人生を謳歌する方法

充実した人生をおくるということは簡単ではありません。日常生活における義務や仕事、テクノロジー、そして健康上の問題といった側面に気を取られてしまうことも多いでしょう。今の毎日に喜びを感じることのできない点があるのであれば、より幸せに、そして健康に生きていくことができるよう必要な改善を実践していきましょう。体の健康、仕事、余暇、そして社会生活における目標を大切に、人生を謳歌する方法を学びましょう。

パート1(全4パート):現状を評価する

  1. 1
    自分にとっての人生を定義づける 人生が意味することは人それぞれ異なります。自分にとって何が大切なのかを考えてみましょう。どのようなことを達成したいですか?どのようなことに幸せを感じますか?このような点について考えてみて初めて、人生を楽しむ方法が見えてくるでしょう。
    • 自分にとっての人生の意味を他人に決めさせないことが大切です。子供や家庭を持つ、快楽、あるいは意義のある仕事に就くといった人間に共通した基本的欲求にもとづいて人生を定義づける人が多いことも事実ですが、自分にとって重要だと感じられることだけを気にするようにしましょう。[1]
  2. 2
    日記をつける 日常生活で不満に感じていること、逆にわくわくすることについて書いてみましょう。日記をつけること幸福感が増し、日々の生活の良い点と悪い点が認識できるようになるということが研究によって明らかにされています。例えば、自分の考えが整理される、自己をより正確に理解できるようになる、ストレスが軽減される、新たな視点から状況を見つめ治すことで問題解決につながる、といった効果を期待することができます。[2]
    • 自分に合った形式の日記を見つけましょう。昔ながらの方法でペンと紙を用いても、パソコンを使っても良いでしょう。大切なのは、気持ちを書き出して、それについて考えるということです。
  3. 3
    自分以外の人に相談する 第三者の人間に対して自分の考えや気持ちを表現することが、自分の欲求や要求をより深く理解することにつながる場合もあります。また、周囲の人の意見を聞くことで自分で見落としていた要素に気がつくかもしれません。
    • 家族や友達に話しづらいのであれば、カウンセラーに相談することも検討しましょう。カウンセリングセラピーを受けると、表面化していなかった感情的な問題に取り組めるようになるだけでなく、人生について考え、その考えを整理することにつながります。[3]
  4. 4
    人生を複数の領域に分けて考える 例えば、社会生活、仕事面、精神面、家族、余暇、健康、地域活動・慈善活動に分けてみましょう。そして、それぞれの領域について満足できているか考えてみましょう。人生を楽しんでいる状態とは、つまり自分が重要と考えている領域の調和が取れている状態を指しています。[4]
    • 「何事もほどほどが肝心」という言葉があります。節度を越えている活動が見受けられれば軽減し、全体のバランスを改善しましょう。
  5. 5
    時間が足りない領域があれば時間を捻出する方法を考える 例えば、地域活動と健康のために費やせる時間が足りていないということに気づいたと仮定しましょう。この領域に対する時間をどのようにして増やすことができるのか考えてみましょう。
    • 地域活動に関しては、詳細について問い合わせたいと思っていた慈善活動をいくつか書き出してみましょう。
    • 健康面については、毎月の自分の出費を見つめ直し、ジムに入会することができないか検討しましょう。近隣で活動しているスポーツ愛好会などについて調べてみるのも良いでしょう。
    • 多忙な人は、何かを減らして時間と余裕を捻出する方法を考えましょう。手始めに、日常で最も時間を費やしている領域(仕事など)から見直してみましょう。
  6. 6
    2~3か月おきに状況を再評価をする 現状を見直し(日記を読み返すことが役に立ちます)、新しく試みたことによって日常生活の満足度が高まったかどうか考えてみましょう。自分自身が以前よりも幸せだと感じられるようになったかという点を一番の基準として考えましょう。他人があなた自身の人生についてどう思うのかは、さほど気にする必要はありません。あなたの人生を生きているのはあなただけです。[5]
    • 人生を変えていくのは簡単なことではなく時間がかかります。1年をかけて小さなことから改善してみましょう。1年が経過する頃には、自分がどのようなことに幸せを感じるのか、よりも明確に理解できているでしょう。
    広告

パート2(全4パート):人生計画をたてる

  1. 1
    自分で制御することのできない物事は手放す 自分の力ではどうすることもできない事態に直面することもあるでしょう。これもまた人生です。ただし、状況そのものを変えることはできないとしても、その状況に対する自分の向き合い方を変えることは可能です。どうすることもできない物事を無理に変えようとすると裏目に出ることもあり、その結果よりストレスが高まります。[6]
    • どうすることもできない事態に直面した時は、それを紙に書き出しましょう。そして、その紙を箱の中にしまい前に進みます。ストレスが溜まる状況や人間関係を手放すと、自分で改善することのできる物事に集中できるようになるでしょう。
  2. 2
    今を生きる 将来の目標ばかりに目を向けるのではなく、今日という1日を、どのようにしてより良いものにすることができるかを考えましょう。あまりに遠い未来ばかりを気にしていると目の前の喜びが見えなくなってしまいます。人生は今この瞬間に起きています。もちろん、まるで明日が来ないかのような心構えで毎日を生きることは賢明ではありませんが、今を楽しみながら生きていくことも心がけましょう。例えば次のような工夫をしてみましょう。[7]
    • 同時進行で複数のことに取り組まず、1つずつこなしていきましょう。
    • 日常的に発生する雑事や雑務1つ1つの合間に考える時間を作り、焦らずゆったりとした気持ちで構えましょう。
    • 毎日5~10分を確保し、何もせず静かに過ごす時間を作りましょう。
    • ゆっくりと食事をとり、味や食感を楽しみましょう。
  3. 3
    毎週新たなことに挑戦する 住んでいる地域のイベントカレンダーを入手しましょう。あるいは友人に尋ねたり、自分で調べてみても良いでしょう。初めてのことにも果敢に挑戦しましょう。1人で参加しても友人やパートナーを誘っても良いでしょう。大切なのは広い心で新しい物事に挑戦するということです。これには次のような効果が見込まれます。[8]
    • 未知なるものに立ち向かう勇気が生まれます。
    • 退屈さが解消されます。
    • 新たな経験を通して成長することができます。
  4. 4
    新しいことを学ぶ オンラインコースや実際に通学するコースに参加したり、インターネット上で無料配信されているコンテンツを有効活用しましょう。生涯学習センターでは、写真、ソーシャルメディア活用方法といった様々なスキルを身につけるための講座が、良心的な価格で提供されています。例として、下記のウェブサイトで提供されているオンライン講座を参考にしてみましょう。
    広告

パート3(全4パート):仕事の上限を設ける

  1. 1
    週末は仕事をしない 最低でも週2日は自分や家族のためだけの時間として確保するようにしましょう。週末に仕事するということを普通だと考えないようにしましょう。仕事領域での時間を削減することができれば、空いた時間を、より重要な領域に充当することができます。
    • 仕事とは、いわばガスのようなものだと考えてみましょう。つまり、自分が許す限り広がっていきます。どんどん時間が取られていくにも関わらず終わりが見えず、絶え間なく新たな雑務が発生します。仕事は平日のみの作業にしましょう。
  2. 2
    帰宅したら電子機器をオフにする 自分の家族にもお願いして数時間のデジタルデトックスに一緒に取り組みましょう。メールを確認することが減ると幸福度が高まるという研究結果もあるほどなので、スマホを切り、大切な人と良質な時間を過ごしましょう。[9]
  3. 3
    仕事で思い切った挑戦をする 何らかの役割に立候補したり、進行中のプロジェクトに新たな試みを取り入れてみましょう。率先して行動し、自分の知識を活かすことで仕事の満足度を高めましょう。[10]
    • ただし、バランスを保つ重要性を忘れないようにしましょう。たとえ有意義なことだとしても、さらなる負荷をかけ、他の領域を少なからず犠牲にするほどの価値があるのかを考えましょう。結論を出せるのは自分だけです。
  4. 4
    そもそも何のために働いているのかを考える 多くの人は楽しく生きていくために働いています。仕事にほとんどの時間を費やし、家族と過ごしたり好きなことに打ち込む余裕が無いのであれば、仕事量を減らす方法を真剣に考えましょう。
    • もちろん、仕事に大きな意義を感じ、仕事こそが自分の生きがいだと思えるのであれば、たくさん働きましょう。自分の人生を定義づけるうえで自分自身が何を重要と考えるかがポイントです。
    広告

パート4(全4パート):より健康になる

  1. 1
    運動をする 健康に長生きすることができるよう少なくとも1日30分は体を動かし心拍数を上げましょう。[11] 下記を参考に、より活動的になりましょう。
    • 家族と一緒に楽しむことのできるアウトドア・アクティビティを計画しましょう。平日の何日か、あるいは週末に楽しみながら体を動かしましょう。ハイキングやサイクリング、地元散策、スポーツが最適です。
    • 大人向けのスポーツリーグやチーム、サークルなどに参加しましょう。団体競技が好きな人はサッカー、キックボール、バスケットボールのチームに入りましょう。ほとんどの地域で何らかの選択肢があるはずです。また、平日夜や週末に試合が組まれていることが多いので、仕事をしている人も参加しやすいでしょう。
    • 新しいトレーニングを取り入れましょう。普段からジムに通っている人は、新しいクラスに参加したり、週に何回かは外でウォーキングやジョギングを行いましょう。トレーニング内容を分散させましょう。
  2. 2
    自然の中を散歩する 自然の美しさを目の前にすると畏怖の念が生まれると同時に生命力が満ちてきたように感じられるでしょう。[12] 健康のためにも、 できる限り外に出ましょう。そして、驚きに満ちた世界に目を向けましょう。
  3. 3
    充分な睡眠をとる 8時間の睡眠を確保し、その前後にもそれぞれ、眠りに落ちるまでの1時間、目覚めるための1時間を設けましょう。緊張が和らぎ、幸福感が高まります。睡眠は必ず習慣づけるようにしましょう。毎日同じ流れを繰り返すことで、眠りに落ちやすくなります。[13]
    • 暗く、静かな空間で眠りましょう。また、就寝時刻間際はカフェインを摂取しないようにしましょう。寝つけなくなるかもしれません。
  4. 4
    慈善活動に参加する 自分の時間を助けを必要としている人のために使いましょう。慈善活動に参加すると幸福感や共感力が高まるだけでなく、充実感も感じられるようになるということが研究で明らかになっています。[14]
    • インターネット上で自分が住んでいる地域で行われている慈善活動を検索したり、地元紙に目を通してボランティア活動に参加する機会がないか調べてみましょう。
  5. 5
    支え合える人間関係を築く 最低でも週に1時間は、仕事に邪魔されることなく自分にとって大切な人と過ごすようにしましょう。こうすることで精神的に安定し、ストレスも軽減されます。社会的サポートは健康を維持するうえで欠かすことのできない要素です。[15]
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む50人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告