女の子にキスしていいか聞く方法

「彼女にキスしたい」。そういう時は相手に聞くべきでしょうか。ムードが高まり彼女が明らかに「キスして欲しい」仕草をしていたら、敢えて聞く必要はありません。彼女の方に体を寄せてキスしましょう。ただし、彼女のサインが読めない場合には、聞いた方が良いかもしれません。

パート1(全3パート):キスしていいかを聞く

  1. 1
    アイクコンタクトをとりしばらく見つめ合う 優しい柔らかな視線を向けて彼女の注意を引きましょう。彼女とアイコンタクトをとったら、1〜2秒間見つめたままでいましょう。時間も息をするのも忘れてしまう、そんな雰囲気が2人を包み込むでしょう。周りが全て消え去り彼女と自分だけの世界になります。そこで何気ない仕草で彼女の気持ちを引き込みましょう。
    • 彼女の肩や腕に触れたり、頰に触れたりしながら彼女の名前を囁きましょう。
    • シンプルにそして穏やかな調子で「ねえ」と言うだけでも、彼女の注意を引くことができるでしょう。
    • 「ちょっとだけいいかな?」「後もう1つ…」などといったフレーズは、重い雰囲気を作らずに彼女の注意を引き、デートの最後をキスで締めくくることができるでしょう。
    • 彼女にもその気があるかどうか見るために、彼女の体を強く引いて抱きしめましょう。
  2. 2
    自分が恥ずかしがり屋なら単刀直入に尋ねる 丁寧にかつ率直に尋ねましょう。「イエス」「ノー」で答えられる質問を投げかければ、後は彼女の返事を待つだけです。返事をもらうまで彼女の目を見つめましょう。彼女が「イエス」と言ったらすぐにキスできるように、彼女の方に顔を寄せましょう。
    • 「キスしてもいいかな?」
    • 「ねえ、キスしてみない?」
    • 「今、キスしてもいいかな?」
  3. 3
    キスしたい気持ちを正々堂々と伝える 何よりも正直であることが一番です。キスしたいことを彼女に伝えましょう。素直に伝えれば、無理強いしているようにも失礼にも聞こえず、自信に満ちたロマンチックさが伝わるでしょう。
    • 「今君にキスしたいな」と言った後で彼女の反応を待ち、「ノー」と言わなければ、ゆっくりとキスしましょう。
    • 「別れる前にキスしたいな」
    • 「キスしよう!」
    • 彼女が可愛らしくロマンチックな行動が好きだと思うなら、「僕にキスしてくれない?」「君にキスしたいな」などと彼女に短メモを書いてみましょう。その後で、静かに黙って行動に移しましょう。[1]
  4. 4
    ボディランゲージを使って尋ねる いきなり彼女の唇を目掛けて突入してはいけません。ゆっくりと行動しましょう。彼女が優雅に落ち着いて反応できるように時間を与えましょう。彼女にその気がなく、キスをしたくなければ「だめ」と言って引き下がることもあるでしょう。
    • ゆっくりと行動に移しましょう。
    • 目を少し閉じ気味にしましょう。
    • キスできるように彼女にもあなたの方に少し近づいてもらいましょう。
    • 彼女を引き寄せハグをして顔を近づけましょう。彼女が目を合わせたらキスしましょう。
  5. 5
    彼女からの「ノー」には思いやりの気持ちを持って謝る 彼女が「ノー」と言う理由はたくさんありますが、だからといって失礼な態度をとってはいけません。彼女にはまだ心の準備ができていないのかもしれません。自分の判断ミスであったと丁寧に謝り、そのことは忘れて明るく前に進みましょう。あなたの寛大な振る舞いを彼女は有り難く思うでしょう。
    • 「ごめんね。でも今晩は本当に楽しかったよ。また会おうね」
    • 「あ!誤解してた。ごめんね。素敵な夜を過ごせるように祈ってる」
    • 「質問して困らせようなどとは思ってなかったんだ。ごめんね」[2]
    広告

パート2(全3パート):雰囲気作りをする

  1. 1
    ロマンチックな場所に移動する 彼女に初めてキスをするのであれば、特別な体験にしたいはずです。2人にとって意味のある場所に彼女を連れて行きましょう。丘、山、ビルや橋の上など美しい景色が眺められる場所でキスしましょう。星が瞬く下で、あるいは太陽が沈みかける時に彼女にキスしてみましょう。慌てず時間をかけてファーストキスをすれば特別な体験になり、ほとんどの女の子はそのような気遣いを嬉しく思うでしょう。[3]
    • ロマンチックなキスにしたいと思うなら、その雰囲気を作り出せる場所を選びましょう。ショッピングセンターで、あるいは、ありふれた日常のひと時にキスするのは避けましょう。特別な体験になるように前もって計画を立てましょう。
  2. 2
    彼女と2人きりになる 2人きりになれば親密度が増し自然にキスするタイミングが計れます。自分の友達や家族、ましてや彼女の友達や家族の前で彼女にキスを求めてはいけません。周りに人がいれば、どんなに少人数でも彼女に不当なプレッシャーがかかります。たとえ彼女があなたにキスをしたいと思っていても、気恥ずかしさから嫌がるかもしれません。
    • 彼女と2人きりになれば、それ程プレッシャーを感じずに彼女にキスを求めることができるでしょう。自分だけではなく、彼女からも不必要なプレッシャーを取り除くようにしましょう。
  3. 3
    キスしたいという気持ちを彼女に伝える 彼女にじゃれ付いてからかったりして、会話を楽しみましょう。彼女に視線を送り続け、何気なく彼女の体に触れて2人の距離を少しずつ縮めて行きましょう。[4]彼女に微笑みかけて彼女を楽な気分にさせましょう。お互いがお互いのことを好きだと分かっていても、じゃれ合うことで雰囲気を更に盛り上げキスするムードを作ることができます。
    • 最初から彼女の体に触れ過ぎないようにしましょう。彼女に話をする時には、手を自分の肩に置いたり両手を交差させたりしましょう。あるいは、腕を彼女に回して意図的に彼女の腕に触れてみましょう。口実を見つけて彼女の側に座ってみましょう。お互いの肩や腿が触れ合います。
    広告

パート3(全3パート):タイミングを計る

  1. 1
    彼女が自分を好きかどうかを判断する じゃれ合える仲なら、彼女の気持ちが分かるはずです。彼女があなたに好意を持っていると思われるサインを探しましょう。あなたに向かってよく笑い[5]ますか。ボディタッチ[6]がありますか。アイコンタクトをよくとりますか。色々な判断材料があります。[7]彼女があなたに意識を払い努めてあなたの側にいるようなら、あなたに好意を寄せている確率が高いでしょう。
    • 其れなりの確信がない限り、判断を下すのは避けましょう。自信を持つのは良いことですが、冷静さを失ってはいけません。
  2. 2
    重要な瞬間を見つける ダンスでスローな音楽がかかっている時、流れ星を見た時などに行動に移しましょう。あるいは、デートの終わりまで待ち別れの言葉を交わす時に行動してみましょう。彼女を笑わせた後で、あるいは 好きだと伝えた後で、彼女にキスしましょう。
    • 映画の主人公の気分になりましょう。ヒーローが彼女にキスするシーンを思い出し、そのような雰囲気になったら「その瞬間」です。ただし、盛り上げ過ぎないように気をつけましょう。2人の雰囲気を大切にしましょう。
  3. 3
    直感を信じる 彼女と2人きりの時に雰囲気が良くなり、彼女があなたからのキスを待っているなと感じたら、「その瞬間」かもしれません。彼女にキスしたいという強い衝動に駆られたらキスしましょう。女の子にキスを求めるのに、間違いなく「最高の」タイミングはありません。状況を読んで大胆に行動に出ましょう。チャンスが来たら逃さずに掴みましょう。
  4. 4
    忍耐強く待つ 最初のチャンス到来で行動に移したくなるかもしれませんが、彼女がヒントを出しているかをきちんと読みましょう。また、チャンスだと思っても、その瞬間に彼女にキスを求めるのが適切ではない場合があるかもしれないことを覚悟しておきましょう。決して強引に進めてはいけません。女の子にキスを求めるのであれば、自然にその時が来るまで待ちましょう。
    • 誤ったタイミングでキスするよりは、待った方が得策でしょう。彼女が悲しんでいる時、怒っている、あるいは悩んでいる時にキスをしても、彼女のネガティブな気分が変わることはないでしょう。彼女が晴れやかな気分で、キスを受け入れてくれそうな雰囲気の時にキスしましょう。
    広告

ポイント

  • 楽しみながらキスしましょう。
  • 彼女のことが本当に好きで、彼女も同じ想いなら2人きりになれる場所に行きましょう。2人きりになって、じゃれ合ったり彼女に体を寄せたりしましょう。良い頃合いになったら、彼女にキスしてみましょう。キスの前と後には彼女に微笑みかけましょう。
  • 緊張してはいけません。枕やぬいぐるみなど身近なものを使ってキスを練習しましょう。恥ずかしく思うかもしれませんが、実際には役に立ちます。
  • 中には、じゃれ合うのを好まない女の子もいます。自分の意図を明確に示しながらも、やりすぎないように注意しましょう。
  • 2人きりになれる場所に行けば、彼女にキスを求めることができるかもしれません。
  • 口臭には気をつけましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む45人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告