マンゴーを食べる方法

マンゴーは温暖な気候の地でしか育ちませんが、スナックとしても食事のお供としてもぴったりなその甘さ、美味しさは世界中で楽しまれています。そんなマンゴーを食べる前にまず、いくつもある食べ方を知ってみるのも良いでしょう。そしてそこからマンゴーの世界を堪能しましょう。

3の方法1:
準備する

  1. 1
    完熟ぐあいを確かめます。指で押してみてへこむようであれば、熟れて食べごろです。アボカドや梨の熟れ具合をみる時と同じようにして確かめます。[1]
    • まだ硬い場合は数日間置いて、熟れさせます。熟していないマンゴーは堅くて苦みもあります。また値段が張ることも多い果物ですし、もったいないことにならないようにしたいものです。
  2. 2
    マンゴーを洗います。たとえ後から皮をむくとしても、きれいに洗っておきます。[2]
  3. 3
    器具を用意します。マンゴーをさいの目あるいはスライス状に切る場合に必要なのは、ナイフ、まな板、そして切ったものを入れるための器です。
    Advertisement

3の方法2:
さいの目切りマンゴーを食べる

  1. 1
    マンゴーを切ります 大きな種を避けるようにしながら、半分または三分の一ずつの大きさに切ります。そして一切れずつ手に持って、縦の切り目を入れていきます。この時、皮までナイフの刃を入れてしまわないように注意します。そして今度は横の切り目を入れて、さいの目状になるようにしていきます。最後に後ろ側の皮を持ちながら、果肉を前に押し出します。[3]
    • 切り目を入れた果肉が押し出されて、花が開いたような状態になるはずです。
    • そうなったら次はもう、果肉を取りはずすだけです。
    • 皮が取れにくいようであれば、ナイフやスプーンを使って実をこそげ取るようにします。
  2. 2
    そのまま食べます。さいの目状になったマンゴーを器に入れ、スプーンですくってそのまま楽しみましょう!すぐに食べない場合は密閉容器に入れますが、置いておくと水っぽくなってしまいます。何と言ってもすぐに食べるのが一番美味しいということは、覚えておきましょう。
    • レモン汁を振りかけると、爽やかさが加わります。
  3. 3
    フルーツサラダに加えます。さいの目切りにしたマンゴーは、どんな組み合わせのフルーツサラダにもぴったりです。マンゴー汁びたしのサラダが嫌であれば、加える前に汁気をよく切っておきます。次に、美味しいマンゴーサラダのためのお薦めの組み合わせとレシピを紹介します。
    • パパイヤ、りんご、メロンと一緒にフルーツサラダにします。
    • マンゴーとパイナップルでフルーツサラダを作って、風味づけにシナモンをひとつまみ加えます。
    • マンゴー、梨、そして半分に切ったさくらんぼを合わせます。
    • マンゴーとオレンジにライム汁を振りかけてフルーツサラダにします。
  4. 4
    主菜に加えます。甘くてジューシーなのでフルーツサラダやデザートにするのが一番と思うかもしれませんが、意外とどんな主菜に入れても、マンゴーは素晴らしいアクセントとなります。主菜との組み合わせ方をいくつか紹介しましょう。
    • パパイヤ、アボカド、少量のレモン汁、香菜と合わせてマンゴーサルサを作ります。このサルサは鶏にかけても良いですし、牛肉や海老と合わせたり、じゃがいもや調理用バナナのチップと一緒に食べるのも良いでしょう。
    • さいの目切りマンゴーを、そのままブリトーの具として入れるのもお薦めです。
    • ココナッツミルクを使ったカリビアンライスなど、カリビアン料理との相性は抜群です。
  5. 5
    デザートにさいの目マンゴーを入れるのもお薦めです。自然な甘みがいっぱいのマンゴーですから、デザートとの相性もぴったりです。次にいくつかお薦めの組み合わせを紹介します。
    • ヨーグルトに加えます。
    • アイスクリームに散らします。
    • レーズンと共にライスプディングに加えます。
    • さいの目切りマンゴーはこのようなデザートの上に乗せるだけでも良いですし、混ぜ込んでも良いでしょう。
    Advertisement

3の方法3:
スライスしたマンゴーを食べる

  1. 1
    マンゴーをスライスします。切り始める前に覚えておきたいのは、マンゴーの中心には大きなアーモンド形状の種があるということです。リンゴを薄く切るときのような切り方で、注意深く種を避けながら切っていきましょう。ひと切れの厚みは2センチ以下になるようにします。[4]
    • スライスし終わった時、皮がまだついたままの部分もあるでしょうし、種にもまだ一部皮がついていたりもするでしょう。そこで、次のようにします。
      • 実の部分だけを食べたければ、皮の部分をつまんで持って食べます。皮も柔らかい部分は食べても良いかもしれませんが、特に種に近い部分は硬くて、歯に挟まるととうもろこしよりもやっかいですから、避けるのが無難です。
      • 皮を取ってしまいたい場合は、一切れづつ皮の部分でつまみ、スプーンでこそげ取るようにして外します。そこまで熟していない場合は、ナイフを使います。
  2. 2
    様々な料理にマンゴーを加えてみましょう。 さいの目切りマンゴーほどの汎用性はないものの、新鮮なマンゴースライスもデザートから主菜に至るまで日常の様々な料理のアクセントになります。次のような料理や組み合わせでマンゴーを楽しんでみましょう。
    • タイ風マンゴーサラダ
    • スイートチリチキン
    • ライムと香菜風味のチキン
    • 牛肉の照り焼き
    • マンゴー、とうもろこしと黒豆の煮込み
    • マンゴーとパイナップルのパイ
  3. 3
    ドライマンゴーを作ります。ドライマンゴーを作るには、マンゴーを薄いスライス状にしてから乾かします。酸味をつけるには、ジップロックなどの密閉ポリ袋の中でクエン酸をまぶします。
    Advertisement

ポイント

  • マンゴーの皮はバナナのようにむくことが出来ます。上の方から少し皮をむいたら食べて、下の方に向かって再びむいてから食べることを繰り返します。
  • 裏ごししてピューレ状にすれば、美味しいマンゴースムージーやカクテルも作ることが出来ます。
  • マンゴーをピューレ状にしたら、何でも好みの果物と組み合わせてみましょう。また、皿にピューレで線を描いてその上にデザートを盛り付けたら、お客様もきっと感激することでしょう。
  • 半分に切ったマンゴーは、口の大きなグラスを使ってくり抜くようにして皮を取り除くことも出来ます。[5]
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む29人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 野菜と果物
他言語版

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement