垂れた胸を上向きにする方法

妊娠や女性ホルモンの乱れ、加齢などにより、胸(バスト)が垂れ下がることがあります。年齢による乳房組織や皮膚の衰えは自然現象とはいえ、バストを上向きに保つためにできるエクササイズがいくつかあります。劇的に改善したい場合は、外科手術もあり得ます。

3の方法1:
バストの下垂を予防する

  1. 1
    エクササイズをするときは、スポーツブラを着用してバストを支えましょう。ジャンプやステップにより、胸は揺れたり広がったりします。胸の大きい人は、ストラップが太目のワイヤー入りスポーツブラを着用しましょう。[1]
    • 通常のブラジャーと比べて、スポーツブラは体にさらにフィットします。胸郭の周囲に密着するものを選びましょう。[2]
  2. 2
    仰向けに寝ましょう。横向きで寝る癖があると、バストの上部が垂れて広がることがあります。仰向けに寝ることで、両側のバストを上向きに保つことができます。
  3. 3
    体重の極端な増減はいけません。体重の増減を繰り返すと、肉割れや皮膚の弾力が失われる原因になります。脂肪が増えると、その余分な脂肪を覆うために皮膚が伸びるので、痩せたときにバストが以前より垂れて見えることがあります。
  4. 4
    ブラジャーを下部で支えるアンダーバンドが伸びたら買い替え時です。ホック付きブラジャーの場合は、内側のホックで留めても緩くなったら新しく替えます。バストのサイズはホルモンの影響や体重の増減、妊娠などによって変化します。使用しているブラジャーが合わないときや緩すぎるときは、サイズを測り直しましょう。
    • ホックを留めて洗濯するとブラジャーが長持ちします。手洗いできなければ、ブラジャーが伸びないように洗濯ネットに入れてから、洗濯機の弱水流で洗います。[3]
  5. 5
    エイジングケア用クリームを首とデコルテに塗りましょう。皮膚内部のコラーゲン増加に効果のある製品を選びましょう。デコルテ部が若々しくなります。
  6. 6
    胸に冷水をかけましょう。冷水または氷で引き締め、バストの下垂を防ぎます。
    • (お湯で)入浴したら、上がる前に胸に冷水をかけます。
    • 氷で胸を擦っても効果があります。
    広告

3の方法2:
胸筋を鍛える

  1. 1
    最初にプッシュアップ(腕立て伏せ)をします。3種類のプッシュアップで、胸と背中の異なる部位の筋肉を鍛えます。膝を伸ばした姿勢がつらければ、膝をついた姿勢で行っても構いません。
    • 通常のプッシュアップをします。四つん這いになり、膝を伸ばして、両手と両足で体重を支えます。肩の真下に両手をつき、指先を前方に向けます。できるだけ低い位置までゆっくりと胴体を下げた後、元の位置に戻ります。これを5回行った後、スピードを上げて10回行います。
    • 軍隊式プッシュアップをします。両腕の間隔を肩幅より少し広く取り、指先を45度内側に向けます。ゆっくり5回、次に素早く10回行います。
    • 最後に上腕三頭筋を鍛えるプッシュアップをします。両腕を肩幅に広げます。胴体を下げるときは肘を外に広げず、胸郭をかすめるように真っすぐに下ろします。ゆっくり5回、次に素早く10回行います。
  2. 2
    チェストフライをします。床に仰向けになります。1~3kgのダンベルを片手にひとつずつ持ちます。
    • 肘は軽く曲げておきます。両腕を持ち上げて、ダンベルを胸の真上で合わせます。
    • 次に、ゆっくりと腕を開き、上腕が胴体と垂直になるまで下ろします。このとき前腕が床に触れないようにします。この動作10回を2、3セット行います。
    • 楽にできるようならば、やや重いダンベルを使用しましょう。
  3. 3
    「C」スウィープを行います。ダンベルを持った腕を体の横に下ろす代わりに、頭上の床に向かって「C」の字を描くように下ろします。腕を上下するとき、両手のダンベルの間隔を5cmほどに保ちます。そうすることで筋肉をバランスよく鍛えます。
    • ダンベルを頭上に下ろすときは、胸郭を床から浮かせてはいけません。腹筋上部を締めて、背中を床にしっかりつけたまま行いましょう。[4]
    • この動作10回を3セット行います。
  4. 4
    TRXサスペンショントレーナーを使います。スポーツジムで、ダンベルの代わりにTRXサスペンショントレーナーを使って三頭筋や二頭筋を鍛えるカール(屈伸運動)を行います。まずハンドルを握り、足を前方に出して体を後方に傾けます。[5]
    • 上腕二頭筋を鍛えます。上腕を胸に寄せて固定し、カールします。
    • 腕を横に開いてチェストフライ、チェストプレスを行います。
    • 上腕三頭筋を鍛えます。体を前方に傾けて腕を胸に寄せます。最初は手首を腋の下に置き、そこから下方に真っすぐ伸ばしてカールします。
    • 両手を床につき、腰を持ち上げてパイク・ポジション(「く」の字型)をとって、ショルダープレスを行います。腕が胴体に対して90度になるまで体を持ち上げ、戻します。
    • 全動作を各10回、2、3セットずつ行います。
  5. 5
    胸筋のワークアウトは週3回行いましょう。1回行ったら、休息日を1日入れましょう。これらのエクササイズは胸筋と腕の筋肉を整えます。胸筋が持ち上がれば、バストがツンと上向きに見えます。
    広告

3の方法3:
医学的方法・外科手術等

  1. 1
    胸の皮膚が垂れ下がっているなら、皮膚科を受診しましょう。下垂した皮膚を引き上げるためのケミカルピーリングやレーザー治療を勧められる場合があります。[6]
  2. 2
    乳房挙上術(バストリフト)を検討しましょう。乳房固定術により胸の皮膚、クーパー靭帯および乳房組織を持ち上げて、バストを上向きにします。今後出産するつもりがないなら、外科手術によって若々しい上向きのバストを作れます。
    • 乳房挙上術ではバストの大きさを変えられません。 [7]
  3. 3
    脂肪注入法について医師に尋ねましょう。自分の体の他の部位から取った脂肪を胸に注入して、豊かで張りのあるバストを作ります。
    広告

注意事項

  • 外科処置は、他の方法では成果が見られない場合に限り検討しましょう。外科処置は感染症のリスクを伴う上、術後もさらなるケアを要する場合があります。
広告

必要なもの

  • スポーツブラ
  • エクササイズ用マット
  • ダンベル
  • サスペンショントレーナー(バンド)

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告