]
    • 落胆せずに彼の父親としての資質を判断する貴重な機会だと理解しましょう。どのような事情で独り身になってしまったにせよ、子供の母親の立場に立って考えてみましょう。彼が父親としての役目をきちんと果たしているかも確かめましょう。自分に子どもがいれば彼にも同じように振る舞ってほしいはずです。子どもをないがしろにして自分だけに時間やお金を費やしているのであれば、危険信号です。
    • 家族の一員になれるまでの辛抱です。時間が経てば、いつかは家族の一員になれます。
  4. 4
    男性との関係を築くと同時にもう1つ関係を築く覚悟をしましょう。彼との関係を長期にわたって続けたいと願うなら、彼の子どもとも同じように付き合っていく覚悟を決めましょう。[7]子どもの母親がすでに亡くなっている、あるいは生涯ほとんど会うことがないとしても、子どもにとって、また彼にとっても母親の存在は非常に大きく、思い出から一生消えることはありません。[8][9]
    • 早い段階で元の家族について話してもらいましょう。子どもや子供の母親についてそれぞれの個性、興味、良い点や弱点などをできるだけ多く話してもらいましょう。
    • 子どもや子どもの母親に対する彼の言葉から彼の人となりが理解できます。子どもの母親に対して批判的であるなら、たとえそれが正当であっても責任の全てを母親になすりつける傾向があるかもしれません。男性に、状況を客観的に見極めて自分の責任を受け入れる器があるかどうかを自分で判断しましょう。
  5. 5
    想定外を覚悟しましょう。子どものいないシングル男性と違って、子持ち男性との交際では色々な事に遭遇します。まず、男性と子どもの母親との関係はほぼ永遠に続き、時とともに良くも悪くも変化します。また、子どもの気持ちや考えも変わります。様々な困難にぶつかり対処しなければならなくなるでしょう。[10]
    • ポジティブに考えましょう。現実を見つめることは重要ですが、男性との関係が自分にとって大切だと思うのであれば、将来の事をあれこれ考えて悩むには値しません。たとえ困難に見舞われたとしても努力を通じて克服できたなら、それ自体やりがいのある、また意味のある経験です。
  6. 6
    自分にとっての「初めての経験」をその男性とは共有できません。結婚したい、自分の子供がほしいと思っていても、相手はすでにその両方(もしくはどちらか)の大きなイベントを経験をしている、という事実を受け入れましょう。自分の人生にとっての「初めて」を男性と共有することがどの程度重要なのかを考えましょう。[11]
    • また、自分にとっては仮の話でしかない結婚や子育てを相手の男性はすでに経験している、ということをよく考えましょう。男性との交際を続けるにせよ、彼との子どもを作るにせよ、相手の男性の方がはるかに経験豊富で知識もあり、彼自身自分の能力もわきまえています。
  7. 7
    自分にとって必要なものを再認識しましょう。子持ちのシングル男性と真剣に交際したいと思うなら、彼との関係に求めているものを再確認しましょう。自分が必要とするものを男性との関係から得られるのかを考えましょう。答えを出した後で、交際に踏み切るかそれとも別れるのかを決めましょう。
    • 友達として交際したいのなら、相手にそのように伝えましょう。相手が納得したなら、子どもを巻き込まずに交際を続けましょう。
    • 友達としての付き合いを続けたいと思っていても相手がそれ以上を求めているなら、また深い関係を築きたいのだけれど状況に不安を感じているのであれば、相手にそう伝えましょう。対処できない状況に自分自身を引き込んでしまうのは危険です。
    • 男性と長期的関係を築き、子どもの人生にも拘わっていく覚悟があるのであれば、これから先起こりうる状況について深く考えましょう。同じような境遇の人に経験談を聞いたり、専門家にアドバイスを求めたりしましょう。子どもと子どもの母親についても相手の男性や知人友人から色々と教えてもらいましょう。状況は人によって違います。できるだけたくさんの事実を把握して、新しい生活を始める前に心の準備をしましょう。
    Advertisement

4の方法2:
早い段階からお互いのニーズを話し合う

  1. 1
    相手の男性が自分に何を期待しているのかを尋ねましょう。彼のニーズも話してもらいましょう。早い段階で自分に求められているもの、また彼の子供とどのような関係を築いてほしいと思っているのかを理解しましょう。[12]
  2. 2
    自分の限界を知りましょう。相手を喜ばせようと無理をしてはいけません。できないと思う仕事や責任を引き受けてはいけません。自分の役目は、父親である男性をサポートすることであって、自分が親になることではありません。[13]
    • 離婚や死別した男性は、伝統的な男女の役割という固定観念から、自分には母親が持つ育児能力が足りないと思う傾向があります。[14]自分に足りない能力を補ってもらおうと、意図せずに母親の役目を期待してくるかもしれません。育児能力を培うのは相手の男性であり、自分が母親の代わりをする理由はない、と伝えましょう。[15]
  3. 3
    時間をかけましょう。友達としてでも恋愛感情を抱いていても、即座に男性の人生に積極的に関わるのは避けましょう。子どもにとって、父親に付き合っている女性がいるというだけで大きな打撃になります。子どもの世界に突然踏み込んで、子供の気持ちをかき乱すことは避けましょう。
  4. 4
    絶えずコミュニケーションをとりましょう。子どものためにも正直でいましょう。自身の存在が子どもにとってかなりのストレスを生み、ネガティブな感情の元にもなり得ます。お互いに不安に思うことや心配事を話し合いましょう。子どもにも深く関わる覚悟をしたなら、その生活に踏み込む前に子どもにとっての自分の立ち位置を確認しましょう。[16]
    Advertisement

4の方法3:
子どもの母親との付き合い方を考える

  1. 1
    相手の男性に元妻との関係について訊きましょう。お互いにどのようなスタンスで付き合っているのかを訊きましょう。友好的に分かれたのか、辛い経験だったのかを尋ねましょう。[17]
    • 今の2人の関係が辛辣なら、さらに多くの困難が待ち受けていることを覚悟しましょう。自身と男性との関係、さらに子供との関係にも支障をきたすことは間違いありません。[18]
    • 別れた後も良好な関係であるなら、礼儀正しく且つ毅然として、男性の新しいパートナーとしての地位を確立しましょう。2人がかつて親密な関係だったという事実を受け止めながらも、どちらかの行動が一線を越えているなと感じたなら、遠慮なく伝えましょう。[19]
  2. 2
    元妻の母親としての役割を尊重しましょう。彼女が子供の母親であることを再認識しましょう。子供にとって母親は大きな存在であり、また母親にとっても子どもはかけがえのないものです。子どもの人生に関わることで、自分にも元妻に対してある程度の責任が生じることを自覚しましょう。[20]
    • 彼女が母親の役割を担っていないとしても、母親である事実は変わりません。子供の母親だというだけで敬意を払わなければならないと思う必要はありませんが、彼女と子どもの関係、更に彼女と子供の父親との関係も一生続くという事実を肝に銘じましょう。
  3. 3
    礼儀正しく振る舞いましょう。お互いに我慢ができない事があっても、社会人としての礼儀を守りましょう。子どもに関わる大人全員が、特に子どもが気持ち良く生活できるように大人としての配慮を持って相手に接して、尊敬されるように、また優位な立場に立てるように振る舞いましょう。[21]
    • 子どもはどんなことがあっても、継母に対してよりも強い忠誠心を母親に対して持ち続けます。[22]子供の母親には常に配慮を怠らず、子供や相手の男性から敬意を得られるように努力しましょう。
  4. 4
    故人に敬意を払いましょう。元妻に先立たれたのであれば、元妻はいつまでも男性と子供の心に存在し続けます。子どもと男性が自由に母親、元妻のことを思い出して語ることができ、故人の死を惜しみ、しのぶ時間を持てるようにしましょう。それぞれが大切な人の死を克服するのを見守りましょう。無意識に嫉妬心がうずいてしまうこともあるでしょうが、その気持ちを抑えて男性や子どもに自分に気を遣わせないように振る舞いましょう。[23]
    Advertisement

4の方法4:
子どもとの関係はゆっくりと慎重に築く

  1. 1
    まず父親との関係を明確にしましょう。子どもとの関係を築く前に父親との関係を明確にしましょう。どちらか一方がまだ真剣に相手のことを考えられないのであれば、子どもに深く関わるのは控えましょう。子どもの人生を混乱させないようにしましょう。[24]
  2. 2
    少し待ちましょう。相手の男性も自分自身も子どもに会っても良いのでは思ったとしても、少し時間をおきましょう。[25]しばらく考える時間を設けましょう。慎重に考えた結果、気が変わったならその理由を探ってみましょう。神経が高ぶっているだけなのか、それともまだ心の準備ができていないのかを正直に考えてみましょう。
  3. 3
    見栄を張らずにシンプルにアプローチしましょう。男性と子どもの生活には一歩ずつゆっくりと溶け込むようにしましょう。最初は「お父さんの友達」だと話をするくらいに留めましょう。[26]
    • 子どもに会う時は賑やかな場所を避けましょう。[27]父親との「デート」で使うような場所ではなく、形式ばらない普段の生活に近い場所を選びましょう。
    • 子供と父親がいつも一緒に過ごしているような時間帯と場所を選びましょう。
    • 偶然通りかかったかのように挨拶を交わし、すぐにその場を去りましょう。決して「お父さんを奪いに来た」という印象を残してはいけません。
  4. 4
    ゆっくりと進めて行きましょう。一緒に過ごす時間を徐々に増やして行きましょう。たまに顔を出して挨拶を交わしながら、父親の友達なのだと段々と分かってもらうように接しましょう。ただ、子どもと父親が一緒に過ごす時間を邪魔しないように長居は避けましょう。[28]
  5. 5
    子供の視点を考えましょう。彼らと一緒に過ごす時間が長くなって来たら、子どもが自分に対してどのような印象を持つようになるのかを意識しましょう。最優先させるのは子どもと父親の関係です。父親をめぐって子どもと張り合わないように注意しましょう。[29]
  6. 6
    自分の役割を確立しましょう。父親と自分との関係を子どもが理解したと確認できたら、父親の新しいパートナーとしての役割を引き受けましょう。新しい 「お母さん」あるいは「もう1人のお父さん」ではないことをはっきりさせましょう。叔父叔母、あるいは同じように子どもの幸せを考える信頼を寄せられる教師のような存在に徹しましょう。[30]
  7. 7
    引き続きゆっくりと進めて行きましょう。自分の新しい役割を子どもが受け入れられるまで待ちましょう。たとえ頭で分かったとしても、感情的には納得できていないかもしれません。現実をきちんと把握して絆を強要しないようにしましょう。[31]しばらくの間は自分の役割を忠実に守り、定期的に彼らと時間を過ごすようにしましょう。彼らが必要な時はいつでも力になれることを態度で示しましょう。
  8. 8
    自分の役割を常に忠実に守りましょう。新しい環境に慣れてお利口に振る舞っていたとしても、子どもの感情は急に変化して感情を露わにする場合があります。[32]柔軟に対応できるように準備しておきましょう。突然「私の(僕の)お母さんじゃない」と言われることもあるでしょう。冷静に受け止めましょう。[33]同時に、誰もが敬意を持って扱われるべきだ、とはっきり子どもに伝えましょう。[34]
    • 父親にサポートしてもらいましょう。自分の役割は親としての男性をサポートすることで、親の役割を担うのは彼だと伝えましょう。「叱り役は母親」という世間一般の構図から、叱り役を期待されないように気を付けましょう。[35]
  9. 9
    子どもの前で母親の存在を尊重しましょう。子どもは母親に対する忠誠心を生涯持ち続けます。[36]母親に抱く子どもの感情に関係なく、子供の聞こえる場所で母親の悪口などを言わないように注意しましょう。子どもからの尊敬の念が損なわれてしまいます。
  10. 10
    忍耐強く接しましょう。子どもは自分たちの生活に新しく加わった人を常にチェックします。受け入れてもらえるまで忍耐強く待ちましょう。徐々に慣れて心を開き始めたとしても、男性との関係が進むに連れて子供が心を閉ざしてしまう場合があります。例えば、父親の新しいパートナーとして理解を示し始めたかのように見えて、父親が新しいパートナーとの結婚や共同生活に言及した瞬間に子どもが態度を変えてしまうことがあります。[37]
    Advertisement

ポイント

  • 現実的になりましょう。シングルペアレントとの交際には試練があるのだと早い時期に自覚できると、上手く行く可能性が高いでしょう。[38]
Advertisement

注意事項

  • 子持ちの離婚経験者との結婚はストレスと試練でほとんどが上手くいきません。[39]
  • 実母に比べて継母の方が鬱に陥る件数が高いことが分かっています。[40]
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: | 恋愛関係維持 | 人間関係
  1. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  2. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  3. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  4. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  5. https://www.psychologytoday.com/blog/raising-grieving-children/201007/remembering-fathers-are-also-widowed
  6. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  7. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  8. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  9. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  10. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  11. http://www.meetmindful.com/date-someone-with-children/#
  12. http://www.meetmindful.com/date-someone-with-children/#
  13. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  14. http://www.selfgrowth.com/articles/how-to-datemarry-a-widow-or-widower
  15. http://www.eharmony.com/blog/should-you-introduce-your-kids-to-someone-you-recently-started-dating/#.VyC12mOc-qA
  16. https://blackandmarriedwithkids.com/2013/07/the-single-life-6-things-every-woman-should-know-when-dating-a-man-with-children/
  17. http://www.eharmony.com/blog/should-you-introduce-your-kids-to-someone-you-recently-started-dating/#.VyC12mOc-qA
  18. https://blackandmarriedwithkids.com/2013/07/the-single-life-6-things-every-woman-should-know-when-dating-a-man-with-children/
  19. http://www.eharmony.com/blog/should-you-introduce-your-kids-to-someone-you-recently-started-dating/#.VyC12mOc-qA
  20. http://www.eharmony.com/blog/should-you-introduce-your-kids-to-someone-you-recently-started-dating/#.VyC12mOc-qA
  21. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  22. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  23. http://www.eharmony.com/blog/should-you-introduce-your-kids-to-someone-you-recently-started-dating/#.VyC12mOc-qA
  24. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  25. http://www.blogher.com/advice-dating-people-children-when-you-are-childfree
  26. http://www.blogher.com/advice-dating-people-children-when-you-are-childfree
  27. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  28. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  29. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  30. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html
  31. http://www.huffingtonpost.com/mary-t-kelly-ma/dating-a-guy-with-kids-6-things-you-must-find-out_b_6624868.html

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement