傷跡を消す方法

傷跡には様々な大きさや形のものがありますが、見せびらかしたいと思うことは少ないでしょう。ここでは傷を隠すことから完全に傷をなくすことまで、傷跡に対処する方法をいくつかご紹介しています。

4の方法1:
自然療法
編集

  1. 1
    レモンを傷跡につける レモンには古い角質を除去するアルファハイドロキシ酸(AHA)が含まれており、肌の柔軟性を取り戻します。レモンは天然の漂白剤のような役割を持ち、傷跡の色を薄くします。
    • まず、傷跡とその周りをしっかりと洗います。
    • コットンにレモン汁小さじ1を浸み込ませます。
    • コットンを傷跡にこすり当てます。
    • 10分ほど置いて、洗い流します。
    • レモン汁を日光に当てると肌が炎症を起こす場合があります。外出する時は日焼け止めを塗りましょう。[1]
  2. 2
    ハチミツを使う 加熱処理をしていない生ハチミツも傷跡の色を薄くします。生ハチミツは天然の保湿剤の効果を持ち、傷の治療にもよく効き、皮膚の再生を助けます。
    • 生ハチミツ小さじ2を同量の重層と混ぜ合わせます。
    • それを使って傷跡を3分間マッサージします。
    • その上に温めたハンドタオルを置きます。
    • ハンドタオルが冷めたら、傷跡を拭き取るのに使いましょう。
    • 注記:ハチミツ小さじ2と重層小さじ1を混ぜ合わせると、角質を除去してニキビ跡を消し去る効果のある洗顔剤になります。
  3. 3
    タマネギのエキスを使う タマネギのエキスには抗炎症作用があり、傷跡でのコラーゲン生成を抑制します。その結果、傷跡が目立たなくなります。
    • タマネギのエキスは多くの場合、傷跡に塗ることができるタイプのジェルとして販売されています。
    • タマネギのエキスの効果が表れるまでには数ヶ月かかることがあります。
  4. 4
    アロエベラのジェルを使う アロエベラには抗炎症作用があり、皮膚の炎症を緩和し、壊死した皮膚を傷口から取り除きます。アロエベラは腫れを抑え、ダメージを受けた皮膚細胞を回復させて再生した皮膚細胞を強化します。
    • アロエベラは、ジェル、軟膏、ローションなどで入手できます。
    • 一日に数回、アロエベラを傷跡に直接塗ってマッサージしましょう。
  5. 5
    ユカン(油柑)を使う 別名「アムラ」とも呼ばれ、ビタミンCを豊富に含んでいます。また、新しい瘢痕組織の生成を抑制するので、できたばかりの傷跡に塗ると大きな効果が得られます。[2]
    • アムラはたいてい粉末かペースト状で販売されています。アムラ・ペーストは水(またはオリーブオイル)と粉末のアムラを混ぜ合わせて自作することが可能です。
    • アムラ・ペーストを傷跡に塗ってマッサージします。
  6. 6
    きゅうりのペーストを作るか購入する きゅうりは安価で、どこででも販売されており、肌をソフトでしなやかにするためによく使われています。また、酸性度が低いため、肌の炎症を起こす可能性が極めて少ないという利点もあります。
    • きゅうりの皮をむいて種を取り除いた後、ミントの葉数枚と一緒にミキサーにかけます。卵の白身を別にかき混ぜて、きゅうりのミックスに加えます。[3]
    • きゅうりのペーストを傷後に塗り、20分ほどそのままにします。
    • 冷水で洗い流し、清潔なタオルで拭きます。
    • これを毎日行なうと、さらに効果が得られます。
  7. 7
    ティーツリーオイルを使う このパワフルなオイルには抗菌効果があり、使い方を間違えなければ傷跡、ニキビ跡、手術の跡などを消してくれます。刺激が強いので肌に塗る場合は必ず水で薄めてください。絶対に口に入れてはいけません。
    • ティーツリーオイルをお湯に少量加えて「石鹸」を作ります。
    • 傷跡にその石鹸をつけてよく洗い流します。タオルでやさしく拭きましょう。
    • オイルを使用した後は少し疼いたりチクチクするように感じるかもしれませんが、これは抗菌作用が働いている証拠です。ヒリヒリ感が長く続く場合は使用を止めて、再度使用する前に皮膚科の医師に相談しましょう。
  8. 8
    傷跡にオリーブオイルを塗ってマッサージする オリーブオイルは肌を健やかに保つビタミンEとKを豊富に含み、傷跡を早く消し去る手助けをします。特にバージンオリーブオイルは抗酸化成分をたくさん含み、酸性度が高いことから傷跡の色素を薄くする効果を持ちます。
    • オリーブオイル小さじ1程度を傷跡に塗りこみます。小さめの傷跡の場合は量を調節してください。
    • 5分ほど傷跡をオイルでマッサージして、瘢痕組織を柔らげます。
    • 10分ほどオイルを皮膚にのせたまま置き、その後、清潔な布で拭き取ります。
  9. 9
    ココアバターを使う 
    • レモン果汁と同様に、ココアバターも治癒効果を得るためには毎日傷跡につける必要があります。傷のかさぶたが取れたらすぐに傷跡の上にココアバターを塗り始めます。
    • ココアバターは洗い流す必要はありません。肌に吸収されます。
    • ココアバターは妊娠線を消す目的、あるいはタトゥーを入れた後の皮膚の回復のために使用を勧められることがあります。
    Advertisement

4の方法2:
一般的なケア
編集

  1. 1
    傷跡が残る前に行動しましょう。完全に傷跡を残さないようにするのは無理かもしれませんが、軽減するためにできることがいくつかあります。[4]
    • 傷に絆創膏を貼る。
    • 抗菌クリームで傷を保湿して、乾燥とかさぶたの形成を防ぐ。
    • 回復中に傷に圧力をかける。こうすると傷からコラーゲンが膨らむことを防ぎます。
    • 皮膚が再生したら、マッサージをする。マッサージは肌を柔らかくし、傷を目立たせなくします。
  2. 2
    傷を日光に当てない 紫外線は傷の回復を遅らせ、傷の色素沈着を促して目立ちやすくします。
  3. 3
    化粧で頑固な傷跡をカバーします。傷を隠したい時には以下の方法を検討してみましょう。
    • 古い角質を除去して傷跡を柔らかくするために、肌を角質除去のスクラブで洗う。
    • 傷跡を滑らかにして化粧のノリをよくするためにきちんと保湿する。
    • 通常のカバーメークよりも手のかかるカモフラージュメークを試してみる。この時、肌のトーンに合う色を選ぶことが大切です。
    • パウダーを上からはたいて化粧崩れを防ぐ。
    Advertisement

4の方法3:
治療法:家庭でのケア
編集

  1. 1
    シリコンを使う シリコンはジェルかシートで購入することができます。シリコンを瘢痕組織につけると傷跡の色を薄くし、傷を平らにする効果があります。
    • ジェルは傷跡に直接塗ることができます。
    • シリコンシートは傷跡に貼ることができて、肌にしっかりと付きます。うまく付かない場合は医療テープで留めましょう。
  2. 2
    アルファハイドロキシ酸を塗る これは前述したように、天然のフルーツ酸で、古い角質を除去する効果があります。様々な強度のものが手に入りますが、どれも酸なので肌に炎症を起こすこともあります。これを試す前に、どの強度のものが適しているかについて、皮膚科の医師に相談しましょう。大概は肌に塗る保湿剤として販売されています。[5]
  3. 3
    外傷用の市販薬を使う クリーム、軟膏、油薬、ローション、ジェル、貼付剤として販売されており、上記のいずれかを含んでいます。シリコンを含むものが多く販売されています。
    Advertisement

4の方法4:
治療法:専門のケア
編集

  1. 1
    レーザー治療 レーザー瘢痕形成術は高エネルギーのライトを傷跡に当て、傷の赤みを軽減して盛り上がった傷を平らにします。
  2. 2
    瘢痕形成術 この方法では、医師が傷自体を取り除き、周囲の健康な皮膚をつなげます。傷は薄く短くなり、シワや髪の生え際のような目立たない場所に隠されることがあります。
  3. 3
    皮膚剥離 皮膚剥離は大抵モーターのついたワイヤーブラシを使って肌の表面を滑らかにします。外科医がブラシを使って安全に瘢痕組織を取り除きます。この方法は通常は短時間で済みますが、麻酔を用いないので多少の不快感を感じるかもしれません。
  4. 4
    軟組織フィラー(ヒアルロン酸注入) 医師が肌に脂肪やコラーゲンのような物質を注入します。柔らかく凹んだ傷に使われる方法です。
  5. 5
    打印器移植 この方法では、通常の健康な皮膚の小片と瘢痕組織 を交換します。傷は先の丸い小さな切削工具を使って切り取られ、傷のない肌から取った皮膚の断片を傷跡に埋め込みます。
  6. 6
    ケミカルピーリング この方法は、肌の最上層を薬品で除去して、傷跡をなめらかにする方法です。ただし、大きな傷跡にはあまり効果はありません。
  7. 7
    冷凍外科 この方法は、皮膚の最上層を凍結させて水泡を作り、傷跡から余分な組織を除去します。
  8. 8
    コルチゾン注射 この注射は頑固な傷跡、特に肥厚性瘢痕や早すぎる回復から発生したケロイドの症状を収縮させて傷跡を平らにします。[6]
    Advertisement

ポイント編集

  • アロエベラのジェルを使用すると、傷跡のまわりの肌が乾燥しているように感じるかもしれませんが、これは一時的なものです。
  • シリコンシートは洗濯ができて、再利用が可能です。
Advertisement

注意事項編集

  • かさぶたができても絶対に剥がさないようにしましょう。かさぶたは自然に剥がれ落ちるまで待ちます。顔のかさぶたは特に注意が必要です。顔の皮膚は非常に繊細なため、かさぶたを剥がすと傷跡が一生残る恐れがあります。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む35人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 健康

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement