人間性を高める方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

人間性とは、考え方、感じ方、行動の仕方における、自分と他人との個人差のことを言います。新しい学校や新しい職場に移ったばかりだったり、あるいは単純に理想の自分を追い求めるのであれば、ぜひとも自分の人間性を高めたいと考えるでしょう。他人と良好な関係を持ったり、新たなことを学んだり、楽しみを持つことで、暖かみのある人間性を作っていくことができます。

4の方法1:
良い印象を与える

  1. 1
    皆に笑顔で挨拶します。最初にできる最も簡単な方法は、皆ににこやかな挨拶を送ることです。笑顔を見せれば、人はあなたを友好的で親切な人だと感じるようになります。真っ白な歯を見せ、握手をしたり、微笑みかけたりしたりしましょう。
  2. 2
    マナーを身につけます。礼節を持つことで相手への尊敬と心遣いが伝わります。人に挨拶をするとき、例えば「先生」のような適切な敬称を使いましょう。年配の人には特に敬意を持ち、必ず「さん」や「様」をつけて呼ぶようにしましょう。[1]
    • テーブルマナーについても同様です。まっすぐ座り、肘をつかず、ぺちゃぺちゃと音を立てないようにしましょう。
  3. 3
    オープンクエスチョンを使いましょう。人と会ったときは、自分のことばかり話すのではなく、相手のことを知るようにします。「はい」か「いいえ」で終わってしまうような質問ではなく、相手についてもっと知ることができるような質問を投げかけましょう。[2]
    • このように言うことができます。「大の音楽好きらしいですね。お気に入りのアーティストは誰なんですか?」
    • 他人との会話が難しければ、トーストマスターズのようなグループに参加しましょう。トーストマスターズは、人と関わったり公の場で話したりする力の養成を目的としています。
  4. 4
    約束を守りましょう。優れた人間性の持ち主は、ほとんどの場合頼りがいがあり信用できる人たちです。何かをすると言ったからには、言い訳をしてはいけません!人から信頼されるよう、言ったことは最後までやり通しましょう。[3]
    • 例えば、10時に会議がある場合、数分早く到着するようにしましょう。これによって、他人の時間をきちんと尊重しているのだと示すことができます。母親の誕生日にディナーに連れていくと言ったなら、必ずそうしましょう。そして手紙も添えてあげましょう。
  5. 5
    困っている人に手を差し伸べましょう。他人を助ける機会がないか、いつも目を光らせていましょう。高い棚の本を取ろうともがいている人がいたら、できる限り手を貸すようにします。あるいは、バスに乗っている時に杖をついた女性を見かけたら、席を譲りましょう。自分が他人に示す思いやりが、ある意味で人間性を形作るのです。ですから、今日からでも始めましょう![4]
  6. 6
    自分に馴染まないとしても、これらの行動を続けましょう。新しい行動が習慣になり、自分に馴染むまでには時間がかかるということを忘れてはいけません。上記の新しい習慣に少々違和感を感じるとしたら、それらがしっかり自分のものとなるまで、形だけでも続けましょう。
    • 例えば、自然に笑顔を作れないなら、違和感を払拭できるよう、定期的に笑顔を作るべきです。そうすれば、いつかは自然な笑顔を作れるようになるでしょう。
    広告

4の方法2:
会話力を上げる

  1. 1
    本を毎日読みましょう。人間性を高めるのにもうひとつ大事なのが、知識を増やすことです。スマートフォンの記事に目を通して、最新のニュースを常にチェックしましょう。また小説を開いて、1章か2章読み進めてみましょう。これによって知的刺激を受け、人と議論をするための話題を得ることもできます。[5]
  2. 2
    重要な問題についての意見を持ちましょう。読書をしたら、そこから最近のニュースについての意見を持つようにしましょう。そのことを他の人たちが話題にしていたら、自分も加わりたいと思うかもしれません。その場合、自分の論点を論理的に、かつ品位を保って、はっきり伝えるようにしましょう。[6]
    • このように言うことができます。「マイノリティー優遇措置に反対する人の意見もよく分かりますが、この国は不利な立場に置かれたマイノリティーにひどいことをしてきたのであり、私たちにはそれを是正していく責任があると思います」
  3. 3
    聞き上手になりましょう。誰かが喋っているときは、話をしっかり理解できるよう耳を傾けましょう。相手が言い終わるのを待って返事をするというわけではなく、相手の喋っている内容にきちんと注意を向けましょう。数分おきに相手が喋ったことを繰り返すようにします。そうすれば、しっかり話を聞いているのだと伝えることができます。[7]
    • このように言いましょう。「社長が君じゃなくて新入りを昇進させたのが不満なんだろう。どんなに心をかき乱されているかよく分かるよ」
  4. 4
    スマートフォンをしまいましょう。他人と深い関係を持ち、人間性を向上させるために、時には機械から離れるようにしましょう。自分のタイムラインやお気に入りの画像をスクロールしているより、周囲の人と積極的に関わる方が、ずっと良い印象を与えることができます。[8]
    広告

4の方法3:
人生を楽しむ

  1. 1
    会ったことのない人に会いましょう。人との新しいつながりを持つと、より他人について知ることができ、社会的な能力が磨かれます。より広い視野を持てるよう、現在の友達とは違った友人関係を探してみましょう。[9]
    • 新しい仲間を求めて、学校のクラブやNPOに参加することができます。あるいは、例えば読書同好会のような自分の趣味に合う集まりを探すこともできます。
  2. 2
    習い事をしましょう。楽しく愉快な人とは、一日中家に閉じこもってネットフリックスを見ているような人ではありません。外に出て、楽しく生産的なことをするのです。自分が楽しめるもので、興味を深めつつ、人とつながれるようなものを探しましょう。[10]
    • 例えば、乗馬や、水泳、フィットネスクラブに通っても良いでしょう。
    • 新しい趣味にも挑戦してみましょう。これによって、自分が快適に感じられる範囲を知ることができ、成長につながります。
  3. 3
    自分だけの日課を続けましょう。素晴らしい人間性の持ち主は、何より幸福な人たちです。それがほんの15分のことであっても、楽しい日課で時間を過ごし、幸せを感じましょう。
    • バスケットボールをしたり、アイスクリームを作ったり、映画を見たり、友人とディナーに出かけたりしても良いでしょう。
    • 一日中イライラと気が立ってしまうなら、面白おかしい映像を見たり情報を探したりして、気分転換をしましょう。
  4. 4
    健康的な食事をとりましょう。栄養のある食事をとることで、人間性を高め、気分を良好にしましょう。果物は特に、人のモチベーションを高めることが証明されています。すぐにでもリンゴやオレンジ、バナナを食べましょう![11]
  5. 5
    日々瞑想をしましょう。人生は時に煩雑で、心の整理がつかないこともあるでしょう。心が一点に定められていないと、他人に対して失礼に振舞ったり、上の空だったり、あるいは不機嫌になってしまったりもします。瞑想によって心を整理し、心を健全にするための時間を、毎日行うようにしましょう。[12]
    • もし瞑想をしたことがないなら、スマートフォンで「Headspace」、「Calm」、「Insight Timer」などのアプリを試してみましょう。
  6. 6
    毎日のありがたさについて考えましょう。朝であっても寝る前であっても、日々、自分が感謝すべきものについて考える時間をとりましょう。そうすれば、よりポジティブな人間になり、毎日を当然のものとして受け取ることがなくなります。[13]
    • 感謝すべきものを書きとめたり、それについて瞑想したり、祈ったりもできます。毎日、自分が感謝しているものを3つ書き出す習慣をつけましょう。この習慣を忘れないよう、スマートフォンにリマインダーを設定しても良いでしょう。
  7. 7
    家族や友人と一緒に過ごしましょう。自分と共に人間性を高めてくれるのは自分に最も近しい人たちであり、まさにその人たちのために人間性を高めるのです。毎週、彼らと一緒に過ごす時間を作り、つながりを持ちましょう。母親に会って花を贈ったり、病気の友人に食事を作ってあげましょう。彼らは心遣いに感謝して、好意を返してくれるでしょう。さあ、外に出て、皆に人間性を示しましょう!
    広告

4の方法4:
目標の設定

  1. 1
    自分のために目標を設定しましょう。優れた人間性の持ち主は、理想の自分に近づこうとするモチベーションを持っているものです。潜在能力を十分に発揮できるよう、私生活でも仕事の上でも目標を設定しましょう。[14]
    • 例えば、今週のうちに3回運動をするという短期間の目標を定めます。また長期間の目標は、1年以内に職場で昇進をすることでも良いでしょう。
    • 設定する目標は、自分のコンフォートゾーン(安心領域)を多少超え出たものにしましょう。そうでないと、成長できません。
  2. 2
    行動計画を立てます。目標を達成するためには計画が必要です。これからしたいことと、それを達成するために必要なステップを書き出してみましょう。上手くいくよう、一つ一つのステップを大事にしましょう![15]
    • 例えば、昇進がしたいなら、自分が考えたプレゼンを成功させることを目標にしましょう。また、毎日職場に早く到着する、追加の仕事を引き受ける、スキルアップのための訓練を完了する、などを目標にしてもよいでしょう。
  3. 3
    新しいスキルを身につけましょう。新しいことに挑戦すると、忍耐力がつき、労働倫理が身につきます。それらはどちらも優れた人間性のために重要なものです。学んでみたいことや、向上させたいことを見つけ、すぐにでも始めてみましょう。[16]
    • 料理を習ったり、新しい言語を勉強してみても良いでしょう。
    広告

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。
カテゴリ: 自己啓発

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告