モバイルバッテリーを充電する方法

共同執筆者 Ronny Husser

モバイルバッテリーは持ち運びできるので、近くに電源コンセントが無い場合にはとても便利です。モバイルバッテリーがあれば、電子機器の電池切れを事前に防ぐことができます。外出中に電子機器を充電するためには、当然モバイルバッテリー自体を充電しておく必要があります。モバイルバッテリーの充電は、 ラップトップのパソコンまたは壁コンセントにつなげることで簡単にできます。 フル充電後に充電コードを外して使用できます。

パート1(全3パート):モバイルバッテリーを接続する編集

  1. 1
    LEDライトでモバイルバッテリーの充電が必要か確認する モバイルバッテリーの充電時期に決まりはありませんが、無駄な充電はバッテリー寿命を縮めてしまいます。一般的なモバイルバッテリーは、側面に4つのLEDライトがあります。電池残量が減るとLEDライトが消えていきます。最後の一つか二つのライトになるまで充電を待ちましょう。[1]
  2. 2
    できるだけ壁コンセントで充電をする モバイルバッテリーには通常、USBケーブルと電源アダプターが付属しています。USBケーブルの先端が大きい方を電源アダプターにつなぎます。もう一方の先端が小さい方はモバイルバッテリー側のアダプターに差し込んで充電します。[2]
  3. 3
    モバイルバッテリーをパソコンやラップトップにつないで充電する パソコンまたはラップトップを使って充電することもできます。USBケーブルの先端が小さい方をモバイルバッテリーに接続し、先端が大きい方をパソコンまたはラップトップのUSBドライブにつなぎます。[3]
    Advertisement

パート2(全3パート):モバイルバッテリーを充電する編集

  1. 1
    メーカーの説明書に記載されている推定充電時間を確認する 必要以上に長く充電しないようにしましょう。メーカーの説明書には、推定の充電時間が記載されています。一般的なモバイルバッテリーは、1~2時間以内に充電が完了します。[4]
  2. 2
    充電が完了したら、すぐにバッテリーを外す バッテリーの充電中は、充電状況を定期的に確認しましょう。LEDライトが全て点灯したら、すぐにバッテリーを取り外します。[5]
    • LEDライトが正常に点灯しない場合は、推定充電時間が過ぎてからバッテリーを外しましょう。
  3. 3
    モバイルバッテリーが正しく充電されているか確認する 充電終了後は、バッテリーと電子機器をUSBケーブルで接続します。バッテリーが正しく充電されていれば、電子機器の充電が始まります。[6]
    • 電子機器の充電がされない場合は、モバイルバッテリーを別の電子機器につないでみましょう。それでも充電ができない場合は故障している可能性があります。修理が可能かどうか、メーカーに問い合わせましょう。
    Advertisement

パート3(全3パート):効率よく充電する編集

  1. 1
    できる限り、壁コンセントを使う 一般的には壁コンセントを使う方が、パソコンやラップトップよりも早く充電できます。身近にパソコンかラップトップしかない場合を除き、モバイルバッテリーは壁コンセントで充電しましょう。[7]
  2. 2
    必ずモバイルバッテリー付属のケーブルを使って充電する モバイルバッテリーには、USBポート付きの充電ケーブルと、電源アダプターが付属しています。付属のモバイルバッテリー専用ケーブル以外の使用は控えましょう。
  3. 3
    モバイルバッテリーを過充電しない モバイルバッテリーを長時間充電したままにしないようにしましょう。長時間の過充電は、バッテリーの寿命を縮めます。LEDライトを確認し、必要な時間だけ充電しましょう。[8]
  4. 4
    電子機器とモバイルバッテリーを同時に充電する モバイルバッテリーを充電している間に、普段よく使用する電子機器も壁コンセントで充電しましょう。モバイルバッテリーを使って電子機器を充電すると、モバイルバッテリー自体の電池を大量に消費します。電子機器も同時に充電しておくと、モバイルバッテリー充電後にすぐ使う必要がなくなり、バッテリーも長持ちします。[9]
    Advertisement

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