傷心の友達を癒す方法

共同執筆者 Laurel Schwartz, MSW

友人が大切な人の死や失恋など、色々な試練を乗り越えようとしている時には自分にできることを何でもして力になりたいと思うでしょう。実際には、どんな言葉もどんな行為も友人の心痛をなくすことはできませんが、側にいて慰めたり出来る限りの支援ができると理想的です。どんな時でも良い友達でいてあげれば、大きな力になります。

パート1(全3パート):友人に寄り添い慰める

  1. 1
    悲しみを悲しむように促す 困難を乗り超えるにはまず、自分の感情に向き合わなければなりません。悲しみに真正面から対処するように促しましょう。心痛な出来事を否定したり忘れようとしても気分は晴れないことを伝えましょう。[1]
    • 「泣いても良い」と伝えましょう。涙は癒しの効果があります。
    • 「感情を抑え込んでも悲しみは乗り越えられない」と伝えましょう。
    • 深い悲しみが癒えるまでに人はいくつかの段階を経験します。まず悲しみ、次にショック、自責の念、引きこもり、最後に受け入れです。友人もこれらの段階を全て経験するかもしれません。また、ある段階を経てもまたそこに戻ってしまうことがあるかもしれません。[2]
    • 悲しみ方は人それぞれに異なります。友人の克服の仕方を否定するべきではありませんが、改善が見られない場合には、精神的援助を行うグリーフ・カウンセラーに相談するように勧めましょう。[3]
    • 近しい人を失った場合には「お別れの会」などを一緒に計画すると慰めになるかもしれません。[4]
  2. 2
    話を聴く 自分の気持ちを誰かに伝えると傷が癒えることがあります。友人が話したい時にはいつでも聴きましょう。友人にもその意思を伝えましょう。友人が思う存分話せるように良い聴き手になりましょう。[5]
    • 「話したい時にはいつでも聴くことができる」と伝えましょう。話したくても、あなたの邪魔をしてはいけないと遠慮することがあるかもしれません。
    • 悲報を受けたらすぐに友人に連絡し、気にかけていることを伝えましょう。「話したい時にはいつでも連絡して欲しい」と伝え、力になれることを示しましょう。ただし、話したくない場合もあります。そんな時には優しく見守るだけにしましょう。
    • 友人に頼まれない限りアドバイスを与えるのは控えましょう。ただネガティブな気持ちを吐き出したいだけの時もあります。[6]
    • 友人が話したくなさそうなら、日記などに気持ちを記してはどうかと提案しましょう。
    • 相手が親しい友人であれば「何があったのか」と尋ねても差し支えないでしょう。事情が分かれば友人の心情が理解でき、手を差し伸べやすくなります。[7]
  3. 3
    共感する 友人を気にかけていること、元気を戻す手助けをしたいと思っていることを伝えましょう。ただし、対処の方法について助言するのは控えましょう。相手の心痛を思いやり心から慰めましょう。
    • 「辛いことで本当に大変だったね」と短めに哀悼の意を表しましょう。[8]
    • 友人が失恋した時には、元恋人の悪口を言えば少しは元気になるのではないかと考えるかもしれませんが、効果的とは言えません。「本当にとんでもない人だね。別れて良かったよ」などと言うのは避けましょう。大切な人を失った悲しみを自分のことのように理解して「好きな人との別れは本当に辛いよね」などと慰めましょう。[9]
    • 「きっと何か良いことがあるよ」「全ての出来事には理由があるはずだ」などの楽観的なもの言いは一般的には効果的ではありません。「本当に辛いと思うよ。できることがあれば何でも言ってね」などと伝えると良いでしょう。[10]
    • 「全ての出来事には然るべき理由がある」などと言ってはいけません。友人の辛い経験、心痛を軽んじている印象を与え、友人の気を悪くする恐れがあります。[11]
  4. 4
    友人を見守る 失恋から立ち直るには長い時間がかかります。1〜2日で元気を取り戻せると思ってはいけません。定期的に友人の様子を見に行き話を聴きましょう。いつでも側にいて力になれると伝えましょう。[12]
    • 友人からの連絡を待ってはいけません。誰かと話がしたいと思っていても連絡をする気になれない場合もあります。[13]
    • 電話したり携帯メールを送ったり、メモを残したりして心配していることを示しましょう。毎日連絡するのが良いのか、1日おきが良いのかは親しさの度合いにもよりますが、友人がある程度元気になれるまで連絡し続けましょう。
    • 気にかけているからと相手の都合を考えずに連絡を入れるのは控えましょう。愛する人を亡くした友人への連絡は、亡くなった晩か翌日が良いでしょう。葬式の日に連絡するのは避けましょう。
    • 友人には「話したくなったらいつでも話し相手になれる」と伝えましょう。
  5. 5
    小さな手助けをする 落ち込んでいれば日常の細々したことをこなすのが疎かになります。手伝いを申し出ましょう。食料品の買い出しや数学の宿題など何でも手伝いましょう。[14]
    • 申し出を断られたら「必要な時にはいつでも手伝えるよ」とだけ伝えましょう。
    • 親しい間柄ならピザを注文してあげるなど、友人がハッと驚くような発想で慰めるのも良いかもしれません。
    • 自宅に招いて食事を一緒にとるのも良いアイディアです。友人にとって、必要な栄養が摂れるだけでなく外に出て良い空気を吸うチャンスにもなります。[15]
  6. 6
    無理強いしない 友人を支えたいという気持ちは素晴らしいものですが、できることは限られています。友人に十分な時間を与えて、自らの力で克服できるまで優しく見守りましょう。すぐに元気になると期待してはいけません。また「早く忘れて、乗り越えなさい」などと説教めいたことを言ってはいけません。[16]
    • 悲しみが癒えるまでの間、友人が利己的に見えたり親友とは思えないと感じたりする場合もあるでしょうが、状況を理解して大目に見ましょう。いつかは元の自分を取り戻して元気になります。
    • 小さな支援を重ねて友人が元気を取り戻せるようにしましょう。人が大勢集まるパーティーに誘っても寛げないだろうと思ったら、自宅に呼んで映画を一緒に見るなど提案してみましょう。
  7. 7
    心の境界線を健全に保つためにも依頼を全て受け入れない 友人への支援は素晴らしいことですが、できないと思ったら断ることも重要です。友人のために頑張りすぎて精神的に消耗しては元も子もありません。心の境界線を維持するにはどうすべきかを次に紹介しましょう。[17]
    • できる手助けとできない事を見極めて自分の限界を特定しましょう。失恋した友人の悲しい気持ちを聴くことはできても、元恋人との橋渡しになってメッセージの交換を手伝ったり、元恋人の様子を伺ったりすることはしたくないかもしれません。
    • できることと、できないことを友人に伝えて心の境界線を明示しましょう。「いつでも話を聴くことはできるよ。でも、仕事中に電話はできないからアフターファイブに会おう」などと言ってみましょう。
    • これ以上の手助けは無理だと思ったら、率直にそう伝えましょう。「できる限りの支援はするよ。でも前にも言ったと思うけれど、この頼みは受け入れられないんだ」と言いましょう。
    • 自分の気持ちに正直になり友人から少し離れたいと思ったら、そう伝えましょう。「力になりたいんだけれど、今はちょっと疲れている。明日話せないかな?」などと伝えましょう。

    ヒント: 手助けが大変な場合には支援グループを頼りましょう。非常に落ち込み話し相手を欲している友人には、心の相談窓口:よりそいホットライン(http://www.since2011.net//yorisoi/ 0120-279-338)を頼ってみてはと提案しましょう。またうつ状態の場合には、こころの健康相談統一ダイヤル(0570-064-556)を提案しましょう。

  8. 8
    セルフケアを実践して精神の健康を保つ 空のコップからは何も出てきません。自分のケアを一番に考え常に健全な心身をキープして友人の支援に当たりましょう。楽しいこと、充足感のあることを行ってエネルギーを補充し心の健康を保ちましょう。[18]自分のために毎日少なくとも30分間確保し、楽しいこと、リラックスできることを行いましょう。 次のようなことを試してみましょう。
    • 散歩に出かける。
    • ゆっくりと風呂に入る。
    • 編み物、絵画、ビデオゲームなど好きな趣味に没頭する。
    広告

パート2(全3パート):友人が前向きになれるように後押しする

  1. 1
    友人の精神的強さを褒める 友人は自信を失っているかもしれません。友人の精神的強さ、素晴らしい性格を褒めて元気付けましょう。素晴らしいところを再認識させ、それが悲しみを克服する上でとても重要な資質だと伝えましょう。[19]
    • 友人の長所をリストにして2人で一緒に確認しましょう。自分の良い面を再確認するだけで元気になるかもしれません
    • 何故精神的に強いと思うのか、その理由を伝えましょう。辛い経験を逞しく対処した経緯を思い出させましょう。
  2. 2
    自立を後押しする 元恋人やパートナーと全てを一緒に行っていたとしたら、パートナーを失った今途方に暮れ、きちんと生活するには誰かが必要だと思っているかもしれません。そこで、自分1人であるいは友達と一緒に行動するように促して、パートナーがいなくても自力で何でもこなせ、充実した生活が送れることを認識させましょう。[20]
    • 元の恋人を思い出させないアクティビティーや、新しい友達を見つける手助けが必要かもしれません。友人の普段仲良くしている友達が全員、元恋人の友達でもある場合には、元の恋人とは全く関係のない人を紹介しましょう。
    • かつて楽しんでいた趣味やアクティビティーを思い出させて、再挑戦するように促しましょう。失恋の痛手をしばし忘れられるでしょう。[21]
  3. 3
    一緒に活動的になる 体を動かすと心も弾みます。運動を提案しましょう。チームスポーツでもブラブラ散歩に出かけるだけでも効果があるでしょう。[22]
    • スポーツクラブやジムのクラスに誘ってみましょう。
    • 激しい運動が出来なさそうなら、散歩に誘ってみましょう。
  4. 4
    専門家に相談することを促す 失恋の痛手がかなり深刻ならセラピストに相談することを提案しましょう。精神科の専門家であれば、素人では難しいサポートを提供したり励ましの言葉をかけたりできるでしょう。[23]
    • 自殺願望が見える、また薬物に頼ったり自傷行為に及んだりする危険がある場合には特に、専門家に相談するのが重要です。明らかに助けが必要な場合には、専門家の治療を受けさせましょう。
    • 失恋の種類によっては、支援グループのサポートを得るのも効果的でしょう。同じような経験をした人たちと話す機会が持て、対処方法なども聴けるかもしれません。
    広告

パート3(全3パート):破壊的な行動を阻止する

  1. 1
    スマホ・パソコンから離れる 失恋をすれば元恋人に対する不平不満や悪口をSNSに投稿したくなることもあります。友人にそういった兆候があれば、それは解決にはならないと伝えましょう。SNSからしばらく離れ、また失恋の詳細も他言しないように説得しましょう。元恋人や他の友達が友人の失恋についてSNS 上に何らかの投稿をしている可能性があります。SNSを離れれば彼らの投稿を読む必要もありません。[24]
    • スマホ・パソコンから一定期間離れるのは、失恋以外の痛手を乗り越える時にもメリットがあります。SNSで友達から送られる慰めの言葉に圧倒されてしまう場合などが特にそうです。
  2. 2
    強迫的な行動を阻止する 心痛を悪化させる生活習慣や生活態度が友人に見られる場合には、その有害な振る舞いを止めるように説得しましょう。更に落ち込むような行為や破壊的な態度を取っているのを見ると、自分の心も痛むと伝えましょう。[25]
    • 友人が元恋人に嫌がらせをしないように注意しましょう。元恋人に連絡をし続けたり、友達に様子を見に行ってもらえないかと尋ねたりしているようなら、友人のその行為が気になること、更に友人を常に気にかけていることを伝えましょう。
    • 職を失ってしまった友人には、インターネットに掲載されている元職場の評価などは、ポジティブなものも含めネガティブなものも、読むべきではないと伝えましょう。
  3. 3
    友人の不健康な習慣に注意を向ける 非常に落ち込んでいる時には自身の健康を蔑ろにしがちです。友人が自分のケアを怠っていないかを確認しましょう。十分な睡眠を取っているか、きちんと食事を取っているか、酒を多量に飲んだり薬物を乱用したりしていないかなどを注意して観察しましょう。同時に友人を気にかけていることを示し、健康的な生活を送るように促しましょう。[26]
    • 上で挙げたような危険な行為に気づいたら、友人と1対1でじっくり話し合いましょう。自分で自分のしていることが分かっていない場合もあります。
    • 友人が心底心配なら、他の人にも助けを求めましょう。友人が未成年の場合いは、他の人のアドバイスは特に重要です。友人の両親は特に、自分の子供の破壊的な行為を知る必要があります。
  4. 4
    友人が元恋人を忘れるために新しいパートナーを求めようとしないかに注意を払う 失恋直後に新しい関係を築くことが良いかどうかについては意見が分かれます。友人が失恋のすぐ後で新たな関係を持ったとしたら、本人にその理由を尋ねましょう。
    • 友人が失恋の寂しさから、自分の好みではないと知りつつも新たな恋人を見つけて空虚感を埋めようとしているとしたら、その行為は友人にも、新しい相手にも害になるでしょう。[27]
    • 一方、友人に新しい恋愛関係を築く心の準備が整い、パートナーに求めるものも明快に分かっている場合には、その関係は友人に取って必要なものでしょう。[28]
    広告

ポイント

  • 友人が話したい時には聴きましょう。相手の話を遮って自分の話をしたり相手の話の邪魔をしたりせずに、真剣に聴きましょう。
  • 友人の元恋人とも友達なら、この失恋はあなたにとっても非常に難しい問題になるでしょう。友人のプライベートなことを元恋人にうっかり話し友人に憤慨されないように、友人が言って欲しくないことなどをしっかりと理解しておくことが大切です。
広告

注意事項

  • 友人に自殺願望があるのではないか、自傷行為に及ぶのではないか、または誰かを傷つけるのではないかと心配なら、真剣に対処しましょう。救急サービスか自殺防止または緊急時のホットラインに連絡しましょう。米国の場合には、Crisis Text Lineの741741(クライシス・テキスト・ライン:危機回避を目的とする非営利団体)に携帯メールを送るか、National Suicide Prevention Hotline(自殺予防ネットワーク)に電話連絡(1-800-273-8255)しましょう。日本の場合には、いのちの電話 https://www.inochinodenwa.org/ にメールを送るか電話連絡(0570-783-556)しましょう。
広告

このwikiHow記事について

クライシスカウンセラー、Crisis Text Line(非営利団体)
この記事はLaurel Schwartz, MSWが共著しています。 ローレル・シュワルツは非営利団体「Crisis Text Line」にてクライシスカウンセラーを務めています。2019年にコロンビア大学にて社会福祉学の修士号を取得しました。Crisis Text Lineでは24時間年中無休でクライシスサポート(危機支援、人生相談)を提供しており、相談者はショートメール経由で「741741(米国のみ)」を送信することで、訓練を受けたクライシスカウンセラーからカウンセリングを受けることができます。現在までアメリカ国内にて100億件以上のメッセージのやり取りが行われています。
カテゴリ: 家族
  1. http://psychcentral.com/blog/archives/2015/06/16/how-to-help-someone-going-through-a-tough-time/
  2. https://www.psychologytoday.com/blog/notes-self/201210/real-stages-grief
  3. http://psychcentral.com/blog/archives/2015/06/16/how-to-help-someone-going-through-a-tough-time/
  4. https://www.psychologytoday.com/blog/notes-self/201210/real-stages-grief
  5. https://www.psychologytoday.com/blog/me-we/201402/4-ways-be-good-friend-during-friends-breakup
  6. https://www.psychologytoday.com/blog/notes-self/201210/real-stages-grief
  7. https://www.psychologytoday.com/blog/me-we/201402/4-ways-be-good-friend-during-friends-breakup
  8. https://psychcentral.com/lib/10-way-to-build-and-preserve-better-boundaries/
  9. https://www.nami.org/Find-Support/Family-Members-and-Caregivers/Taking-Care-of-Yourself
  10. http://psychcentral.com/blog/archives/2011/02/18/10-tips-to-mend-a-broken-heart/
  11. http://psychcentral.com/blog/archives/2011/02/18/10-tips-to-mend-a-broken-heart/
  12. http://www.massgeneral.org/children/news/newsarticle.aspx?id=4358
  13. http://psychcentral.com/blog/archives/2011/02/18/10-tips-to-mend-a-broken-heart/
  14. http://psychcentral.com/blog/archives/2012/11/28/help-on-healing-from-heartbreak/
  15. http://www.massgeneral.org/children/news/newsarticle.aspx?id=4358
  16. http://psychcentral.com/blog/archives/2011/02/18/10-tips-to-mend-a-broken-heart/
  17. http://kidshealth.org/teen/your_mind/relationships/broken_heart.html#
  18. http://psychcentral.com/blog/archives/2012/11/28/help-on-healing-from-heartbreak/
  19. https://www.psychologytoday.com/blog/meet-catch-and-keep/201601/6-things-never-say-friend-dealing-breakup

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告