勉強に対する姿勢を改善する方法

テストの対策や宿題をするための方法は数多くあります。授業で優れた成績を収めたい人は、しっかりとした勉強の習慣を身につける必要があります。

パート1(全3パート):理想的な勉強場所を確保する

  1. 1
    勉強にふさわしい環境を整える 騒音が無くて日光が十分に差し込む整理整頓された部屋と、快適な勉強机が必要になります。勉強をするために、誰にも邪魔されることのない静かな場所を見つけましょう。場所の選定はとても重要であるため、細心の注意を払って行いましょう。
  2. 2
    席について勉強する前に、必要なものを全て準備する 鉛筆、ペン、ノート、ルーズリーフ用のノートシート、教科書などを準備しましょう。
  3. 3
    気を散らすものを排除する 家族が勉強の邪魔をしてくる場合、宿題を続けられるようにするために、離れた場所へ行くように丁重に頼みましょう。小さい子供がいる人は、我慢して勉強しなければならない時もあります。テレビとラジオの電源は確実に切りましょう。暗騒音を必要とする場合、クラシック音楽が適しています。
    Advertisement

パート2(全3パート):勉強のための自己管理をする

  1. 1
    落ち着いた精神状態になる 落ち着いた気持ちになって、辛抱強い精神力を持ちましょう。何を学ぼうとする時でも、時間がかかるのが普通です。
  2. 2
    十分な睡眠をしっかり取る 夜遅くまで起きてする勉強は、うまい方法ではありません。睡眠不足は、集中力の低下を引き起こし、覚えたものが定着しません。 [1]
  3. 3
    予定を立てる 生徒の皆さんは、授業の時間割や宿題の提出日などの大事な予定を、時間通りに当たり前のようにこなしています。このような予定の一環として、勉強や課題をするために一定の時間を確保しましょう。そうすれば、土壇場で課題を終わらせるために慌てふためいたり、大事なテストの前夜に詰め込み勉強をする事態は減ってきます。また、予定を立てる時に、学校とは関係のない活動、たとえばスポーツのような時間を確保しましょう。実際に、予定が広範囲にわたっている方が、能率的に学業を達成できます。
  4. 4
    授業を受ける際に必ずノートをとる 社会人の皆さんの場合は、仕事中にノートをとることもできます。常用語を略語で書く、重要な情報(またはキーワード)のみを記録する、情報をまとめるためにわかりやすい見出しを使う、実例を示すために写真や図表を使うというような方法を用いるとノートを取りやすくなります。資料中のキーポイントは蛍光マーカーをつけるか、下線を引きましょう。
  5. 5
    勉強のグループを作る グループ内でクイズを出し合ったり、仲間同士で学び合うことができます。
  6. 6
    適度に休憩を取る 散歩に行く、自転車をこぐ、家族と一緒に過ごすといった気分転換をしましょう。適度な休憩を取ると、宿題のストレスは恐れるほどのものではないとわかり、すぐに取り組もうというやる気が湧いてきます。脳をリラックスさせる音楽を聞きましょう。
    Advertisement

パート3(全3パート):しっかりとした勉強の習慣をつける

  1. 1
    最も手ごわそうな宿題から始める たとえば、化学、数学、国語、英語の順番で手ごわい宿題が出された場合、化学からはじめて、最後に英語に取り組みましょう。難しい科目からはじめることで、脳に疲労のない状態で最も手のかかる問題に取り組めます。
  2. 2
    能率的な暗記法を活用する たとえば、公式のような暗記を必要とするものは、表を見て覚えるという手があります。単語カードは、たくさんの情報をグループ分けして覚える際に有効です。
  3. 3
    批評眼を持って読書をする 生徒の皆さんは学年が上がるにつれて、ページ数が多く、複雑な文章で書かれた課題を与えられます。読書力が不十分だったり、重要な情報を読み取れない人は、課題を重荷に感じ、学問における成功のチャンスをことごとく逃すことになります。生徒の皆さんはカギとなる情報を読み取るコツを意識して学ぶ必要があります。読書力に自信のない人は、読む技能を伸ばす方法を考えましょう。さもなければ、多くの科目の成績に悪影響が及びます。
  4. 4
    最も注意を要する分野に着目する 苦手な分野があるときには、さらにその分野の勉強をしましょう。
  5. 5
    テスト対策を改善する テストの点数が悪い原因は、生徒に学問的な資料を読み取る力がなかったり、学力に隔たりがあるためだけとは限りません。資料を理解していても、テストの点数が良くないという場合もあります。能率的にテストの点数を上げる方法として次のようなものがあります。テスト勉強をする科目の優先順位を考える。テストの数日前から準備をはじめて、前日の一夜漬けはしない。テスト中のストレスに対処する。テスト時間内にすべての解答欄を埋められるように、時間配分を考える。
  6. 6
    自分自身に問いかける 問いかけをすることで、勉強している分野について5W1Hの疑問点が見えてきます。資料を読んだり、勉強をする時は、自分自身に問いかけましょう。その問いかけに答える過程で、深い感銘を受けることにより、資料についての理解が深まり、知識が定着しやすくなります。この感銘を受けることこそが意義のある行為です。強い感銘を受けるほど、容易に物事を覚えることができます。
  7. 7
    助けを求める 勉強をしなければならないのに、実際に何をすべきかわからない時があります。そんな時でも、諦めてはいけません。自分一人で抱え込まずに、その悩みを誰かに相談しましょう。
    Advertisement

ポイント

  • グループで勉強をする時は、注意散漫になってはいけません。
  • 休憩中のストレッチ運動は心身ともにエネルギーを高めます。
  • 最も学びやすいものは、自分が興味を抱いているものです。今、最も苦労して勉強しているものに興味を持ちましょう。
  • 繰り返し読むことにより、記憶が定着します。
  • 周囲の騒音により気が散らないようにするため、勉強部屋のドアは必ず閉めましょう。
  • 真剣に勉強しましょう。しかし、特にストレスを感じている時は、適度な休憩も忘れずにとりましょう。1時間勉強する毎に、5分から10分ほど休みましょう。
  • 勉強をする1時間前に食事をしましょう。空腹の時に脳は能率的に働きません。
  • 困った時は、ノートを取り出しましょう。ノートを書くことはもちろん勉強の助けになりますが、本当にノートが役に立つのは、読み返しながら、思案して、考えを形成する時です。
  • 課外活動の前に宿題をしましょう。
  • 自分の部屋にいる時、横になって勉強してはいけません。居眠りをして、勉強が一切進まない恐れがあります。
  • ミントガムやスペアミントガムを噛むと、気持ちがさわやかになります。  
Advertisement

注意事項

  • 目の疲れや頭痛がある場合は、しばらくの間、宿題をやめて他のことをしましょう。
  • 「土壇場」で慌てて勉強してはいけません。しかしながら、(数日前から始めた上での)前日の詰め込み勉強は、徹底的に暗記し、知識を定着させるためには「有効」な方法です。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む72人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 学校・大学 | ティーン

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement