嗅覚を高める方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

様々な理由で、嗅覚を高めたいと思うことがあるでしょう。嗅覚と味覚は、密接に関連しています。これは、鼻をつまんで食べ物を味わおうとすると分かります。また、ワイン、コーヒー、ビール、紅茶の味を表現するためにも嗅覚は必要です。嗅覚は年齢と共に衰える傾向にあり、病院での治療が必要な深刻な嗅覚障害もありますが、以下の方法で嗅覚を高め、それを持続させることができます。

3の方法1:
嗅覚を高める方法を実行する

  1. 1
    においに注意を払う 筋肉は「使わなければ衰える」とよく言われますが、嗅覚にも同じことが当てはまります。嗅覚は使えば使うほど鍛えられるからです。まず、においを言葉で言い表す練習をしましょう。においに関する記録を取るのもよいでしょう。また、目隠しをして、誰かに様々な食べ物を鼻に近づけてもらい、種類を当てる訓練をする手もあります。
    • 次回コーヒーを飲む前に、香りを深く鼻に吸い込んでみましょう。強いにおいのチーズを食べる前に、においに集中してみましょう。
    • 食べ物のにおいに注意を払ってから食べる習慣をつけると、徐々に嗅覚が鍛えられます。[1]
  2. 2
    嗅覚を鍛える 日頃の生活で出会うにおいに注意を払うと共に、さらに一歩踏み込んだ訓練方法で嗅覚を高めることができます。好みの香り、例えば淹れたてのコーヒー、バナナ、石鹸やシャンプー、ブルーチーズなどを4つ選びます。そして、しばらくの間それぞれの香りを嗅ぎ、鼻の嗅覚受容体(においセンサー)を刺激します。これを毎日、4~6回繰り返します。[2]
    • においを視覚的に捉えると、嗅覚が高まると証明されています。少し時間を取り、好みの香りを心に描いてみましょう。[3]
    • 特定のにおいを識別しようとする際、長く深くにおいを吸い込むより、クンクンと短く嗅ぐと特定しやすくなります。[4]
  3. 3
    十分なエクササイズをする エクササイズの後に嗅覚は研ぎ澄まされるという研究結果があります。因果関係は不明瞭ですが、エクササイズの後に嗅覚が高まると言われています。[5]また、少なくとも週に1度、エクササイズをして汗を流すと、加齢による嗅覚減退のリスクが減少すると言われています。
    • この理由として、エクササイズによって脳機能が向上、もしくは全般的な健康効果がもたらされるためと考えられます。[6]
  4. 4
    医師に鼻孔スプレーについて問い合わせる 嗅覚障害の原因が鼻づまり、花粉症、副鼻腔炎、鼻茸(鼻ポリープ)などの閉塞性疾患によるものであれば、嗅覚を高めるために、根本的な原因となる病気を治療する必要があるでしょう。鼻づまりを解消し、呼吸と嗅覚機能を改善するステロイド点鼻薬について、医師に問い合わせましょう。
  5. 5
    亜鉛とビタミンB12を食事に取り入れる 嗅覚鈍麻(嗅覚障害の医学用語)は亜鉛不足や、ベジタリアンに多くみられるビタミンB12不足が原因で起こる場合があります。[7]嗅覚を高めるために、牡蠣、レンティル(レンズ豆)、ヒマワリの種、ピーカンナッツなどの亜鉛を多く含む食品を摂るか、最低7 mgの亜鉛を含むマルチビタミンサプリメントを毎日摂取してもよいでしょう。[8]
  6. 6
    特定のにおいがもたらす感情を記録する においを感じる神経は、脳の感情を司る部分と直接つながっており、合理的な考えでは理解できない場合があります。例えば、ファストフードの包み紙、焼きたてのパンやペストリ―の匂いは、あおり運転などの危険な運転を増長させる場合があります。一方ペパーミントとシナモンの匂いには、集中力を高め、ドライバーの興奮を鎮める作用があるという研究結果があります。また、レモンとコーヒーの香りは一般的に、思考を明確にし、集中力を高める働きがあるとされています。[9]
    Advertisement

3の方法2:
嗅覚障害の原因となる物を避ける

  1. 1
    過剰な粘膜の分泌を促す食べ物を避ける 風邪を引いた時、あまりにおいを感じなかったり、あるいは全くにおいがしなくなった経験はありませんか?鼻が詰まると、においの粒子が、嗅粘膜にあるにおいセンサーまで届かないためです。鼻づまりを引き起こす食べ物(一般的に牛乳、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品)を避けると、鼻づまりが改善する場合があります。その後、これらの食べ物を再度ひとつずつ試すと、鼻づまりの原因になる食べ物を特定することができます。[10]
    • 喉の奥から鼻のにおいセンサーへと通じる経路があります。この経路が何らかの原因で塞がれると、食べ物の味が分かりにくくなります。[11]
  2. 2
    嗅覚を低下させる薬物を避ける 化学物質による煙霧などの有害物質が、嗅覚を低下させることがあります。 喫煙は嗅覚障害の一般的な原因のひとつです。禁煙することで、嗅覚障害の改善につながる場合があります。[12]嗅覚は、喫煙30分後に最も低下すると言われています。
    • 興奮剤、抑制剤、抗生物質などの薬によって、嗅覚障害が起こることもあります。服用している薬が嗅覚障害を起こしている疑いがある場合は、医師の診察を受けましょう。[13]
    • 風邪薬が嗅覚に影響を及ぼす場合もあります。[14]
    • 医師の指示がない限り、処方薬の服用を中止してはいけません。
  3. 3
    悪臭を避ける 長時間悪臭にさらされていると、嗅覚が麻痺するという報告があります。例えば、毎日コンポストに携わる仕事をしている人は、徐々にその臭いに慣れていきます。[15]強い臭いを長時間嗅がないように心掛け、避けられない場合は鼻と口をマスクで覆いましょう。マスクが臭いをいくぶん和らげます。[16]
    Advertisement

3の方法3:
自分の嗅覚を分析する

  1. 1
    嗅覚低下の原因を探る 嗅覚の低下には、様々な原因が考えられます。一例として、鼻腔内の粘膜の損傷や鼻づまりが挙げられます。風邪、インフルエンザ、花粉症、副鼻腔炎などが原因で、粘膜が傷つく場合があります。これらが最も一般的な嗅覚障害の原因となり、通常症状は一時的なものです。
    • 鼻茸などの障害物が嗅覚障害を引き起こすこともあり、時には手術を必要とします。
    • 脳や神経の損傷が嗅覚に影響を及ぼす場合があります。頭部の怪我が原因で、嗅覚を消失することもあります。[17]
  2. 2
    自分の嗅覚を見極める 医師の診察を受ける前に、いくつかの質問に答えて自分の嗅覚低下の状況を見極めることができます。質問の答えによって、医師の診察が必要かを判断します。最初に嗅覚障害を感じた時期と、その時の状況を思い出してみましょう。
    • 嗅覚の低下を感じたのは一度だけですか、それとも何度もありましたか?繰り返し起こる場合、思い当たる原因はありますか?その際、花粉症の症状はありましたか?
    • 風邪やインフルエンザにかかっていましたか?
    • 頭部に怪我を負っていましたか?
    • 有害物質や、ホコリなどのアレルギーを引き起こす可能性がある物質にさらされましたか?[18]
  3. 3
    医師の診察を受ける時期を知る 短期的な嗅覚の低下は、風邪を引いた時などに比較的よくみられる症状です。しかし、その症状が長引いて改善されないようであれば、医師の診察を受けましょう。専門医の診察を受ける必要があるかもしれません。[19]診察方法は、ニオイ紙の特定のにおいを嗅ぐ方法や、専門医による内視鏡検査などがあります。
    • 嗅覚の低下は深刻な健康上の問題ではないと思われがちですが、嗅覚を正常に保つのは大切なことです。心配であれば、医師の診察を受けましょう。
    • 嗅覚が麻痺していたら、ガス機器には特に注意を払い、賞味期限の切れた食品は食べてはいけません。
    • 化学感覚(嗅覚や味覚のように化学的刺激に対する感覚)に問題がある場合は、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症などの深刻な病気の初期症状かもしれません。
    • 嗅覚障害はまた、高血圧、肥満、栄養不良、糖尿病に関係している場合があります。[20]
    Advertisement

注意事項

  • 時には不快な臭いに遭遇することもあります。嗅覚機能が向上すると、悪臭にも敏感になるかもしれません。
  • 副鼻腔炎や風邪による上気道感染症は、突発的な嗅覚障害を引き起こす最も一般的な原因です。
  • あまり一般的ではありませんが、嗅覚障害を誘引する病気に、第1脳神経(嗅神経)の損傷、嚢胞性繊維症による鼻茸、甲状腺機能低下症、パーキンソン病、アルツハイマー病、カールマン症候群などがあります。嗅覚障害の原因が不確かな場合は、医師の診察を受けましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

家庭医(かかりつけ医)
この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州在住の内科医です。マツコ医師は2007年にテンプル大学医学部から医学博士号を授与されています。
カテゴリ: 健康 | 全般的健康

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement