太めでもお洒落に着こなす方法

太めだからといって魅力的には見えないと諦めることはありません。特大サイズの人で洋服を格好良く着こなし、素敵に見える人がたくさんいます。多少のコツを覚え自分に合った服を選び自信を持って堂々とすれば、素敵に見えます。

パート1(全3パート):持ち衣装を整える

  1. 1
    自分の体で強調したい部分と隠したい部分を知る 色、服のスタイル、生地の模様で人の目を引いたり欠点を隠したりできます。その基本を紹介しましょう。
  2. 2
    肌にぴったりと合う下着を着用する 下着はルックスの基礎です。体をきちんとサポートしない薄手の下着では、上にどんな洋服を重ねても格好良く見えません。
  3. 3
    下半身を細く見せる布地やスタイルを見つける 腰から脚にかけて太い、いわゆる洋ナシ型の場合は次の事柄に注意しましょう。
  4. 4
    上半身を魅了的に見せる洋服を着る 体型によりますが、お腹や肩幅の広いりんご型の場合は、次の事柄を参考にしましょう。
  5. 5
    服に合わせてアクセサリーを付ける 綺麗で個性的なアクセサリーは衣装に多様性を持たせ、体重の増減に左右されません。
  6. 6
    胸周りがタイトでお腹周りがゆったりとした洋服を着るか、大きいサイズの可愛いシャツを着る
  7. 7
    夏にはデニムのショートパンツを着る パンツの丈が長ければ出る脚の部分が少なくなります。  
    広告

パート2(全3パート):買い物に行く前に準備する

  1. 1
    適切な心構えを持つ 気持ち次第で自分を魅力的に見せることができます。また、気持ちを切り替えるのに費用はかかりません。色々な角度から自信をつけましょう。
  2. 2
    自信を持って洋服を着る どんな服を着ようとも貴方が主役です。洋服は貴方の引き立て役です。今一つ自信が持てないなら、次のことを意識してみましょう。
  3. 3
    自分のサイズを知る 寸法測定と考えるだけで嫌気がさすかもしれませんが、服を素敵に着こなすには自分のサイズを知ることが必要です。測定に感情的にならず、サイズは単なる数字あるいは記号だと考えましょう。貴方の人間としての価値を表すものではありません。
    • 自由に曲がる柔らかめのメジャーを用意しましょう。仕立て屋などが使うメジャーです。自分で買えない場合は、クリーニング店などで寸法を測ってくれるかもしれません。
    • 首周り、胸周り、アンダーバスト(女性の場合)、ウエスト、腰周り、腿を測定しましょう。
    • サイズを書き留め、服を買いに行く時は常に持ち歩きましょう。洋服やサイズ選びに迷いません。
  4. 4
    質の良い裁縫師や仕立て屋を選ぶ 既製品が合わない場合があります。例えば、大きな胸周りに対してウエストが細すぎると、胸のサイズが合ってもウエストがゆるすぎるかもしれません。合わない服をそのまま着るのではなく、自分の体に合うように裁縫師などに直してもらいましょう。クリーニング店などで仕立て屋や裁縫師などを紹介してもらいましょう。
    広告

パート3(全3パート):洋服を買いに行く

  1. 1
    楽しくショピングする サイズを気にするあまりショッピングに行く気が起こらないなら、ショッピングを楽しい体験にできないか考えましょう。行動的な友達を誘ってショッピングに出かけるか、今日は何があってもがっかりしない、と自分に言い聞かせてショッピングに出かけましょう。デパートの店員を自分に合う服を選んでくれる専門家だと考えると浮き浮きしませんか。店員の態度に落ち込みそうになったら、別の店員を探しましょう。
  2. 2
    量ではなく質に焦点を当てる 自分の良さを引き出さない服やだらしなく見える服を何着も買うのではなく、自分の魅力を最大限に押し出し、仕立てがよく長持ちしそうな服に投資しましょう。
    • 安売り商品には手を出さないようにしましょう。セールは時として値打ちのあるものが安く買えますが、安売りの服を目当てにし過ぎてはいけません。購入の決め手は、自分が素敵に見え、3〜4年は持ちそうな高品質の服かどうかです。安売りのワゴンセールから10〜15着選んでも、すぐに着られなくなる上に自分の魅力が引き立ちません。高品質の服は何着もの安売りの服よりもはるかに価値があります。
  3. 3
    年齢相応の服を買う(特に女性の場合) 貴方よりも20歳も年下あるいは年上の人たちがショッピングしているデパートでの買い物は考え直しましょう。あまりにも若作りをすると頑張り過ぎている印象を与えます。また老けた印象を与える服を買うのも避けましょう。売り場が自分に相応しいかどうかの確信が持てない場合は、客層が自分と同世代かどうかを確かめましょう。 
  4. 4
    別の角度から買うべき服を考える 試着室の鏡の前に座りましょう。大柄の女性で、立っている時に素敵に見えても座ると全く逆の印象になるということを認識している人はあまりいません。スカートがまくれ上がり太腿が露わになることがありませんか。遠くの友達に向かって手を振ると袖がピンと張りませんか。少しでもぎこちなく感じる場合は、別の服を探しましょう。ちょっとした動作で縫い目がほころんでしまうのでは、という不安を抱えながら1日を過ごすのは最悪です。
    広告

ポイント

  • きつい服の着用は避けましょう。2人の女性に被験者になってもらい実験を行いました。被験者の1人には自分に合ったサイズの服を着てもらい、もう一方の女性にはきつ目の服を着て立ってもらいました。その結果、97パーセントの女性がきつい服を着ている女性の方が太っているという印象を持ちました。きつい服は太って見えるだけでなく、曲げる、座るなどの身動きが取れず歩くこともままなりません。
  • 髪にボリュームをつけると全体のバランスが整います。大柄な女性がボーイッシュで短いヘアスタイルにすると知的な印象を与えません。カールした髪を肩の長さで保つのが理想的です。ふっくらとした光沢のある髪は太い腕や大きめのバストを補います。
  • 胸の谷間を強調して魅力的に見せましょう。滑らかで潤いのある美しいバストがドレスの胸元やシャツの襟元からほんの少し見えると、魅力的で他の欠点を補う効果があります。
  • 身体に巻きつけるラップドレスを着ましょう。欠点全てを隠すのに理想的な服とは言えないものの、ズボンの上に纏うと効果があるかもしれません。
  • 裁縫を習いましょう。洋ナシ型の女性であればふくらはぎ丈のAラインのスカートを作ってみましょう。りんご体型の女性には膝丈の細いスカートが似合います。午後の時間を費やせば手作業だけで自分に合った独自のスカートが簡単に出来上がります。
  • 人生はあまりに短く常に惨めな気持ちでいるとしたら時間の無駄です。誰にでも欠点があります。見た目は体のサイズよりもはるかに大切です。常に笑顔を作り良い印象を与えましょう。
  • 小さ過ぎる服やきつい服の着用を避けましょう。自分をより大きく見せてしまいます。ただし、ダブダブの服も避けましょう。
  • 身だしなみを整えましょう。たとえスリムでもシャワーをいつ浴びたのか分からない女性に比べれば、ほのかにシャネルの香りを漂わせ、素敵なマニキュアで爪を整え、エレガントに座り、豊かで光沢のある髪を持つ特大サイズの女性の方がはるかに魅力的です。
  • 錯覚を起こさせましょう。アンティークのネックレスを身につけ、40年代のハンドバッグを持ち、特別にあつらえたスカートを履いて絶妙なメークを施す女性に幻惑され、一瞬その女性の体型に全く目が行かないことがあります。後になって考えると実は大柄な女性だったと気づくことがありませんか。自分は美しいと自信を持って外出すると、人もそのように見るものです。
  • 重要なのは内面です。まず自分を大切にしましょう。洋服は添え物にすぎません。


広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む69人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 衣服

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告