夫を無視する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

男女関係では時々気分転換が必要です。結婚生活はストレスが多く、悪い習慣や不機嫌な態度は無視した方が良いこともあります。必要に応じて夫を無視するのには様々な方法があります。しかし、長い間配偶者を冷たくあしらい続けると、結婚生活に害をもたらします。あなたを悩ませる根本的な問題がある場合、無視せずに対処しましょう。

パート1(全3パート):健全な方法で夫を無視します

  1. 1
    夫の不機嫌な態度を無視します。夫が腹を立てていたり機嫌が悪い場合は、喧嘩をしない方が良い場合があります。腹を立てた人には理屈が通らないことが多いからです。この場合は、相手が落ち着くまで単純に夫を無視するのが適切かつ健全です。
    • 機嫌が悪いと、人は喧嘩の種を探してしまいがちです。例えば、夫が仕事で良くないことがあった日は、あなたのちょっとした過ちにも過剰反応します。夫が自分に噛みついてきても、真に受けないようにしましょう。[1]
    • 夫が怒って口論をけしかけてきた場合、相手にしないのが最善です。挑発を無視すると負けたように感じるかもしれません。しかし、実際にはより建設的なのです。怒っている人は、たとえあなたが謝ったり弁解しようとしても、道理や理屈に耳を傾けません。夫が口論をけしかけてきたら、相手が諦めて干渉しなくなるまで、「はい」や「分かりました」といった短い言葉で簡潔に応対しましょう。[2]
    • これは長期的な解決方法ではありません。夫の怒りを無視するのは当面の対処方法としては良いのですが、頻繁に取るべき手段ではありません。良くないことがあった日や機嫌が悪い日は、誰もが愛する人を相手に過ちを犯したり、暴言を吐いたりしてしまうことがあります。しかしこれが日常的に起こる場合は、深刻な問題になる可能性があります。夫が怒りっぽい性格の場合、その態度について話し合う場を持つべきです。
  2. 2
    怒ったまま就寝します。夫との口論が深夜まで及ぶなら、寝てしまった方が良い場合があります。夫に対して抱いている悪い感情は無視して寝てしまいましょう。朝になってもまだ怒りが収まらなければ、2人とも落ち着いてから話し合いましょう。
    • 夜遅くまで口論が続いた場合、夫に寝ることを伝えます。あなたを怒らせたり失望させたりした夫の行動については無視するように努めましょう。つま先の筋肉のストレッチ、深呼吸、カウントダウン法等、リラックスする方法を試しましょう。これらの方法は、状況を無視するのを助け、寝つきを良くします。
    • 深夜に口論すると、不本意なことを言ってしまいがちです。疲れていると脳の機能が低下し、不満を相手に伝えるのが難しくなります。また、夜遅くは苛立ちも募ります。朝にはより前向きな思考が働き、問題解決力も高まります。[3]
  3. 3
    悪い習慣を受け入れることを学びましょう。誰もが悪い習慣を持っています。自分の行動が他の人を怒らせていることに気づいていない人も少なくありません。あなたの癇に障るような習慣や性向が夫にある場合、無理に変えようとするより、無視した方が良いかもしれません。
    • 残念ながら、悪い習慣には簡単には変えられないものもあります。あなたの夫が何回注意しても空のオレンジジュースの容器を捨て忘れるとします。この場合、諦めてその作業は自分でしてしまうのが一番かもしれません。夫の悪い習慣を受け入れれば、黙認するのも簡単になります。[4]
    • また、場合によっては妥協点で手を打つ方法もあります。例えば、あなたの夫はシャワー後に使ったタオルを毎回洗濯籠に入れ忘れるとします。しかし、タオルを寝室の床に放っておくのは止められるかもしれません。[5]
    • 腹が立つ行為から距離を置きます。自分への当てつけだと思わないようにしましょう。使っていない部屋の電気をつけっぱなしにするといった悪癖は、単に夫自身の悪い習慣で、夫があなたをどれだけ大切にして尊重しているか、ということとは無関係です。
  4. 4
    気を紛らわしましょう。夫を無視するのが難しい場合は、忙しくしましょう。気を紛らわすのが一番の対策となる場合があります。本を読む、自転車に乗る、新しい趣味に取り組む、家を掃除する等、夫のことを数時間忘れるためにできることは色々あります。そうすれば夫のことを無視できるので、自分自身の準備ができたときに問題や状況について話し合いましょう。[6]
  5. 5
    礼儀正しく、形式的に行動しましょう。しばらく夫を無視する必要性を感じても、辛辣にあしらわないようにしましょう。礼儀を守って無視する方法もあります。これは、夫婦間の緊張状態に対し、より大人の対応をする方法です。
    • 夫が部屋にいる場合、相手の存在を形式的な方法で認めましょう。普段は家ではよりくだけた態度かもしれませんが、夫を無視する際は宴席でふるまうように礼儀正しく接しましょう。夫が話すときにはうなずき、適当なタイミングでほほ笑みます。ただし、雑談等の会話には引き込まないようにしましょう。[7]
    • また、夫と同じ部屋にいるのを避ける方法もあります。例えば、夫が居間にいるなら自分は寝室に移動します。簡潔で形式的な態度でその場を離れることを伝えましょう。例えば、「差し支えなければ2階に上がらせていただきます。」といった言葉をかけます。
  6. 6
    間接的にやり取りします。夫と話したくない気分の場合は、間接的なやり取りを試しましょう。無言の扱いは非常に苦痛を与え、通常、論争の解決には効果がありません。[8]夫に腹を立てていて、無視する必要があると感じる場合、 相手を途方に暮れさせないよう、やり取りする方法を見つけましょう。例えば実際に会話はせずに、メッセージを送ったり、メモを残したりする方法があります。
    • 何かに怒っていて数日間距離を置きたい場合は、素直に夫に伝えるべきです。あまりに腹が立って話したくない場合は、手紙を書いたりEメールを送って説明しましょう。何も伝えずに無視してはいけません。
  7. 7
    短く返事をします。これも、完全には無言にならずに誰かを無視する良い方法の一つです。そっけない返事をすることで夫を無視できます。「うん」、「分かった」といった単語で返事をします。このような短い単語では、なかなか実際の会話には発展しません。そのため、あなたは夫と関わりたくない気分だということを相手に伝えることができます。[9]
    広告

パート2(全3パート):より深い問題に対処します

  1. 1
    自分自身に目を向けます。夫を無視したいと感じる場合、その気持ちをよく分析することが重要です。男女関係では、悪い状況が完全にどちらか一人のせいだということは滅多にありません。自分が、不機嫌な気分や沈んだ気持ちを夫で発散してしまっている可能性もあります。自分を悩ましているものが何なのか、考える時間を作りましょう。
    • 自分自身の結婚生活で何か変えられることは無いでしょうか。以前と変わらず夫に寄り添っていますか。夫に対してありがたみを忘れてしまうことはないですか。腹が立つ態度を良い冗談でかわす方法はありませんか。[10]
    • あなたを悩ませるより深い問題はありませんか。ストレスを感じていたり何か嫌なことがある場合、それが結婚生活に関係なくても、微妙な影響が出るものです。例えば、職場で嫌なことがあれば、より怒りっぽくなります。夫がジムであった面白い話をしたとしても、あなたは関心を示さなくなるでしょう。生活の中で悩みがあるなら、夫に相談しましょう。そして、状況を変えて総体的により幸せになれるように努めましょう。
  2. 2
    結婚生活に問題がないか考えます。しかし、単にあなた側の問題ではないかもしれません。夫を無視したいとばかり思っているようなら、あなたの結婚生活は危機的状況です。[11]夫の話し方が気に入らないのかもしれません。お互いのための時間が足りていないと感じているのかもしれません。あるいは性生活に若干不満があるのかもしれません。相互に取り組むべき問題がある場合は、対処しましょう。夫を無視するのは、長期間実行できる解決法ではありません。
  3. 3
    問題を話し合う時間を持ちましょう。結婚生活の大きな問題を話すのにはストレスがかかります。いつどこで話し合うか決めることで、このストレスをいくらか減らすことができます。
    • 気を散らすものが無い場所を選びましょう。例えば、混んでいるレストランは結婚生活について話すべき場ではありません。テレビを消した居間等が良いでしょう。
    • 対外的な時間の制約は無くしましょう。例えば、PTAの会議が7時にある場合、結婚生活の話し合いを6時からに設定すべきではありません。平日や週末の夜で、2人とも予定や誰かとの約束が無い日を選びましょう。
  4. 4
    何か気に入らないことがある場合は自分を主語にして話しましょう。自分にとって何が問題なのか話す際は、主語を自分に置くことが重要です。そうすれば自分の感情を強調でき、客観的な批判や不満は最小限にできます。
    • 主語を自分に置くことで、状況に対する自分の感情にまず焦点を当てることができます。自分の感情には責任を持ちましょう。そうすると、批判は最小にできます。結婚生活の客観的な事実を述べるのではなく、ただ状況に対する自分の気持ちを表すのです。
    • 自分を主語にした文章は3つの部分で構成されます。まず、「自分はこう感じる」という点から始めて、気持ちを述べ、どうしてそう感じるかを説明します。
    • 結婚生活について話し合う際は、「仕事で良くないことがあった日に自分に当たるのは思いやりが無い」といったことは言ってはいけません。その代わり自分を主語にした文章に置き換えます。例えば「仕事が大変だった日に当たられると私は傷つきます。なぜなら私は怒鳴られるのが当たり前の関係は嫌だからです」等と伝えましょう。
  5. 5
    言葉ではない形で安心させましょう。意見の相違があった後、冷静になるまで数日かかることもあるかもしれません。夫との会話が減ることで、自分自身が夫を無視しているのを実感するでしょう。しかし、コミュニケーションの欠如を言葉以外で補って夫を安心させるべきです。行ってらっしゃいの抱擁やキス等、身体的な愛情表現を増やします。一緒に座るときには、手をつないだり彼の膝の上に手を置いたりしましょう。喧嘩中でも、2人の関係は確かなことを実感させてあげましょう。[12]
    広告

