侮辱やイジメに対抗する方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

イジメや侮辱に対処する方法を学ぶことで、こうした不幸なる社会的状況を上手に乗り切りましょう。状況を分析して適切に対応し、必要に応じて助けを求めるようにすると、イジメや侮辱を克服できるようになります。

4の方法1:
状況の分析

  1. 1
    自分自身に問題はないことを認識する 他人をいじめ、侮辱する人は不安なのです。多くの場合、恐怖や自己陶酔、あるいはその場をコントロールしたいという気持ちからイジメは行われます。他人を虐げることで、自分に力があると感じたいのです。つまり、イジメとはいじめる側の問題であり、あなたには問題がないと認識することが、こういった状況下での自信に繋がります。[1]
  2. 2
    いじめる側の動機を理解する 相手がなぜ自分を侮辱し、いじめてくるのかを理解することは、状況打開策を見つけるための鍵となります。イジメは、自己満足を得たいがために行われる場合もありますが、いじめる対象やその人の状況をきちんと理解していないがために行われている場合もあります。
    • 例えば、服装をいつもバカにしてくる同僚がいたとします。あなたが上司から実力以上の評価を得ていると考えているのかもしれません。[2]
    • または、あなたは障がいを持っており、活動に完全に参加できないとします。それを理解していない人は、あなたを攻撃してくるかもしれません。
    • 一見イジメに見えるものでも、気持ちを傷つける意図がない、ただのからかいの可能性があることも心に留めておきましょう。例えば、近親者や近しい友人が、面白いと思ったあなたのマネをしてくる場合などです。
  3. 3
    イジメを行う人間やイジメに繋がる状況をできるだけ避ける 攻撃してくる人間に会わなければ、イジメや侮辱を受けずにすみます。常に避けることができない場合でも、攻撃者と過ごす時間を最小化する方法を模索しましょう。思い切って一切の接触を断つのも一計です。
    • 学校からの帰宅路でイジメにあう場合、親と一緒にイジメや侮辱を避けることのできる安全なルートを考えてみましょう。
    • オンライン上でイジメや侮辱にあうのであれば、使っているソーシャルメディア上からの加害者アカウントの抹消や、特定のアプリの使用時間を削減することなどを考えてみましょう。
  4. 4
    イジメが法を犯していないかを判断する 時に、イジメや侮辱が法を犯している場合があります。例えば、同僚が職場で、あなたの身体に関して言及するセクハラを働いた場合、これは法に反していますので、直ちに上司に報告しなければなりません。
    • みなさんには、学校で妨害を受けることなく安心して学習できる権利があります。登校したくないと思わせるイジメなどは、これに反しています。両親か教師に相談すべきでしょう。
    広告

4の方法2:
イジメや侮辱に対する返し方

  1. 1
    心構えをする 恒常的に侮辱したり、いじめてきたりする相手と過ごさなければいけない場合、その様な状況にどう対応するのかを考えておきましょう。返し方を色々と考え、ロールプレイをすることで、上手く状況に対処できるようになります。[3]
    • 信頼のおける友人や家族とロールプレイをしてみましょう。例えば親友に「あんたの髪型すごくダサいわ」と言ってもらいます。それに対し「意見はありがたく頂戴するわ。でも、私はこの髪型が好きだからダサくてもいいの」などと返してみましょう。
    • 上司が小バカにしてくる時も、対応を計画しましょう。例えば「あなたの言動は社会人に相応しくありません。不快ですし、私の仕事にも支障が出ています。続くようならば、この件は人事部に相談させて頂きます。」などと言ってみると良いでしょう。
  2. 2
    冷静になる 侮辱やイジメを受けると、当然、怒りや悲しみがこみ上げてくるでしょう。しかし、ここで冷静さを保つことが重要です。イジメを行う人間は、それに対する反応を期待しているものです。心を落ち着け、毅然とした態度を保ちましょう。[4]
    • 侮辱された時は、少し深呼吸を行ってから対応するようにしましょう。
  3. 3
    意見を言う 自信に満ちた態度で、その侮辱がどれだけ不快かを相手に明言しましょう。毅然と、しかし落ち着いたトーンで、不快に思う理由を説明します。[5]
    • クラスメートが靴をバカにしてきた場合、「みんなの前で私をバカにしないで。すごく腹が立つの、だからやめて。」などと言ってみましょう。
    • 同僚が職場で性的な野次を飛ばしてきた場合、「その野次はほとんどセクハラよ。次に同じことをしたら、上司に直ちに報告するわ。」などと言ってみましょう。
  4. 4
    無視する 時には、「無視」が侮辱に対する最良の対応となります。全く聞こえていなかったように振る舞う、または完全に話題を変えたりするもの良いでしょう。侮辱やイジメに反応せず、無視することで、火に油を注ぐのを防止します。[6]
    • オンライン上でイジメや侮辱を受けた場合は、反応しないようにしましょう。
    • 家族に侮辱された場合、黙って部屋から去りましょう。
  5. 5
    ユーモアを交えて返す ユーモアを交えてイジメや侮辱に対応することは、効果的なやり方です。ユーモアは張り詰めた空気を緩和し、攻撃してくる人間の気持ちを和らげ、イジメ自体の毒を取り除いてくれます。イジメや侮辱を受けた時には、冗談で返してみましょう。[7]
    • 会議に持ち込んだポスターをバカにされた時は、「ほんと君の言う通り。酷いよね。5歳の息子にやらせるんじゃなかったよ。」などと返してみましょう。
    • その他の選択肢としては、ショックを受けたように装い、思い切り冗談を交えて返してみましょう。例えば「うわ、本当だ!教えてくれてどうもありがとう。」などと言ってみると良いでしょう。
  6. 6
    男女差別、セクハラ、宗教や地域または障がいに関する侮辱やイジメを報告する これらのハラスメントに関しては、直ちに報告することが重要です。この種のイジメは法に反している場合が多いからです。こういった種類のイジメや侮辱にあった場合は、親や上司、専門家に直接相談しましょう。
  7. 7
    攻撃してくる人と対話する 例えば、侮辱してくるのが両親や家族の場合、そのことについてじっくり話し合う時かもしれません。侮辱やイジメによって、どの様な気持ちになっているのか、また、それがどれほど生活に影響しているかを率直に伝えましょう。
    • 母親が常に容姿について侮辱してくるのであれば、「お母さんがいつも私の服や髪型や化粧について文句を言うたびに傷ついているの。だから、もう何も言わないで。」などと伝えてみましょう。
    • 悪意がなくても、気分を害するからかいに対しても正直な気持ちを伝えてみましょう。例えば「あなたと一緒にいることが好きだし、時にお互いにふざけ合ったりするのも楽しいわ。だけど、服装や旦那や子供のことは言われたくないの。今後はもうやめてね。」などと言ってみると良いでしょう。
    広告

4の方法3:
自分を好きになる

  1. 1
    自信を持つ 自信がない人は、そのイジメの度合いに関わらず、上手な対応ができません。時間を要しますが、簡単な行動の積み重ねで自信を得ることが可能です。[8]
    • 自分を褒めましょう。毎朝鏡を見ながら、何か一つ、容姿についてポジティブなことを言いましょう。例えば「うん、今日の瞳は特別きれいで輝いている。」などです。
    • 自分の強み、達成したこと、自負していることをリスト化しましょう。それぞれのカテゴリーに対し、最低5つは書き出します。そのリストは取っておき、毎日目を通すようにしましょう。
  2. 2
    セルフケアをする セルフケアは、イジメや侮辱を乗り越えるための重要な要素です。長時間湯船につかる、ゆっくりと散歩する、または自分が好きなこと、例えばペディキュアなどをしてみましょう。こういったセルフケアは自信や自尊心に繋がります。
  3. 3
    立ち直る力を得る 立ち直りが早ければ、イジメや侮辱などの困難から素早く回復することができます。精神力を養い、苦境から立ち上がる力を身に付けるのです。以下を試してみましょう。[9]
    • 失敗を学びの機会と捉える
    • 自身の行動は自身で決定できるということを覚えておく
    • 現実的な目標を立てる
    • 自信を持つ
  4. 4
    意見をはっきりと言う 自分の意見をはっきりと伝えることができれば、イジメにも上手く対応できるようになります。そのためには、人に「NO」という時も自信を持ち、要求を率直かつ明確に伝えられるようにしましょう。[10]
    • 何が気分を害するのかをはっきりと言いましょう。例えば、「私の髪がプードルだとかチリチリ頭だとか言ってよくいじめるよね。」などです。
    • イジメについて、正直な気持ちを伝えましょう。例えば「私は自分の髪がすごくいいって思ってるの。だからバカにされると腹立たしいわ」などと言うと良いでしょう。
    • どうしたいのかを伝えましょう。例えば、「もう髪のことはバカにしないで。またバカにしたら、すぐ立ち去るから」などと伝えてみましょう。
    広告

4の方法4:
助けを求める

  1. 1
    両親に相談する あなたが子供か学生でイジメや侮辱にあっている場合は、何が起きているのかを両親に知ってもらうことが重要です。状況を伝え、問題解決の力添えを求めましょう。[11]
    • 例えば、「実は学校でいじめられているんだ。何とかしようと努力したけど、うまくいかなかったよ。」などと切り出してみましょう。
  2. 2
    先生やその他の信頼できる専門家に相談する 学校でのイジメや侮辱の場合は、先生やスクールカウンセラー、または保健職員に相談すると良いでしょう。こうした教育の専門家たちは、状況を打開するための方法を考案してくれるはずです。
    • 例えば、「学校でイジメにあっています。どうしていいかわかりません。」などと言ってみましょう。
  3. 3
    職場でのイジメには、しかるべき手続きを踏む その事実を書面に起こし、適切な経路で報告することが重要です。イジメについて上司に相談する、人事部に直談判するなどしましょう。
    • 例えば、「同僚から常に嫌がらせを受けており、心身に影響が出ています。問題を解決できるよう、ご助力頂けませんか?」などです。
    広告

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告