ロメインレタスを収穫する方法

共同執筆者 Maggie Moran, 園芸家

ロメインレタスは結球レタスのなかでも人気のある品種で、家庭でも庭先やプランタで比較的簡単に栽培することができます。収穫する際は次の2つのいずれかの方法を選びます。1つ目の方法は、レタスを丸ごと収穫するというものです。この場合、根から引き抜くか根元の位置で切り取ります。2つめの方法は外側の葉を少しずつ収穫し、内側の小さな葉に成長する時間を与えるというものです。

2の方法1:
丸ごと収穫する

  1. 1
    種を植えてから65~70日後に収穫する 種から育てると、3か月も満たないうちに収穫できる大きさまで育ちます。収穫のタイミングは見た目で判断します。葉が濃い緑色になり、枚数が多く、開いたような見た目であれば収穫時期です。[1]
    • アイスバーグレタスとは異なり、成長したロメインレタスは中身が詰まったような見た目にはなりません。
  2. 2
    再生栽培を計画しているのであれば根元の上から切り取る もう一度収穫できるようにしたいのであれば、鋭い園芸用ハサミを使って根元の上からレタスを切り取りましょう。地面から2.5センチ程の高さが目安です。[2]
    • 石や地面をはさんで切るとハサミの刃が鈍ってしまうので注意しましょう。
  3. 3
    再び発芽し成長する時間を与える レタスを根元の上から切り取ると、多くの場合、新たに葉が伸びてきます。こうした葉が充分成長したところで2回目の収穫を行うことができます。1回目の収穫から55~60日後を目安としましょう。[3]
    • 再収穫するロメインレタスは1度目と同じ結球の形状にはなりません。また葉もまばらで枚数も減ります。
    専門家情報
    Maggie Moran

    Maggie Moran

    園芸家
    マギー・モーランはペンシルバニア州に住むプロの園芸家です。
    Maggie Moran
    Maggie Moran
    園芸家

    レタスは切り取った後もさらに成長します。 園芸家 Maggie Moran氏によれば、レタスを地面から2.5センチほどの位置で切り取り、これを1.3センチ程の深さの水に浸すと、10~12日で完全な状態にまで成長します。

  4. 4
    根から引き抜いて収穫する 再生栽培を予定していないのであれば根から一度に引き抜きましょう。ハサミは必要ありません。結球の根元の部分を手に持ち、強く引き抜きましょう。[4]
    • このように引き抜くと根っこがつながっている状態で収穫されます。
  5. 5
    根から泥を落とす 土の状態を保つため、また家の中に泥を持ち込んでしまわないようにするためにも、レタスの根に絡まっている泥を落としましょう。引き抜く際に一方の手を使ってこの作業を行いましょう。[5]
    • レタスを引き抜いたら、泥を元あった場所に戻し、穴を埋めましょう。
    • 周辺の土を少し掘り、土の中に残っている根も取り除くと良いでしょう。土の中に根が残っていると、再び芽を出しレタスが育つこともあります。
  6. 6
    レタスの葉をバラし、1枚ずつ洗う レタスを家の中に運び、1枚ずつ葉を剥がしましょう。冷たい水道水で1枚ずつよく洗いましょう。
    • サラダの具として、すぐに使うことができます。あるいは密閉式の保存用袋に入れて冷蔵庫で最大10日間保存することも可能です。
    広告

2の方法2:
葉を外側から収穫する

  1. 1
    早朝の時間に新鮮な状態で収穫する 朝の早い時間に収穫すれば日光によって葉が乾くこともありません。午後や夕方の時間になると、少ししおれた状態の葉を収穫することになります。[6]
    • 朝に収穫し忘れた場合は、翌日の朝まで待ちましょう。
    • 充分に成長したロメインレタスの葉は濃い緑色をしていて10~15センチ程の高さがあります。
  2. 2
    最も外側の葉を6~8枚収穫し収穫時期を伸ばす 十分に成長した葉のみを収穫するのであれば、頭の外側から6~8枚選ぶようにしましょう。[7] 内側の幼い葉が成長するには、さらに1週間ほどを要するので、このように収穫することで最終的に収穫時期が長くなります。
    • 一度に収穫できる量が少ないという欠点もあります。
  3. 3
    鋭くひねって葉をぽきりと折る 葉を摘む際は、葉の根元を手に取り、鋭く下方向にひねって折りましょう。
    • 上に向かって引っ張ると根が抜けてしまうこともあります。
  4. 4
    内側の葉は10センチ程度に成長したら収穫する 内側の葉の状態を注意深く観察しながら成長するための時間を与えましょう。充分な大きさになれば収穫可能です。これは比較的早く起こるので毎日確認しましょう。[8]
    • 外側の充分に成長した3~4枚収穫できるでしょう。
  5. 5
    収穫した葉を洗い、冷蔵庫で保管する(最大10日間) 外側の葉を収穫することができたら、まず冷たい流水で洗いましょう。水気を拭き取り、プラスチック製の袋に入れて冷蔵庫で保管しましょう。[9]
    • 水気のついていない状態で冷蔵庫で保管すれば、最大で10日ほどもつでしょう。
    広告

ポイント

  • ハサミを用いる前と用いた後は必ず消毒しましょう。
  • 殺虫剤や防カビ剤を栽培中に用いた場合は特に、レタスを食べる直前にぬるま湯で洗いましょう。
  • 収穫時期を過ぎてしまうと、葉の状態が代わり、木のような食べにくい質感になってしまいます。[10]
広告

このwikiHow記事について

園芸家
この記事はMaggie Moranが共著しています。 マギー・モーランはペンシルバニア州に住むプロの園芸家です。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告