ライチを美味しく食べる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ライチは熱帯・亜熱帯で生育する果実ですが、現在では世界中で食べることができるようになりました。缶詰のライチは、容器から取り出したらすぐに食べることができます。缶詰と比べると、新鮮なライチの果実の方が美味しく、また数秒で皮を剥いてすぐに口に運ぶことができます。

パート1(全2パート):新鮮なライチの食べ方

  1. 1
    熟したライチを選ぶ 実の引き締まったものを探しましょう。つまんだ時に、形が崩れたり、果汁が出てきたりしないか確認しましょう。また、皮がなめらかなのは良い状態である証拠です。[1]かたい未熟の果実は食べることができますが、完熟したものほど風味が強くありません。水分が多く、柔らかくなっている場合は、果実が熟しすぎています。または、発酵している(元々の香りとは少し異なる強めの味がしますが、食べても問題ありません)、もしくは腐敗している(あまり良いにおいではありません)場合もあります。皮が破れてしまったり、濡れているものは、ほとんどの場合、腐っています。[2]
    • 種類によって皮の色は異なりますが、熟した時、主に赤色、オレンジ色、黄色になります。果実が茶色になっている場合は、既に傷んでいます。
  2. 2
    ライチの皮を全て剥く ヘタのつけ根を掴み、ピンク色または黄褐色の皮を一気に剥きます。白みがかった、半透明の果肉の部分を食べることができます。ボウルの中で剥けば、果汁が漏れません。
    • ライチはしばらく置いておいた場合、皮がかたくなり、剥きにくくなります。その場合は、指の爪、歯、ナイフなどで皮に切れ目を入れましょう。また、濡らすと剥きやすくなります。[3]
    • 果肉が完全に透明になっている、斑点が出ている、黄褐色になっている場合、そのライチは発酵しているか、腐っています。
  3. 3
    皮をつまんで裂く 完熟したライチの皮は柔らかいので、簡単に剥くことができます。やさしく皮をつまんで、果肉を中から押し出しましょう。上手くいかない場合は、指で少しずつ皮を剥きましょう。[4]
    • 皮は食べられません。捨てるか、もしくは肥料にしましょう。
  4. 4
    種を取り出す 大きな種は、ライチの果実の真ん中にあります。指で果肉をやさしく裂き、光沢のある茶色の種を取り出して、捨てましょう。種にはわずかな毒があります。
  5. 5
    果実を食べる 新鮮なライチには、甘み、歯ごたえ、果汁たっぷりの果肉、また缶詰では感じることができないライチ独特の香りがあります。そのままの味を楽しむか、または色々な食べ方を調べて、試してみましょう。
    • 果肉の内側にある薄い茶色がかった膜は、もともと種のあった場所です。この部分は果肉ごと食べてしまって問題ありません。味には特に影響なく、わずかにサクサクとした食感を楽しむことができます。無理に取り除こうとすると、果汁が流れ出してしまうので注意しましょう。[5]
  6. 6
    余ったライチを保存する ライチを乾いたペーパータオルで包み、細かい穴の開いたビニール袋またはフタを少しあけた状態で容器に入れて、冷蔵庫で保存します。1週間ほど保存することができます。ただし、皮は茶色に変色して、かたくなります。灰色に変色してしまったら、捨てましょう。
    • 保存期間内に食べきれない場合は、皮を剥かないまま、ジッパー付きビニール袋に入れて冷凍しましょう。食べる時は、凍ったライチをぬるま湯に15秒浸した後、皮を剥きましょう。凍らせたライチは、果肉がまるでシャーベットのような食感になり、違う楽しみ方ができます。
    広告

パート2(全2パート):ライチを使ったレシピ

  1. 1
    フルーツサラダに入れる 夏にぴったりのレシピです。ライチは皮を剥いた直後から水分が出ていってしまうので、一番最後に入れましょう。
  2. 2
    ライチの実の中に具を詰める ライチの皮をそっと剥き、果肉を裂くことなく種を取り出します。また、ナッツ類、はちみつ、生姜などをお好みで、クリームチーズまたはチェナー(インドのカッテージチーズ)といった柔らかめのチーズと混ぜます。親指でライチを押し開け、小さいスプーンまたは箸で具を詰めましょう。
    • 炒めた鶏肉など、甘くない食材を詰めてもよいでしょう。ミンチ状にしてライチに詰めた後、2~3分ほど軽く火を通しましょう。
  3. 3
    カクテルに添える ライチを串に刺し、マルガリータなどの軽めのカクテルに添えます。ライチ日本酒マティーニやマッドアイマティーニなど新しいカクテルに挑戦するのもよいでしょう。
  4. 4
    ブツ切りにしてサルサに入れる 柔らかく甘くライチは、辛味や酸味のきいたサルサに、大きなアクセントを加えます。アボカド、ライチ、赤玉ねぎを使った簡単なサルサと、お好みのトッピングを加えて食べましょう。[6]
  5. 5
    温かい料理にライチを入れる 「ライチと鶏肉の炒め物」などの温かい料理を作る場合、ライチは、料理が出来上がるほんの2~3分前にフライパンへ入れましょう。ライチは、シナモン、生姜、はちみつなどと相性の良い食材なので、料理の際に使ってみるとよいでしょう。
    広告

ポイント

  • 一般の食料店で販売されているライチは、熟しすぎていたり、痛んでいることがよくあります。お店に次の入荷日を確認するか、消費者に直接販売をしている小売り店を探してみましょう。[7]
  • 果実の中身が記事の説明と一致しない場合は、それはもしかしたらランブータン、マモン、リュウガン、プラサンなどの類似果実かもしれません。[4]
  • 完全に受粉されていない果実には、鶏の舌のような形をした薄い種ができている場合があります。そうした果実は隙間を埋めようと果肉が多めになっています。運がよければ、見つけられるでしょう。[8]
  • 乾燥ライチや缶詰のライチもあります。
広告

注意事項

  • ライチの中身が黄色味を帯びている場合は、食べ頃を過ぎてしまっている証拠なので、避けたほうがよいでしょう。
  • ライチの種は、人間や動物にとってやや有害なので、食べないようにしましょう。
広告

必要なもの

  • ナイフ(必要な場合)
  • シンクもしくは紙ナプキン
  • ライチ

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 野菜と果物

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告