別れた恋人とよりを戻す方法

大切にしていた恋人との関係は終わってしまったけれど、まだ相手のことを忘れられずに関係を修復できると思っていたら、あなたはどんな行動をとりますか?相手にはあなたとよりを戻す気がなくても、2人の関係を修復できる可能性は残っているかもしれません。2人が別れた原因を考えたり、自分の悪い点を直したら、もう一度やり直したいと元恋人を説得できるかもしれません。

3の方法1:
別れたあとにするべきこと

  1. 1
    なぜ別れたのかを理解しましょう。2人は一体どうして別れることになってしまったのでしょうか?別れはほとんどの場合、片方だけの問題ではありません。何をどう間違えてしまったのかを理解すると、二人の結びつきが強まります。たとえ関係の修復が無理でも、今後の恋愛関係において同じような失敗を繰り返さないですみます。
  2. 2
    相手がまだ自分に関心があるのかを確認しましょう。相手の心をもう一度こちらに向けさせようと頑張る前に、相手がまだ自分のことを気にしているかどうかを確認する必要があります。元恋人が気にしてくれているかどうかを知ることは、まだ関係修復が可能かどうかの大きなヒントとなります。
  3. 3
    別れてから最初の2週間は連絡を取らないようにしましょう。話がしたければ向こうから連絡が来ます。もし相手から連絡が来ないのなら、あなたが何をしても相手の気持ちを変えることはできません。元恋人を無視し続けると、「もう自分がいなくても大丈夫。2人のことは吹っ切れたんだな」と相手は思うかもしれません。実際のところ、相手はそうなることを望んではいません。
  4. 4
    自分を大切にしましょう。友達と外出したり、仕事に没頭したり、いつもと違う活動を楽しみましょう。愛情に飢えて、いまだに元恋人からの連絡を待っているような寂しい人間には見られたくありません。
  5. 5
    自分をしっかりと見つめ直しましょう。元恋人と最初に恋に落ちた時、あなたはどんな人でしたか?物事がうまくいかない時に、「人は変わる」という人もいます。もう一度よく考えてみましょう。「自分は変わってしまった?」「自分は付き合い始めた当時より幸せな立派な人間になっている?」正直に見て、よい方向には変わっていないと思ったら、悪習慣に染まったり、不安や悩み事のせいで自分を見失っていたのかもしれません。
  6. 6
    元恋人が他の人と出かけるのを止めてはいけません。相手に愚痴や文句を言い始めると、その時点で相手はすぐに他の人の所に行ってしまいます。人は物事を取り上げられると余計に欲しがる性質を持ちます。 言い換えるならば、相手の自由と選択を尊重しましょう。嫉妬に流されてはいけません。もし2人の間に本当に幸せがあり、相手が幸せになりたいと望んでいるのなら、結局は相手もあなたとよりを戻すのが一番幸せになる方法だと気づきます。別れる原因となったやもやした状態を乗り越えるためには、元恋人にも時間が必要なのです。
  7. 7
    彼に愛されていた頃の自分に戻りましょう。最初に恋人とデートした時のことを思い出してください。彼はあなたのどこが好きだったのでしょうか?人とは違ったキツメの冗談?それともあなたのセンスの良さ?以前はきれいなサマードレスを着ていたのに、恋人関係になって落ち着いた途端、今起きてベットからそのまま出てきたようなスウェットパンツ姿になったりしませんでしたか?それがどんなことでも、交際が始まった頃の恋心に再び火を灯しましょう。
  8. 8
    他の男性といちゃいちゃしているところを見られないようにしましょう。元恋人とよりを戻すには、彼が近くにいる時に他の男性とベタベタするのが一番いい方法だと信じている女性がいますが、はっきり言ってそれは間違いです!修復しようとしている2人の関係に、今以上の大きな裂け目を作るだけです。これだけは覚えておいてください。元恋人とよりを戻したいのなら、お持ち帰り用の男性を捜しているようには振る舞わないでください!
    広告

3の方法2:
新しい自分を元恋人に見せる

  1. 1
    外見を変えましょう。新しい洋服を少し買い足して、髪型を変え、爪もきれいに整えましょう。恋人の記憶に残っている自分ではなく、他の女性より際立って美しい自分の姿を元恋人に見せましょう。ただし、これは外見にちょっとした変化を加えるのが目的ですので、やり過ぎは禁物です。
  2. 2
    他の人と一緒に過ごしましょう。夜まで一緒に過ごす必要はありませんが、他の男性や女性と一緒に時間を過ごすと、元恋人はあなたがあちこちに出没してることを知るでしょう。もし元恋人があなたにまだ未練があるのなら、これに口をはさみ、あなたが他の人達と過ごすのを邪魔してきます。
  3. 3
    彼に愛されていた頃の自分に戻りましょう。元恋人は、あなたと一緒にいると心地よく、精神的に満たされたから、あなたに惹かれたのです。自分はどう変わってしまったのでしょうか(変わったのだとしたら)?悪い習慣や誤りがあるのなら、修復しましょう。元恋人の近くにいる時は常に前向きで、いつも元気に笑って微笑みましょう。常に自分自身を肯定的に捉え、魅力的な人になるよう努力しましょう。
  4. 4
    特定の恋人を作らないようにしましょう。あなたとデートをしたがっている人がいるという事実だけで、元恋人は十分にヤキモチを焼きます。実際に他の人とデートをする必要はありません。元恋人はあなたがもう彼のことを吹っ切ったのか、それとも自分にヤキモチを焼かせようとしているのか、と思って混乱するだけです。しばらく誰とも恋愛関係を持たないでいると、今でも元恋人に気があると示すことができると同時に、大人らしさや愛情に飢えていないことも表すことができます。
  5. 5
    元恋人と気軽に出かけましょう。友達同士の飲み会やパターゴルフなど、気軽に色々なことを一緒に行いましょう。友達同士がするようなことや、初デートのようなことをしましょう。どんなことをするにしてもあくまでも楽しく過ごし、決して真剣な話を持ち出さないようにしましょう。
  6. 6
    足りない部分を補いましょう。誰かがいないとダメな依存型の女性は自尊心が欠落しています。元恋人とよりを戻したいのは自分に自信を持たせて欲しいからなのかもしれません。しかし、それができるのは自分自身だけなのです。あなたの幸せは誰かが作ってくれるものではありません。誰かに依存してしまうと、相手は気がとがめ、常に何かを強要されている気分になり、最終的にあなたに対して怒りさえ感じるようになります。
    広告

3の方法3:
2人の関係について話し合う

  1. 1
    元恋人に話がしたいと伝えましょう。2人の関係がうまくいかなかったことを後悔していることを知らせて、それに対しての自分の考えを話し合いたいと相手に伝えます。2人の間でうまくいかなかったことは、あなたがこれまで直そうと努力してきたことかどうかを訊ねてみましょう。元恋人はあなたと違った考えを持っているかもしれません。
  2. 2
    最初にいう言葉を準備しましょう。元恋人に最初に言う言葉は非常に重要です。ここで間違ったことを言ってしまったら、よりを戻すチャンスを失ってしまいます。2人は別れていますが、元恋人があなたに対して強い感情をいまだに持っている可能性はまちがいなくあります。
  3. 3
    2人の過去をうまく活用しましょう。元恋人が昔褒めてくれた服があるなら、それを着ましょう。また共通の楽しかった思い出話をしましょう。かつて2人でよく出かけた場所で待ち合わせをしましょう。
  4. 4
    謝罪 自分がとってしまった行動やするべきだった行動、2人の関係を壊す原因となった自分の行動について真剣に考え、元恋人にきちんと謝って過去を清算しましょう。相手を責めたり言い訳をしないで、相手からの文句も責任を持ってすべて受け止めましょう。ただし、見返りとして相手が自分に謝ることや許しを請うことを期待してはいけません。元恋人にも悪い所はあったかもしれませんが、そのことをあなたが詫びることはできません。自分がしてしまったことのみを反省して謝りましょう。相手が謝るか謝らないかは相手にゆだねます。大抵の場合は相手も謝ります。
    • 対面で謝りましょう。胸のつっかかりを取りたいだけなので、あなたは聞いてくれるだけでいい、と相手に伝えましょう。
    • 「でも」という言葉を使うのは避けてください(「ごめんなさい、でも」というのは「本当は『ごめんなさい』と思っていない」という意味です)。また、「あなたがそう感じてしまったのならごめんなさい」「もしあなたを怒らせてしまったのならごめんなさい」という言い方も避けましょう。誰か他の人を責めているように聞こえる言い回しで、これは謝っているとは言えません。
    • 本当の謝罪というのは「不快感」「理解」「修復」「感謝」という構成になります。例文を次に挙げました:「あなたが私と一緒に過ごしたいと思ってくれていた時に、私はそんなあなたの気持ちを適当に流してしまった。私に軽視されたように感じたでしょうね。本当にごめんなさい。今後は私の周りにいる大切な人達にもっと気を配るよう一生懸命努力をして、二度と同じ過ちを繰り返しません。あなたのお陰でこれに気づくことが出来ました、本当にありがとう。」
    広告

ポイント

  • 元恋人とよりを戻す最も効果的な方法は、しばらく相手を無視することです。あなたが必要だと気づいて、向こうからこちらにゆっくりと近づいてくることもあります。
  • うまくよりを戻せたら、同じ問題でまた2人の関係を壊さないように気をつけましょう。同じ失敗を繰り返さず、関係がうまくいくよう2人でじっくりと話し合いましょう。
  • ありのままの自分でいましょう!
  • 相手がひどい男の人なら次に行きましょう。よく考えてみてください。あなたを大切に扱ってくれる男性は大勢います!
  • 彼が、「キミと付き合ったのは間違いだった」と言ったら、深呼吸をしてその場を立ち去りましょう。人生の新しい一歩を踏み出すのです。
  • 別れの原因を友達のせいにしてはいけません。「ごめんなさい(友達の名前)がそう言ってたんだけど」などと言うと、彼氏が深刻に捉えて、そのことを根に持つかもしれません。そして、もうあなたとよりを戻したくないと思う可能性があります。自分の間違いの責任は自分で取りましょう。
  • 別れてすぐに、元恋人に「今でもあなたのことが好き」と言ってはいけません。最高のタイミングがやって来るまで待ちましょう。彼もあなたのことを好きだと言ってくれたら、おめでとうございます!やりましたね!でも彼がもうあなたのことを好きではなくなっていたら、そこまでする価値のない相手だと思って、新しい次への一歩を踏み出しましょう。
  • 相手がよりを戻したくないからといって落ち込んだりしないでください。よりを戻さないのが一番よい選択肢なのかもしれません。
  • 彼が他の人を好きなら、すぐに次に行きましょう。もっとよい男性はたくさんいます。
広告

注意事項

  • 色々な恋人関係の中には、何をどうがんばってもうまく行かず、別れるべきである関係もあります。こちらで紹介した方法で効果がなかったら、ある時点で2人の別れを受け止め、次に進む勇気を持つことも必要です。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む143人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告