円周率を暗記する方法

円周率は円の直径(半径の2倍)に対する円周の比率です。円周率の計算はスーパーコンピューターの性能を測るためによく使われ、現在では小数点以下1兆桁まで算出されています。世界記録保持者は円周率を数万桁まで暗誦することができるといい、神経外科医で大学教授のアンドリー•スルサルック氏に至ってはなんと3千万桁まで暗記しているそうです。これは、休むことなく暗唱し続けても347日かかる数です。お見事!

2の方法1:
グループ分け

  1. 1
    図表化する 記憶したい桁数まで円周率を書き出します。その数字を偶数単位に区切り、括弧でくくります。
    • 最初は数字を次のように4個ずつに分けるとよいでしょう。
      (3.141)(5926)(5358)(9793)(2384)(6264)(3383)
  2. 2
    少しずつ覚える 何を暗記するにしても、まずは少量から始めて、徐々に量を増やしていくのが最も覚えやすい方法です。重量挙げや短距離走でも同じことが言えますが、決まりごとを何度も繰り返すことが重要なのです。一度に100桁もの数字を頭に詰め込もうとするような無理は決してしないようにしましょう。
    • まずは4桁に分けた4つのグループから暗記します。それから一つずつグループを増やして、グループが10個になるまで覚えます。次はグループ内の数字の数を4から8に増やし、グループが5個になるまで暗記します。どちらも同じ桁数の円周率を覚えることになりますが、グループ内の数字を増やすことで記憶力が向上します。
  3. 3
    電話番号のように数字をグループ分けする たいていの暗記テクニックや記憶術は、そのままの複雑な数字の羅列よりも電話番号のような数字を覚えるほうが簡単だという原理に基づいています。円周率を上記のように10桁のグループに分けるのならば、それをさらに電話番号の形式に分けると覚えやすくなります。例:あや (314)159-2653 いちろう (589)793-2384うさこ(626)433-8327 
    • 10桁の電話番号に五十音順の名前を付けて500桁まで覚えたら、また「あ」で始まる別の名前を付けましょう。しまいには電話帳が出来上がるかもしれません。
  4. 4
    意味のある情報を数字のリストに与える[1] 記憶アスリートたちはこの方法で数字を暗記するだけではなく、特定の数字を記憶の底から呼び出します。まずは数字の桁数と同じ文字数の名前を使ってみましょう。例:さくら (314)159-2653
    • また、実在する人物名を使う、数字につけた名前を実在する物や架空の物に関連付けるなどしてみましょう。数字と名前の関連性が強ければ強いほど、数字を思い出しやすくなります。
    • この方法は後に紹介するメジャー記憶術や連想結合法(リンク法)と組み合わせて使うことができます。
  5. 5
    グループ分けした数字をカードに書いて持ち歩く 数字を書いたカードは常に携帯して、いつでも復習できるようにします。ひとつのカードが暗誦できるようになったら、次のカードに移り、目標の桁数に達するまでこれを続けます。
    Advertisement

2の方法2:
単語や音に置き換える

  1. 1
    「円周率語」に書き換える 円周率語では、単語のアルファベットの文字数が円周率のそれぞれの数字と一致しています。例えば、May I have a large container of coffee beans(大型の容器に入ったコーヒー豆をください)という英文は円周率語では 314159265となります。1996年にマイク•キースが執筆した短編小説「カデイック•カデンザ」は、3800桁あまりの円周率を符号化したものです。[2] また彼は、10文字以上の単語を使って数字の羅列を表す方法も考案しています。
  2. 2
    円周率語で詩を詠む 「円周率詩」とは円周率語を用いた詩のことです。暗記しやすいように韻を踏むのが普通で、円周率の最初の定数が3であることから、3文字のタイトルが付いています。
    • 円周率詩の例: Now I will a rhyme construct(さぁ、今から韻を作るよ), / By letter count, the young instruct(数字の数で、若者が教える) / Cunningly devised endeavors(狡猾に考えられた問題だ) / Con it and remember ever (だませばずっと覚えていられる). / Widths in circle here you see (この丸の幅はね) / Sketched out in strange obscurity(よく分からないように描かれているんだ).
  3. 3
    韻を踏んで暗記する これまでに学生が円周率を覚えるための多くの記憶術が考案されています。たとえば、コサイン、セカント、タンジェント、サイン /さん、てん、いち、よん、いち、ごう、きゅう、などがあります。この暗記術はリズムとパターンで数字を覚えられるように作られています。
    • 暗記用に作られた他の歌もたいてい同じテクニックを使っています。
    • 「きらきら星」の音楽に合わせて円周率を暗記しましょう。 3 1 4 1 5 9 2 (きらきらひかる)/ 6 5 3 5 8 9(おそらのほしよ) / 7 9 3 2 3 8 4(まばたきしては) / 6 2 6 4 3 3 8(みんなをみてる) / 3 2 7 9 5 0 2 (きらきらひかる)/ 8 8 4 1 9 7 1(おそらのほしよ)
    • 自作の音楽やリズムを使ってみましょう[3].
  4. 4
    メジャー法(メジャー記憶術)を学んでみましょう。世界中の優秀な記憶アスリートたちの中にはこのメジャー法から派生した方法を用いている人もいます。この非常に複雑なテクニックは特定の数字や数字のグループを発音の似ている言葉に置き換えて、最終的には物語や言葉の連結を作成します。
    Advertisement

ポイント

  • 数字を一つずつ暗記するのではなく、幾つかにまとめてグループとして覚えましょう。
  • 就寝前や運転中に数字の復習を行うと効果があります。
  • 数字の暗誦にちょっとした節をつけると覚え易くなります。
  • 暗記カードを作り、休憩時間に取り出して復習しましょう。
  • よく知っている歌のリズムに円周率の定数を当てはめて覚えましょう。
  • 目標を設定し、なるべくその目標より多く暗記できるように頑張りましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む114人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 数学

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement