大事な試験に備えて勉強する方法

共同執筆者 Michelle Golden, PhD

試験に備えて勉強するとき、大事な試験が差し迫っている際には特にストレスが溜まりがちになるでしょう。しかし、相応の時間と努力を費やせば、どんな大きな試験でも良い成績をとることができます。まず初めに、優れた学習教材を手に入れ、質の高い勉強環境を整えます。次に、徹底した勉強計画を立て、計画通りに進めます。そして、自分の自由時間の大半を勉強に充てます。このように効果的に勉強すれば、大事な試験で優秀な成績を収めることができるはずです。また、試験に対するプレッシャーを感じたままで受験することにならないように、ストレスを解消する対策も必要となります。最後に参考情報として、日本で行われている試験をいくつかご紹介します。

5の方法1:
効果的に勉強する

  1. 1
    試験形式について質問する 先生が試験形式について説明していない場合は、授業中に質問して何の問題もありません。これは、論理的に勉強を進めることに繋がります。例えば、それが小論文問題であれば、小論文を書く練習を、または択一問題であれば、試験前にテスト問題を一通り解く練習をすべきでしょう。[1]
  2. 2
    前向きな気持ちで勉強を始める ポジティブな気分で勉強に取りかかりましょう。積極的な心構えにより、勉強を続ける中でスタミナを維持できるはずです。また、成果が得られる勉強時間にするための雰囲気作りにも繋がります。[2]
    • 前向きに考えます。そして、自分のスキルや能力を自覚することが大切です。勉強は、自分のスキルを向上して、新しいことを覚える手段であると考えましょう。
    • 勉強をするときには、ネガティブな考えを持たないようにします。「もっと早く勉強を始めればよかったのに、自分は何をしていたんだろう。」と考えるのではなく、「もう少し早く勉強を始めれば良かったけれど仕方ない。まだなんとかなる。」と考えましょう。
    • 自分と他人を比べてはいけません。クラスの誰かと自分を比べるのではなく、自分自身と自分の能力に焦点を当てます。
  3. 3
    暗記に語呂合わせを活用する 語呂合わせは、覚えにくい事柄を暗記するための効果的な手段の一つです。数字や用語など、問題の答えを覚えるために、自分で文章を作ってみましょう。例えば、数学の有名な語呂合わせとして、2の平方根(1.41421356…)を暗記するために、「一夜一夜に人見ごろ(ひとよひとよにひとみごろ)」があります。同様の語呂合わせを自作すれば、暗記に役立つはずです。[3]
  4. 4
    模擬テストを頻繁に行う ただ教科書を何度も読み返すよりも絶大な効果が得られます。勉強には学習成果を確認する方法を取り入れましょう。これにより、試験勉強終盤になっても、覚えた内容を忘れにくくなります。[4]
    • 例えば、自分で試験問題を作成して、後で解答することもできます。また、先生が模擬試験を用意したときは、必ず受けるようにしましょう。
    • 名称、日付、単語などを覚えるために、単語帳(フラッシュカード)等を使うこともできます。
  5. 5
    休憩とご褒美を組み込む 休憩なしで何時間も延々と勉強を続けられる人は誰もいません。勉強を続ける中で、適度な休憩と自分自身に対するご褒美を取り入れる方が、より効率よく勉強が捗ります。[5]
    • 自分の好きなことをするために、短い休憩を取ります。例えば、50分勉強したら、10分Facebookにアクセスしても良いというルールを決めて勉強します。
    • 勉強した後には自分へのご褒美としてケーキを食べられるとして取り組めば、勉強をやり切るモチベーションが高くなるでしょう。
    広告

5の方法2:
大きな試験の重圧を跳ね除ける

  1. 1
    勉強を優先する 勉強を後回しにしてはいけません。後回しにしても、試験に対するストレスが大きくなるだけです。数週間にわたって勉強した方が内容もしっかりと身につきます。試験までの数週間は、勉強を優先しましょう。[6]
    • 少しずつ毎日勉強します。試験までの数週間は、一日の勉強時間を短く20~50分程度としましょう。
    • 授業の後でノートを復習します。授業の直後か、少なくともノートをとったその日のうちに、自分が書き留めたノートを読み返しましょう。これは、授業中に学習した事柄をしっかりと覚えることに繋がります。
  2. 2
    テストを総体的に把握する 試験の利害関係を知ることが重要です。試験がどれくらい真剣なものなのか、学期末の評価にどの程度影響するかなどを理解しておきます。ただし、試験の重大さからくるプレッシャーに押し潰されないように注意しましょう。[7]
    • 科目の単位を取るために試験に合格する必要がある場合は、心配になるのも仕方がありません。しかし、試験に合格できなかったとしても、その科目を再度履修することができます。
    • 自分のベストを尽くす必要があるけれども、試験で思い通りにできるとは限らないことを理解しましょう。満点ではない成績は残念ですが、まだ望みはあります。その成績の悔しさをバネにして、次の試験では高い目標を立てて努力しましょう。
  3. 3
    他人に相談する 自分が抱えているストレスを溜め込むのは良くありません。試験のことを不安に感じているのであれば、友人や家族に打ち明けましょう。話を聞いてもらうことで、溜まったストレスが軽減されるはずです。[8]
    • クラスに親しい友人がいる場合は、試験の不安要素について話し合いましょう。他人もだいたい同じようなストレスを抱えていたり、お互いに理解し合えるものです。
    • 親しい友人や家族に愚痴を聞いてもらいます。試験勉強に励んでいる自分を支えてくれるのはもちろん、何か頼りになるアドバイスをしてくれるかもしれません。
  4. 4
    行き詰まりに対して前向きに対処する 試験勉強に苦労している場合、パニックにならないことが大切です。例えば、数学の試験に出る方程式を理解できずに苦しんでいる際に、自分を追い込むのはかえって悪影響となります。パニックになるのではなく、前向きになり、行き詰まりを乗り越える手段を探しましょう。[9]
    • 先生や家庭教師、他の生徒に相談します。問題に対処し、試験で良い成績をとるために助けてくれる人を探しましょう。
    • 正面から課題に取り組みます。パニックになること、および課題の回避は、自分のストレス解消の助けにはなりません。
    広告

5の方法3:
成功するための勉強環境を整える

  1. 1
    勉強が捗る場所を見つける 試験に向けて、勉強場所をいくつか確保します。勉強するための場所としてどのような場所が適しているかを理解しましょう。[10]
    • 気を取られてしまうものから逃れられる、静かな場所を探します。例えば、自分の寮部屋は、テレビ、パソコン、ゲーム機などの気が散る材料がたくさんあるため、おそらく勉強する部屋には向いていないでしょう。
    • うるさい雑音が聞こえてこない静かな場所を探しましょう。学校内の静かなカフェや、図書館の中でも人の往来が少ない離れたスペースなどを探します。騒音や人の集まりに邪魔されるような場所では、勉強をやる気も起きないに違いありません。
  2. 2
    勉強場所を変える 毎日同じ場所で勉強すべきではありません。延々と何時間も同じ場所に居ることは、やる気がなくなってしまう原因となります。複数の場所を利用して時間を区切って勉強する方が、勉強した内容が頭に入るでしょう。[11]
    • 自宅、自宅周辺、学校内に、勉強に適した場所をいくつか決めましょう。
    • 複数の場所を利用し、毎日または数日おきに場所を変えて勉強します。勉強に集中できなくなった場合は、自分で決めた時間の途中でも、勉強場所を移動してみましょう。
    • 場所を変えて勉強することは、実際に勉強内容を覚えるために役に立つかもしれません。いつも決まった場所で勉強している場合は、自分の脳が学習内容をその特定の場所と結び付けて覚えてしまうかもしれません。それでは、その場所を離れたときに学習内容をなかなか思い出せない可能性があるでしょう。
  3. 3
    気が散る要素を最小限に抑える 音楽を聴きながらや、定期的に友人とメッセージを送り合いながら勉強したほうが、効果的に勉強できると考えている人が多くいるようですが、それは事実とは異なります。そのような気晴らしがない状態で勉強する方が、内容が一層身につくものです。[12]
    • 勉強に必要のない道具は一切持ち込んではいけません。例えば、ノートパソコンを使わないのであれば、自宅に置いて出かけます。携帯電話も持ち込まないか、少なくとも勉強中には電源を切るようにしましょう。
    • グループ学習が効果的な場合はありますが、友人と一緒に勉強する場合は、集中して勉強できる友人を選びましょう。勉強の邪魔をしてくるような友人とは、一緒に勉強してはいけません。
  4. 4
    テーマごとにノートを整理する 論理的なやり方で勉強をすれば、より学習内容が頭に入ります。概念から詳細へと勉強を進める方法が、一番良いとされています。ノートにとった内容をそれぞれのテーマの概念に細分化してまとめるようにしましょう。[13]
    • 例として、国語(日本語)の試験に向けて勉強する場合は、文学のジャンルや、文学研究の分野ごとに整理します。
    • 文学作品を学習する際は、詳細すべてを暗記しようとしてはいけません。まずは、特定の学派による思想の包括的なアイデアを学び、次に様々な文学者の具体的なアイデアを学びます。
  5. 5
    ノートの内容を要約する これにより、勉強を進める中で役に立つ概要を手元に残しておくことができます。ノートを論理的に整理できたら、一通り読み返します。重要な事項に蛍光ペンで印をつけたり下線を引くなどして、学期を通してノートに記した内容を見返しながら、要約を作成します。[14]
    • 主要なテーマに基づいてノートを要約します。規模の大きなクラスでは、教授が授業時間を何コマも使って一つの重要なテーマを説明することは珍しくありません。
    • 名称、日付、語彙などの、覚える必要がある情報を丸で囲む、ハイライトする、または下線を引くなどします。これらの情報を別の紙に書き写して、後で単語帳などを作成するために使用することもできます。
    広告

5の方法4:
計画を守る

  1. 1
    自分が実行できそうな計画を立てる 計画に合わせて勉強を進めることが重要であるため、自分が大かた守れそうな計画を立てます。単に毎日勉強することを予定しても、実際に毎日は勉強時間を確保できないかもしれません。日々自分が勉強以外にしなければならないことを洗い出し、十分に勉強できる時間を把握して計画を立てます。[15]
    • 短時間で詰め込む勉強はやめましょう。短い時間では試験範囲を全てカバーすることは到底無理であるため、試験前ぎりぎりになって一夜漬けで勉強すべきではありません。このような勉強法では、勉強内容も多くは頭に入らないでしょう。試験前の数週間にきちんと勉強時間を確保して、短時間での詰め込み勉強にならないようにしましょう。
    • 一日の中で自由に使える時間を見つけます。例えば、毎日正午から午後3時まで授業の空き時間があれば、そのうちの1時間を勉強に当てることができるでしょう。週末も同様に勉強時間を見つけます。週末の夜に出かけたい場合は、午前中に2~3時間勉強するなどしましょう。
    • 計画を書き出して、その通りに進める努力をしましょう。きちんと毎日少しずつ勉強していれば、大事なテストの当日も途方に暮れることはないでしょう。
  2. 2
    20~50分で区切りをつけて勉強する 何時間も続けて勉強すると、疲れてやる気が失せてしまいます。長時間の勉強ではなく、自分が続けられる時間に分割して勉強します。[16]
    • 1回の勉強時間を20~50分に分けます。次の勉強時間との間に、5~10分の短い休憩を挟みましょう。
    • 自分でタイマーをセットして、決めた時間割通りに進めます。無理して長い時間続けて勉強しても、勉強した内容の多くを頭に留めておくことが難しいかもしれません。
  3. 3
    それぞれの時間割で異なる教材を勉強する 一日の勉強時間を通して、複数の題目を勉強しましょう。2~3時間の勉強を予定している場合は、その間に異なるテーマや教材を学習します。[17] 例えば、まず初めに国語の試験に向けて出題範囲の短編小説を読み返したら、次は、同じ試験に出る予定の詩について自分でとったノートを復習します。
    • 試験でどのような題材が出題されるか自分には分かりません。また、出題に合わせて、ある題目から別の題目へ素早く頭を切り替えなければなりません。
    • 一日の勉強時間の中で学習内容を切り替えることで、実際の試験環境に近づきます。また、ある一つの題目のみ勉強して飽きてしまうことも防止できるでしょう。
  4. 4
    自分の勉強以外の日課もしっかりとこなす 勉強する一方で、基本的な生活習慣を怠らないようにしましょう。規則正しい食事、運動、そして十分な睡眠をとる人の方が、試験で良い成績を残すことができます。[18]
    • 運動を日課に加えましょう。有酸素運動は脳の働きを向上するとされているため、一日の中で、散歩、自転車、エクササイズビデオに合わせて運動するなどの時間を作りましょう。
    • 毎晩、十分な睡眠時間を確保するように心がけます。疲労が溜まっているときに勉強したり試験を受けることにより、成績が下がってしまう可能性があります。10代の若者は8~10時間、若年成人は7~9時間の夜の睡眠が必要です。[19]
    • 試験前の数週間は、正しい食事をしましょう。健康的な果物、野菜、脂肪分、タンパク質が含まれる食事によって、脳と体に試験で成功するために必要な栄養が供給されます。
    広告

5の方法5:
日本で行われる試験

  1. 1
    入学試験 学校に入学するために行われる試験です。基本的に、義務教育の範囲外となる高等学校、大学などに入るためには入学試験があります。また、公立ではない幼稚園、小学校、中学校においても、その学校により入学試験が行われています。入学試験の多くは1月~3月に行われることが多く、試験を受けて学校側が定めている募集定員分に選抜された人が合格となります。
  2. 2
    入社試験 会社に入社するために行われる試験です。企業が主に正社員を採用するために実施されます。まず、エントリーシートや履歴書、筆記試験で選考が行われ、通過者は面接を数回行って内定が決まる流れとなっています。筆記試験の内容は、言語・非言語分野、一般常識、および適性検査が一般的ですが、企業によっては小論文や英語の試験も行われます。また、公務員試験や教員採用試験も入社試験に該当します。
  3. 3
    資格試験 あることをするための資格にふさわしい能力があるかどうかを調べる試験です。資格試験には非常に多くの種類があり、資格の信頼性や社会的な認知度、難易度などはそれぞれ異なります。さらに、様々な分野において、国家資格、公的資格、民間資格といった分類があります。近年では、簿記検定、社会保険労務士、税理士、医療事務、調剤薬局事務などが、受験者数の多い人気のある資格です。
  4. 4
    海外留学するために必要な試験 海外の学校に入学するために行われる試験です。留学先の国で使用される言語、および学校によって必要な語学試験や学力試験が異なります。語学試験の例として、英語はTOEFL(Test of English as a Foreign Language)、IELTS(International English Language Testing System)、PTE Academic(Pearson Test of English Academic)、英検(実用英語技能検定)などが主流です。その他、中国語は漢語水平考試(HSK)、韓国語はTOPIK(韓国語能力試験)、ドイツ語はTestDaF(Test Deutsch als Fremdsprache)などのテストが行われています。また、アメリカやカナダへの留学に必要とされる学力試験の例として、大学進学者向けのSAT(Scholastic Assessment Test)、大学院進学者向けのGRE(Graduate Record Examination)、ビジネススクール入学者向けのGMAT(Graduate Management Admission Test)などが実施されています。
    広告

このwikiHow記事について

英語学博士
この記事はMichelle Golden, PhDが共著しています。 ミッシェル・ゴールデンはジョージア州のアセンズ市に住む英語教師です。2015年にジョージア州立大学から英語学の博士号を授与されています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告