勉強のやる気を引き出す方法

勉強机に向かって本を開いてみたものの、なかなかはかどらず、気づいたら寝てしまっていたという経験はありますか。やらなければならないとはわかっているものの、なかなかやる気が湧いてこないこともあるでしょう。そんな場合には、これから紹介する方法を実践すれば、勉強への意欲がみるみる湧いてくるはずです。

パート1(全5パート):勉強する環境を整える

  1. 1
    静かで落ち着ける場所を見つけましょう。図書館、喫茶店、自分の部屋など、騒音や妨害が入らない場所を見つけましょう。友達と遊びたいという誘惑を避けられる場所であれば理想的です。
  2. 2
    勉強道具を準備しましょう。ペン、鉛筆、紙、蛍光ペン、付箋など、必要なものを手元に用意しましょう。道具を取りに行く時間を無駄に費やさないようにします。
  3. 3
    適度に水とお菓子を手元に準備しましょう。喉の渇きを潤すために、少しずつ水を飲めば、勉強がはかどります。ピーナッツやグラノーラバーや果物などを適度に食べれば集中力が回復します。
    • ファーストフードや加工食品は避けましょう。例えばピザ、ハンバーガー、ナーチョウ、ドーナツ、マフィン、シナモンロール、クロワッサンは勉強中に食べないほうが良いでしょう。体は急速に回復しますが、すぐに眠気に襲われます。
    Advertisement

パート2(全5パート):勉強の邪魔になるものを排除する

  1. 1
    快適な服装をする サイズの合わないズボンを引き上げるような些細な動きが集中を乱します。体を締め付けない、身に馴染んだ快適な格好をしましょう。
    • 長い髪は目にかからないように後ろで束ねましょう。
  2. 2
    携帯電話はサイレントモードにする 勉強中に友達や家族から電話がかかってくるのは嫌なものです。電話がかかってくることが予想される場合は、あらかじめ勉強のために電話に出られない時間帯を友達や家族に知らせておきましょう。さらに、携帯画面が気になって仕方がない場合は、電話をサイレントモードにしたまま自分の目の届かないところに置いておくと良いでしょう。
  3. 3
    パソコンの電源はなるべく切る  勉強のために使わない限り、パソコンの電源は切りましょう。パソコンが視界に入らない環境の方が勉強に適しています。パソコンは集中を切らす原因の最たるものです。「ちょっとメールを見るだけ」や「インターネットの芸能ニュースをちょっと見るだけ」などと言い訳をしたが最後、あっという間に貴重な1時間を浪費します。
    • 情報検索の道具としてパソコンを使う場合には、欲しい情報だけを印刷するのも一つの手です。別のウィンドウを開いてフェイスブックを見たいという誘惑を防ぐことができます。どうしてもフェイスブックが気になる場合は、アカウントを一時的に解除しましょう。
    • 文書作成のためにパソコンを使う時にはインターネットの接続を一時的に切るようにしましょう。
    Advertisement

パート3(全5パート):勉強の目標を設定する

  1. 1
    勉強する時に具体的な目標を設定する 曖昧でありきたりな目標よりも、明確で達成可能な目標を設定しましょう。「数学を得意科目にする」という目標よりも「2次方程式グラフの書き方を学ぶ」という目標のほうが明確で、やる気が出ます。目標を果たした後の達成感は格別です。
  2. 2
    目標を達成した自分にご褒美を与える  目標を達成した時には自分にちょっとしたご褒美をあげましょう。勉強中の休憩として、近所を散歩したり、グラノーラバーを食べたり、お気に入りの音楽を聴いたりするくらいは構いません。勉強が終わったら、ゲーム、友達とのおしゃべり、DVD観賞など、好きなものを存分に楽しみましょう。
    • 勉強中に休憩を取る場合は、休憩が延々と続かないように注意しましょう。休憩時間を決めたら、「あとちょっとだけ」という悪魔のささやきに耳を貸してはいけません。
  3. 3
    将来なりたい姿を想像しましょう。 積極的に勉強する姿勢を維持するために、勉強した結果、自分はどうなりたいのかを思い浮かべてみましょう。テストでいい点数を取る、先生に褒められる、行きたい大学に合格するといった場面を想像してみます。勉強とは時として退屈で辛いものですが、目標を達成した自分の姿を思い浮かべれば、やる気を維持することができます。
    Advertisement

パート4(全5パート):自己管理をする

  1. 1
    勉強の計画を立てる 毎日勉強する時間帯を明確に決めましょう。「今週はいくらか勉強しよう」などと曖昧なことを言っていても勉強のやる気は出てきません。意思を貫くには、具体的な計画を立てることが大切です。
  2. 2
    ぐずぐずしない 例えば、試験勉強または90ページの読書課題であれば、まだ時間的に余裕があったとしても、すぐに取り掛かりましょう。月曜日に課題を出されて金曜日が提出日だとしたら、月曜日に取り掛かって週の前半には終えましょう。そうすればギリギリになって焦ることはありません。
    Advertisement

パート5(全5パート):行動に移る

  1. 1
    実行あるのみ! 時として、思いを行動に移すことは大変難しいものです。無理な勉強計画を立ててしまった場合は、目標を下方修正しましょう。今日1日で読む予定の課題を、今日と明日に半分ずつ分けても構いません。問題集の中から、1問でも2問でも解きましょう。今できることに取り組みましょう。
    Advertisement

ポイント

  • こつこつ続けましょう。将来なりたい自分になるために、目先の欲望を我慢しましょう。
  • わからない個所は、先生に聞きましょう。先生は質問に答えるのが職務です。質問されれば先生は喜んで答えてくれます。みなさんの意欲が本物であれば、内申点にもつながります。友達に見られたらどうしようなどと心配する必要はありません。見栄を張って理解しているふりをするよりも、謙虚にわからないことを聞くほうがずっと知性的です。
  • 記憶を定着させるためには、しっかりと睡眠を取ることが大切です。身に着けたばかりの知識は睡眠中に頭の中で整理されます。最低8時間の睡眠時間を確保しましょう。
  • 目標を達成すれば自由な時間を過ごせるということを肝に銘じましょう。強い意志を持って集中力を持続させましょう。勉強中に音が気になるようであれば耳栓をしましょう。人が近寄ってきても相手にしてはいけません。
  • 家庭教師を雇うことを考えてみましょう。家庭教師と一緒であれば、さらに楽しく勉強できるかもしれません。また、苦手科目についても教えてもらえるでしょう。家庭教師の費用が高ければ、家族のなかで勉強の得意な人に教えてもらうという方法もあります。
  • 勉強が終わったら、理解したことを表に書き出してみましょう。やる気がさらに湧いてきます。
  • 集中を乱したり注意力を散漫にするような音楽は聞かないようにしましょう。
  • 試験に合格したり成績が上がった時のことを思い浮かべて勉強する気持ちを奮い立たせましょう。目標を成し遂げたら自分にご褒美を与えましょう。
  • 楽しく勉強するためにも、勉強会を開きましょう。しかし勉強に集中するのが目的であることを忘れてはいけません。
  • 勉強をすればするほど手に入るものは大きくなるということを肝に銘じましょう。勉強をすれば魅力的な大学に入る機会も手に入ります。勉強をすればいつの日か億万長者にだってなれるのです。
  • 窓の近くに机を置きましょう。休憩の際に窓を開けることができます。勉強中に気分が落ち着いて爽やかになります。
  • 親や保護者がこれまで自分にしてくれたことに感謝しましょう。そして自分は何を期待されているのかを考えてみましょう。
Advertisement

注意事項

  • さぼりたい、遊びたいという欲望から意識を遠ざけましょう。「今は勉強しなくてもいい」という考えに流されてはいけません。
  • 詰め込み学習や休憩なしの長時間学習は禁物です。計画的に勉強を進めて、1時間ごとに10分から15分の休憩を取りましょう。
  • 音楽好きのみなさんは、勉強中には一切音楽を聴かないほうが良いでしょう。音楽に集中しすぎて勉強が手につかなくなります。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む98人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement