唾液の分泌を増やす方法

共同執筆者 Sarah Gehrke, RN

唾液には歯を守る働きがあるので、唾液の量が少なすぎると口の中が不快になったり、歯の疾患を引き起こす原因となります。十分な唾液が自然に分泌されない場合、様々な方法で分泌量を上げることができます。日常的な食べ物や家にあるものを使うのが一番簡単なこともありますが、唾液の量が極端に少なく、何をしても解決にならない場合は、治療することもできます。[1]

3の方法1:
食べ物や飲み物で唾液を増やす

  1. 1
    ガムを噛みましょう。最も手っ取り早く簡単に唾液を増やす方法の一つは、ガムを噛むことです。ガムを噛む行為により、口にある食べ物を消化するために唾液が必要、という信号を体に送ることができます。[2]
    • 唾液の分泌に問題がある人は、無糖のガムを噛むのが良いでしょう。唾液の分泌が足りないせいで、歯の健康はすでに危険な状態にあります。そこへ多量の砂糖を口に入れてしまうと、問題が悪化する可能性があります。
    • 虫歯を防ぐには、キシリトール入りのガムや飴などが良いでしょう。[3]
  2. 2
    トローチ、飴、ミントキャンディ、ロリポップなどをなめましょう。少し酸っぱいものや甘いものを口に入れると、唾液腺が活性化します。但し、虫歯にならないよう、無糖のミントキャンディなどの砂糖不使用のものにしましょう。[4]
    • 少し酸っぱいロリポップ、飴、トローチ等を選びましょう。酸っぱいものは唾液腺を大いに刺激します。
  3. 3
    水分補給を心がけましょう。ドライマウスを防ぐには、体内に十分な水分を保つことが重要です。一日を通して十分な水分を取ることで、体組織を潤し、口の渇きを防ぎ、口腔粘膜を柔らかくすることができます。[5]
  4. 4
    飲み物を摂りましょう。口の中を早く潤す方法の一つは、飲み物を飲むことです。飲むという行為は、口の中を物理的に潤すだけでなく、唾液の分泌を促進します。[6]
    • アルコールやカフェイン入りの飲み物は避けましょう。これらの飲み物は、唾液の分泌を妨げます。
  5. 5
    唾液の分泌を促す食べ物を摂りましょう。唾液腺が唾液の分泌を活発に行うのに良い食べ物は色々あります。そうした食べ物の持つ歯ごたえ、糖分、酸味、苦み等が、唾液の分泌を促すためです。以下のものが挙げられます。[7]
    • リンゴ
    • 硬いチーズ
    • シャキシャキとした歯ごたえのある野菜
    • 柑橘類
    • 苦みのある葉野菜
    Advertisement

3の方法2:
市販の製品や民間療法を試す

  1. 1
    リンゴ酢でうがいをしましょう。唾液の分泌を助ける民間療法の一つに、リンゴ酢と水を混ぜて使う簡単な方法があります。グラス一杯の水に大さじ一杯のリンゴ酢を入れます。それを口いっぱいに含み、グチュグチュと1分程ゆすいでから吐き出します。[8]
    • この方法は、口内の洗浄と保湿、そして口臭消しが一度にできます。
  2. 2
    市販の人工唾液を使いましょう。ドライマウスを緩和する商品は、たいていの薬局で多様に扱っています。一定の間隔で口に入れると、口を潤すと同時に唾液の分泌を促す効果があります。[9]
    • こうした商品には、色んな形態のものがあります。スプレー、ジェル、口内洗浄液などです。
  3. 3
    口を開けたままいびきをかいたり眠ったりしないようにしましょう。ドライマウスと唾液不足の最も典型的な原因は、口を開けたまま寝ていびきをかくことです。起床時のドライマウスを防ぎ、唾液の分泌量を正常に保つために、寝る姿勢を変えたり、気道を広げたり、その他呼吸が楽にできるライフスタイルに変えてみましょう。
    • 睡眠中、口を開けて呼吸したりいびきをかいたりすると、口の中の空気が逃げてしまい、口内の湿度を下げます。
    • ライフスタイルを少し変えたり、寝る姿勢を変えてもドライマウスが改善しない場合は、他に解決策がないか医師に相談しましょう。[10]
    Advertisement

3の方法3:
治療を受ける

  1. 1
    抱えている問題を医者に相談しましょう。ドライマウスに悩んでいるなら、その原因となり得るものや治療法について医師に尋ねましょう。十分な唾液分泌があるのは重要なことなので、民間療法などで解決できなかった場合は、治療を受けましょう。
  2. 2
    ドライマウスを誘発する薬を避けましょう。ドライマウスを誘発する薬を服用している場合、他の選択肢がないか医師に相談しましょう。ドライマウスの副作用がない薬が他にあるかもしれません。
    • ドライマウスを誘発することが分かっている薬は何百種類もあります。最も典型的なものに、ベナドリル、アセトアミノフェン、クラリチン等があります。[11]
  3. 3
    基礎疾患に対処しましょう。治療を要するほど深刻なドライマウスは、健康上の問題が関わっていることがほとんどです。何かの治療の副作用か、病気によって引き起こされている可能性があります。[12]
  4. 4
    唾液の分泌を増やす薬を服用しましょう。唾液の分泌が特に少ない場合は、医師から分泌量を増やす薬を処方されるかもしれません。症状や原因となっている基礎疾患に応じて、医師が処方し得る薬は何種類かあります。[13]
    • サラジェンは、唾液の分泌が少ない場合に処方される典型的な薬です。
    • エボザックは、目、口、肌の乾燥を引き起こすシェーグレン症候群を患っている場合に処方される、唾液の分泌を増やす薬です。
    Advertisement

このwikiHow記事について

正看護師
この記事はSarah Gehrke, RNが共著しています。 セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師です。2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 全般的健康

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement