初めての彼女を作る方法

初めての彼女作りは緊張するでしょうが、心配は無用です。自分自身の魅力や知性を最大限に活用し、彼女が自分にとって特別な存在であることを示す努力を重ねれば、経験不足は簡単に補えるでしょう。後は好きな女の子を見つけて彼女への気持ちを精一杯に示し、彼女をガールフレンドにして楽しく充実した関係を築いて行きましょう。

パート1(全3パート):彼女の注意を惹く

  1. 1
    恋愛経験がなくても心配しない 一度も女の子と付き合ったことがなければ多少は不安になったり自意識過剰になったりするかもしれません。周りの友達は経験豊富で、経験不足は自分だけだと思うこともあるでしょう。しかし実際には、誰もが常に経験不足を痛感しています。経験がないからと好きな女の子を諦めてはいけません。
    • 彼女を作るのに気後れするようなら、経験豊富な友達からアドバイスをもらいましょう。何も怖がる必要などないと分かるでしょう。
    • デートの経験が豊富な男子でさえも、どうして良いか分からない、途方にくれるという経験をします。人間関係は日々変化し続けます。「全て分かった!」といった境地になることはありません。
    • 恋愛経験がないのに「ある」と嘘をつく必要はありませんが、「ない」ことを宣伝する必要もありません。経験不足を必要以上に重視すれば益々弱気になってしまいます。
  2. 2
    自分に合った女の子を見つける 恋愛関係を築いたことがなければ、早く彼女を見つけたいと思っても不安が募るだけかもしれません。実際には、好きでもない子と急いで関係を築こうとするよりも、自分にぴったりの女の子が現れるのを待つ方が上手く行きます。自分と合う女の子を探しましょう。一緒にいて楽しくもっと知りたいと思えるような女の子を見つけましょう。見ただけではどんな子か分からないでしょうが、彼女の側ではいつも晴れやかな気分になるとしたら、彼女との間に特別な何かがあるかもしれません。[1]
    • 「彼女となら恋愛関係を築ける」と思える女の子を見つけましょう。とは言え、「良いパートナー(ソウルメイト)になれそうな女の子だけに声をかけよう」などと選り好みをしてはいけません。
    • 外見に焦点を当てすぎてもいけません。もちろん可愛い女の子が良いに決まっています。しかし、スーパーモデルのような女の子である必要はありません。現実的になり、心を開いて色々なタイプの女の子に目を向けましょう。メガネをかけている女の子、ぽっちゃり気味の子、ニキビがある子、身長が非常に高いまたは低い子、おてんば娘、タトゥーのある子、ピアスをしている子、髪を染めている子などがよく見かける現実的なタイプです。テレビや雑誌で見るような女の子は現実的とは言えません。また、モデルばりの魅力的な女の子は従来の伝統的な価値観を持つ男子を好む傾向にあります。あなた自身がより現代的な男性のタイプだとしたら、そういうタイプの女の子とは合わないでしょう。視野を広げて自分に合った女の子を探しましょう。
    • 共通の興味を見つけましょう。スポーツ好きなら学校のスポーツチームに参加するか、地元のスポーツイベントに行きましょう。音楽が好きならコンサートに行ったりバンドやオーケストラに参加したりしましょう。本が好きなら図書館か書店に行ってみましょう。稀な趣味の愛好家を見つけるにはインターネットが最適です。
  3. 3
    彼女に自分の存在を示す 大声で叫んだり、通りでギターを演奏したりなど突拍子もないことをして自分を目立たせる必要はありません。サイエンス・フィクションの知識でもサッカーのスキルでも、自分の得意分野にプライドを持ちましょう。自分が好きなことを更に掘り下げて、目的の女の子に気づいてもらいましょう。いつも友達と一緒に過ごしているだけではなく、自分の優れた才能を発揮して楽しんでいるあなたに感動するでしょう。[2]
    • 少しおっちょこちょいで間が抜けたところがあっても、恥ずかしがらずにそのままの自分を出しましょう。女の子の気を惹こうとマッチョに振舞ったり、よそよそしい感じのクールな男性を装う必要はありません
  4. 4
    彼女に話しかける 恥ずかしがらずに女の子に近づき自己紹介をして、気軽におしゃべりを楽しみましょう。彼女について知りたいからと質問を次々に浴びせる必要はありません。授業内容や、週末の計画、話題の映画、お気に入りのバンドといった気軽なトピックを考えて会話を楽しみましょう。最も重要なのはアイコンタクトを保ち、彼女の話を真剣に聞く姿勢です。[3]
    • 真面目な話をする必要はありません。彼女の最近の様子を尋ねるだけで十分でしょう。笑顔で会話を続け、時には彼女を笑わせて、プレッシャーを払いましょう。
    • 学校の休み時間など、彼女に数分だけ余裕がある時に話しかけましょう。授業の合間の数分を利用すれば、永遠に話し続ける必要がないため緊張せずに話せるでしょう。
  5. 5
    「彼をもっと知りたい」と彼女に思わせる 彼女の注意を惹こうと思うなら会話上手になれるように努力し、実際の会話では話が盛り上がったところで切り上げましょう。あなたの話題の豊富さに彼女は感激してもっと話したいと思うでしょう。逆に、話が尽きてしまったのに一緒に居続ければ、「また会っても話題は乏しいだろう」と思われる可能性があります。
    • とは言え、言いたいことを言ったらすぐに切り上げる、ということではありません。彼女との会話が楽しかったことや、またいつか話したいという気持ちを伝えましょう。
    • 「今日、叔母の誕生日なんだ。もう行かなくちゃ」などと詳細に触れる必要はありません。あらいざらい全てを伝えずに、ある程度謎めかせることも彼女の気を惹く方法の1つです。
  6. 6
    純粋に褒める 好きな女の子と初めて話す時には、彼女の良いところをシンプルに褒めましょう。彼女に注意を払っていることが相手に通じます。新しい髪型やおニューのワンピースに気づいたら、彼女を自意識過剰にさせずに褒めましょう。彼女が付けている個性的なジュエリーが彼女の手作りだと思ったら、センスの良さを褒めましょう。規制品であればどこで買ったのかを尋ねても良いでしょう。また、彼女のノートに描かれている素敵な絵に気付いたら彼女の芸術的才能を褒めて、それを話題にすることもできます。[4]
    • 彼女の体型に触れてはいけません。恥ずかしがるか侮辱されたと思う可能性があります。「そのセーターすごく独特で良いね」と服装などをシンプルに褒めるのは全く問題ありません。
  7. 7
    自信たっぷりな振る舞いで彼女を驚かせる 女の子の注意を惹くには、常に自分に満足している自信たっぷりの人間だという意思表示をすると効果的です。女の子と付き合ったことがなければ、少し難しく感じるかもしれませんが、徐々に自信をつける練習をすれば正々堂々と振る舞えるようになるでしょう。経験不足を自信がない理由にしてはいけません。自分は魅力的かつ楽しくて知性に溢れる格好良い男子だと感じられるように努力しましょう。[5]
    • 背筋を伸ばし、彼女の目を見て自分の好きな物事について自信たっぷりに語りましょう。「自分は知るに値する自信あふれる男子だ」という印象を与えましょう。自信に関しては「成功するまで成功者の振りをしろ」と言われますが、一理あります。
    • 自信をつけるには時間がかかりますが、欠点の改善に取り組みながら変えられないところは素直に認めて受け入れるように努めましょう。
    • 更に、前向きな気持ちにしてくれる友達とたくさんの時間を過ごすのも自信をつける上で効果的です。友達に常に見下されて惨めな思いをしているなら、明るく積極的になれる友達を探す時期かもしれません。
    広告

パート2(全3パート):彼女の注意を惹いたまま維持する

  1. 1
    彼女への質問で更に理解を深める 女の子に興味を抱きつけてもらうには、彼女への興味を示すと良いでしょう。女の子に「私に話しかけるのはただ可愛いと思っているから、それともデートの相手を探しているからかしら」などと疑わせてはいけません。彼女の興味や気にかけていること、また1日の出来事などについて尋ね、彼女を深く理解しましょう。次のような事柄について尋ねましょう。
    • 趣味
    • ペット
    • 好きなバンド、映画、テレビ番組、または俳優
    • 彼女の友達
    • 好きな場所
    • 休日の予定
  2. 2
    彼女を気にかけていることを示す プレッシャーをかけずに彼女への特別な気持ちを示して、彼女の注意を惹きましょう。自分に興味を抱いて欲しいなら、彼女を特別な存在だと思っていることを分かってもらいましょう。他の女の子がいる前で彼女だけに特別な接し方をしましょう。できるだけ多くの時間を彼女の近くで過ごしましょう。彼女と会ったら笑顔を向けアイコンタクトを取りましょう。そうすれば、彼女は「自分は彼にとって特別な存在」だと感じるようになるでしょう。[6]
    • 彼女の機嫌が悪い時には、優しく「何があったの?」と声をかけて慰めましょう。良い時はもちろん、彼女に嫌なことがあった時にも彼女の側にいたい気持ちを分かってかってもらいましょう。
    • 仲間といる時に、また彼女と2人きりの時にも、彼女に思わせぶりな態度を取りましょう。遊び心を大いに発揮して彼女の腕や肩を優しくつついたり、軽い乗りでからかってみましょう。楽しみながら彼女を笑わせ、彼女を気にかけていることをそれとなく示しましょう。
  3. 3
    強く言い寄ってはいけない 彼女が自分にとって大事な存在であることを示しつつも、押し付けがましくならないように注意しましょう。そのさじ加減がとても大事です。四六時中彼女の側から離れない、毎日彼女に電話する、彼女を付け回すといった行為は避けましょう。飽き飽きされてしまうでしょう。ほどほどの距離を保ちながら楽しい関係を続け、彼女の気持ちを揺さぶって自分への興味を抱かせたり用心させたりしましょう。
    • 仲間と一緒にいる時には彼女に少しだけ強い意識を向けましょう。彼女に注意を払いつつも過度な特別扱いは控えましょう。他の女の子とも会話を楽しめば、彼女一筋ではなく常に心に余裕があり、多くの人との交流も得意だという印象を与えます。
    • 彼女の電話番号を持っているからと常にあなたから電話をかけるのは控えましょう。時には、彼女からかけてもらいましょう。
  4. 4
    彼女の幸せのために努力を惜しまない 彼女に興味を持ち続けて欲しいなら、彼女のためなら努力を惜しまず何でもするところを示さなければなりません。研究課題の手助けをしたり、自転車の修理を手伝ったり、病欠の時には宿題を家まで届けたりしましょう。彼女がいつも笑顔で幸せな気持ちになれるように努めれば、「自分を気にかけてくれている」と彼女に思ってもらえます。
    • 教室の移動時に教科書や必要な物を運ぶのが大変そうなら手伝いましょう。ただし彼女が「助かる」と思うことが大事です。
    • 彼女があなたを都合よく利用していない限り、色々な手助けをしてあげましょう。使い走りではなく彼氏候補として見て欲しいものです。
  5. 5
    彼女の意見を重要視していることを示す 女の子をただの可愛い子、または 一緒に連れて歩いて見栄えが良いだけの子として扱ってはいけません。1人の人間として敬意をもっと接し、彼女の考えも重要視しなければなりません。ニュースで見聞きしたことや授業で行った討論について彼女の意見を聞いたり、2人が読んだ本や見た映画などについても感想を聞いてみましょう。彼女の意見や、日頃考えていることなども自分にとって重要だと伝えれば、益々あなたに魅力を感じるでしょう。
    • 彼女にアドバイスを求めましょう。学校主催のダンスパーティーに着ていく服などの気軽なものから意地悪をされた友達への接し方といった真面目な事柄についてまで、色々な局面で彼女の意見を聞きましょう。アドバイスを求められれば、自分の意見が尊重されていると感じて嬉しくなります。
    • 政治や音楽について長々と話し続けないように気をつけましょう。彼女の気持ちを配慮して意見を聞きましょう。
  6. 6
    共通点を見つける 2人の共通点が見つけられると話題が増え、相手と更に仲良くなれます。彼女を知れば知るほど、思っている以上に共通点がたくさんあると気づくでしょう。2人共カナダのラッパー、DRAKE(ドレイク)のファンかもしれませんし、料理が大好きかもしれません。共通点が1つでもあれば、それを中心に関係を深めることができます。共通点が見つからなくても心配の必要はありません。親交を深めながら共通点を探して発展させましょう。
    • すぐに共通点を見つけなければと焦る必要はありません。彼女を徐々に知っていくうちに自然に見つかります。
    • 共通点がたくさんなくても、生い立ちや性格などの点で似たところがあるかもしれません。
    広告

パート3(全3パート):相手を自分の彼女にする

  1. 1
    彼女と更に多くの時間を過ごす 彼女を好きになればなる程、一緒にいたいと自然に思うようになります。常に一緒に過ごすのは難しいでしょうから、できるだけ一緒にいられる工夫をしましょう。授業の移動を一緒に行う、テーブルで一緒に食べる、放課後ショッピングセンターや公園などに遊びに行くなど色々な方法を考えましょう。彼女と過ごす時間を作る努力をすれば、互いにより深く理解し合えるようになり、相手が自分の理想の彼女かどうかも判断しやすくなります。[7]
    • 自分の彼女になって欲しいと伝えるまでに、どれくらいの時間を過ごすべきなのかと迷うかもしれませんが、成功をもたらす絶対的な数字はありません。互いに理解し合えたと思ったら1週間後に伝えることもできます。
    • 逆に、何ヶ月も付き合っているのに何のアクションも起こさなければ、自然に友達ゾーンに入ってしまうでしょう。そこから抜け出すのは至難の技です。
  2. 2
    彼女になって欲しいと伝える適切な時間と場所を見つける 彼女との交際を次のレベルに進め、彼女になって欲しいと告白する準備ができたら、良い返事がもらえるように工夫をしましょう。誰にも邪魔されることなく2人きりになれる静かで素敵な場所を見つけましょう。彼女の機嫌も良く、急いでしなければならない用事もない状況を確認しましょう。彼女に数分取れるか尋ね、その時間を最大限に生かして自分の彼女になって欲しいと伝えましょう。
    • 女の子と2人きりになった経験がなければ私的な場所で尋ねましょう。ただし彼女を隔離してはいけません。
    • 伝える前に彼女の機嫌を確かめましょう。上機嫌でストレスがないことを確かめましょう。
  3. 3
    彼女になって欲しいと伝える 緊張する必要はありません。挨拶の後でたわいのない話をし、頃合いを見計らって正直かつ率直に自分の彼女になって欲しいと伝えましょう。「君との時間がとても好きなんだ。君のことをもっと知りたいと思っている。僕の彼女になってくれないかな」とシンプルに尋ねましょう。早い段階で言えば、スッキリするでしょう。[8]
    • 彼女の側に寄り、きちんと目を見て伝えましょう。あなたの自信ある態度に感動するでしょう。
    • 伝える前に彼女の良いところを褒めましょう。ただし過度に褒めるのは逆効果です。彼女を不機嫌にさせたくはありません。
  4. 4
    適切に反応する 彼女が「いいわ」と言ってくれたら素晴らしいことです! 感謝を伝えるために彼女にハグをし嬉しさを体全体で表現しましょう。「友達のままでいたい」という返事だとしても、失礼な態度をとったり意地悪をしてはいけません。最後まで礼儀正しく敬意を持って接し、良い関係のまま別れましょう。彼女のあなたに対する印象が良くなり、あなた自身は威厳を持って「ノー」に対処できたことに満足できるでしょう。
    • 「いいわよ。あなたの彼女になりたいわ」という返事をもらったら、嬉しさを目一杯態度で示しましょう。彼女が本当に好きなら、格好良く振る舞う必要はありません。
    • 「ノー」と言われても、彼女を侮辱したり意地悪をしてはいけません。彼女の気持ちは変えられないと納得して、敬意を持って対応しましょう。
  5. 5
    有意義な関係を築く 彼氏彼女として付き合うことを決めた後でも、互いをより深く理解できるように努め、ゆっくりと関係を続けましょう。2人が好きなことを一緒に楽しみながら、寿司を作ったりスノーケルのクラスを取ったりなど新しいことにも一緒に挑戦して、2人の時間をより楽しくエクサイティングなものにしましょう。最も重要なのは、彼女があなたにとってどれだけ意味のある存在かを彼女に示すことです。[9]
    • 彼女の存在を当たり前だと思ってはいけません。ロマンチックな雰囲気を絶やさず、彼女を褒め、彼女が自分にとってはかけがいのない特別な存在だと伝えましょう。
    • 経験不足だから楽しみ方が分からないと悲観してはいけません。心配は無用です。2人の時間の1秒1秒に全意識を集中させ、「楽しもう」と自分に言い聞かせましょう。
    広告

ポイント

  • 運動を定期的に行い、 健康的な食事を心がけましょう。健全な生活を送れば自信が高まります。また女の子は自信あふれる男性に自然に惹きつけられます。
  • 仕事をしていないなら、職を探しましょう。仕事を通して責任感のある、出来る男性だと示せます。
  • 女性との会話の仕方を学びましょう。
  • 女の子とずっと友達のままでも、また「友達ゾーン」から抜け出せないという状態でも、必ずしも悲観する必要はありません。彼女の友達を紹介してもらえるかもしれません。また彼女との関係を通して女性について色々と学べます。
  • 爽やかな息を保つためにもミントガムなどを常に携帯しましょう。口臭で相手をがっかりさせたくはありません。
  • 自閉症や注意欠陥多動症(ADHD)などの障害がある場合には、彼女に正直に伝えましょう。彼女が、あなたが時折見せる変わった振る舞いや行動を理解するのに役立ちます。誤解のないように、予めあなたの風変わりな癖や習慣を知らせましょう。
  • 十分に睡眠を取りましょう。睡眠不足は見た目の印象を悪くします。
広告

注意事項

  • 特定の男の子が好きだと確信していても彼との間に共通点がない場合には彼を諦めて、趣味などを共有できる他の男子を探しましょう。共通点がなければ話題も探せずにぎこちない雰囲気が漂います。加えていつかは彼に飽きてしまうでしょう。
  • 白い歯を保ちましょう。笑った時に黄ばんだ歯が見えれば、衛生管理が行き届いていないと思われます。好きな男の子には決して知られたくないものです。
  • 気のない素ぶりが効果的なこともありますが、一般的に男の子は自分を閉ざしている女の子を好みません。親しみやすい女の子が好きです。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む55人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ:

出典

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告