傷んだ肉を見分ける方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

赤身肉や鶏肉、魚介類が傷んでくると、それぞれ異なるサインが現れます。肉のタイプに応じて不快な臭いに注意し、色や質感を調べる必要があります。そして、早く傷まないよう対策を取りましょう。肉が悪くなっているか不確かな時は、処分した方が安全です。傷んだ食べ物のサインを知り、敏感になっておくと、安全に肉を食べたり扱ったりすることができます。

4の方法1:
傷んだ赤身肉を見分ける

  1. 1
    肉のパックに表示された消費期限を見る 生の赤身肉の保存可能期間はおおよそ1~3日、火が通ったものは7~10日程度です。消費期限を過ぎた肉は処分して、食中毒を防ぎましょう。[1]
  2. 2
    悪臭がないかチェックする 鼻を突くような臭いがする肉は傷んでいます。腐敗した赤身肉はすぐに分かる刺激臭を放ちます。消費期限を過ぎた悪臭のする肉は処分しましょう。[2]
    • 肉を嗅ぐときは、鼻を肉に押し付けたり近づけたりするのではなく、手をカップのように丸めて肉の近くで扇ぎ、臭いを顔の方に流して嗅ぎましょう。
  3. 3
    冷蔵庫に5日以上保管してある赤身肉は処分する 肉の保存可能期間は、挽いたりカットした時期によって変わります。ひき肉は販売期限を過ぎて1、2日、カットされた肉、ステーキ用肉、ロースト用肉は冷蔵庫で3~5日間保存可能です。[3]
    • 肉は冷凍するとより長く保存できます。肉が冷蔵庫に数日保存されていて、使用するつもりがないなら冷凍庫に移して悪くなるのを防ぎましょう。[4]
  4. 4
    緑色っぽい赤み肉は食べない 普通、緑や緑がかった茶色になった肉は安全に食べることができません。ただし緑っぽくない茶色は必ずしも腐敗のサインではありません。光の当たり具合で光沢があるように見える肉も傷んでいることがほとんどで、これは細菌が肉の脂を分解しているサインです。[5]
    • 肉の色に確信が持てない場合は、処分した方が良いでしょう。
  5. 5
    肉の質をチェックする 傷んだ赤み肉は触れるとベタベタしています。肉の表面がヌルヌルしているようなら処分しましょう。これは細菌が増殖し始めている証拠です。
    Advertisement

4の方法2:
傷んだ鶏肉を見分ける

  1. 1
    強い悪臭をチェックする 新鮮な鶏肉からは認識できる臭いはしません。鶏肉からすぐに分かる不快な臭いがしたら、処分して冷蔵庫または冷凍庫をそうじしましょう。生の鶏肉の臭いは、鶏肉があった場所を徹底的にそうじしないと残ることがよくあります。[6]
    • 重曹を使用すると悪臭を効果的に取り除くことができます。[7]
  2. 2
    灰色味がかった鶏肉は食べない 新鮮な鶏肉はピンク色で、火を通すと白色になります。灰色っぽい鶏肉は傷んでいるでしょう。購入する際は、ぼやけた色をしたものや変色した鶏肉は避け、また食べてもいけません。[8]
    • レストランで出される鶏肉料理は、パン粉やソースを剥がして色をチェックしてみましょう。
  3. 3
    鶏肉の質感をチェックする 生の鶏肉の表面にわずかな水分はあっても、粘液のようなものではありません。鶏肉がベタベタしていたり過度にヌルヌルしているようなら処分しましょう。[9]
    • 生の鶏肉に触れた後は、肉が傷んでいるかどうかに関わらず手を洗いましょう。
  4. 4
    火を通した鶏肉にカビがないかチェックする 上記のサインに加えて、調理済みの鶏肉が腐敗している場合、悪くなってカビが生え始めていることがあります。火を通した鶏肉にカビを発見した場合、カビを取り除いてカビがない所を食べようとしてはいけません。全部捨てて食中毒を防ぎましょう。[10]
    Advertisement

