不必要な勃起に対処する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

たまに予想外のことが起こるのが、人生というものです。自分が自覚する前に、体の局部に稲妻が走るのを感じる、という状況に出くわすこともあるでしょう。男性であれば、どうにも気まずくて取り繕ってしまい、状況を悪くしてしまったという経験もあるでしょう。しかし、慌てることはありません。心と体のコントロールをする正しいテクニックさえ分かれば、不意の勃起もお手の物です。あなたのヘビさんの扱いをマスターする方法を学びましょう。

パート1(全2パート):勃起を隠す

  1. 1
    体勢を変える 立っていても座っていても、体勢を変える機会が必ずあります。それを利用して、上手く隠しましょう。
    • 立ち上がる場合:できるだけ人に対して横を向かないようにしましょう。正面から向き合う姿勢の方が、もっこり部分が目立ちません。
    • 座る場合:さりげなく足を組みましょう。男性が足を組むと、大概ズボンの股の部分がきつくなり、盛り上がった部分が隠れます。
  2. 2
    ポケットに手を入れる ポケットに手を入れる、というのはごく自然な動作なので、最も行いやすい方法といえます。両手をポケットに入れておけば、勃起してしまいそうになっても、すぐに対処できます。体にそっとモノを寄せて鎮めましょう。
  3. 3
    股を何かで覆う ズボンにポケットがない場合や(男性は必ずポケットのあるズボンをはくべきですが)、体の位置を変えるのが難しい場合は、盛り上がった股の部分を隠せるものを探しましょう。隠しやすいものの例をご紹介します。
    • または雑誌:本や雑誌を読みふけっているふりをして(「週間ヤングマガジン」などは選ぶと、本性がばれてしまいますので注意しましょう)、膝の上に置きましょう。
    • テーブル:座っている場合、さりげなく椅子を動かして、テーブルにできるだけ体を近づけましょう。
    • :ジャケットやセーターがその場にあるなら、ポケットの中を探すふりをして、さりげなく膝の上に置きましょう。
  4. 4
    挟み込む ポケットに入れた手を使って、勃起してしまった局部をベルトの下に挟みこみましょう。ただし、人と向き合っている状況でこれができるのは上級者だけです。何か理由をつけて一人になる方が圧倒的に簡単です。集団からさっと離れて、誰かが気が付く前にしまいこみましょう。長いモノを持っている場合は、透ける素材ではなく、しっかりとモノを隠せる大きさのトップスを着るようにしてください。
  5. 5
    周りの注意を大きくそらす これは上級者向けなので注意しましょう。目を向けさせる対象が注目度の低いものだったりすると、かえって本人に注意が向いてしまうので、大分リスクがあります。
    • タイミングが良ければ「見てあの人!一輪車に乗りながら、可愛い仔犬たちをジャグリングして移動してるよ!」とでも言って、皆が振り返ったらこっそり逃げましょう。前ポケット付きのパーカーは隠しやすくて便利です。

パート2(全2パート):勃起を鎮める

  1. 1
    気を紛らわす 言うほど簡単ではないかもしれませんが、もし気を紛らわす方法を見つけることができれば、切り抜けられます。重大なこと、くだらないこと、もしくは何か変なことを想像してみましょう。勃起している時に、何かを実際に「考える」のは難しいことなので、これができれば収めることができるでしょう(女性はとうの昔から知っていることです。)
    • 重大なことについて考える:大人なら、支払い関係や、締め切り・納期などの心配事を思い浮かべましょう。中高生なら、両親、体重、成績などについて考えれば、すぐに収まるはずです。
    • くだらないことを考える:真面目な自分は一旦捨てて、とにかく何か可笑しなことを想像してみましょう。
    • 変なことを考える:変であればあるほど良く、考えることは、くもの巣やピエロ、もしくは不可解なほどの宇宙の広大さなど、人それぞれです。効果のある方法です。
  2. 2
    散歩をする 人が歩く時、体を動かすために血液が足に集中するので、不意の勃起を鎮めるには、散歩がぴったりです。相棒を見つけて、経済の話題など抽象的な雑談をしながら、長い距離を歩くと良いでしょう。女性からは、ミステリアスな人に見えるはずです。
  3. 3
    膝に冷たいものを置く 氷や保冷剤を常に持ち歩いている人はめったにいないので、あまり現実的な方法ではないかもしれません。しかし、冷たいものは局部への血流を抑制する効果があるので、盛り上がりを確実に収めることができます。
  4. 4
    言い訳をしてトイレに行く 何も理由を付けずにトイレに行くのは不自然なので、トイレに行ったら、冷たい水で顔を洗うか、もし誰もいなかったらジャンプしてみましょう。自分の知り合いの中で一番残念なルックスは誰か、なども考えてみるのも良いでしょう。
  5. 5
    これ以上、興奮させないようにする 手やその他の何かでモノを擦ったり、きれいな人のことを考えたりしないようにしましょう。不快な状況がこれ以上続かないようにしましょう。ここで紹介した全てのステップを踏めば、きっと状況を解決できるはずです。

ポイント

  • 服の下にパンツを履いているなら、ペニスを上向きに固定しましょう。そのポジションであれば、ペニスが固く伸びたときでも、きつかったり、痛みを感じることもありません。
  • 他の事に集中して気を散らしましょう。これは性的な興奮によって起こるものなので、性的な刺激のあることは考えないようにします。複雑な数学の問題にでも挑戦してみましょう。
  • 足をそろえるのは、一般的に有効な手段です。
  • 舌を噛んだり、自分の体にちょっとした痛みを与えるのが最も効果的です。その痛みが即座に勃起のことを忘れさせてくれます。
  • 前かがみになって膝をかかえ、お腹に痛みを感じているふりをしてみましょう。混んでいる場所で非常に有効な方法です。靴紐を結ぶイメージで体勢を取るのがこつです。勃起が収まるまで靴紐を結ぶ動作を続けましょう。
  • ストレッチをしましょう。目立ちやすいですが、正しい方法で行なえば効果があります。筋肉を伸ばすことで血液がそこに集中するので、勃起が収まります。
  • タイトなブリーフではなく、ゆったりした服やボクサーパンツを履きましょう。 

注意事項

  • 周囲の人に気づかれてしまい、その人が不快に感じていることが分かったら、申し訳なさそうな顔ですぐに「謝る」のが妥当です。余計な弁解をすると「焼け石に水」の状態で、状況が悪くなるだけです。
  • 歯の治療で歯科医師や歯科助手の前で横になっているときや、オーディションで審査員に向き合っているとき、不動産業者と物件の内覧をしているときなど、どうしても勃起を隠し切れない状況もあります。しかし、心配し過ぎることはありません。大人であれば当然の生理現象として理解しているはずなので、見逃してくれるはずです。これをネタにふざけるのは、十代の若者くらいです。

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