嘔吐後の喉の痛みを治す方法

共同執筆者 Jennifer Boidy, RN

不快感と気持ち悪さに加えて、嘔吐は喉の痛みを伴い、その痛みはその後しばらく消えません。しかし、この不快な喉の痛みをただ我慢する必要はありません。この症状に素早く効果的に対処する方法はたくさんあり、シンプルな水分や市販の薬を使用したり、自然療法を試す方法等がこれに当たります。

4の方法1:
シンプルな水分で不快感を和らげる

  1. 1
    水や他の透明のドリンクを飲む 吐いた後に水を少し飲むと喉の痛みや不快症状が和らぎ、脱水を防ぐこともできます。また、吐いた後喉に残った余分な胃酸を取り除く効果もあります。
    • まだ胃がむかついている場合は、水はゆっくりと飲み、そして飲み過ぎないようにしましょう。大量の水を胃に入れたり、飲むスピードが速すぎると再び嘔吐を引き起こすことがあります。喉の痛みを感じたら水を少しずつすするのがポイントです。
    • リンゴジュースや他の透明のドリンクを少量飲んでも良いでしょう。
  2. 2
    温かいドリンクを飲む 水で喉の痛みが治まらないときは、ハーブティー等の温かいドリンクを飲んでみましょう。お茶等を少しずつすすって飲むと、ドリンクの温かさで喉の痛みが本当に緩和されます。妊娠中や授乳中の女性、糖尿病や心臓疾患を患っている人は、必ず医者に相談してハーブティーを選びましょう。[1]
    • 生姜湯を飲むと吐き気が抑えられ、喉の痛みが和らぎますが、2歳未満の子供に与えてはいけません。[2]ペパーミントティーも喉の痛みを和らげ、無感覚にする効果がありますが、胃食道逆流症を患っている場合は飲んではいけません。また、小さな子供に与えてもいけません。
    • ドリンクが熱すぎないように注意しましょう。熱すぎるドリンクを飲むと、傷む喉が悪化し良くありません。
    • 温かいドリンクにはちみつを入れる お茶と同様に、はちみつにもまた喉の痛みを緩和する効果があります。[3] ただし、12ヶ月未満の子供にはちみつを与えてはいけません。乳児ボツリヌス症を引き起こす恐れがあります。
  3. 3
    温かい塩水でうがいする 嘔吐による喉の痛みは、ぬるま湯に塩を入れたものでうがいすると治まります。塩水には腫れを抑えて症状を軽くする効果があります。[4]
    • うがい用の塩水は240 mLのぬるま湯に5 gの塩を入れて作ります。[5]
    • 塩水は飲み込まないようにしましょう。胃のむかつきが悪化する可能性があります。
  4. 4
    口当たりの良いものを食べる 嘔吐で喉が痛くても空腹を感じているときは、口当たりの良い食べ物を食べましょう。喉の痛みを緩和し空腹も満たせます。ヒリヒリした喉には、喉を引っかいて通ったりする食べ物や固い食べ物をさけると良いでしょう。また滑らかな食べ物は、胃酸で炎症を起こした喉を楽にします。
    • 少量のゼリー、キャンディー、バナナ等は、喉の痛みを軽減するには良い選択です。[6]
    • 吐いた後に食べる際は気を付けましょう。特に、まだ気分が悪い場合はたくさん食べるとさらに嘔吐することがあります。ヨーグルトやアイスクリーム等の冷たくて口当たりの良いものを食べたくなりますが、乳製品は完全に吐ききったと確信が持てるまでは避けましょう。
    広告

4の方法2:
市販の薬を使用する

  1. 1
    のどスプレーを使用する のどスプレーには、一時的に喉の痛みを抑える局所麻酔の成分が含まれています。パッケージの使用方法をよく読み、スプレー回数や頻度をチェックしましょう。[7]
    • のどスプレーはほとんどの薬局や大規模小売店・食料品店の市販薬のコーナーで扱っています。
  2. 2
    のど飴をなめる のどスプレーと同様に、のど飴にも喉の痛みを抑える局所麻酔の成分が含まれています。のど飴にはいろいろなフレーバーがあり、ほとんどの薬局や雑貨店で扱っています。[8]
    • 他の市販薬と同様に、製品の服用頻度については使用方法に従いましょう。
    • 局所麻酔は一時的な 緩和を目的とし、痛みを永久的に消すことはできません。
  3. 3
    鎮痛剤を服用する 市販の鎮痛剤で、嘔吐による痛み等の様々なタイプの痛みを軽減することができます。ただし、胃がムカムカしてさらに不快になる可能性があるため、鎮痛剤は吐き気や嘔吐が治まってから服用しましょう。
    • アセトアミノフェン、イブプロフェン、アスピリン等の鎮痛剤は喉の痛みに使用できます。[9]
    広告

4の方法3:
自然療法を試す

  1. 1
    まずは医師に相談する 植物性の生薬はほとんどの人に安全に使用できますが、自然のものだから安全だという思い込みは捨てましょう。薬草は他の薬に影響を与えることがあります。また、他の病状を悪化させたり、子供、妊娠中の女性、お年寄り等一部の人には安全ではないこともあります。自然療法を試みる前に、慎重過ぎるぐらい慎重になって医師に相談しましょう。
  2. 2
    甘草でうがいする 甘草を煮て喉の痛みを抑えるうがい薬を作りましょう。甘草は麻酔後の喉の痛みの不快症状を和らげることで知られているため、嘔吐による喉の痛みにも効果があるでしょう。[10]
    • 甘草に反応する薬もあるため、高血圧、腎臓疾患、肝臓疾患、心臓疾患の薬を常用している場合、医師に相談しましょう。
  3. 3
    アルテア根のお茶を飲む アルテア根(英語名:マシュマロルート)はフワフワした白いお菓子とは全く関係ありません。この植物には喉の痛みを緩和する効能があります。
    • アルテア根のお茶は自然食品店やオンラインで手に入れましょう。
    • アルテア根は吐き気も抑える効果があり、嘔吐後の喉の痛みに加え、嘔吐の原因にも役立ちます。
  4. 4
    アカニレを摂取する アカニレはジェルのような物質で喉をコーティングし喉の痛みを緩和します。パウダー状や錠剤のものが多く、パウダー状のものを購入した場合はお湯に溶かして飲みます。[11]
    • 妊娠中または授乳中の女性はアカニレを摂取してはいけません。
    広告

4の方法4:
医療機関を受診する

  1. 1
    医療機関を受診するべきケースを知る 吐き気や嘔吐がすぐに治まったとしても、医療機関を受診した方が良い場合もあります。軽いインフルエンザでも、脱水をおこすと状態は深刻になることがあります。年齢に関係なく下記のような症状が見られた場合、医師に連絡しましょう。[12][13]
    • 食べ物や飲み物を胃が受け付けない
    • 1日に3回以上嘔吐する
    • 嘔吐が始まる前に頭をケガした
    • 6~8時間排尿がない
    • 6歳未満の子供:数時間以上嘔吐が続く、下痢、脱水症状、発熱、6~8時間排尿がない
    • 6歳以上の子供:24時間以上嘔吐が続く、嘔吐を伴う下痢が24時間以上続く、脱水症状、38.3°C以上の発熱、6~8時間排尿がない
  2. 2
    救急車を呼ぶ必要があるケースを知る 緊急の処置を必要とするケースもあります。年齢に関係なく下記のような症状が見られた場合、直ちに119番にダイヤルして救急車を呼びましょう。[14]
    • 嘔吐物に血液が混ざっている(鮮血もしくはコーヒーの出がらしのようなもの)
    • 激しい頭痛または斜頸
    • 昏睡状態、精神錯乱、注意力の低下
    • 激しい腹部の痛み
    • 呼吸や脈が速い
    広告

このwikiHow記事について

正看護師
この記事はJennifer Boidy, RNが共著しています。 ジェニファー・ボイディーはメリーランド州在住の正看護師です。2012年にキャロル・コミュニティー・カレッジにて看護学の準学士号を取得しています。
カテゴリ: 全般的健康

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告