女の子を慰める方法

落ち込んでいる女の子を元気付けるのは簡単なことではありません。ハグして欲しい、愛情を示して欲しい、あるいは1人になりたいなど、女の子が欲しいものはその都度変わる場合があります。気落ちしている女子の友達や彼女を慰めるにはどうすれば良いのでしょうか。やり方を間違えれば事態を一層悪くさせます。この記事を読んで女の子の励まし方を習得しましょう。

パート1(全3パート):彼女に近づく

  1. 1
    状況を把握する 彼女が本当に気を落としているなら、その原因を把握しましょう。祖父母を失ってしまったといったこの上なく悲しいことが原因でしょうか。それとも友達と喧嘩をしたといったたわいないことでしょうか。原因を突き止めることができれば彼女がその時点で望んでいるものを見極めやすくなるでしょう。彼女が近親者の死を悼み悲しんでいる場合には、笑わせたり馬鹿げた話で気を逸らそうとしたりしない方が賢明ですが、友人とのもめ事で悩んでいる場合にはもう少し気軽なアプローチを取ることができます。ただ、落ち込んでいる原因について執拗に話を聞こうとすると彼女の怒りを買うかもしれません。数分待って、彼女に話す準備ができたと思ったら根本理由について聞いてみましょう。[1]
    • 悩みや問題は1つ1つ異なります。状況を知れば知るほど良い対応の仕方が分かるでしょう。
  2. 2
    彼女の望みを理解する これはとても重要なことです。彼女が「1人になりたい」と言い、それが本心であるならば、そっとしておきましょう。彼女の気持ちを無視して側に居続ければイライラさせてしまいます。一方で、側に居てほしいと言われた場合にはそれが本心なのかどうかを理解するのは多少難しいかもしれません。彼女のことをよく理解していれば、本当に1人になりたいのか、それともあなたを煩わせたくないのでそう言っているのかが判断できるはずです。
    • 彼女は頻繁に落ち込むことがありますか。それともこれが初めてのことですか。以前にも落ち込んだことがあるとしたら、その時に自分がどう対応したかを思い出しましょう。自分の対応が上手く行ったのであれば、同じように接しましょう。
    • 話したいことがあるかどうかを尋ねましょう。あなたに相談したいことがあるのか、ただ側に居て精神的なサポートをしてもらいたいだけなのかを尋ねましょう。
  3. 3
    愛情を示す 動揺した時にはハグをしてもらったり愛情を注いでもらったりしたいと思っている女の子が「ほとんど」です。自分の彼氏、または、彼氏ではなくても親しい間柄で、自分になかなか迫って来ないと感じている相手にはそうしてもらいたいと本心で思っているはずです。一方で、動揺しているからといってすぐにハグが欲しいとは思わない女の子もいます。欲しいものは女の子のタイプによって異なり、どちらも自然な反応です。彼女と親しい間柄であれば、彼女の肩に腕を回したり、彼女の腕や手、膝などに触れたりすると彼女の気持ちも落ち着くかもしれません。[2]
    • 本当に落ち込んでいる場合には、ただあなたに側に居て欲しいと思うものです。あなたからの愛情を感じられれば安心することでしょう。
    • 彼女が心地良くいられるよう、ティッシュや温かい飲み物を用意したり、暖かい毛布などをかけてあげたりして優しさを表現しましょう。
    広告

パート2(全3パート):彼女を元気づける

  1. 1
    彼女のしたいようにさせる ただ放っておかれるだけなのは嫌だという彼女の場合、本当のところは自分の気持ちを吐き出したいのです。感情の赴くままに泣いたり思う存分話したり、家具を思いっきり蹴って鬱憤を晴らしたりと彼女がしたいようにさせて見守りましょう。解決策を提案したり矢継ぎ早に質問したり、彼女の話を遮ったりするのは避けましょう。動揺して間もないのであれば彼女自身がまだ状況をきちんと理解し処理できていない可能性があります。[3]
    • 悩みを聞いた直後にいくつもの解決策を考えるのは避けましょう。アドバイスが欲しければ彼女の方から相談を持ちかけます。それまでは気持ちの整理ができるように、また思う存分感情を表に出せるように側で見守ることに終始しましょう。
    • 悩みを聞いた直後に解決策が思い浮かぶことがあるかもしれませんが、それを伝えるのは今ではありません。
  2. 2
    良い聴き手になる 動揺している時に女の子は何よりも自分の話を聞いて欲しいものです。あなたの考えを聞きたいわけではなく、誰かに自分の話や気持ち聴いて欲しいだけなのです。ですから、彼女の話を遮って質問を投げかけたり、自分の考えを述べたりせずに、彼女の目を見てひたすら聴くようにしましょう。時には「どんなに大変なことだったか想像できないよ」などとコメントを挟んで、心配していることを示すようにしましょう。彼女が話し終えるまで口を挟んではいけません。[4]
    • 彼女の話は頷きながら聴き心配していることを示しましょう。ただし気持ちを込め過ぎると、彼女を急かしたり熱心に聴いている振りをしているだけだと思わせたりしてしまう可能性があります。聞き方には十分に注意しましょう。
    • 気が散るものが近くにないことを確かめましょう。携帯電話をしまい、彼女に焦点を合わせませしょう。また部屋のあちこちに視線を向けてはいけません。加えて他に用事があると思わせてもいけません。
  3. 3
    彼女の悩みを過小評価しない 女の子を元気づけたいなら「そんなこと大したことじゃないよ。世の中の終わりじゃあるまいし」「大丈夫だよ」などと問題を軽視するような発言をしてはいけません。最悪の行為です。確かにテストでの失敗や、数週間しか付き合っていなかった負け犬のような男性と別れたことなど、あなたにしてみれば些細なことでしょう。しかし、そう思っていることを彼女に伝えるべきではありません。彼女を益々落ち込ませることになります。酷く落ち込んでいる時に女の子は気持ちを聞いてもらいたいものです。「大したことない」などと言われたくはありません。[5]
    • 彼女の悩みを大きな視点から捉えることで励ましているのだと思っているかもしれませんが、それは更に彼女を滅入らせるでしょう。あなたに歯向かって来るかもしれません。
    • あなたには側にいて話を聴いてもらい優しく慰めて欲しいだけです。あなたの意見が聞きたい訳ではありません。
  4. 4
    手助けできることがないかを尋ねる 彼女が思いの丈を全て話すことができたら、気分を変えるためにも自分にできることがないかを尋ねましょう。例えば車の保険の期限や内容を一緒に確認したり、友達との仲直りを手助けしたり、新品を買わずに済むように壊れたり古くなったりした身の回りの物を修理してあげるなど、具体的にできることがあるかもしれません。あるいは、彼女が1人で行うのが面倒だと感じていることを手伝って精神的にサポートしてあげるくらいしかできないかもしれません。逆に、彼女が自分1人で済ませなければならないこともあるでしょう。その時には、いつでも手伝える準備をしていましょう。それだけでも十分に気持ちが伝わります。[6]
    • 手伝えることがないかを尋ねるだけでも彼女を心配していること、彼女のためにもっと力になりたいと思っていることを伝えられるでしょう。そのような態度は彼女を明るい気持ちにさせます。
    • 困惑して孤独感を覚えているかもしれません。彼女の力になりたいと伝えることで、自分を心配してくれる人がいる、自分は必要とされていると思えるものです。
  5. 5
    彼女に「その気持ちよく分かる」などと言って慰めない 彼女は話を聴いてもらいただけです。気持ちが分かるなどと言われたくはありません。ただし、彼女がお祖父さんを亡くし悲しんでいる状況であなたにも同じ経験があるのなら自分の話を伝えても支障ないかもしれません。しかし一般的には、相手の状況と自分とを比較するのは避けるべきです。あなたも構ってほしいのではないかと思われてしまうでしょう。焦点を合わせるのは自分ではなく彼女です。彼女が3年交際した恋人との別れでショックを受けている時に、3か月しか付き合っていない元カノに触れるのは避けましょう。「あなたとは全然違うわ!」と泣いて反撃してくるかもしれません。[7]
    • 「辛いことだよね。僕には君の気持ち想像できないよ」「君がどんな気持ちでいるか理解しようにも僕にはどのように理解すればよいのか検討もつかないよ」などと言うようにしましょう。そのように接してもらえると、大抵の場合嘆き悲しんでいる本人は自分の感情の正当性が認められたと感じて少しは気持ちが楽になるものです。
  6. 6
    悲しんでいる相手に気の毒に思っていることを伝える これはとてもシンプルですが効果的な慰め方です。「君がそんな大変な目に遭って僕も悲しいし申し訳ない気持ちになるよ」または「君が困難な状況に対処しているのに、僕何もできなくてごめんね」などと言いましょう。あなたに非がなくても、「ごめんね」と伝えることで彼女の気持ちになって考えていること、「そうならなければよかったのに」と思っていることが伝わります。彼女のために大きな力になれなくても、このような言葉をかけるだけで彼女の気持ちを少しは和らげることができるでしょう。[8]
    • 「あなたのせいじゃないわ」と逆にあなたを慰さめるかもしれません。その時には「そうかもしれないけれど、悲しいし落ち込むよ」などと返しましょう。あなたが彼女の立場で考えていることを知ってもらえるでしょう。
    広告

パート3(全3パート):慰め続ける

  1. 1
    彼女の側にいて必要な時に手を差し伸べる 彼女のために状況を改善したいと思っても、思うように助けられない、適切な言葉がかけられない、役に立てないと思うことがあるでしょう。しかし、彼女が深い悲しみで大きなショックを受けている時にできることは、側にいて孤独感を和らげてあげることです。週末の予定を楽しみにしていたとしても、彼女の側にいられるように予定をキャンセルできないか考えましょう。彼女に済ませなければならない用事があれば、一緒にできないか尋ねましょう。自分の時間を使い、側にいて優しく接することくらいしかできない時もあります。適当な言葉をかけて彼女を慰めた後で「ちょっと用事があるんだ」と言ってしばらく姿を消してしまうのは最悪のシナリオです。彼女は自分の存在が無視されたと感じてとても悲しい気持ちになるでしょう。
    • 何よりも彼女を優先することを伝えましょう。他にするべきことがあるかもしれませんが、彼女のことを忘れてはいけません。
  2. 2
    彼女の気を逸らす 気落ちしている彼女は1人になりたいと思っているかもしれませんが、できれば彼女を誘い出してみましょう。人に会いたくないと思っていたとしても、短時間でも外の新鮮な空気を吸えば気分が晴れやかになり、悩みをしばし忘れることができます。次のようなことを試してみましょう。[9]
    • お笑いやコメディーなどに誘いましょう。気軽に見られる映画はたとえ少しの時間でも人に笑いをもたらし、気分を上げる効果があります。
    • ディナーやコーヒーに誘いましょう。アイスクリームを食べに行くのも良いでしょう。甘いものやディナーなどをご馳走してもらうと気分が軽くなります。落ち込んでいる時に人は食べるのを忘れ、自分のこともきちんとケアできなくなります。ただし、お酒に誘うのは避けましょう。落ち込んでいる時のアルコールは解決策になりません。
    • 散歩に誘いましょう。軽く運動して新鮮な空気を吸えば頭がスッキリして、本来の自分を取り戻すことができるでしょう。
    • 多くの人たちと大きな声で笑うようなイベントに誘うのは避けましょう。雰囲気に圧倒されてしまい困惑してしまうでしょう。
  3. 3
    彼女のために簡単な作業を手伝う 彼女は頭の中が悩み事でいっぱいで日常生活の細々とした用事を済ませることができないかもしれません。必要であれば、コーヒーやランチなどを買って持って行きましょう。部屋があまりにも煩雑になっていたら掃除を手伝ったり、必要であれば洗濯も手伝えることを伝えましょう。精神的なショックが大きくて授業に集中できなさそうであれば彼女のためにノートをとりましょう。車のガソリンがなくなっていたら、入れてあげましょう。彼女を救うのに長時間や重労働は必要ありません。小さな手助けで彼女の気分は軽くなります。
    • もちろん、彼女に利用されてはいけません。ちょっとした雑用や作業をするだけでも大いに彼女の役に立てます。
  4. 4
    彼女の様子を伺う これは女の子を慰めるのに重要な部分です。彼女が自分の気持ちを言い尽くした後でも、サポートし続けましょう。電話をかけたり、携帯メールを送ったり、家を訪ねたりしましょう。また次に一緒に外出できる機会についても尋ねましょう。心配だからと数時間おきに連絡を入れては相手をイライラさせてしまいます。気にかけていることを示すには数日おきに様子を伺う程度で十分でしょう。
    • 彼女を笑わせたり彼女が自分自身を特別だと感じられるように、愉快な手紙やメモ、あるいは面白いYouTubeの動画などを送ってみましょう。
    • 想像力を働かせましょう。カードやひまわりの花束などを送りましょう。彼女の話を聴くだけではなく、それ以上に彼女のことを気にしていることを示しましょう。
    • 彼女を想っていることを伝えましょう。彼女が1人になりたい場合には、数時間おきに話を蒸し返す必要はありません。彼女を心配していることを伝えるだけで彼女には大きな支えになります。
    広告

ポイント

  • 優しく静かに話しましょう。
  • 彼女にハグをしましょう。気分が晴れて元気になるでしょう。
  • 彼女にとっては最悪の事態だと思っても、あるいは彼女がそう思っていたとしても、彼女の美しさには変わりがないことを伝えて、頰に優しくキスをしましょう。
  • 「他の女の子」を「魅力的」だと思うなどと伝えてはいけません。
  • 彼女はあなたにとって心を明るくする花です。そのように接しましょう。
  • 自分にとって「大切なお姫様」だと伝えましょう。誰よりも、何よりも彼女を愛していると伝えましょう。
  • 女性であるあなたでも女友達の気持ちが理解できない場合には別の方法を使いましょう。
  • 彼女の側に座り話しかけましょう。ふざけて自分をからかって彼女を大きな声で笑わせたり、笑顔にさせたりしましょう。
  • 彼女に長い手紙を書きましょう。手紙を書くという行為は自分の貴重な時間を相手のために費やすということなので相手を喜ばせます。
  • 彼女に腕を回しましょう。彼女には慰めになります。ただし腕を回されて相手が不快な気分にならないことを確かめましょう。彼女にこれ以上落ち込んで欲しくはありません。
  • 彼女があなたの恋人ではないなら、恋人としてではなく1人の人間として接しましょう。親切に接し、彼女の支えになれることを態度で示しましょう。
  • どんなことでも彼女の話を聴きましょう。自分の意見を言うのは二の次です。
  • 親切にまた支えになれるように努めましょう。部屋の掃除や皿洗いなどの手助けができることを伝えましょう。感謝されるはずです。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む45人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告