レモンで美白をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

素早く安価に肌を美白する民間療法として、レモン汁は一般的に用いられています。しかし、レモン汁を肌につけた後日光に当たると、深刻な化学反応を起こす場合があります。この痛みを伴う症状は、「植物性光線皮膚炎」と呼ばれ、美白の目的でレモン汁をつけた肌を、日光や紫外線に長時間当てないようにすることが大切です。レモン汁の塗布時間や肌の状態に注意すれば、レモン汁は美白剤として効果を発揮します。

パート1(全2パート):レモンを美白に使う

  1. 1
    レモン汁をスプレーします。スプレーボトルにレモン汁を入れます。次に、レモン汁と同量の水を加えます。切り傷や擦り傷を避けて、レモン汁を肌にスプレーしましょう。
  2. 2
    レモンの皮を擦り込みます。レモンの皮を肌に擦りつけましょう。こうすると、レモンが肌を洗浄し、しだいに美白効果も現れます。
  3. 3
    レモン汁を洗顔料、スクラブ剤、パックとして使いましょう。同量の水、レモン汁、ハチミツ、アロエを混ぜ合わせ、手作りの洗顔料を作りましょう。朝、この洗顔料を顔につけて15~20分間おきます。次に、ぬるま湯で洗い流し、保湿クリームを塗りましょう。大さじ1杯(15 ml)のトマトジュース、大さじ1杯(15 ml)のキュウリの絞り汁、大さじ1杯のサンダルウッド(白檀)ペーストを混ぜてペースト状にしたものも同様に使うことができます。
    • 乾燥肌用の美白パックを作るには、大さじ1杯のパウダーミルク、大さじ1杯のハチミツ、小さじ1杯のレモン汁、2滴のエッセンシャルオイルを混ぜ合わせます。このパックを肌に塗り、20~25分間おきます。ぬるま湯で洗い流し、保湿クリームを塗りましょう。
    • レモンスクラブ剤を作るには、大さじ2杯の黒砂糖、1個分の卵白、小さじ1杯のレモン汁を混ぜ合わせます。ゆっくりと円を描きながらスクラブ剤を肌に擦り込みます。やさしく擦るか、またはそのまま10~15分おき、ぬるま湯で洗い流して保湿クリームを塗りましょう。
  4. 4
    レモンを輪切りにして数秒間水ですすぎ、レモン汁を絞ってコットンボールに浸み込ませます。レモン汁を10 ~30分間顔につけた後、顔をすすぎます。
  5. 5
    レモンローションを作ります。レモン汁、グリセリン、ライトラムを2:3:1の割合で混ぜて、手作りのローションを作りましょう。すべての材料をスプーンか木しゃもじでよく混ぜます。肌にローションを念入りに塗って浸み込ませます。
    Advertisement

パート2(全2パート):美白に関する一般的な注意事項と医療的アドバイス

  1. 1
    レモン汁を用いた美白は効果的ですが、効果が現れるまで時間がかかります。レモン汁の成分であるクエン酸には、天然の美白成分が含まれています。[1]しかし残念ながら、効果はすぐには現れません。美白効果を早めるには、ハイドロキノン、コウジ酸、α-ヒドロキシ酪酸、ベアベリー(クマコケモモ)などを美白剤として使用しましょう。[1][2]しかし、美白対策の製品を使う際、安全面のリスクもあります。水銀を含む美白製品があるという研究結果があります。[3]
  2. 2
    直射日光を避けましょう。レモン汁や他の美白ケア製品を使う場合は、必ず日焼け止めを塗り、日光は極力避けましょう。[3]レモンとレモン汁は肌を乾燥させ、日光によるダメージを受けやすくなります。
  3. 3
    レモンやレモン汁の使用は、1日おきにしましょう。レモン汁による美白効果が現れるには時間がかかるため、パックやレモン汁を毎日塗ってしまいがちです。使用は週に3~4回にとどめましょう。毎日の使用は、肌を極度に乾燥させてしまいます。
  4. 4
    レモン汁はニキビにも効く場合がありますが、効果については医師に問い合わせましょう。レモンジュースは、ニキビを引き起こすバクテリアを殺すとともに、ニキビ跡を消すという説があります。レモン汁がニキビに効果的な場合もありますが、使用中のニキビ治療薬の効果を妨げることもあります。レモン汁とニキビ治療薬の併用について、医師に問い合わせましょう。
  5. 5
    肌に使用する製品には注意を払いましょう。皮膚に塗る成分の大部分は、体内に浸透します。[4]レモン汁以外の材料をピーリング、洗顔料、ローション、パックに使う場合は、成分を十分に吟味しましょう。
    Advertisement

ポイント

  • レモン汁を肌に塗ったまま外出をしてはいけません。
  • レモン汁は、ニキビとニキビ跡の治療に効果を発揮します。
  • 大きな吹き出物を小さくするには、レモン汁を塗りましょう。
  • レモン汁を長時間塗布してはいけません。毎晩、顔に塗って5分ほどおき、洗い流しましょう。
  • レモンを半分に切ってハチミツを数滴たらし、顔に擦りつけましょう。そのまま5分ほどおいて水で洗い流します。すぐに効果を実感できるでしょう!
  • 日光に当たると酸が水膨れを引き起こすため、日焼け止めを忘れずに塗りましょう。
  • レモンの効果を高めるには、顔を蒸気に当ててから輪切りのレモンを顔に擦りつけます。
  • レモン汁を飲むと体内から毒素が排出され、美肌にも効果があります。
  • レモン汁はしわ、毛穴の黒ずみ、古い角質の除去に効果的です。レモンの天然成分が肌質を改善します。
  • 強酸性のレモンは皮膚を乾燥させるため、毎日の保湿を心掛けましょう。
    • ヨーグルトとレモン汁を混ぜたパックは、肌を明るくし、保湿効果もあります。
    • ハチミツ、シアバター、アボカドを毎日の保湿に使いましょう。肌の乾燥を防ぐことができます。
Advertisement

注意事項

  • レモン汁をつけた肌を日光に当ててはいけません。
  • 切り傷に注意しましょう。レモン汁の酸は傷にしみます。
  • レモン汁は酸性です。肌のタイプによっては、日光に反応して水膨れができる場合があります。その場合は、レモン汁を同量の水で希釈し、使用後は必ず洗い流しましょう。
  • 敏感な肌にはレモンを使ってはいけません。湿疹ができたり、皮膚が赤くなって状態が悪化します。
Advertisement

必要なもの

  • レモン 1個
  • 水(敏感肌の場合)

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement