人生を向上させる方法

さぁ、自分を向上させるための、新しい1年、新しい夜明け、新しい日、新しい時間が始まります。案ずるより産むが安しということわざ通り、ほんの小さな行動が、より良い自分になるための大きな一歩になります。新しい自分になる決心があれば、たちまち「バージョンアップ」した自分になれるでしょう。

パート1(全4パート):小さなことを改善する

  1. 1
    目標を立てる 物事を成し遂げる最善の方法は、至ってシンプルです。やると決心して、書き留め、周りの人に宣言するのです。また、人生を向上するために何か実行しようとしていることがあれば、それを目標にしましょう。元旦でなくとも、元旦のように「今年の目標」と書いて貼っておくと、気分も良くなります。
    • ただし、目標は小さくしましょう。「人生を向上させる」ことは、失敗して、みじめで押しつぶされそうな気持ちになることではありません。目標は立てますが、小さいものにします。例えば、「10キロ痩せる」という大きな目標を掲げるのではなく、「週4回運動する」などにしましょう。他には、洗いものが溜まる前にお皿を洗う、今すぐに立ち上がってフロスをするなど、小さい目標を立てます。小さくても、しようと思わない限り、なにも始まりません。
  2. 2
    我慢していたことを特定する 家や職場、あるいは友人関係や自分に対してなど、あなたが我慢していたことを真剣に考えてみましょう。リストを作成しても良いでしょう。蛇口の水漏れ、鼻をへし折られる必要のある高慢な友人、リビングに悪趣味なデコレーションをするルームメイトなど、一度書き出すと止まらないでしょう。
    • 何点か書き出したら、実行してリストを削除していきましょう。この行為そのものが、あなたの目標になることもあります。蛇口を修理する(または配管工を呼ぶ)、「自慢するつもりじゃないんだけど~」のフレーズは当人のためにならないことを高慢な友人に伝える、自分の好きな絵をリビングに飾るなどして、実行したリストを消していきます。リストが段々と短くなると、気分が良くなることを想像しましょう!
  3. 3
    家を掃除する 風水や気について、調べてみましょう。中には、部屋が散らかりすぎていて風水どころではない人もいますが、風水ではくつろげる空間にいると気分が良くなる、と信じられています。頭の中が整理できないときは、自分の身の回りのものを断捨離すると、精神的な余裕が生まれて、物事に意味を見出せるようになります。
    • たった20分間でも、床に散らばったものを拾うと、安堵のため息が漏れるのに気づくでしょう。とても簡単なことですが、人はそれすらもしないことに慣れすぎています。たったの20分なので、全てを片付けることは不可能かもしれませんが、自分の人生が整理され始めるのを実感すると、続けていく意欲につながります。
  4. 4
    予算を立てる 人生を向上させるもう一つの方法として、予算を立てることが挙げられます。家計のやりくりが上手くいっている人でも、予算を立てると、どのくらい貯金ができるのかを把握し、やりがいのあることに向けて努力し始めることができます。ただ単に質素な生活を送るのではなく、1時間ほどしかかからないので、支出の傾向と改善すべき点を把握しましょう。余剰金が1万円あれば、「ハワイ旅行貯金」を始めることができるでしょう。
    • 予算の立て方が分からない場合も、wikiHowで調べましょう。 家計のやりくり方法の記事では、その基本をご紹介しています。さぁ、日焼けクリームを買って、ハワイ旅行の準備をしましょう!
  5. 5
    時間管理をする 人が陥りやすい過ちとは、していることは間違っていないのに、その順番が間違っていたり、優先順位が低いものに時間をかけすぎていたり、作業効率が一番高い時間帯にお煎餅をボリボリと食べていたりすることです。時間とは、非常に重要で、あっという間に過ぎ去り、「今日の一針、明日の十針」(何事も処置が遅れると、後で苦労する)は言い得て妙と言えます。時間管理が上手にできれば、楽しいことに割ける時間をより多く見つけることができるかもしれません。
    • まず、無駄な時間を特定することから始めると良いでしょう。1日の全てのルーティーンを立て直すのではなく、その時間内にできるはずのことをしていないのではないかを確かめましょう。例えば、フェイスブックに費やしている時間を特定することから始めても良いでしょう。
  6. 6
    仕事を家に持ち込まない 一度職場を出たら、夜に、上司から来たメールについて考えるのはやめましょう。夕食の場で、仕事の電話をするのも良くありません。時間外労働をするのであれば、職場で仕事をしましょう。せっかくの自由時間を、仕事のことで頭を一杯にして過ごすなんて、なんと勿体無い行為でしょう。
    • もっと細かく言えば、全てのことを「ほったらかし」にしましょう。友達を喧嘩をしても、「ほったらかし」にします。必要に駆られたときに、解決すれば良いのです。父親の体調が悪化していても、できるだけの世話をして、家に帰ったらいつも通り明るく振舞いましょう。何事にも相応の場所があります。人生における全ての側面の全ての心配事を併せたら、その混沌は耐えがたいものでしょう。
  7. 7
    感謝の気持ちをリストにする 多少陳腐な方法ですが、試す価値はあります。人は、隣の芝生はいとも簡単に青く見えるものなのに、自分の芝生は見ないので、それが青いことには気が付きません。このステップを読み終えたら、すぐにノートやポストイットに、あなたが感謝できることを書き出してみましょう。あなたが持っているものを可視化できて、気分が良くなるでしょう。
    • 「感謝することなど何もない」と思うのであれば、それはやり方が間違っているだけです。まず、この記事を読んでいるということは、あなたはパソコンやスマートフォンを持っているということです。それにたぶん、雨風をしのげる住む家もあること、あなたのことを気にかけている人もいること、更に今息をしていることなど、すべて本当に素晴らしいことです。こういった感謝することが無ければ、何も存在しないのと同じことです。
  8. 8
    趣味に集中する たとえ六ヶ国語を話せたとしても、そのレベルが低ければあまり意味がありません。また、ピアノでチョップスティックス(両手の人差し指だけで弾ける簡単なピアノ曲)が弾けたとしても、残念ながら音楽家にはなれません。何か興味のあることがあれば、全力を尽くしましょう!何かを極めると、それを誇りに思い、理解し、愛することができるだけではなく、会話の話題にもなります。同時に多くのことをするのではなく、ひとつのことに専念すると、成果が得られます。
    • 何かを始めると決心したら、極めるつもりでやりましょう。何かを上手にできるようになるのは、快感です。まずは「やりたいことリスト」の上位にあるものから始めて、他のものは今後手をつけましょう。武術を習う、ピアノを弾く、絵を描く、車を直すなど、ずっとやってみたかったことを、今すぐ始めましょう!
    広告

パート2(全4パート):大きな変化を起こす

  1. 1
    抱えている不満について考える 毎日の生活について言えば、自分が本当は何者でどう感じているかについて直面する時間がないほど、せわしなく動き回り、忙しくしがちです。現実に向き合うことは怖い作業ですが、何が自分を幸せな気持ちにするのかを把握するには、通るべき道です。まず、一歩引いて自分を見つめ、「変化を起こしたい本当の理由は何か」を自問しましょう。
    • 今、答えが出せなくても構いません。また、「自分が自分でないことが怖いから」「自分が自分であることが怖いから」など、その答えが漠然としていて抽象的でも、問題ありません。その理由が、すぐにより具体的になることを、念頭に置いておきましょう。自分は全体的に不幸だと思う気持ちは、何かが起こっているという危険信号です。そして、自分ではその不幸な気持ちの理由がぼんやりと分かっていて、今はその詳細が分からないだけのことです。
  2. 2
    自己像の見直しをする よく、「性格は直せない」といいますが、それは間違いです。内向的な人も外交的に、人付き合いが苦手な人も社会適応能力を身につけ、自分が嫌いな人も自分を愛せるようになります。これはほんの一例です。自分を俯瞰的に見たときに、その見方が原因で幸せだと感じられないなら、対策を取り始めましょう。時間はかかるかもしれませんが、良い結果を出すには時間がかかるものです。
    • ここでの主な障害も、何を変えたいのかを特定することでしょう。体重のような外見でも、内面でも、変えることはできます。しかし、答えのように見えるものが、実はそうでない場合もあるので注意しましょう。例えば、自分を醜いと思っている場合、体重を減らしてもまだ醜いと感じる場合があります。自己像の見直しを正しく行うためには、十分な自己理解が必要です。
  3. 3
    人間関係を見直す 認め難いことですが、多くの人が、一人の夜を過ごすくらいなら、自分を惨めに感じさせるような人とでも一緒にいたほうが良い、と感じています。これは一体なぜでしょう?一人でいることは、そんなに惨めなことなのでしょうか?この質問は、恋愛関係以外にも当てはまります。人は、自分に有害な人とも友人関係を続けます。あなたの人間関係はどうでしょうか?関係を断ち切るべき人は、いませんか?なぜ、その関係を続けるのでしょうか?
    • 「一人でいることは、惨めなこと」と感じるのであれば、まずはそこから考えを改めましょう。「一人でいたくないから一緒にいる」関係は、最悪としか言いようがありません。しかし、この関係を断ち切ると、肩の荷が下りて(レッドブルを飲まずとも)翼が生えたように感じるでしょう。「自分の人生はまさにこうであるべきだ」と感じさせてくれる人たちと、時間を共にしましょう。または、「自分」と時間を過ごしても良いでしょう。
  4. 4
    新しい仕事を探す これだけ聞くと、「そんなことをしたら、生活が心配だ」と感じるでしょう。しかし、心配無用です。ここでは、「仕事を辞めて、一文無しになって、次の仕事が見つかるまでどうにか生き延びよう」ということを言っているのではなく、「新しい仕事を探し始める」ことを提案しています。見つけようとしなければ、めぐり合えない仕事のチャンスがあるはずです。もはや仕事は、「棚からぼたもち」で舞い込みません。現在の仕事に腰をすえるのではなく、また、スティーブ・ジョブスの霊が枕元に立って断れないような仕事をあなたにオファーする日をひそかに待つのでもなく、まずは仕事を探すことから始めましょう。探すだけなら、何の差支えもないはずです。
    • 仕事をすること自体が、気に入らないという人もいるでしょう。実際、仕事が大好きではない状態は極めて普通なことです。仕事は、仕事です。しかし、嫌いな上司の悪趣味な薄いブルーのネクタイを使って、その上司の首を絞め、瀕死状態に陥らせる場面を妄想してしまうようであれば、それは普通とは言いがたいでしょう。早合点をする前に、自分がどちらに分類されるかを把握しましょう。
  5. 5
    引っ越しをする 転居は、人生における究極の選択肢です。自分の現状に満足していないなら、いつでも引っ越しをして良いのです。肉体的、精神的な労力だけではなく、書類準備など、多くの作業が必要になりますが、その価値はあるでしょう。自分が就きたい仕事、望むライフスタイル、一緒に時間を過ごしたい人などが、今の環境以外に存在しているかもしれません。自分自身でも、そんな環境を探しているのではないでしょうか?
    • 引っ越しは、思っているよりも簡単です。人は常に転居をし、転居のためにいろいろと努力をするものです。引っ越しを恐れる人は、その経験がないからです。自分が唯一知っているものを捨てることは、怖いことです。しかし、一度行動して自分にもできるとわかると、爽快な気分になります。新しい生活が、あなたを待っています!さぁ、どこへ引っ越しますか?
    広告

パート3(全4パート):精神的・身体的に向上する

  1. 1
    瞑想する  堂々巡りの思考、心配事、要領を得ない空想など、自分の頭の中の混沌を全部把握していますか?一日たった10~15分の瞑想で、頭がすっきりして自分のエネルギーに集中することができます。更に、瞑想にはリラックス効果もあります。是非、取り入れてみましょう。
    • 悩みがあっても、頭の中を空にして瞑想をすると良いでしょう。短時間の瞑想で、日々直面している喧騒やプレッシャーを取り除くことができます。まずは、批判をせずに試してみると、瞑想がどれほど効果的かということに驚くでしょう。
    • 瞑想が合わないという人には、 ヨガが良いでしょう。1分に5キロカロリーの消費[1]が期待できるだけではなく、瞑想で得られる「禅」と同じような感覚を得ることができます。ヨガで得られる心の安らぎや呼吸法は、あなたの人生を向上させるでしょう。
  2. 2
    ゆっくりと食事をする 食事とは、楽しむもので、歩き回りながら丸呑みするものではありません。食べて、味わって、楽しみましょう。時間をかけて食べると、体内に何を入れているかを認識する時間が与えられ、体が食べ物を理解することができます。また、食べ物を良く噛まずに飲み込むと、体が認識しないうちに体内に入るので、より多く食べたいという願望が生まれます。このように、ゆっくりと食事をすると、多くのメリットがあり、食べる量も減らすことができるでしょう。
    • 時間をかけることのメリットは、全てのことに精通します。このご時勢、「立ち止まってバラの香りをかぐ」ことには、未だかつてないほどの意味があります。また、仲の良い友達とコーヒーを飲んでいる時は、なんて素敵なことなんだと感じ、夕日を見る時は、目の前の美しさを感じましょう。多くの人が、目の前にあるものを見過ごしています。
  3. 3
    水を飲む 水を飲むと、減量、美肌、デトックス、排便の効果があり、活力が沸いてくるので、人生が向上します。[2] 水は、生命の源です。炭酸飲料やアルコール飲料は高カロリーで栄養価が低く、テンションの乱高下を繰り返させるだけで、いずれも健康とは程遠いものです。
    • 健康は、人生において重要な役割を担いますが、健康な時はその実感がありません。しかし、一度健康を損なうと、他には何も必要ないと思えるくらい、健康が重要だと感じます。毎食、1杯余分に水を飲むだけでも良いので、自分の体に良いことをすると、人生が向上するでしょう。
  4. 4
    手軽なダイエットをする 一日の摂取カロリーのうち175キロカロリーを抑えると、100日で2キロ痩せることができます。[3]たったの175キロです!時間はかかりますが、持続性のあるダイエットに、ひもじい思いは必要ありません。
    • ゆっくりと食事をすると、自然に摂取カロリーを抑えることができます。何も考えずとも、ゆっくり食事をする人ほど、食事の量が少ないことが研究で証明されています。[4]
    • 手軽に作れる間食リストを作成しましょう。ファストフードのハンバーガーよりも、簡単に、そして手早く手に入るヘルシーな間食から、あなたは何を選びますか?健康的な果物やナッツ類をメインに、6種類ほどを手の届きやすいようにストックしておくと、間食すること自体が問題ではなくなります。
  5. 5
    なりたい自分を思い浮かべる 言い換えると、ポジティブな考え方をするということです。頭の中でなりたい自分を思い浮かべると、その人物のように振る舞うようになるので、その人物のようになるのが10倍やさしくなります。友達といる時、もしくは冷蔵庫の前など、その状況で「なりたい自分」はどう振舞うかを考え、行動しましょう。
    • 理想の自分を思い浮かべる際は、人柄、傾向、習慣について考え、その人物を頭の中で作り上げます。その人物と自分との類似点は99%かもしれませんし、1%かもしれません。なりたい自分さえ分かっていれば、そこに向かって進むことができます。しかし、方向性が把握できていないと、意図せずに、なりたい自分とはかけ離れた人になってしまうこともあるでしょう。
  6. 6
    自信を持つ 不安や自分の欠点にとらわれていると、そういった状況を楽しむのは、非常に難しく、人生を良い方向に向かわせることができません。自信があると、それが1分間しか続かない自信でも、何があっても落ち込みません。自分の殻を破って自信を持つことは難しいことですが、一度自信をつけると、以前の不安げな自分に戻りにくくなります。
    • より具体的な自信のつけ方を、ご紹介しましょう。それは、一日一度「No」と言うことです。おそらくあなたは常に人のために行動し、本当は気の進まないこともし、人を喜ばせようとしているでしょう。しかし、一度で良いので、「No」と言いましょう。自分のために行動し、他人に言いなりな自分を抑え、自分で決めて行動しましょう。確かに、他人を優先する必要があるときもありますが、自分のための時間も必要です。
  7. 7
    「悪魔のささやき」をコントロールする 人には、「悪魔のささやき」というものが存在します。頭の中のその声は、行動に移すと恥じらいや罪悪感を感じる「してはいけない」「するべきではない」ことをするように、あなたに語りかけたり脅迫したりします。その声の良い点はなんですか?その声は、今まであなたになにか良いことをしてくれましたか?悪魔のささやきが聞こえても、聞く耳を持ってはいけません。今までその声が、あなたに何をしでかしたのかを考えましょう。そんな声に耳を傾けている暇はありません。
    • 最終的に、全てはあなたの考え方、感じ方にかかっています。明日の朝、目が覚めて「人生が向上した」と感じたら、あなたの人生は向上したのです。つまり、あなたがこの「頭の中の悪魔」の角を掴んで手綱を握ると、人生を向上させることができます。非常に難しい作業ですが、この「悪魔」をコントロールできるようになれば、こっちのものです。
    広告

パート4(全4パート):人を通して向上する

  1. 1
    自分のためにならない友人との関係を絶つ 大切に思っている周りの人が、実は自分にとって良くない存在だということに、気づきにくいことがあります。一緒にいて元気になるのではなく、疲れてしまう人はいませんか?そういう人は、おそらくあなたのためにならない友人です。関係を絶つのは、気まずく難しい作業です。しかし、そういった友人は、あなたにとって何も良い影響を与えず、足を引っ張るだけなので、思い切って関係を断ち切る必要があります。
    • 自分のためにならない友人は、一緒にいれば分かります。一緒にいても良い時間を過ごせず、自分のことが気の毒になるような奇妙な感覚に陥り、別れたあとでも人生が少し暗くなったような気がします。言い換えると、そういった人と付き合っても意味がないということです。
  2. 2
    周りの人の良いところを見つける 自分のパートナー、家族、友人、ルームメイトに、どれだけイライラするかを挙げれば、きりがないでしょう。本当は素晴らしい人なのに、相手の悪い点ばかりに目が行くと、お互いの噂話をし、トイレットペーパーが逆向きに設置されていることに腹が立ち、相手の表情にうんざりします。悪い点は目に付きやすいので、人は、周りの人の素晴らしい本質を忘れてしまいがちです。人の良い点を見るようにすると、実質的には何も変わっていないのに、人生がより素敵なものになるでしょう。
    • 面白い、親切だ、頭の回転が速い、頭が良い、正直など、そもそもあなたがその人に引きつけられた理由を思い出してみましょう。おしゃれなチョコレートケーキを作れる、いつもあなたのお気に入りの番組を忘れずに録画してくれる、あなたの歯の間に食べ物が挟まっていても、笑わずにいてくれるなど、その人の良い点が見つかるはずです。
  3. 3
    愛情を込めて接する あなた自身は、自分が大好きな人たちをどれだけ大切に思っているかが分かっていますが、相手は忘れ始めているかもしれません。あなたがより愛情を込めて接すれば、愛情が返ってくるでしょう。そうすると、人生が愛情と甘い出来事で満たさせるはずです。日本人にとっては、少し大げさに感じるかもしれませんが、ハグをしてみるのも良いでしょう。
  4. 4
    遠方の友人に手紙を書く 年をとると共に、時間があっという間に過ぎるように感じます。その結果、友人と疎遠になり、時間がないと言い訳をして何かに集中することがなくなります。この機会に、時間を取って、遠くに住む友人に連絡を取りましょう。郵便で手紙を出す人が少なくなる中、あなたがそうすれば、その友人もきっと喜んでくれるはずです。また、あなたも友人と連絡を取ると気分が良くなるでしょう。
    • 人と接すると、心が喜びます。人と接しないで生きていけるように脳をトレーニングしない限り、人間は、社交的な生活をせずに生きることができません。より努力をすることで、社交の輪が広がり、頼れる人が増え、人生が向上します。小さなことをするだけで、人生は良くなるのです。
  5. 5
    人と知り合う 昔の友人と繋がったところで、今度は新しい人と知り合って、あなたの社会的ネットワークを活気づけましょう。毎日、少しの努力をするだけで良く、もちろんその人について知ることができたり、笑い合ったりすることもあるでしょうが、何と言っても達成感を味わうことができます。例えば、お店のレジの人と話したり、新しく近所に越してきた人に声をかけたり、口数の少ない同僚に頑張って話しかけたりしましょう。人と知り合う機会は、どこにでも転がっています。
    • どこから始めたら良いか分からない人は、まずインターネット接続を切断します。携帯電話を置き、ヘッドホンを外し、5分毎のメール確認をやめ、目の前のことに集中しましょう。こうすると、目の前の人や全てのものを認識し、活用できるようになります。携帯電話のゲームは、目の前にいる人よりそんなに面白いでしょうか?
  6. 6
    良い行いをする 「受けるより与える方が良い」というフレーズを知っていますか?実に的を射ているフレーズです。周りの人にとって良い行いをすると、あなたの人生がより向上したと感じるでしょう。何か重要なことをしていると感じたり、何かを成し遂げたり、人の人生を向上させることができたりします。とても素敵なことですよね?
    • 人の人生を向上させることは、自分の人生を向上させる一つの方法です。理論上、直接的に何の関係もないようにも思えますが、非常に簡単で効果的な方法です。また、自分のおかげで世界がより良くなることがわかると、心が豊かになります。
    • 例えば、近所に住む高齢者の移動を手助けする、友人の子供3人のうち1人を迎えにいくなどでも良いでしょう。また、誰かがあなたのために何かをしてくれたら、必ずお返しに何かをしましょう。
  7. 7
    ボランティアをする ボランティアは、「良い行いをする」の応用編です。良い行いとは、その時の瞬時な反応です。そういった行いももちろん必要ですが、ボランティアは事前に計画をして行います。地域の動物保護施設、ホームレス施設、病院、学校、老人ホームなどに行き、何か手伝えることがないか聞いてみましょう。喜んで受け入れてくれるはずです。他に、より良い時間の過ごし方があるでしょうか?
    • 1週間に1時間でもボランティアを行うと、違いが生まれます。「自分のためになるのだろうか?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、ボランティアをすると気持ちが良いだけではなく、ボランティアの経験を履歴書に書けば見栄えがするのと、普段の会話でもボランティアの会話をすると感心されるということを、覚えておきましょう。多くの人がジムに行く時間を捻出するために、仕事、家族、旅行、読書の時間を削るのに対し、ボランティアに時間を割く人はごく少数です。
    広告

ポイント

  • 誰しも完璧ではないことを、念頭に置きましょう。ありのままの姿でいて心地が良いと感じるかどうかが、肝心です。
  • 誰かからもらったアドバイスを、ただ忠実に守ってはいけません。自分の立場や状況から考えたり、なるべく多くの代替案と比較したりしましょう。
  • 人間は、社会的な生き物です。あなたが内向的な性格であるならば、外交的になって全ての人と付き合う必要はありません。しかし、孤独を感じるようなら、人間が有する社交的な部分を発揮して、愛情のこもった有益な方法で、手を広げて人と接する必要があるでしょう。
  • コンフォートゾーンは、あなたの心の中から始まります。人前で自信を持って振舞うには、まずは自分に自信を持つ必要があります。鏡を見て、自分の好きなところを褒めましょう。結局、自分で自分のことが信じられない人は、他人からも信用を得ることができません。また、人から褒め言葉を誘い出して、傲慢な態度を取るのはやめましょう。真の自信とは、他人が称賛する静かなる力なので、ひけらかさなくても良いのです。
広告

注意事項

  • 問題が生じたら、できるたけ早急に解決しましょう。しかし、早急な解決が不可能な場合は、時間をかけて適応し、追ってよりよい結論を出しましょう。
  • 自分らしくいることや友人関係を築くのが難しくなるので、何があっても過去に生きてはいけません。
  • 人生に起こる全ての問題を、他人に頼って解決しようとしてはいけません。自分の知性や本能を用いて、解決すべき問題もあります。
  • 周りの人に自分は完璧な人間だ、またはそうなろうとしていると言ってはいけません。しかし、人生に変化をつけたいと伝えても良いでしょう。しかし、たとえその変化が自分にとって有益なものだとしても、それが他人にとってはそうでない場合もあるので、あまり他人の反応に大きな期待は寄せないようにしましょう。
  • やりすぎに注意しましょう。自己改革には、時間がかかります。準備が整っていないのに、無理に自分を変えようとすると、結果として効果が得られない場合があります。
  • たまに自分を甘やかすのも、悪くないでしょう。しかし、周りの人を顧みずに自分を甘やかすと、横柄で自己中心的な印象を与えるので、注意しましょう。
  • 必要な分野・場面では、倹約しましょう。この分野とは、主に財政面でしょう。しかし、人との(頼みごとなどの)貸し借りにおいても、倹約する必要があるかもしれません。
  • 人生において、あなたが望む全てのものが手に入ることは、非現実的・非論理的で、まずないでしょう。しかし、努力する決意があれば、自分や人のために人生をよりよくすることは、可能です。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む35人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 自己啓発

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告