一晩で願いを叶える方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

一晩で願いを叶えたいのなら、明確な目標と前向きな思考を持ち、そして少しの運が必要です。願い事をしたら、宇宙が自動的に自分の望み通りのものを用意してくれると思ってはいけません。それが実現する様子を心に描き、楽観的でありましょう。まず、願い事を書き出したら、それを心に描きながら瞑想し、より具体化し、大きな声で何度も繰り返しましょう。自分の望みをよく知るために、ビジョンボードやマントラを作るのも良案です。可能なら、実現に向けて行動を起こします。魔法のように一晩で願い事を叶えることはできないと念頭に置いておきましょう。

3の方法1:
願い事を言葉に表す

  1. 1
    願い事の実現には限界があると割り切る 願うだけでは何も実現しないと理解することが重要です。しかし、願うことが無益で非生産的な行為だという訳ではありません。願い事を作成してそれに意識を向けることで、自分が何を望み、なぜそれを望み、どうやって実現するかについて整理しやすくなります。願い事は魔法によってではなく、むしろ視覚化のテクニックを使って実現させるものだということが分かれば、きっと良い結果が得られるはずです。[1]
    • 一晩で実現できることを考えてみて、行動してみましょう。目標が達成できるように、できる限りのことを全てやってみます。
  2. 2
    何を実現させたいか把握する 「何を実現させたい?」と自問することから始めましょう。自分が今から24時間以内に実現させたいことは何か、具体的かつ正確に把握します。どうやっても一晩で実現させることができないことは、長期的な目標にすると良いでしょう。[2]
    • 例えば、「良い学校を卒業したい」という望みは、カリキュラムを完了し明日が卒業式という場合でない限り、実現できません。こうした種類の望みは、長期的な目標にするのが適当でしょう。
    • 自分の願いが分からない場合は、「明日何が実現すれば自分はうれしいだろうか」と考えてみましょう。そして、最良のシナリオが実現するために必要なことを、心の中にイメージとして描いてみます。それら全てが論理的に明日起こりえるのであれば、願い事として有効です。
    • 願い事を叶えるには少しの運も必要です。願い事は、必ずしも、自分が完全にコントロールできることでなくてもよいのです。
  3. 3
    願い事はできるだけ具体的にする どんな願いを叶えたいか大まかに決まったら、それをもう少し絞り込めるか考えてみましょう。例えば、彼氏が欲しいという望みがあれば、より詳しく書いてみましょう。特定の学校の生徒が良いのか、どんな髪型の人が良いのか、どうやって出会うのか等の問いに答えていくことで、自分の願いを絞り込むことができます。[3]
    • 願い事の範囲が広いと、それが叶っているのかどうか判断しにくくなります。例えば、健康を願ったのに鼻かぜを引いてしまったら、それは願いが叶わなかったということになるでしょうか。願い事を具体的にするほど、それが成就したのかどうかを判断しやすくなります。
  4. 4
    その願いを叶えたい理由を自問し、再検討する 自分が蒔いた種は自分が刈り取ることになります。貪欲さや自己陶酔的な理由から願い事を叶えようとしているのなら、よりポジティブな表現にして作り直すと良いでしょう。自分の願い事の大まかな主旨を掴んだら、「なぜこれを叶えたいんだろう?」「この願いが叶ったら、世界は良くなるだろうか、悪くなるだろうか?」と自問してみます。こうした問いに答えることで、それを願い事にすべきかどうか見極められるでしょう。[4]
    • 通知表で良い評価を得たいと望んでいるとしたら、「友人に賢いと思われたいから良い成績をとりたい」と思うのではなく、「人として成長している証が欲しいから良い成績をとりたい」と思うようにしましょう。
    • 他人に危害や苦痛が及ぶのを願うのは絶対にいけません。

    ポイント:同時に2つ以上の願い事をしないようにします。自分の関心を分散させてしまうと、どの願い事も叶えられないリスクが生じてしまいます。

  5. 5
    願い事を書き出して、それについて考え、自分の部屋に貼る 自分の願い事を紙に書き留めたら、それを1、2分間見つめて繰り返し読み上げましょう。特定の言葉について検討してみて、どうすればより具体的で正確な表現になるか考えてみましょう。さらに、自分の意図が良いものか悪いものか再考してみます。願い事がまとまったら、原案をそのまま残すか書き直した後、その紙を自分の部屋の見えやすい場所に貼り付けましょう。[5]
    • 明確な言葉で表した願い事をいつでも視覚で確認できるというのは、意識をそこに集中し続けるために極めて重要なことです。他人の目に入る所に貼っておけば、願い事が一晩で叶わなかった場合、その説明義務を自分に課すことになります。
  6. 6
    自分の望みを思い描くビジョンボードを作る 大きめの発泡スチロールか厚紙を用意します。雑誌やインターネットで、自分の願い事に関連する写真や画像を見つけて、切り取ったり印刷したりしましょう。それらの切り抜きを糊やテープでポスターに貼り付けて、ビジョンボードを作ります。そして思い通りにアレンジしましょう!自分だけのオリジナルのビジョンボードになるよう、自分が納得する方法で、写真を張り重ねたりイラストを加えたりしましょう。[6] 
    • ビジョンボードがあると、意識が目標に集中し、それが達成された様子を心に描くことができます。また、ビジョンボードを作る作業には癒しの効果もあり、創造性を活かす楽しいエクササイズにもなります。
    • 例えば、「初登校日を実りのある1日にし、他の生徒に好かれたい」という願いがある場合、仲良く遊んでいる友達、生徒に微笑む先生、あるいは抱き合う友達の写真を切り抜いてビジョンボードに貼ってはどうでしょうか。
    広告

3の方法2:
願い事にポジティブなエネルギーを注ぐ

  1. 1
    願いが叶う様子を思い描く 不安や心配に支配されてはいけません。叶えたいことを全て心の中に思い描きましょう。最高のシナリオを頭の中でその通りに想像します。就寝前やビジョンボードを作る時、または電話の最中も、願いが叶う様子をイメージし続けましょう。ポジティブ思考を続けて、良い結果を引き寄せるのです![7]
    • ポジティブ思考を続けるのが難しい場合は、ネガティブ思考の原因を明らかにし、頭の中でその思考に反論してみましょう。
    • 例えば、クリスマスに欲しいものがもらえないかもしれないと心配なら、実際に何が心配なのか突き詰めてみます。家族やサンタクロースに忘れられるかもしれないと不安に思っているのなら、自分は忘れられるはずのない価値ある存在であることを思い出して、その心配を覆しましょう!
  2. 2
    瞑想をして心を落ち着け、願い事に思いを巡らせる 瞑想をするには、背筋を伸ばして椅子に座るか、蓮華座で床に座ります。照明を落として気を散らすものは全て取り除きましょう。目を閉じ息を数えながらゆっくりと長い呼吸をします。リラックス状態になったら、願い事について考え始めます。心を彷徨わせて、色々な考えを巡らせてみましょう。[8]  

    ポイント: 瞑想は、自分の願い事から派生して起こることやその様々な要素について熟考するのに最適な方法です。例えば、親友に関する自分の望みについてしっかり考えてみると、年を重ねても、お互いに親友でいられることへの楽観的な思いが湧いてくるかもしれません。

  3. 3
    願い事を何度も書いてマントラを作る マントラとは、何度も繰り返す言葉やスローガンのことです。その目的は、自分の言葉に意識を向けて思い描くことで、それを実現しやすくすることです。紙を用意して机に向かいましょう。紙の左上からペンを走らせ願い事を一通り書いたら、次の行にも、全く同じ言葉で願い事を書きます。紙を全て埋め尽くすまで繰り返し書きましょう。[9]
    • この作業をしながら心を少し彷徨わせてみましょう。書き出す一語一語について考え、書きながら体の感覚を観察しましょう。
  4. 4
    希望を持ちながらも願い事の成就には限界があることを知る 自分の願い事に問題があると気づくことがあるかもしれません。それに気づいた時は、いつでもためらわずに修正を加えましょう。また、願うという行為は、目標を科学的な方法で達成することではないと認識することが必要です。願うことは、自分の望みの最善部分を見つけ出し、そこへポジティブなエネルギーを注ぐための道具でしかありません。[10]
    • 願うという行為は科学ではありません。願い事を叶えるための絶対確実な方法はないのです。
    • 願い事の成就に制約をかけてしまう最も典型的なパターンは、他人に特定の行為を求めることです。例えば、「明日、お父さんに新しいビデオゲームを買って欲しい」と願うとします。これは、父親に何かしてほしいという自分のコントロールの範疇にないことを求めています。これを、「明日、新しいビデオゲームを手に入れたい」という願いに変えてみましょう。
  5. 5
    まじない、呪文、その他のトリックを使って願いを叶えようとしない まじない、呪文、トリック、魔法等では願い事を叶えることはできません。視覚化の道具として、あるいは瞑想に取り組む一手段として用いるのは良いですが、それらによって、すぐに願い事が叶うことはあり得ません。
    • まじないや呪文を完全に信じていたのに願いが叶わなければ、酷く失望することになるでしょう。
    広告

3の方法3:
行動する

  1. 1
    論理的に一晩で実現できることは何か考える 願い事を叶えるために次の日までにできる事があれば、行いましょう。例えば、大事な試験で良い結果を出したいと願うなら、前日の夜しっかり勉強してノートを見直しましょう!恋愛を成就させたいなら、恋心を寄せている相手に電話してデートに誘いましょう![11]
    • 願い事を叶えるために何の行動もせずに、大きな夢が全て実現するのを望んでいるだけではいけません。

    ポイント:行動に移すことは、願い事の成就を邪魔することにはなりません。むしろ、叶えやすくしているのです!

  2. 2
    家族や友人の助けが得られるかどうか、自分の目標について話してみる 他人の助けを借りて実現できる願い事であれば、家族や親友が手伝ってくれそうか話をしてみましょう。自分の願い事は何か、一晩で何かを叶えたいのか説明しましょう。彼らから直接助けが得られなくても、目標に近づくための助言をしてくれるかもしれません。[12] 
    • 「今日一晩で願いを叶えようとしてるんだけど、ちょっと話を聞いてくれるかな?」と言ってみましょう。
  3. 3
    願いを叶えるためにすべきことを見極めるために「やることリスト」を作る 就寝前、机に向かい1枚の紙とペンか鉛筆を用意しましょう。願いを叶えるために今後2、3日間のうちに行動できることを全て書き出します。このリストを自分の部屋の見えやすい所に置いておき、上から順に取り組みます。行動に移したら、線で消していきましょう。[13]
    • 例えば、良い大学を出たいという願望があるなら、「学費が予算内の良い学校を見つける」、「出願方法を調べる」、「夏の間に、志望校のオープンキャンパスに行く」等の項目を含めると良いでしょう。
    • 最も簡単にできる項目をリストの上位に持ってくれば、最初の2、3項目は楽にこなせるはずです。取り掛かりやすくして、弾みをつけるのがコツです。
  4. 4
    寝る前に願い事を書いた紙を枕の下に置く 願い事を書いた原稿を折りたたんで枕の下に置いたら、それが叶う様子を思い浮かべながら、眠りにつきましょう。願い事を書いた紙が枕の下の安心できる場所にあると分かっていると、よく眠れるだけでなく、頭の近くに置いておくことで、眠りにつきながら願い事に意識を向けやすくなります。[14]
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 哲学・宗教

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告