億万長者になる方法

億万長者になることは、単に銀行預金のゼロ桁が増えるというだけのことではありません。資産投資に慣れていない人もいるかもしれませんが、それでも億万長者になることは不可能ではありません。ほとんど何もない生活から成功し、贅沢三昧の生活を送ることは昔からのアメリカンドリームです。億万長者になるには、チャンスを作り、賢く投資をし、資産を保持することが大切です。以下に、億万長者になる方法を紹介します。

パート1(全3パート):チャンスを作る

  1. 1
    一生懸命勉強しましょう。一般的に、億万長者は偶然になれるものではありません。金利や税区分、配当金について一生懸命学んで億万長者になりましょう。
    • 財政や起業について学びましょう。消費者のニーズを知る方法を学び、そのニーズに応えるビジネスモデルを作ります。近年では、コンピューターサイエンスや最新のテクノロジーを学ぶと将来有望な職業に就ける可能性があります。
    • 聞いたことがない人もいるかもしれませんが、STEM分野の仕事(科学・技術・工学・数学)は現在すでに人気上昇中で、今後も上昇を続けます。STEM教育のクラスを履修しておくと、将来就職できる確率が上がります。また、この分野ではほとんど際限なく高い収入を得ることが可能です。
    • ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツ、ジョン・ハンツマンなど成功している億万長者の著書を読みましょう。億万長者になるためにはお金に賢くなくてはいけません。
  2. 2
    貯金しましょう。お金を増やすには資金が必要です。毎月決まった額を貯金し、預金口座に入れておけば、利子もつきます。それを将来の投資に使いましょう。
    • 貯金の額を決めましょう。給料日ごとに少なくとも2000円を貯金すれば、3、4年後には驚く額になっているはずです。リスクが高くても、損を恐れずに投資をしましょう。
  3. 3
    確定拠出型年金を始めましょう。様々な金融機関が取り扱っている確定拠出型年金は将来に向けた資産運用です。億万長者になるために、今すぐ始めましょう。口座にお金を入れれば利子がつきます。[1]
    • 金融機関で資産運用を始めるには、ある一定額の初期費用が必要です。どんな選択肢があるのか調べ、ファイナンシャルアドバイザーに相談するのもいいでしょう。
  4. 4
    クレジットカードの借金を払いましょう。借金のことが頭にちらついていると、成功することが難しくなります。教育ローンやクレジットカードの借金がある人は、なるべく早めに払うべきです。金利はだいたい20%から30%で推移するので、長ければ長いほど利息が増えます。[2]
  5. 5
    5年計画を立てましょう。5年間でおおよそどの程度貯金するのか決めます。そして、最適なお金の使い方を決めましょう。投資する、ビジネスを始める、預金して利子を集めるなどの使い方があります。
    • 財務管理を1番に優先しましょう。財務目標を書き出して、定期的に見るようにします。財務計画への興味を持ち続けるために、リマインダ―を書いて、毎日目にするところに貼りましょう。例えば、洗面所の鏡や車のダッシュボードなどがいいかもしれません。
    Advertisement

パート2(全3パート):投資をする

  1. 1
    不動産を購入しましょう。不動産投資は資産形成の一般的な方法です。土地や建物は経年と共に価値が上がり、とても良い投資利益率が見込めることもあります。不動産投資には、転売、賃貸、商業用不動産の開発などがあります。
    • 人為的なインフレ時の投資は控え、毎月の住宅ローンは払える額に抑えましょう。教訓として2008年にアメリカで起こったサブプライム住宅ローン危機についての本を読むとよいかもしれません。
  2. 2
    企業に投資しましょう。起業や企業への投資は資産形成の手堅い方法です。起業や投資をするときは、自分が買いたいと思う商品やサービスを提供する企業を選びます。そして、その商品やサービスの改善にお金と時間をつぎ込みましょう。良い企業投資と悪い企業投資を見分けるためには、その業界について学ばなくてはいけません。
    • グリーンエネルギーやコンピューター技術への投資は将来的に有望でしょう。これらのビジネスは次の10年に伸びると予想されているので、今投資することは賢明な判断かもしれません。
  3. 3
    株の売買をしましょう。株式市場は、資産の形成にいい場所かもしれません。株を買う前にマーケットを注意深く観察して、どの株がいいのか見極めましょう。賢く投資するためには情報が必要です。株の多くは長期的にみれば上がります。株価の小さな上下は上手く乗り切って、時にはリスクを取りましょう。
    • ブローカー(と手数料)を介さずに配当金再投資や従業員持ち株を企業から直取引しましょう。1,000以上の主要な企業から選ぶことができます。月に2000円から3000円程度の投資でも構いません。単元未満株を買うことも可能です。
  4. 4
    金融市場預金口座を開設しましょう(米国のみ)。これらの口座は普通預金口座より最低預金額が高いこともありますが、2倍ほど高い利子がつきます。高利回りの口座はリスクが高く、引き出しや投資が制限されていることもあります。しかし、預金しておけば何もせずとも利子がつきます。
  5. 5
    債券投資をしましょう。債券とは国や政府機関が発行する有価証券で、債務不履行リスクはありません。国債はその一種です。国が資金の必要に応じて発行し、元本の支払いをするため、比較的信用度が高く、分散投資の対象として適しています。
    • 信用できるブローカーに相談して、分散投資のための債券購入を検討しましょう。
    Advertisement

パート3(全3パート):資産を保持する

  1. 1
    優秀なブローカーに助言を求めましょう。良いアドバイスはお金と同等の価値があります。ある程度の額を貯金できれば、モニターの前にじっと座り、わずかな株価変動を見て1日を過ごす必要はなくなります。外に出て自由を楽しむことができるのです。信頼できるファイナンシャルアドバイザーやブローカーがあなたに代わって余剰資金を作ってくれるでしょう。
  2. 2
    分散投資をし、上手にポートフォリオを組みましょう。同じところに全て投資してはいけません。株、不動産、投資信託、債券投資、ブローカーが勧める他の投資をしてリスクを分散させましょう。もし1つの投資が失敗しても、他で資産を増やすことができます。[3]
  3. 3
    資産運用について知識をつけ賢い選択をしましょう。インターネット上には高リスク高リターンな投資や、すぐに金持ちになれる方法など、無知で騙されやすい人をターゲットにした嘘の儲け話が溢れています。きちんと調べて長期的な投資で資産形成をしましょう。1晩にして億万長者になる人はほんの一握りの珍しい例なのです。
    • 負債がある時は、堅実な投資をします。資金を分散し、利子を増やし、変動する市場の波に乗ることが長期的には賢い選択です。
    • もし出来過ぎた話だと思う場合は、慎重になりましょう。急いで飛びつかずに、立ち止まって冷静に分析することが大切です。
  4. 4
    引き際を知りましょう。全てが足元から崩壊する前に、投資から撤退する時期を知っていなければいけません。周りにいる賢いブローカーのアドバイスには耳を傾けましょう。そして、時には自分の直感を信じましょう。
    • 売り時がきたと思ったら迷わず株を売り、利益を増やしましょう。利益は利益です。売った株が次年度に高騰しても、得た利益を他に再投資して資産を増やすことが可能です。
  5. 5
    億万長者を演じてみましょう。億万長者になるには、そのように振る舞うことから始めます。お金があり、教養もある人達と交流してみましょう。彼らから成功のアドバイスやヒントをもらえる可能性があります。
    • 絵画や高級レストラン、旅行への興味を深めましょう。簡単には手に入らないお金持ちの象徴、例えばクルーザーなどを購入することを考えてみるのもいいかもしれません。
    • 資産家と成金の違いを知りましょう。成金とは、成り上がり大金を手にして、それを見せびらし、贅沢なライフスタイルを送る人のことです。資産を保持するためには、資産家を手本にし、より多くの資産を手にすることを目標にします。
    Advertisement

ポイント

  • 恐れずにリスクをとりましょう。銀行預金には利子がつきますが、それ以上増やすには他の方法が必要です。
  • 想像力を働かせましょう。起業や企業投資を成功させるには、他の誰も思いつかない視点から問題解決の方法を探ることが大切です。
  • 生産的な時間管理方法を身に付けましょう。時間を節約し、できた時間を有効に使いましょう。
  • 上手くいかない時も受け入れましょう。常時、全てが上手くいく人はいません。億万長者への道のりには、投資、株取引などお金に関する失敗が1度や2度はあるものです。大切なのはその失敗から学ぶことです。そうすれば、大きな問題にならずに損害を取り戻すことができるはずです。
Advertisement

注意事項

  • 儲け話の詐欺には引っかからないようにしましょう。非現実的な収益がある株取引(10-15%かそれ以上の収益)を勧めてくる人に騙されてはいけません。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む98人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 資金管理

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement