兄弟を静かにさせる方法

兄弟がおしゃべりし続けてその場を台無しにすることはよくあります。電話中、くつろぎの時間、あるいはデート中などです。この止まらないおしゃべりはうるさくて、多くの人が扱いに困ります。問題に対峙する前後、あるいは最中に簡単な手段を取るだけで、喧嘩を防いだり、兄弟のおしゃべりを減らしたりすることができます。

3の方法1:
おしゃべり中に対策を取ります

  1. 1
    無視します。誰かがあなたをからかったり、ちょっかいを出したりしてくる場合、ただ気を引きたいだけの可能性があります。単純に無視するだけで強い意思が伝わります。あなたはいじめを気にせず、嫌なことに関わりたくないという姿勢です。
    • あなたは価値のある人です。兄弟が悪口を言ってきたり、嫌な気持ちにさせてきても、それは相手の問題でありあなたの問題ではありません。
    • 相手に立ち向かおうとして、兄弟のレベルまで品位を落としても問題は解決されません。侮辱に侮辱で返してはいけません。単純に攻撃者を無視しましょう。
    • できる限り、あなたが傷ついているのを兄弟に知られないようにしましょう。誰かに意地悪をされたら傷つくのは当然ですが、兄弟があなたを傷つけようとしている場合、あなたを怒らせるのが生きがいになってしまうかもしれません。単純に兄弟を無視するのが一番の選択肢です。
  2. 2
    事態から離れます。自分の部屋に行きます。兄弟が追ってきたら、あなたの部屋から出るよう頼みましょう。あなたの一人部屋であれば、兄弟を部屋から追い出すのに助けが必要な場合、きっと両親があなたの肩を持ってくれるはずです。単に状況を避けるのが一番の対処方法のこともあります。家の中で兄弟があまり行かない場所で時間を過ごすのも検討してみましょう。 [1]
  3. 3
    気晴らしを見つけます。兄弟から逃げるためにお使いに行きましょう。親があなた一人での外出を許可しない場合、友達を連れて行きましょう。またはヘッドフォンをつけて兄弟の声を聞こえなくします。そうすれば解放されるかもしれません。先に述べた通り、あなたの反応が薄いほど、兄弟があなたにちょっかいをかけ続ける可能性は低くなります。兄弟を無視するのを手助けしてくれる気晴らしを見つければ、兄弟は黙るかもしれません。
  4. 4
    自己主張をします。無視したり避けたりしても効果が無い場合、自己主張をする必要があるかもしれません。からかわれたりいじめられたときに自己主張するようになれば、兄弟は黙るかもしれません。
    • あなたは家で尊重される権利があります。兄弟によるいじめはその権利を侵害しています。はっきり自己主張して自立するのは適切な行動です。[2]
    • 前述の通り、兄弟のレベルまで自分を落とし、侮辱を侮辱で返してはいけません。しかし、失礼な態度に対して自己防衛として応じるのは適切です。兄弟が執拗な場合、彼らの発言がなぜ悪いのかはっきり伝えましょう。例えば、あなたが着ているシャツについて兄弟がからかってきた場合、「これは私のシャツで、自分は気に入っている。それ以外のことはどうでもいい。あなたが私のことをからかっても、自分の服装を変える気は無い」などと伝えましょう。[3]
  5. 5
    冗談を使って状況を変えます。冗談を使って意地悪に対抗することもできます。冗談は自分に自信があることを示します。兄弟はこれに対し、自信があり脅威的だと感じるでしょう。
    • 兄弟が言うことを冗談で受け入れます。そうすれば、自分の誤りを認められるということが示せます。兄弟は不安な気持ちからあなたをいじめるのかもしれません。あなたが自信を見せたらきっとショックを受けるでしょう。[4]
    • シャツの例に戻ります。シャツが醜いといったことを兄弟が言い続ける場合、「自分はこの醜い服が好きみたい。でも悪趣味は世界最悪趣味ではないから!」などと言いましょう。[5]
  6. 6
    できるだけ長く話を聞きましょう。兄弟に黙って欲しいと思うのは、気に障るのが理由という場合だけではないはずです。兄弟がおしゃべり過ぎるということもあるでしょう。その場合、できるだけ長く話を聞いてあげるようにしましょう。話を聞きながら、兄弟が伝えたいことは何か、なぜ伝えたいのかを理解するよう努めます。あなたをからかって意地悪してきますか?兄弟はなぜそうする必要を感じるのでしょう?頭の中から追い出したいことがあるのに、それを表現できずにいるのではないでしょうか?兄弟がもっと上手に自己表現できるようにするため、何かできることはありませんか? [6]
    広告

3の方法2:
問題を話し合います

  1. 1
    問題を伝えます。兄弟との喧嘩が絶えない場合、問題を対処したいはずです。まず、ありのままを話しましょう。つまり、状況のうち何があなたを悩ませ、それがなぜなのかを伝えます。自分の見解を述べたら、兄弟に返答の機会を与えるのが重要です。兄弟がしばらく話したら、「今、私に対して話している話し方が好きじゃない」「あなたがこの会話を独占しているように感じる」などと言って中断させます。できるだけ落ち着きを保ちましょう。敵対心を持って誰かを怒鳴っても、状況を悪化させるだけです。 [7]
  2. 2
    自分を主語にします。問題を話し合う際、自分を主語にして発言するのが重要です。そうすると、事実よりも感情を伝えようとする発言になります。兄弟と向き合う際にこの方法を使えば、兄弟は、あなたが状況に対して外面的判断を下そうとしているのではなく、あなた自身の気持ちを表現したいのだと感じてくれます。
    • 自分を主語にした発言は「私は」で始まります。「私は」の後に自分の感情を述べ、そのように感じさせた行動を説明します。自分を主語にした発言は、批判的になりにくいので、喧嘩の際に有効です。状況に対して一般化しすぎた判断をすることもないし、相手を非難することもありません。その代わり、単に状況があなたをどんな気持ちにさせているかを述べるのです。
    • 例えば、「あなたが上から目線で私と話すとき、思いやりが無いし、宿題が終わっていないからって悪口を言う」などと言ってはいけません。これを自分を主語にして言い換えます。「私はあなたが宿題のことで説教してくると、余計にストレスを感じて腹が立つ」などと伝えましょう。
  3. 3
    必要に応じて会話を終わらせます。あなたができるだけ相手を尊重して話しても、兄弟が静かにならないこともあります。あなたが状況を解決するために最大限の努力をしたにも関わらず、相手はさらに敵対心を強めることさえあります。兄弟が上から目線で話し続け、あなたを尊重してくれない場合、単純に会話を終わらせるのが一番です。「何も解決しなそうだし、不快に感じる」などと言って会話を終わらせましょう。 [8]
    広告

3の方法3:
より大きな問題を対処します

  1. 1
    自分の感情を書き出します。兄弟がしょっちゅうあなたに上から目線で話してきて、邪魔する場合、より大きな問題があるかもしれません。このような問題の良い対処方法は、座って兄弟と話し合うことです。その前に、自分の気持ちを書き出す時間を設けて、会話の中で的確に伝えられるようにしましょう。
    • 過去に喧嘩したこと、兄弟が話すのを止めないときのことを箇条書きにします。長いリストを作ってから、小さな出来事を消していきましょう。
    • 大きな出来事に焦点を当てます。例えば、兄弟のせいで頭が痛くなったことや、大事な予定を話で邪魔されたときのことなどです。
    • また、兄弟と話し合うことで何を実現したいかも考えましょう。話した後はどうなることを望みますか?この話し合いを通じて兄弟に何を得てほしいですか?この会話を通じて兄弟に何を止めてほしいですか? [9]
  2. 2
    兄弟の見解にも理解を示します。自分の見解を書き出すだけでなく、兄弟の見解についても話し合いの前に考えてみる努力をしましょう。なぜ兄弟はあなたにたいして攻撃的なのでしょう?どのような出来事があったでしょうか?あなた自身が兄弟を不公平に扱ったことは全くありませんか? 喧嘩では、どちらか一方の欠点のみが問題の原因ということは滅多にありません。なぜ自分が兄弟をムカつかせてしまうことがあるのか考え、状況を変えるために自分ができることを探しましょう。 [10]
  3. 3
    兄弟と対峙します。居心地の良い場所に兄弟を座らせます。これから真面目な話をするということを相手に分からせましょう。
    • テレビを消し、電話やパソコンをいじってはいけません。電子機器は気を散らし、伝えなければいけないことの効果を損ないます。
    • 寝室や居間といった、居心地の良い場所を使いましょう。座り心地の良い椅子があると、よりリラックスして話し合えます。
    • お互いに都合の良い時間を選びましょう。兄弟の出勤時間の直前などに話し合いを設けてはいけません。夕飯の直後や平日の夜など、後ろの時間が空いているタイミングを選びましょう。
  4. 4
    交互に話します。話し合いの最中は、相手を尊重することが大切です。交互に気持ちを伝え合いましょう。兄弟が話しているのを遮らないようにします。相手が遮ってきた場合、「ごめん、まだ話し終えてないよ」などと言って丁寧に言葉を挟みましょう。
    • 兄弟が話しているのを遮ってはいけません。たとえ同意できないことやあなたを傷つけることを言ってきても、尊重して相手の気持ちを自由に伝えさせます。[11]
    • 悪口や侮辱を言ってはいけません。状況を解決するために、できるだけ敬意を表します。悪口を言うと、建設的な話から脱線してしまいます。[12]
  5. 5
    歩み寄ります。この話し合いの目的は、あなたと兄弟間の問題を解決することです。進んで歩み寄り、相手の立場に立つ必要があります。お互いに気持ちを伝え合ったら、一緒に問題解決を図りましょう。お互いに少しずつ改善する案を探します。例えば、あなたが兄弟の部屋に入り浸るのが相手にとって気に入らず、よく喧嘩になるとします。その場合、あなたは学校から帰ってきた後と寝る前は兄弟を一人にすることに同意します。兄弟側は、週末や夕飯前はあなたとの時間を増やし、あなたを部屋に入れることに同意します。
    • 違いを褒めます。個人の違いによって喧嘩が起こることもあります。兄弟の意見も評価することを学びましょう。特定の話題に関して見解の相違があることを認めます。考え方の違いを、別の視点を学ぶ機会としてとらえることもできます。兄弟の考え方がどこからなぜ生まれたのか、純粋な関心を持ちましょう。
  6. 6
    不快な状況は終わらせます。最大限努力しても、将来的に不快な状況が訪れるかもしれません。兄弟喧嘩はよくあることです。特に、成長過程や家族関係の絆を試そうとする場合に起こりがちです。単純に、喧嘩が始まる前に会話を終わらせる方が楽な場合もあります。 自分や兄弟に敵対心が芽生えるのを感じたら、ただ立ち上がってその部屋を去りましょう。
    広告

ポイント

  • 兄弟の方が年下の場合、小さめでしっかりした口調で静かにするよう伝えてみましょう。
  • 兄弟と口論してはいけません。相手の話を激化させ、逆効果なだけです。
  • 寝室のドアにカギを付けて、兄弟が入ってきて邪魔するのを防ぎましょう。
  • その状況における自分の行動を自問自答し、自分が事の発端になっていないか考えましょう。
  • 呼吸を整え落ち着かせるため、兄弟を5分ほど一人にする必要があるかもしれません。
  • その場を立ち去るか、大人に話して兄弟を黙らせてもらいましょう。*状況が手に負えなくなり、喧嘩や口論が止まらなくなった場合、大人に介入してもらいましょう。望ましいのは、親や法定後見人です。
  • 肉体的、精神的に兄弟を傷つけてはいけません。
  • 合理的な説明がつく場合、親に介入してもらうのが一番効果的です。親はあなたの肩を持ってくれるはずです。
  • 単に兄弟を放っておきましょう。あなたが放っておけば、相手もあなたを放っておきます。
広告

注意事項

  • 解決方法を探すことで、ストレスが生じたり、より被害を被るばかばかしい計画に至ることもあります。
  • 兄弟が命に係わることを言っている可能性もあります。そのため、必ず非常事態ではないことを確認しましょう。
  • 相手があなたを困らせないと言っても、変わらない場合もあります。そのため、静かにするよう言い聞かせ続けましょう。兄弟が近くをウロチョロする場合、いつどこにいるか自分が立てた計画に則って行動しましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む86人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 子供

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告