4の方法3:
傷んだ魚介類を見分ける

  1. 1
    生臭い魚介類は避ける 一般的に考えられている事に反して、新鮮な魚介類は生臭くありません。海のような匂いがしますが、鼻にツンときたり、強い匂いではありません。自分の鼻を信じて、悪臭がする魚介類は処分しましょう。
    • スーパーで買い物をする際は、匂いを比べて新鮮なものを選びましょう。
  2. 2
    鮮度をチェックする 魚介類は水から出した後は表面に光沢があります。乾いた魚介類は悪くなっていることが多いでしょう。目やえらが付いたものの場合、目は透明で濁りがなく、えらは紫や茶色ではなく赤っぽい色のものを選ぶと良いでしょう。[11]
    • ウロコが剥がれて落ちている魚は避けましょう。
  3. 3
    白く濁った色の魚の身は食べない 新鮮な魚の身は、通常白や赤またはピンク色をしていて表面に薄く水分があります。身が青色や灰色がかっていて、水分が出ているものは、傷んでいる証拠です。[12]
  4. 4
    生きている魚介類は調理する前にチェックする 甲殻類や貝類等生きた状態を調理して食べるものは、死んだあと急速に悪くなります。ハマグリやアサリ、牡蠣、ムール貝等は扱う際にコツコツと叩き、貝が閉じていることを確認しましょう。カニやエビは、調理する前に足が動いているか確認しましょう。[13]
    • 死んでから数時間後に調理した甲殻類や貝類は食べてはいけません。
    Advertisement

4の方法4:
肉の腐敗を防ぐ

  1. 1
    キッチンカウンターで肉を解凍しない 肉を冷蔵庫や冷凍庫から出して常温に長時間置くと、腐敗の危険性が高まります。電子レンジで素早く安全に解凍しましょう。[14]
    • 冷凍肉を冷蔵庫で解凍するのも安全で良い方法です。
  2. 2
    安全な温度で肉を保存する 肉は4 °Cの冷蔵庫で保存しましょう。これより高い温度で保存すると傷みが早まります。室温に何時間も置いた食べ物は処分しましょう。[15]
  3. 3
    すぐに食べない肉は冷凍する 肉は冷蔵庫では数日しかもちませんが、冷凍すると数ヶ月保存が可能です。肉を長持ちさせるには、密封できる容器に入れて食べるまで冷凍保存しましょう。[16]
    • 肉を冷凍すると冷凍焼けをおこす場合があります。食べても危険ではありませんが、不快な味がします。
  4. 4
    消費期限が切れたり冷蔵庫で保管していない肉は避ける 肉が傷んでいないように見えても、有害な細菌が繁殖していることがあります。常温で長時間置かれていた肉や、消費期限を過ぎた肉は食べてはいけません。
  5. 5
    調理時の肉の内部温度をチェックする 食品媒介性細菌の全てが色や臭いで識別できるわけではないため、適切な温度で肉を調理することが食中毒を防ぐ鍵になります。赤身肉は焼き加減によって、50~75 °Cの間、鶏肉は75 °Cになるまで調理するのが理想的です。魚介類は65 °Cになるまで火を通したものは安全に食べることができます。[17]
    • 寿司などの生で食べる魚介料理は、調理の指示に注意深く従い、傷んでいるサインに気付いたら処分しましょう。
    Advertisement

ポイント

  • 生肉を触る前と後には必ず手を洗いましょう。[18]
  • 密封されていなかったり、パックからドリップが滴っている肉は食べてはいけません。[19]
  • 肉が傷んでいるかもしれないと感じたときは、口にしてはいけません。悪くなった肉がレストランで出されたら、返却しましょう。[20]
Advertisement

注意事項

  • 傷んでいるかチェックするために問題の肉を味見してはいけません。傷んだ食べ物は少し口にするだけでも食中毒を起こすことがあります。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement