不安障害がある人と付き合う方法

共同執筆者 Liana Georgoulis, PsyD

不安障害は決して珍しいものではなく対処可能な精神疾患ですが、不安障害を持つ人との交際は難しい場合があります。相手をサポートしなければならない一方で、自分の心身の健康を保つために明確な心の境界線を設定する必要があるでしょう。時には相手を勇気付け、またある時には手助けをする、そのバランスを取るのは容易ではありませんが、忍耐強く接し、心を開いてコミュニケーションをとり、時には精神疾患の専門家の助言をもらうことで、パートナーと共に理想的なバランスを見つけることができるでしょう。[1]

パート1(全4パート):毎日のサポートを欠かさない

  1. 1
    パートナーの不安障害について学ぶ 特異的精神疾患には全般性不安障害、パニック障害、社会不安、心的外傷後ストレス障害、および強迫性障害が含まれます。これらの症状、障害を誘引するトリガーや治療の仕方はそれぞれに異なります。パートナーの障害に関する資料や専門家を探したり、不安を引き起こすものについて尋ねたりしましょう。[2]
  2. 2
    パートナーがまだ治療を受けていなければ、治療を勧める 治療に不安を感じているようなら、まず掛かりつけ医に相談することを勧めましょう。「普段診てもらっている」医師ならメンタルヘルスの専門家と違って抵抗なく相談できるでしょう。パートナーが心配なことを本人に伝え、治療を受けるのは恥ずかしいことではないと諭しましょう。[3]
    • 躊躇しているパートナーの不安を和らげましょう。「心の健康をケアすることは、体の健康維持のために健康診断を受けるのと同じだよ。不安障害は精神疾患だから、治療を求めて当たり前だよ。『批判される』などと心配する必要はないよ」などと勇気づけましょう。
    • また、治療を続け、処方薬を服用し、医師からの課題をきちんと実行できるように励ましましょう。専門家はおそらく、呼吸法、日記の習慣化、定期的な運動、更に認知行動療法の実践などを勧めるでしょう。
    • 薬の服用にパートナーが神経質になるかもしれません。セラピストによっては、症状の種類や重症度に応じて、薬に頼らない不安対処法を紹介してくれる場合もあります。
  3. 3
    批判せずに話を聞くと約束する パートナーには安心して自分自身を曝け出し、不安な気持ちや心の動揺を打ち明けて欲しいと伝えましょう。また、パートナーに次のような傾向があるかどうかを確かめましょう。「すぐに結論に走る」「思考がめまぐるしく変わる」「あなたから連絡がないのは傷ついているからだ、あるいは自分を捨てたからだと勝手な確信をする」。これらが当てはまる場合には、沸き起こる思考や感情を押さえ込んでしまうと不安症が重症化することがあるため、自分に安心して打ち明けて欲しいと伝えましょう。[4]
    • 次のように伝えると良いでしょう。「パニックになったら、特に僕(私)たちの関係について考えるとそうなるなら、僕(私)に相談して。悲観的な考えや脅迫的な思考に取り憑かれたら、深呼吸をして、思考を止めるように自分自身に言い聞かせると良いよ。僕(私)、いつでも助けになるよ。君(あなた)が心配なんだ。不安症は途方もない悲観的な思考を起こさせることがあると思うんだ」。
  4. 4
    不安にさせないようにパートナーとコミュニケーションをとる きちんとした理由をつけてパートナーに連絡しましょう。すぐ結論に飛びついたり、最悪の事態を考える傾向がパートナーにある場合には特にこまめに連絡を入れるようにしましょう。約束の時間に遅刻しそうな時には、事前に携帯メールで連絡を入れましょう。パートナーが「溝に落ちて立てなくなったに違いない」などと勝手に想像して不安になるのを防ぐことができるでしょう。[5]
    • 連絡を入れれば危険な状況を未然に防ぐことはできますが、自分のために心の境界線を守ることも大切です。パートナーに遅刻の連絡を入れるのは2人にとって良いことです。しかし、パートナーが1時間おきにあなたの職場に連絡を入れてくるのは行き過ぎた行為です。
  5. 5
    パートナーが対処法を考え実践するのを後押しする パートナーと一緒に不安症の原因を突き止め、対処できるように目標を決めて取り組みましょう。パートナーに社会不安があるなら、週に一度公共の場所に行くことを目標にして取り組みましょう。[6]
    • パニック発作を防ぐための対処法には、呼吸法や明るい風景などを思い描くイメージトレーニングなどがあります。
    • 仕事が山積みになると、物事を先延ばしにする、またパニックが起こるといった傾向がある場合は、時間管理の効果的な方法を一緒に考えましょう。
    • 対処法はトリガーの完全回避ではありません。例えば、パニック発作が起きないようにカーテンを締めて家に閉じ篭っていれば、社会不安が増長するだけです。[7]
  6. 6
    小さなことでも成果を褒める 例え小さなステップでも踏み出すことができたなら、健康的な行動だと大きな声で褒めて祝いましょう。積極的に褒めれば、きつい課題もこなせるようになるでしょう。[8]
    • 不安障害のために安定した仕事につけない状況にいるにも関わらず、履歴書を書いて応募書類と一緒に企業に送ることができたら、「大きなステップだ!随分と頑張ったね。すごいよ。誇らしいよ」と褒めましょう。面接に至る、至らないは問題ではありません。
    広告

パート2(全4パート):2人が抱える問題に対処する

  1. 1
    パートナーは自らの選択で不安に陥るわけではないことを覚えておく パートナーを見て、イライラしたり、怒りがこみ上げたり、煩わしいと思ったりするのは自然なことかもしれません。しかし、その気持ちはパートナーに対してではなく目の前の状況に対してだと改めて自分に言い聞かせましょう。パートナーは精神疾患のせいでパニック発作を起こしたり不安になったりしてしまいます。あなたを苦しませようとしているのではありません。[9]
    • パートナーに群集への苦手意識があれば、一緒に社交行事に参加できずに、あなた自身不満がつのることがあるかもしれません。また、深刻な不安障害は継続して仕事に就くことが困難なため、カップルの一方に経済的負担がかかる場合もあります。子供がいれば、子育ての責任が均等に分配されないために不満を感じることもあるでしょう。
    • このような状況に陥れば辛い思いをするでしょうが、パートナーに恨みを抱くのではなく一緒に協力し合って解決できるように努力しましょう。
    • パートナーと同じような問題を抱える人たちで構成される支援グループが見つけられると効果的かもしれません。パートナーのセラピストにアドバイスを求めるかインターネットで地元の支援グループを探しましょう。
  2. 2
    常にパートナーの世話役に回るのではなく自分のために明確な境界線を設定する 感情面でのサポートもするとはいえ、あなた自身の生活、人生を諦める必要はありません。自分のために境界線を引くことの大切さを、愛情を込めながらもしっかりとした口調で相手に伝えましょう。怒鳴ったり、相手が気分を害するような態度をとってはいけません。パートナーとは別に自分の生活を送る権利があることを明確に示しましょう。[10]
    • パートナーがあなたにはいつも側にいて欲しいと願っていて、あなたが友達と出かけると不機嫌になるとしたら、次のように言ってパートナーを諭しましょう。「君(あなた)のことはいつも気にかけているよ。助けになりたいとも思ってる。でも僕(私)も自分のニーズを満たす必要があるんだ。友達と時間を過ごしたいし、家に居るばかりじゃなくて外にも出たい。君(あなた)とは別に自分の時間が必要なんだ」。
  3. 3
    衝突を避けるには自分の正直な気持ちと相手へ思いやりとのバランスを上手にとる 懸念がある時には胸の奥にしまっておかずにパートナーに正直に伝えましょう。パートナーを厳しく咎めれば事態を悪化させてしまいます。優しく暖かく接し、決して相手を責めてはいけません。[11]
    • 問題解決には、自分の気持ちに焦点を合わせる、または自分を主語にする「アイ・ステートメント」を使いましょう。例えば、パートナーがあなたの職場に何度も電話をかけてくる。そして、あなたが電話に出ないと不機嫌になるとしましょう。そのような時に「電話、やめてくれないかな」などと言えばパートナーは責められたと感じ、不安が更に増大します。
    • 次のように伝えてみましょう。「職場で私用の電話にでると僕(私)が困ったことになるんだ。君(あなた)を咎めているんじゃないんだよ。だから気を悪くしないでね。ただね、緊急でなければ電話ではなく、携帯メールやパソコンメールをしてくれると助かるよ。それから、リラックス法を試すのもいいんじゃないかな」。
  4. 4
    不安障害の治療の経験を持つカップル(または夫婦)カウンセラーに相談する 自分たちだけで問題が解決できない場合には、カウンセラーに相談すると良いでしょう。妥協案が見つかるかもしれません。重要な問題ではなくても、カウンセラーに相談すればパートナーの不安障害をよりよく理解できるでしょう。[12]
    • 「カップルカウンセリングに頼るのは、2人が上手くいっていないからだ」と否定的に考えてはいけません。カウンセラーとの相談はむしろ、2人の関係を改善しようという努力の現れです。すべてのカップルが色々な課題に直面します。専門家の助けを得ることに何の問題もありません。
    • あなたはパートナーのセラピストやカウンセラーではありません。カップルカウンセリングを受ければ健全な境界線を維持できるでしょう。
    専門家情報
    Liana Georgoulis, PsyD

    Liana Georgoulis, PsyD

    心理学者
    認定臨床心理学者として10年以上の経験をもつリアナ・ジョーゴウリス医師は、現在ロスアンゼルスにあるカウンセリングクリニック、「Coast Psychological Services」の責任者を務めています。ぺパーダイン大学で心理学の博士号取得し、若者、大人、そしてカップルを対象に認知行動療法や、科学的根拠に基づいたセラピーを行っています。
    Liana Georgoulis, PsyD
    Liana Georgoulis, PsyD
    心理学者

    カウンセラーはパートナーの支援に必要なスキルを教えてくれます。 心理学者のアナ・ジョーゴウリスさんは次のように述べています。「不安障害は上手に対処しなければ、イライラ感の増加につながることがあります。パートナーが不満や怒りをあなたにぶつけているように見えることがあります。脅しをかけているのではと思えることもあるでしょう。また、自分自身を安心させようとして、あなたに同じことを何度も繰り返し言うことがあります。そうなるとあなた自身が疲弊してしまいます。セラピストは不安障害についての正確な情報を伝えてくれます。また問題の対処方法も教えてくれるでしょう」。

    広告

パート3(全4パート):自分のニーズを満たす

  1. 1
    自分の興味や趣味を追求する 例えパートナーの不安障害を引き起こす結果になるとしても、自分の好きな活動を続けるべきでしょう。協力的な姿勢とは、パートナーの不安障害に自分の生活をコントロールされることではありません。[13]
    • 社会不安を持つパートナーがいても、あなた自身がコンサートに行くのが大好きなら、好きなバンドが地元に来た時には、友達と一緒にコンサートに行きましょう。パートナーも一緒に行く必要はありません。ただし、パートナーが群衆が苦手だからと、自分が行きたいコンサートに行かずに我慢する必要はありません。
    • パートナーに嫌がることを強要してはいけません。同様にパートナーも、あなたに好きなことを諦めるよう強要することはできません。自分の趣味や興味を持ち続けることは心身の健康維持に欠かせません。
  2. 2
    リラックスする時間を確保する 本を読む、音楽を聴く、泡風呂に入るなど色々なアクティビティを見つけて自分のための時間を確保しましょう。「自分の時間」が毎日確保できない時には、少なくとも週に数日は取れるように工夫しましょう。[14]
    • 日々の責任をこなすだけでもストレスがかかる所に加えて、パートナーのサポートもしなければならないとなれば大きなプレッシャーになります。
    • ストレスに対処する方法を参考にしましょう。心の健康を維持し、極度の疲労が回避できるかもしれません。ストレスがたまってパンク寸前になれば、あなた自身に負担がかかり、パートナーにしわ寄せが行き、2人の関係にも悪影響が出てしまいます。
  3. 3
    友達や家族に話を聞いてもらう 欲求不満になったり動揺したりなど、精神的に苦しくなったらパートナーではなく、友達や家族、親戚に話をきいてもらいましょう。発散させたい時には信頼できる人に連絡をとり、愚痴を聞いてもらいましょう。[15]
    • 地元で支援グループを見つけたり、1人でカウンセリングを受けたりすると精神面、感情面の健康が維持できるでしょう。
    広告

パート4(全4パート):パニック発作の対処に協力する

  1. 1
    パニック発作はいずれ消えるとパートナーを諭す 「激しく動揺したり恐怖を覚えたりすることがあるのは分かっているよ」とパートナーに伝えましょう。まず安心させて、「パニック発作は永遠に続かない、すぐに気分も良くなる」と諭しましょう。[16]
    • 「難しいのは分かっているよ。呼吸を整えてリラックスするなんてできないと思うかもしれない。でも今は全く危険な状況ではないし、これからもずっと安全を保てるから大丈夫だよ。必要ならパニック発作が治るまで側にいるよ」などと伝えましょう。
  2. 2
    手助けの方法をパートナーに尋ねる 不安障害の経験がなければパニック発作がどのようなものかを完全に理解するのは難しいでしょう。まずはそれを認めましょう。パートナーに「落ち着いて」と伝えたり、相手が必要とするものを想像しようとするのではなく、どのようにサポートをすれば良いか、その方法をパートナーに尋ねましょう。[17]
    • 「僕(私)、パニック発作の経験はないけれど、『落ち着け、落ち着け』って自分に言い聞かせるだけで治るほど簡単じゃないことは分かっているよ。克服できるように僕(私)にできることがあれば教えて欲しいな」などと伝えましょう。人によって反応は異なるでしょう。一緒に合わせて呼吸して欲しい、落ち着けるような風景をイメージするのを手伝って欲しい、ただ側にいて手を握って欲しいなどと頼まれることがあるでしょう。
    • 不安な状態にあると自分に必要なものを明確に伝えることができない場合があります。発作のない平常時に、手助けの方法をパートナーと話し合うのが賢明です。また、手助けの方法をリストにまとめるのも効果的でしょう。
  3. 3
    一緒に数を数えながら深呼吸する 「腹部に息を深く吸い込んでみよう!」と促しましょう。「空気が吸えなくなるんじゃないかと不安になって喘いじゃうんだよね。それは分かるよ。でも、ゆっくりと呼吸してみよう。気分が良くなるよ」と助言しましょう。[18]
    • 深い呼吸の仕方を次のように丁寧に説明しましょう。「鼻からゆっくりと穏やかに腹部に空気を吸い入れ、腹部が空気でいっぱいになったら、口からゆっくりと吐こう」。息を吸う時また吐く時にそれぞれ1〜5まで数える、または100から逆に数えていくとパニック発作や不安の症状がある程度和らぎます。
    • 次のようにリードしましょう。「一緒に呼吸をしよう。目を閉じて呼吸に集中しよう。息を吸って、さあ数えるよ。『1、2、3、4、5』。はい、次に息を吐いて、『1、2、3、4、5』」。
  4. 4
    安心して寛げる穏やかな風景を描写する 明るいイメージを使っての視覚化を通してパートナーの心を安定させましょう。幼少の頃好きだった快適な空間に居る自分、ビーチで寛ぐ自分、ココアを飲みながら暖炉の側に居る自分を思い描いてもらいましょう。また、「さわやかな海風が気持ち良い」「火の暖かさが心地よく感じる」など、感覚がどう刺激されるかも伝えてもらいましょう。[19]
    • 落ち着いた風景を用いた視覚化が役立つ場合は、症状のない時にパートナーに安心できる場所をいくつか選んでもらいましょう。あなたにとっては安らぎを覚える風景でも、パートナーにとっては発作のトリガーとなるかもしれないことを心に留めておきましょう。
    • 「寛げる場所をいくつか教えてくれないかな。発作が起こった時や不安に駆られた時に僕(私)がそのうちの1つを描写してみるよ。そうすれば君(あなた)は、今安全な所にいるんだって改めて理解できるんじゃないかな」と尋ねましょう。
  5. 5
    執筆、塗り絵、音楽鑑賞など一緒にアクティビティを楽しむ パートナーが好きなアクティビティを考え、一緒に行いましょう。音楽をかけて良い雰囲気を作ったり絵を描いたり、あるいは瞑想やヨガを一緒にしましょう。人によっては自分の気持ちを書き出すことで落ち着きを取り戻せる場合があります。[20]
    • 繰り返しになりますが、パートナーをより良く理解し、どんなアクティビティが治療に役立つかを話し合うのは、パートナーの発作がない時、不安に駆られていない時にしましょう。大いにパートナーの手助けになるはずです。
  6. 6
    パートナーを批判したり、不安な気持ちを軽んじたりしてはいけない 「落ち着いて!」「リラックスして、じっと座ってて!」「何も問題はないのよ。だからそれやめて!」などと言うのは避けましょう。パニック発作や不安な状態は簡単に乗り越えられるものではなく、恐怖感をそそります。その事実を理解しましょう。パートナーは精神疾患の症状に苦しんでいます。叱りつければ事態はさらに悪化します。[21]
    • 叱りつけるのではなく、いつでも助けになれることを伝え、一緒に乗り越える覚悟を見せて安心させましょう。
    • パートナーに「座って」と言うだけなら害がないように思えるかもしれません。しかし実際には、より不安な気持ちにさせます。不安になるとアドレナリンレベルが急上昇するため、人によっては動き回ったり行ったり来たりを繰り返さなければ落ち着けない場合があります。パートナーが座ることに難色を示すなら、散歩に誘ってみましょう。
  7. 7
    トリガーを回避するのではなく切り抜けられるように励ます 綱渡り的要素がありますが、不安障害の治療には一般的にトリガーに真正面から取り組むことが不可欠です。パートナーの意欲を掻き立ててみましょう。ただし、優しく励ますことが大事です。時々不安な気持ちになるのは障害克服の一部だと諭し、いつでも手助けできると言って励ましましょう。[22]
    • パートナーに社会不安症がある場合には、外でパニックを起こすのを恐れて家に引きこもるのではなく、なるべく公の場所に出て行き、社会行事に慣れるように努めなければなりません。
    • 最初のステップとして、公園を散歩したり食料品の買い出しに行ったりすると良いかもしれません。慣れてきたらレストランに食事に行ったり、パーティーなどに参加してみましょう。
    広告

ポイント

  • 不安障害は、米国で最も多くみられる精神疾患です。対処法として、セラピー治療と薬物療法を組み合わせるとて非常に効果的です。[23]
  • 誰もが不安を経験しますが、ストレスを感じることと、圧倒されるようなパニックや恐怖とは異なります。不安障害を診断できるのはメンタルヘルスの専門家だけです。正確な診断を受けていない人に不安障害のレッテルを貼ってはいけません。[24]
  • 精神疾患を持つパートナーのサポートは時として非常に難しい場合があります。精神疾患を取り巻く恐怖や偏見を鵜呑みにしてはいませんが、パートナーのニーズを満たすことができるか、また進んで助けられるかを考えましょう。交際を始めたばかりであれば、誰でもすることですが、相手が本当に自分に相応しいかをよく考えましょう。[25]
広告

このwikiHow記事について

心理学者
この記事はLiana Georgoulis, PsyDが共著しています。 認定臨床心理学者として10年以上の経験をもつリアナ・ジョーゴウリス医師は、現在ロスアンゼルスにあるカウンセリングクリニック、「Coast Psychological Services」の責任者を務めています。ぺパーダイン大学で心理学の博士号取得し、若者、大人、そしてカップルを対象に認知行動療法や、科学的根拠に基づいたセラピーを行っています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告