図書館で働く方法

図書館員と一口に言っても、本を棚に並べる学生ボランティアから、複数の修士学位を有して専門書の管理をするプロの司書まで様々です。未経験で図書館の仕事を探している人は、まずはボランティアか、小さな図書館のアシスタントから始めるのが妥当でしょう。こうした求人への応募は競争率が高いのが普通ですが、この記事では図書館員について学び、採用のチャンスを高める方法を紹介します。

3の方法1:
未経験者の図書館での仕事

  1. 1
    地域の図書館でボランティアについて聞いてみましょう。受付のスタッフに聞けば、詳しい情報を教えてくれるか、担当のスタッフを紹介してくれるでしょう。公共の図書館の中には、図書館員の経験や知識がなくてもできるボランティアスタッフを募集しているところがあります。ボランティアの仕事には本棚の整理、本の修繕、貸出デスクでの利用者へのサポート、児童図書館員のアシスタントなどがあります。
  2. 2
    図書館員アシスタントへの応募を検討しましょう。図書館員アシスタントの場合、給料は出ますが、契約社員かアルバイトがほとんどです。仕事内容はボランティアスタッフとほぼ変わらず、本棚の整理が基本となるでしょう。大学生か大卒者でない限り、給料がもらえる図書館での仕事としては、これが最善のスタートです。
    • 受付スタッフに聞けば、この求人について詳しく教えてもらえるでしょう。
  3. 3
    図書館で他の仕事について聞いてみましょう。図書館の仕事は司書や図書館学の学位を有する人だけのものではありません。ほとんどの図書館は用務員を必要としており、大きな施設になれば警備スタッフも必要です。
  4. 4
    通っている学校の図書館に足を運んでみましょう。大学生は、大学の図書館を訪ねて仕事があるかどうかを聞いてみるのもよいでしょう。学生をアシスタントとして雇っているところも多く、授業スケジュールを考慮したシフト調整や、財政援助が付く場合もあります。
  5. 5
    図書館求人の募集要項を比較しましょう。図書館員のアシスタントは、図書館の日常的な仕事を司る未経験者を対象とした求人であるため、図書館によって募集要項に大きな差があります。小さな図書館は応募資格の条件が低いことも多く、高校生を雇っている場合もあります。一般的な応募資格は、高卒者であることと、場合によっては図書館学の履修が求められることもあります。
    • 図書館によっては、アシスタントを図書館技術者と呼ぶところもありますが、一般的には図書館技術者はアシスタントよりも上の立場で、高い学歴が求められます。
    広告

3の方法2:
仕事を探す

  1. 1
    掲示板やウェブサイトを見てみましょう。ほとんどの図書館にはイベントの告知や求人情報が載っている掲示板があるはずです。掲示板を時折確認して、自分が応募できる仕事や、必要な資格を調べましょう。図書館のホームページや地域行政のウェブサイトでもこうした情報が見られるかもしれません。
    • ほとんどの図書館は理事会が管理する非営利団体であるため、他の団体と比べても採用の判断は厳しいのが普通です。知り合いがいるからといって雇われる事はほぼなく、応募資格を満たすことは基本的に必須です。
  2. 2
    応募する前に図書館を訪れましょう。自分の経験に適した求人情報を見つけたら、まずその図書館に行ってみましょう。図書館利用者として、スタッフの対応や図書館の雰囲気を評価します。スタッフに質問をしたり、どんなカリキュラム、設備、資料があるのかを見てみましょう。この経験は面接時に話題として取り上げることができ、それにより、下調べをしていることが面接官に伝わるとともに、自分がどのように図書館に貢献できるかを伝えることもできます。
    • 例えば、図書館のイベントに参加して、どのようにそのイベントを改善できるかを考えてみましょう。その図書館では児童向けのガーデニングが人気なら、種を貸し出すイベントを提案してみるのもよいでしょう。
    • 応募する図書館の情報をできるだけ集めましょう。
      • 本、資料の分野
      • 図書の分類法
      • データベースの種類
      • 電子書籍の有無 
  3. 3
    履歴書を送りましょう。都市部の公共の図書館では、人が見るのではなく、履歴書を機械で選別する場合があります。履歴書に募集要項の中の特定の言葉が含まれていないと、面接の前に落とされてしまう可能性があります。
    • 履歴書の自己PR欄と面接で、志望動機や興味のある分野と一緒に図書館員としての自分の資質をアピールしましょう。(整理能力、細部に気がつく、社交性など)
  4. 4
    地域の政治を調べましょう。面接を受ける前に、その図書館と関わりのある行政事情を調べましょう。資金難になっていないか、開館時間などの縮小は行われていないか、などを調べます。図書館の支援者としての役割を考え、その役割を果たしている支援グループの存在を調べてみましょう。
  5. 5
    ネットワークを築きましょう。可能であれば、図書館員とだけではなく、人事に権限のある役員との面識も作っておくとよいでしょう。応募した後に、その図書館側から役員や図書館の支援者、市民グループが集まる場に招待されたら、それを面接の一環と捉え、社会人として熱心に参加しましょう。
    広告

3の方法3:
図書館員になるためにすべきこと

  1. 1
    大学の学位が必要な仕事を探しましょう。図書館員の仕事には準学士号や学士号を持っていればなれるものもあります。こうした職種は児童図書館などでよく見られます。
  2. 2
    図書館学で修士号を取りましょう。中級や上級の図書館員になるには、MLISという図書館学での修士号が必要になります。このような職種にはアシスタントの監督や図書館の書蔵の更新などの役割があります。
  3. 3
    専門分野を持ちましょう。図書館員には参考図書員、企業図書員、カタログ作成者、図書員長、書籍管理員(どの文献を取り入れ、除外するか決める)、児童図書員、学童図書員、学校図書員(K-12)、学術図書員、システム図書員(IT関連)、貸出デスク受付など沢山の役割があります。自分にあった役職を探し、準備するために、これらの役職について調べましょう。
    • 図書館学では古文書に特化したプログラムがあることもあります。古文書保管係には歴史文献の保管や使用許可などの役割があります。
  4. 4
    学術図書館員も視野に入れましょう。多くの学術図書員たちは、各々の専門分野の修士号を持っています。芸術や法律、音楽、ビジネス、心理学などの好きな分野があれば、図書館員になるのと並行して進めるといいでしょう。
  5. 5
    専門図書館で働くことを考えましょう。専門図書館とは一般的に民間会社によって作られた図書館で、法律、ビジネス、医療、政府の情報を有しています。専門図書館で働くには、最低限の図書館学の学位と、法律、ビジネス、科学、法律などの専門分野の学位や経験が必要になります。
    広告

ポイント

  • 公共図書館や学術図書館では午後や週末に働ける人だけを採用することがあります。
  • 図書館員には、支援者への対応などの接客における高い技術が必要です。
  • MLSを取得したての図書館勤務未経験者は、都市部を避けるか、小さめの図書館に応募するのもよいでしょう。
  • 図書館での仕事の情報は、公共や大学の図書館のホームページや日本図書館協会や専門図書館協議会などで探せます。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む16人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 仕事・職業

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告