人格を磨く方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

万人から良く思われる人格はありません。人それぞれ好みは異なります。大切なのは、自分が自信を持てて誇りに思える人格を目指すことでしょう。あなたが好感を持つ人々にも好かれる人格を手にしたいと思うのではないでしょうか。何か生活スタイルを変えるときのように、人格を磨くには努力し続ける必要があり、時間がかかります。時間をかけて新しい信念を抱いたら、信念を行動に反映し、さらにそれが習慣になるまで続ける必要があるでしょう。[1]

4の方法1:
良い人格を身に付ける

  1. 1
    自分にとっての「人格」の意味を考えましょう。人格は、精神面と行動面の特徴を集めたもので、たいていはその人がどんな人かを表すものと考えられます。これらは特定の考え方、行動、感じ方などを示す変わらない特徴です。遺伝や経験によって決まる性格もありますが、時間をかければ信条と行動はある程度変えることができます。[2]
  2. 2
    幸せを感じ気楽に生きましょう。この世の喜びを感じましょう。他人を笑うのではなく、共に笑い合いましょう。陽気で楽しい人が好かれます。たくさん微笑んだり笑ったりすることは、良い人格につながるでしょう。
  3. 3
    緊迫した状況でも落ち着きを保ちましょう。人格が良いと思っていた人でも、緊急の緊迫した状況下で見ると見方が変わってしまうことがあります。冷静さを失ってしまうのです。このような人にならないように気を付けましょう。緊迫した状況ではリラックスして、状況を打開するために自分にできることを考えましょう。
    • 例えば、高速道路で車が壊れて仕事に遅刻しそうだとします。大声を出したり叫んだりしても何も解決しないのでやめましょう。明瞭な頭で考えて、問題の解決策を練りましょう。
  4. 4
    広い心を持ちましょう。良い人格を手に入れるために大切なのは、進んでものの見方を変えようとする姿勢です。[3] 他人の意見に耳を傾け、いつでも自分の考え方を変えられるようにしましょう。人が自分と異なることを理由に、批判するのはやめましょう。広い心を持てば新しい友達ができ、面白い人生を送ることができるでしょう。世の中の多様な側面を遮断する必要はありません。
    • 自分の殻から出て何か新しいことに挑戦すると、広い心で新しい信条や習慣を身に付けることができるようになるでしょう。
  5. 5
    謙虚さを身に付けましょう。世界一の並外れた才能のある人でも、謙虚さが無ければよい人格ではないでしょう。隔たったりおごり高ぶったりしないようにしましょう。大きなうぬぼれは嫌われます。
    広告

4の方法2:
他人を気にかける

  1. 1
    他人を愛せるようになりましょう。悪い人格が発達するのは、他人を赦すことができず、憎しみと怒りでいっぱいになってしまうときです。すべての人を愛するよう心がけましょう。[4]
  2. 2
    質問をしましょう。質問をするのは他人を気にかける行動の1つでありながら、あなたを興味深い人にします。他人が興味を示したり大切に考えたりするものを探りましょう。相手はあなたから重要視されていると感じられ、あなた自身にも学びがあるでしょう。
  3. 3
    誠実になりましょう。あなたに近い人を裏切ってはいけません。誠実であるほど、愛する人はあなたを大切にするでしょう。いかなるときも見放さずにそばにいましょう。人間関係における困難な障壁も、誠実さがあれば乗り越えられるでしょう。
  4. 4
    サポートや助けを差し伸べましょう。すべてを知っているかのように振る舞うのはよくありませんが、可能な時には手を貸しましょう。[5] 友達の引っ越しの手伝いなどの簡単なものや、人生相談などもっと踏み込んだことでもよいでしょう。 あなたの見識を述べるのは問題ありませんが、極端に意見を変えさせるのはやめましょう。その人の決断と意見を尊重しましょう。
    広告

4の方法3:
自分の個性に自信を持つ

  1. 1
    自分についても他人についても、ポジティブに考えましょう。考えは言葉に反映され、行動に表れます。自分について良く捉えれば、良い人格の印でもある自己肯定感が高まり、自信がつくでしょう。一度自分の考えに気づければ、より簡単に他人を正しい方向に導くことが できるでしょう。[6]
  2. 2
    ありのままの自分を出しましょう。日常生活において自分の個性を表現する機会はよくやってきます。そのチャンスを生かしましょう。他人に合わせる必要はありません。他の人と同じように行動すると良い人格になるわけではありません。[7] 例えば、1対1またはグループで会話をしているときには、相手のすべての発言に同意する必要はありません。敬意を表しながら、自分の意見や経験を感じ良く伝えましょう。
    • 素の自分を出しましょう。誰もが本当の自分を出している人に惹かれるものです。自分を偽っていると伝わってしまいます。
    • 他人の前でも自分らしくいるためには、自分の弱みを受け入れることが大切です。自分の恐怖心、欲、力、弱さなどを素直に出せるようになりましょう。[8]
  3. 3
    自分の性格の良い面に焦点を当てましょう。性格の改善に取り組むことは簡単ですが、なるべく避けましょう。他人に魅力的だと思われるだろう自分の性格に目を向け、それを生かしましょう。[9]
  4. 4
    自分で好きになれない性格を改善するよう努力しましょう。自分の話をしすぎてしまうことや、すぐにいらいらしてしまうことが気になっているかもしれません。それらに気づくことは大切ですが、そのせいで自分を嫌う必要はありません。自分の振る舞いを意識して観察しましょう。次にいらいらしてしまったときは、それに気づけば違う対応ができるでしょう。[10]
    広告

4の方法4:
自分の興味を伸ばす

  1. 1
    憧れの人々の人格に注目しましょう。直接知っている人や、よく耳にする親せき、尊敬する有名なタレントでもよいでしょう。彼らの世界の見方や自分についての考え方を観察し、同様の信条を取り入れてみましょう。
    • 知り合いなら、その人の信条と心構えについて話をしてみましょう。信条を持つようになった理由や、行動にどう反映するかなどを聞きましょう。
    • 知らない人である場合は、その人の信条や行動についてもっと知るために、生い立ちや人生について調べ、インタビュー映像を見たり、実際にその人を知っている(知っていた)人に話を聞いたりするとよいでしょう。
  2. 2
    自分について探りましょう。奥底から自身を見つめ、自分がどんな人物なのか考えましょう。難しいですが、重要なことです。真の人格と、自分の行動との違いを洗い出してみましょう。
    • 自分の信条と価値観について考えましょう。自分の信条を理解しない限り、それらに起因する信条や行動を変えるのは難しいでしょう。自分の行動や思考を観察し、個人の価値観と重なる部分を考えましょう。
  3. 3
    自分にとって大切なものを決めましょう。自分について理解ができなければ、大切なものを探るのは難しいでしょう。他人が大切だと言ったものを自分も選ぶ必要はありません。自分の心の真の在処を探りましょう。
    • 父親が好きだったサッカーを自分も好いてきたかもしれません。友達と同じ政党を自分も支持してきたかもしれません。自分の真の感情を探りましょう。
  4. 4
    趣味を持ちましょう。趣味があると、良い人格を身に付けることに役立ちます。陳腐な人よりも、均衡のとれた人の方がよいでしょう。自分が楽しいと感じることに身を投じてみましょう。大切なのは情熱で、上手である必要さえありません。[11]
  5. 5
    意見を持ちましょう。良い人格を身に付ける上で、自分の意見があることは重要です。何にでもうなずくような人にはなりたくないでしょう。普通は各々が意見を持っているものですが、争いを避けるために抑圧されることがあります。自分の意見を持つことを恐れず、幅広い知識を持ち、自ら考えを変えられるようにしましょう。勇気を出して他人の意見を聞き、自分の考えも共有しましょう。[12]
  6. 6
    自分にとって大切なものに時間を費やしましょう。ギターを弾くことでも、新聞を読むことでも、飛行機が飛ぶ仕組みを知ることでも、何であれ自分が楽しいと思うことには時間を使う価値があります。時間を費やせば費やすほど、博識になるでしょう。ギターを弾くなら、他人に格好良いと評価されるためではなく、自分のために行いましょう。[13]
    広告

ポイント

  • 微笑み、陽気に振る舞いましょう。誰もが笑顔の人の近くにいたいと思うでしょう。常に深刻な顔でいる必要はありません。
  • 持って生まれた性格は偶発的なものですが、死んでいくときの人格はその人が達成したものです。
  • リラックスしましょう。 良い人になろうとしすぎると、偽善者のように見られるでしょう。
  • 大きな変化が出るまで時間がかかっても、落ち込まないようにしましょう。人格を変えることはつまり、習慣を変えるということです。新しい習慣をつけるには、平均66日間の継続的な努力が必要です。[14]
  • 改善が必要だと思う部分は、少しずつ変えて楽しみましょう。
  • 他人の悪い面よりも良い面を見るようにしましょう。
  • 自分が楽しむために他人を傷つけてはいけません。
  • 寛容になり、分別のある振る舞いをしましょう。
  • 何かをするときは、他人からの好印象や、外面を取り繕うことを目的にしてはいけません。良い行いにはならず、問題を起こすこともよくあります。思慮の無い理由で人を頼るのはやめましょう。
  • 助けを必要としている人に手を差し伸べましょう。助けられた人はいつかそれを思い出し、誰か他の人を助けようと思うきっかけになるかもしれません。
  • 新しいことへの挑戦を続けると、人格を磨く助けになります。新しい経験により新しく趣味を見つけることもできるでしょう。経験と多様な意見に触れると、より良い人になれるはずです。
広告

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。
カテゴリ: 自己啓発

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告