友達に手紙を書く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

スマートフォンや携帯でメールを送ったり、短いメッセージで友達とやり取りするのはすでに生活の一部になっていますが、手紙をしたためるのも伝統的で、感情を伝えるのに適した方法かもしれません。Eメールとして書いても、古風な手法の手紙を書いても、その手順は同じです。親しみあふれる手紙の構成は、挨拶となる前文から始まって、友人への問いかけや最近あった出来事等に触れ、末文で結びます。

3の方法1:
まず最初に

  1. 1
    日付を入れる 手書きで手紙を書くことを決めたのならば、便箋や用紙の左上に日付を書き入れましょう。手紙を後々まで大切にとっておく人は、当時のことを振り返るために日付が書き込まれていると喜びます。日付の書き方の例は「平成25年3月7日」または「3.7.2013」のように月、日、年の順に数字だけを書きます。
  2. 2
    挨拶を書く 手紙の始まりは手書きであれEメールであれ前文と呼ばれる書き出しで挨拶を書きます。ここでは名前を用いて今あなたが手紙を書いている相手に対して呼びかけます。例えば『エミリーへ』『スカイラーさんへ』などと呼びかけます。手紙を受け取る相手との間柄やあなた自身の好みを考慮して、ふさわしい挨拶の言葉を選んでください。
    • 形式的なスタイルを好む場合は「拝啓」という挨拶の言葉はよい選択です。ありふれた感じがしますが、ちょっと考えてみましょう。「拝啓」という挨拶はとてもよい響きではありませんか?相手を大切に思っていることが伺えます。ですが、そこまで深く考える必要はありません。「拝啓」は親友への手紙同様に出会ったばかりの知り合いへの手紙にも使えます。
    • カジュアルな手紙であれば、「やあ、◯◯」とか「こんにちは、◯◯さん」で始めてみるのも一考です。この挨拶は友人や親戚に対して使うのは適切ですが、ビジネスのシーンではカジュアルすぎるので使用しないほうが無難です。
    • 好きな人、もしくはそうでありたい人に宛てた手紙ならば、もう少し距離感の近い表現を使ってみましょう。例えば、『愛しい◯◯へ』といった具合に。
    • 一部例外もありますが、文章の最後には句読点を忘れずに。これは次の文へ移る合図になります。
    Advertisement

3の方法2:
本文

  1. 1
    ちょっとした冗談から始める 親しい手紙の最初の段落は通常は温かみを感じられる内容にします。この方法で手紙の方向性を読み手に伝えるのです。友人に向けてなのか、ビジネス的な内容なのか、はたまた深刻な内容なのかを示します。挨拶の続き、またはちょっとした冗談、季節に応じた事柄をここで2、3行添えてみましょう。
    • 『お元気ですか』や『その後いかがお過ごしですか』は手紙における一般的な書き出しです。質問から始めることで長めの文章が始まることを知らせます。もし返事を期待するのであれば、文章の所々に(くどくならない程度に)質問を織り交ぜましょう。
    • 最初の段落では読み手の生活に触れても構いません。例えば、「あの小さかったジュリーちゃんは保育園にすっかり馴染んでることでしょう。月日を考えれば早いものです。」
    • 時節について触れる事もまた一般的な手紙の書き出しです。深い話をする前に他愛ない会話から始めることに似ています。例えば、「秋が深まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。木々はますます赤や黄に染まり、冬を迎える日もそう遠くないでしょう」 などと書きます。
  2. 2
    ニュースや個人的な出来事に触れる ここから手紙の本題に移ります。あなたが書こうと思っている目的です。手紙を出そうと思ったきっかけを振り返ってみてください。久しく会っていない友人と連絡が取りたいのでしょうか、または寂しい思いを伝えたいのでしょうか。それとも援助してくれた人達に感謝を伝えたいのでしょうか。ここでは素直に率直にあなたのメッセージを効果的に伝えましょう。
    • 日常生活で起きた出来事を書く あなたの手紙は何を書いたとしてもおそらく受け入れられるでしょう。何かを打ち明けた時、読み手はあなたに対してより近い距離感を抱くことでしょう(手紙はそういった点で効果的な方法です)。過去に起きた出来事、抱いた感情、これからの予定について書いてみましょう。
    • 生活の中の出来事について話を誇張しすぎないようにしましょう。親しい手紙の目的が失われてしまいます。休日版ニュースレターのような書き方は避けましょう。出来事を羅列するだけでは読み手はざっと流し読しかしてくれません。トラブルについて深く触れることはありませんが、ありのままを描写してみてください。
  3. 3
    友人に関係するトピックを持ち出す 友人が最後に何を話したかを思い出してみましょう。彼氏との別れ話が進んでいると話していましたか?お気に入りのサッカーチームが負け続けていると話してました?そのときに友人が話していた内容に触れ、読み手の生活に関心を示すような質問をしてみましょう。
    • お互いに関心を抱いている話題に触れる 美術や政治、最近あった出来事、直接会って会話をした話題について書いてみましょう。
    • 友人が好きそうな映画や勧めたい本のことも思い出してみましょう。よい情報を提供することも歓迎される内容です。
    Advertisement

3の方法3:
終わりに

  1. 1
    締めくくる 最後の段落を書いて、友人もしくは愛する人に送りましょう。最後の段落は本文より軽いトーンにします。ただし全体の文章に沿った言葉を選んでください。好印象を与える文で手紙を締めくくりましょう。
    • この手紙を書いた目的にもう一度触れましょう。例えば、もし友人をパーティに誘っているのなら「来てくれると嬉しいな!」、よい休日を過ごして欲しいと願っているのなら「楽しい休暇をお過ごしください」といったようなことにします。
    • 返事を促す もし返事を希望するのであれば、「お返事お待ちしております」や「お便りを下さい」と書きましょう。
  2. 2
    締めの言葉を書く 従来の書き方ないしカジュアルな書き方のいずれにしても、あなたが選んだ締めの言葉にはあなたが書いた雰囲気を残しておくべきです。挨拶のように、読み手との関係を位置づけるような言葉を用います。最後に名前を添えるのを忘れずに。
    • フォーマルな締めの言葉であれば『敬具』や『拝具』といった言葉を用います。
    • カジュアルな手紙であれば『さようなら』『またね』や『ではまた』に。
    • より親密な締めの言葉であれば、『愛してる』『いつも君のことを思ってる』といった言葉に。
  3. 3
    追伸について PS、いわゆる追伸では、あまり重要ではない情報を親しい手紙の最後に加えます。冗談を添えても結構ですし、書かなくても構いません。いずれにせよ、あなたの手紙の雰囲気に沿っていることと、それにより読み手が抱くであろう印象を考えましょう。
    Advertisement

ポイント

  • 送る前に誤字脱字を必ずチェックしましょう。
  • もう一度、手紙全体を読み直しましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement