女性らしくなる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

今よりももっと女性らしくなりたいですか?心から自分の内なる女性らしさを高めたいと思っているのであれば、まずは古風な女性の考え方を身に付ける必要があります。そして、気品や礼儀正しさ、自分の才能などを養うことが大切です。女性らしい印象を人に与えるために、以下のステップを参考にしましょう。

3の方法1:
女性らしい容姿を手に入れる

  1. 1
    自分の体型に合った上品で可愛らしい服(快適に着られるのであれば)を着ましょう。まずは、ズボンやジーンズの代わりに、スカートをはいてみましょう。スカートは女性らしく見え、はき心地も快適です。スカートは、ブラウスとベルト、そしてかかとの低い靴と合わせると可愛らしく見えます。自分の好きな丈の、きちんとしたものを選びましょう。一般的に、ピンクやパープルがより女性的な色だと考えられています。王道のペンシルスカートに勝るものはありませんが、プリーツスカートも可愛く、履き心地が良いものです。何年もジーンズを履き続けてきた人がスカートを履けば、きっと新しい自分を発見できるでしょう。特に、一緒にいる友達が皆ジーンズを履いていたり、職場で自分一人がスカートを履いていた場合、お洒落で女性らしい気分になれるはずです。
    • ワンピース(タイトでベルト付きのフレアワンピース)も可愛らしいアイテムです。
    • 生足を出すより、必ずストッキングを履きましょう。柄入りのものは避け、失敗のない薄い無地のストッキングを選びます。淡褐色や黒っぽいものでも結構です。スカートをはけば、快適で足を見せる楽しさを実感できます。
    • ハイヒールが苦手な場合は、ぺたんこな靴を履きます。シンプルかつお洒落なアイテム選びが大切です。
    • 何とかなるなら寝起きのように見える格好でも良いですが、そうでなければ禁物です。自分の体型を隠す服を着るのは避けます。何を着るにしても、自分の身なりを整えるのに時間と労力をかけている印象を与えられるようになりましょう。
    Tannya Bernadette
    Tannya Bernadette
    The Closet Edit設立者

    マスタースタイリスト、ターニャ・バーナデッテさんからのアドバイスです。「フェミニンなアイテムを取り入れましょう。私は、フェミニンなファッションを色合いとフィット感によって分類しています。ルーズフィットなトップスを選んだら、ヒールやポップな色のアイテム、アクセサリーを多めにつけるとバランスが良く、より女性らしいコーディネートになります。花柄やプリント柄、先のとがったフラットシューズなどもフェミニンなアイテムです。どのアイテムを組み合わせるかが大切です」

  2. 2
    薄く化粧をしましょう。このステップは必須ではありませんが、女性らしさを少し高めるには効果的です。赤やピンクの口紅と目立たない色のアイシャドウを塗れば、女性らしさが引き立ちます。しかし、必ずしも化粧をする必要はありません。したいと思う人だけがすれば結構です。化粧が苦手な場合は、すっぴんでいましょう。
    • 本当に化粧が嫌いな人は、できるだけリップクリームを塗って唇を保湿することだけは覚えておきましょう。
  3. 3
    小物を身に付けましょう。服とメイクが決まった後は、自分の格好に合った小物選びをします。一つの箱を埋め尽くすほど多くの小物を集める必要はありません。自分のファッションのポイントとなるアイテムを数個持っておくだけで、自分の格好にまとまりが生まれ、女性らしさが増すでしょう。あなたの個性を生かしながら、女性らしく見せるアイテムをいくつか紹介します。
    • 綺麗なシルクのスカーフ
    • 真珠のイヤリングやスタッズ付き小物
    • かわいいカチューシャ
    • リボン付きの髪留め
    • 細いシルバーのブレスレット複数個
    • 大きさや派手さが控えめな可愛い指輪
    • シンプルなかわいいネックレス
    • スマイル!(笑顔は女性を美しく見せ、自信ももたらします)
  4. 4
    自分の体の隅々まで愛しましょう。これが自分に自信を持つための最初の一歩です。何も身にまとわなくても、美しく女性らしいと感じさせるのは自分の体です。一般的に女性は男性よりも体脂肪率が高いものなので、自分の体の曲線美は大切にしましょう。恥ずかしく思うことはありません。一方で、自分の体を愛すには、体のメンテナンスをきちんと行う必要があります。体を良い状態に保つには、健康的な食事、十分な睡眠、そして運動が欠かせません。幸いなことに、モデルのような容姿を手に入れなくても、女性らしさは高められます。
    • 自分の体を隅々まで愛すというのは、すぐに体を見せびらかしたり、自慢したりすることではありません。自分の外見を好きになり、自分らしさに自信を持つということです。
    • 運動は女性らしさに欠ける行為であるため、すべきではないというのは勘違いです。ヨガやダンスのレッスンを受けたり、ランニングや水泳をしたり、短時間でもトレーニングジムへ行くことで、自分の女性らしい一面を引き出せます。そして、自分の体を更に愛せるようになるはずです。
  5. 5
    身だしなみを整える時間をきちんと設けましょう。もちろん毎日シャワーを2時間浴びたり、髪型をセットするのに1時間かける必要はありません。しかし、常に自分の見た目、気分、そして匂いの清潔感を保ち、女性らしい姿を維持するために十分な時間をかけましょう。運動した後にシャワーを浴びずにどこかに出かけるのは、あまり女性らしい行動とは言えません。どこに行く時でも、清潔感を保つ、落ち着いた態度を取る、そして身なりを整えることを忘れないようにしましょう。
    • 急いで身支度をした印象を与えないようにしましょう。また、時間がなかったからといって、友達の前で化粧をしたり、髪をとくのは禁物です。
  6. 6
    香水や香料入りローションを付けましょう。女性らしく見せるには、女性らしい香りを保つことも大切です。首に少し香水を付けたり、首や腕に香料入りローションを塗ってみましょう。ほんの少しの量で十分です。香水の匂いが強烈だと、人を不快にしてしまうかもしれません。
    広告

3の方法2:
女性らしく振る舞う

  1. 1
    しとやかになりましょう。一般的に、滑らかな仕草を見せると、女性は女性らしく見えるものです。また、もちろん、状況に応じた仕草を見せることも大切です。バレーボールのコート上や射撃場では勇ましい態度が合いますが、バーや寝室ではしなやかな仕草の方が適切です。常にしとやかで(あるいは女性らしく)いなければならないというルールは存在しません。
    • しとやかになるには、自分に良く似合う、歩きやすい靴を履きましょう。つまずいたり、不自然な歩き方をするのを防げます。ヒールのある靴を履き慣れたいのに、正しい歩き方が分からない場合は、その靴を初めて外で履く前に、家や鏡の前で歩く練習をしましょう。
  2. 2
    ダンスを学びましょう。ダンスとは体の伸展であり、ダンスを通して自分の女性らしさを強調する方法がつかめるはずです。例えば、ベリーダンスは女性の体の自然な曲線を引き立たせる踊りです。また、サルサやワルツなど、二人で踊るタイプのダンスでも、女性らしさが際立ちます。なぜなら、それらの踊りの振り付けは、伝統的な男性と女性の違いが基となっているからです。男性がリードし、女性は滑らかで激しい動きをしながら男性についていきます。
  3. 3
    時にはおどけましょう。完璧で神秘的な振る舞いが女性らしい態度であるという考えは完全に捨てます。例えば、しとやかになりきれず、部屋のど真ん中で顔から転んだ時に、大笑いできるかどうかで、真の女性らしさが試されるのです!考えてもみましょう。人生をあまりにも真面目に捉えすぎることを「女性らしい」と考える人は少ないはずです。また、あまり健康的とも言えません。したがって、たくさん笑顔を見せる、イチャイチャする、からかう、遊ぶなどのことは大切です。人生を楽しみましょう!究極的に言えば、女性らしく振る舞うとは、自分に満足することです。頑固で、陰気で、真面目過ぎると、自分に満足できません。その正反対の人間を目指しましょう。つまり、快活で遊び好きな人間を目指します。
    • 男性とイチャイチャするのは、女性でいることの一部です。女性らしく振る舞うためだけに男性とイチャイチャしてはいけないと思う必要はありません。
  4. 4
    女性らしさをアピールする上で、自分に自信を持つことも欠かせません。自信を持てば、見た目も気持ちも女性らしくなるだけでなく、自立でき、立派な人間になれるはずです。自分のことは決して諦めてはいけません。
    • 自信をつけるには、自分に自信のある身振りを覚える必要があります。頭を高く上げ、笑顔を見せ、真っすぐに前を向きましょう。床ばかり見るのは禁物です。
    • 自信を持つとは、横柄な態度を取ることではありません。周囲に自分の自信をアピールしたいからといって、自分の業績を自慢する必要はありません。
  5. 5
    女性らしい歩き方を身に付けましょう。女性らしく歩くには、肩よりも腰を意識して歩く練習をします。また、地面を強く踏みつけず、軽いステップで歩き、ゆっくりと移動しましょう。真に女性らしく振る舞うには、次の目的地まで急いでいるように見せず、優雅で滑らかな歩き方をします。本当に急ぐ必要がある時は、できるだけ落ち着き、小さな歩幅で早歩きしながら目的地を目指しましょう。
  6. 6
    面倒見の良い人間になりましょう。女性らしくなるには、上手く人の世話を焼ける必要があります。彼氏が風邪を引いた、犬が怪我をした、親友が相談相手を必要としているなど、あらゆる状況で人の世話を焼けるようになりましょう。スープを振る舞う、体温を測る、相手を寝かせ優しく介抱するなど、思いやりのある行動を取ることを目指します。女性らしい人は、自分の助けを本当に必要としている相手にきちんと気付き、手を差し伸べるものです。手助けを必要としている人がいれば、素早く行動に移しましょう。
    • そうは言っても、人の世話を焼くことに常に全力を注ぐ必要はありません。ただ、人の面倒を見るべき状況になった時のために、備えておくことが大切です。
  7. 7
    模範的なマナーを身に付けましょう。女性らしく振る舞うには、食事やその他のあらゆる場面に合った正しいマナーを身に付ける必要があります。正しいマナーとは、例えば、テーブルに肘を付きながら食べない、不機嫌な日にでも明るく挨拶をする、前かがみに座らない、自分の手ではなくティッシュの中にくしゃみをする、そしていつも他者の模範となるような行動を取ることなどを指します。自分のマナーを磨く際に、以下のポイントも考慮しましょう。
    • 例えば、集団で夕食を取っている時に、食べたい料理があった場合、腕を伸ばして人のパーソナルスペースを侵害するのではなく、必ず「チキンをこちらに回してくれますか?」と言います。
    • 否定的な意見を優しく言えるようになりましょう。例えば、「いい加減、黙ってくれる?」と言うのではなく、「すみませんが、もう少し声を落としてもらえますか?」と言います。
    • 公共の場でげっぷをするのは避けましょう。ある年齢に達すると、公共の場でのげっぷは笑えない行為になります。思わずげっぷをしてしまった場合は、「失礼しました」や「すみません」と言いましょう。
    • 自分が聞きたくない話を誰かがしていても、呆れた表情を見せたり、その他の失礼な態度を取るのは禁物です。
    広告

3の方法3:
正しい言葉遣いをする

  1. 1
    女性らしい話し方をしましょう。たまには悪態をついたり声を荒げることがあるかもしれませんが、女性らしくなるには丁寧な言葉遣いをしなくてはいけません。また、はっきりと、思慮深く、自分の意見をしっかりと通せることが、女性らしい態度です。女性らしい人は、「めちゃくちゃ寒い!」とは言わずに、「今日は少し冷えますね」と言うものです。
    • 女性らしく話すために、自分の考え方や普段話す話題を変える必要はありません。女はきれいにして、静かにしていればいいなどと言われてきた女性は少なくありませんが、女性らしさとは、自分に自信を持つことです。ただし、自分の意見の伝え方は考慮しましょう。
  2. 2
    本心からの誉め言葉を伝えましょう。嘘のお世辞を言うのは、女性らしさではなく悪意のある行為です。女性らしい人であれば、優しくて好意的な発言を思いついたり、相手の成功を指摘し、相手に特別感や達成感を味わわせることができるはずです。「素敵なドレスを着ていますね。あなたの目の色にとても良く合っていますよ」や「ピアノが本当に上手ですね。いつから弾けるようになったのですか?」とシンプルな誉め言葉を伝えてみましょう。心から人に関心を持ち、相手に注意を向けていることをちょっとした方法で示します。
    • 人を褒めることに必死になる必要はありません。気が向いた時に相手を褒めれば結構です。
  3. 3
    自慢するのは避けましょう。女性らしくなりたいのであれば、自分の業績を自慢する、自分の美貌について語る、あるいは何かを見せびらかすなどの行為は控えましょう。本当に女性らしい人は、自分の容姿や能力に対して確固たる自信があり、自然と周囲がその魅力に気付くものです。謙遜し過ぎてお世辞を素直に受け止めなかったり、自分の業績を一切秘密にする必要はありません。しかし、自慢していると捉えられたり、少し自己中心的だと思われるような言動は避けましょう。
    • 本当に女性らしい人は、自慢しなくても、褒められるものです。
  4. 4
    礼儀正しくなりましょう。女性らしい人は、決して無礼を働いたり、人を不快にさせたりはしません。また、周囲に意地悪な態度も取りません。たとえあまり好きではない相手と一緒にいても、喧嘩腰になったり、敵意を露わにするのは避けましょう。代わりに、笑顔を向け、丁寧な態度を取り、できるだけ相手と接しないようにします。また、女性らしい人は、必要に応じてきちんと「お願いします」や「ありがとうございます」と言うものです。
    • 礼儀正しく振る舞うということは、特定の話題を避けるべきだということではありません。あまりにも下品な話をしたり、悪態をついたり、大勢がいる場で不適切な話題を選ばないようにしましょう。
  5. 5
    思いやりを持ちましょう。女性らしい人は、他者への思いやりがあり、他者に共感できます。また、人を手助けする際に、適切な言葉選びをできるものです。「お気の毒に…そんな気持ちになるなんて」や「それはあなたにとってどんなに辛いことでしょう」、「何か私にできることがあれば、何でも言ってください」などの言葉を伝えられるようになりましょう。女性らしい人は、相手が友達であろうと幼い子供であろうと、その心の乱れにすぐに気付いてあげられ、相手の機嫌を直すことができるのです。
    • 相手を言葉で励ます時には、相手を元気付ける態度を見せることも欠かせません。必要であれば、恐れずに相手の肩に腕を回したり、同情する気持ちを表すための身振りを見せてみましょう。
    広告

ポイント

  • 「女性らしさ」とは、今も昔も「たくましさ」であると言われています。自分がいかにたくましく、そして女性らしくなれるかを世の中に見せつけましょう!
  • 誰にでも男性的側面と女性的側面があります。ネイルや化粧を楽しむという女性的な面がありながらも、スポーツやスポーツ観戦を楽しむという男性的な面もあるかもしれません。しかし、ほとんどの人がどちらか一方に偏った性質を持っています。
  • 髪はいつも下ろすか、束ねてピンで留めるようにしましょう。
  • 女の子っぽく振る舞っても問題はありません。そんな自分も受け入れましょう!
  • 厚化粧は控えましょう。実際、すっぴんの女性の方が好きだという人が世の中にはたくさんいます。
  • 定期的に髪型を変えてみましょう。例えば、ある日は三つ編みにして、次の日はお団子に、その次の日は巻いてみたりしてみます。
  • 女性らしく振る舞うとは、お姫様のような態度を取るという意味ではありません。優雅過ぎず、適度に丁寧な態度を取ることです。
  • 人と接する時は相手の目を見ます。特に会話をする際には、恥ずかしがらずにアイコンタクトを取りましょう。ただし、あまり長い間じろじろ見たり、視線を固定するのは禁物です。自然で落ち着いたアイコンタクトは、恋人同士においては熱烈な愛情表現となり、友達同士や家族同士においては、親密さ、信頼関係、仲間意識などを育むものとなるでしょう。ただし、自分の必死さは見せないようにしましょう。
  • 緊張した時には深呼吸をします。そして、言葉を噛んでしまった場合はもう一度最初から話しましょう。世の中には、会話をする時にいつもつい噛んでしまう人がいます。誰かが話している時にその人が緊張していると気づいたら、深呼吸することを促し、決して相手を上辺で判断したりはしないという気持ちを伝えましょう。
広告

注意事項

  • 上記のステップは、主に欧米化した社会に当てはまるものです。世界には、性別二つ以上に分ける文化も存在します。
  • 女性らしさと男性らしさは、地域によって異なります。中には、「第三の性別」が存在する文化さえあります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告