冷凍ソーセージを焼く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ソーセージを完璧に焼くのは簡単ではありません。皮はこんがりとカリカリに、そして中はジューシーに仕上げるのは不可能に近いのではないかと思うかもしれませんが、幸いなことに、ソーセージを外側はカリッと、中はおいしく仕上げる方法はたくさんあります。夕食まであまり時間がなくても心配はいりません。凍ったままのソーセージを焼くのは好ましくないので、焼く前に解凍しましょう。

3の方法1:
オーブンでソーセージを焼く

  1. 1
    オーブンを190℃に予熱します。オーブンの種類によっては温度の調節が必要かもしれません。ファン付きオーブンを使う場合は、190℃で問題ありませんが、ガスオーブンなら170℃にしましょう。[1]
  2. 2
    天板に大さじ1杯のオリーブオイルを入れ、ソーセージを並べます。焼く前にソーセージを動かしてオイルでコーティングしましょう。[2]
    • 天板にアルミホイルを1枚敷くと、片付けやすくなります。
  3. 3
    途中で2~3回裏返しながら、20~25分焼きます。調理時間が半分経過したところで、ソーセージを裏返しましょう。そうするとよく火を通すことができるだけでなく、ソーセージの外側をこんがりと焼くことができます。[3]
    • 全てのソーセージに均一に焼き色がつく訳ではないので、焼き色が薄いものや濃いものもあるでしょう。[4]
  4. 4
    料理用温度計を使って、ソーセージの一番太い部分の温度が少なくとも71℃になっているか確認しましょう。ソーセージを切った際に、ピンクの部分がなく、肉汁が透明でなければなりません。[5]
    • しっかりと火が通ったか不安な場合は、オーブンに戻してさらに5分間焼き、再度確認します。[6].
    広告

3の方法2:
グリルでソーセージを焼く

  1. 1
    10~15分間グリルが中火になるまで予熱します。グリルが温まったら、バーナーのうち二つを消して火が直接当たらない場所を作ります。[7]
  2. 2
    網の火が直接当たらない場所にソーセージを並べます。網を使用すると、火が直に当たらない場所にソーセージを動かせるので均一に火が通ります。[8]グリルが2段になっているなら、上段を使うと良いでしょう。
    • 網がないなら、アルミホイルで代用しましょう。30 cmほどのアルミホイルを潰してロープ状にします。それを丸めてS字状にし、その上にソーセージを乗せます。[9]
  3. 3
    グリルの蓋を閉め、ソーセージを15分焼きましょう。残り時間が半分くらいになったら、ソーセージを裏返しましょう。[10]こうすると両面に焼き色をつけることができるのはもちろん、中の温度も均等になります。
  4. 4
    料理用温度計を使って、ソーセージの中の温度が少なくとも71℃になっているか確認しましょう。71℃になったら、直火の上に動かして3分間焼き色をつけましょう。ソーセージを裏返して、反対側も1~3分焼きます。[11]
    • 3分間焼き色をつけるのは必須ではありません。中に火が通っているなら、食べても問題ありません!
    • 71℃にならない場合は、グリルの蓋を閉め、さらに5分間焼いてから確認しましょう。
    広告

3の方法3:
フライパンでソーセージを焼く

  1. 1
    大きめの片手鍋にソーセージを入れ、ソーセージが完全につかるくらいたっぷりの冷たい水を入れます。強めの中火で水を沸かします。水が煮立つまで6~8分かかるでしょう。[12]
    • 水を煮立てると、ソーセージの中まで火がよく通るだけでなく、ソーセージを柔らかく保つことができます。[13]
  2. 2
    すぐに測定できる温度計を使って中心部の温度が少なくとも71℃になっているか確認します。[14]外側は灰色のままかもしれませんが、中はピンクの部分がなくなり、ソーセージの肉汁は透明なはずです。[15]
  3. 3
    違うフライパンに底をまんべんなくコーティングできるくらいの油をひきます。強火にして油を熱します。[16]
  4. 4
    熱い油の中にソーセージを入れて焼きましょう。すでに火が通っているので、長時間焼く必要はありません。[17]好みの焼き色がついたら、焼きすぎてパサパサになる前に火からおろしましょう。[18]
    • ソーセージはそのまま焼いても良いですが、縦方向に切ったり半分に切るかぶつ切りにしたりして焼くこともできます。[19]
    広告

ポイント

  • 大抵の場合、パッケージに調理方法が明記されているので、調理する前に解凍が必要かどうかも記載されているでしょう。
広告

注意事項

  • ソーセージに牛ひき肉、子牛の肉、羊の肉などの赤身の肉や豚肉が使われてる場合、74℃に達しているか必ず確認しましょう。[20]
  • 鶏肉やターキーが主原料のソーセージの場合は、71℃に達していれば安全に提供することができます。[21]
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 調理法

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告