円の円周を計算する方法

円周の計算方法を知っておくと、手芸や工作をする時やジャグジーのまわりに柵を建てる時、また学校で単に数学の問題を解く時など、円を扱う様々な場面で重宝します。

2の方法1:
直径を使う

  1. 1
    直径を使って円周を計算する公式を書きます。公式は単純に C = πdです。 この方程式では"C"は円周、"d"は直径を指します。つまり、直径かける円周率(π)で円周が計算できます。電卓で円周率(π)を表示する(円周率ボタンがある場合)と数値が出ますが、円周率は約3.14です。
  2. 2
    この方程式に直径を当てはめて解いてみましょう。それでは次の問題を解いてみます。直径2.5mの浴槽があります。その浴槽からさらに2m外側にフェンスを作りたいと思います。では、フェンスの外周を求めるために、浴槽とフェンスを合わせた直径を出します。式は2.5m+2+2です。これは浴槽とその周り全体の直径になります。書きなおしてみると、2.5+ 2+ 2= 6.5になります。ではこれを公式に当てはめてみましょう。円周率を電卓に入力して円周を出します。:
    • 円周 = 円周率×(半径+半径)
    • 円周 = 円周率×直径
    • 円周 = 円周率 x 6.5
    • 円周 = 20.42
    広告

2の方法2:
半径を使う

  1. 1
    半径を使って円周を計算する公式を書きます。半径は直径の半分の長さですから、直径は(半径×2)と表せます。半径がわかっていたら、次の公式を用いて円周を計算できると覚えておいてください:C = 2πr この公式では「r」は円の半径を表しています。ここでもまた電卓で円周率(π)を打ち込んで数値を表示します。πの数値は約3.14です。
  2. 2
    方程式に半径を当てはめて問題を解いてみましょう。例えば、あなたが焼いたパイを包む紙を切ろうとします。パイの半径は13cmです。求めたい円周を出すために、方程式に半径を当てはめます。:
    • 円周 = 2×円周率×半径
    • 円周 = 2×円周率×13
    • 円周 = 26×円周率
    • 円周 = 82cm
    広告

ポイント

  • 円周率が一つのボタンで呼び出せる電卓があると便利です。円周率に近似した数字を出す円周率ボタンのお陰で、少ないボタン操作でより正確な答えが出ます。
広告

注意事項

  • 時間をかけてゆっくり計算しましょう。念には念を入れよ、という古い諺もあります。
  • 必ず見直しをしましょう。一つの計算間違いですべてが台無しになってしまいます。
  • もしわからなくなったら、友人や家族、先生に聞いてみましょう。きっと力になってくれます!
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む172人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告