パート3(全3パート):落とし穴を避けます

  1. 1
    どのような態度が問題なのか理解します。夫を無視したいと感じるということは、2人の関係に問題がある兆候です。特定の欠点を無視したり大目に見ることは健全ですが、男女関係には対処すべき問題もあります。
    • 夫が怒りっぽくて問題な場合、話し合う必要があります。先に述べた通り、怒りをその瞬間だけ無視するのは健全です。しかし、夫が怒ると習慣的に自分に暴言を吐くような場合は、話し合いの場を設ける必要があります。[13]
    • 依存症は男女関係にとって有害です。夫が薬物やアルコール依存の問題を抱えている場合、治療を受けるように話しましょう。ただ問題を無視するだけではいけません。[14]
    • オープンマリッジという夫婦関係の場合を除き、浮気を無視してはいけません。浮気の疑いがある場合は、夫と対峙しましょう。[15]
  2. 2
    良いことは無視しないようにしましょう。相手への感謝を忘れると、2人の関係に深刻な亀裂が生じます。[16] 夫に腹を立てていても、良い行動には感謝するようにしましょう。
    • スーパーでの買い物やゴミ出し等、ちょっとしたことにも感謝の言葉とキスでお礼しましょう。大概の人は、誰かから感謝や好意を受け取れば嬉しくなります。
    • 長い期間一緒にいると、その人に対する感謝の気持ちを忘れがちです。もし夫が他人だったら、自分がどのような態度を取るか時々考えてみるようにしましょう。他人がドアを開けてくれたり、バスで席を譲ってくれたら、きっと即座に「ありがとう」と言うのではないでしょうか。夫への感謝も忘れてはいけません。[17]
  3. 3
    無言の扱いは避けましょう。無言の扱いは、自分を怒らせた相手に対し罰として無視する行動で、健全な結婚生活にとって有害です。これは問題の対処方法として受動的攻撃性があり、誤解や混乱を招きます。夫に対する無言の扱いは、心情を操作する手段となるので絶対にしてはいけません。数日間距離を置きたい場合、なぜ自分が怒っているのか、なぜ普段より静かなのか、夫が分かるようにしましょう。[18]
  4. 4
    数日間以上は夫を無視しないようにしましょう。誰かを無視すると、非常に相手を傷つけます。多くの人は、無視されるのは怒鳴られたり責められたりするよりも嫌だと感じます。少し時間を必要とするのは問題ありません。また、特定の行動や習慣を無視するのも許容されます。しかし夫を完全に無視すると、相手を傷つけ、困惑させます。数日間以上、夫とのコミュニケーションを避け続けてはいけません。ある程度の時間、距離を置いたり一人でいたい場合は、予め夫に伝えましょう。そうすればショックを減らすことができます。[19]
  5. 5
    必要な場合はカウンセリングを受けましょう。夫を無視するのは結婚生活の問題の兆候かもしれません。頻繁に夫を無視したいと感じる場合、評判の良い夫婦問題カウンセラーへの相談を夫に提案しましょう。良いカウンセラーは、結婚生活を修復させるためのポイントやコツを2人に教えてくれます。夫婦問題カウンセラーは、自分が加入している保険組合と提携しているカウンセリングセンターで見つけることができます。また、現在診てもらっているセラピストや医者に紹介してもらうこともできます。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告