ポルノ中毒に取り組む方法

共同執筆者 Trudi Griffin, LPC

四六時中インターネット上でポルノを閲覧していると、日常生活や友人関係にまで悪影響がおよんでしまいます。自己嫌悪に陥ってしまう場合もあります。ポルノが原因で自分の生活に悪影響がおよんでいることに気が付いていても、なかなか断ち切れないような場合には、問題に向き合うために大きな努力を払う必要があるでしょう。マイナスの行動をプラスの行動に置き換えれば、この悪習慣に終止符を打つことができます。

パート1(全4パート):問題点を吟味する

  1. 1
    健全な性的関心の意味を理解する 性的関心が健全であれば、性的関心とは、人と人とが与え、与えられる中で個人的な喜びや感情を得ることができる、前向きで濃縮された形のコミニュケーションであることがわかります。それは、身体的、感情的、また精神的に私たちを満足させてくれる表現方法でもあります。性的関心が不健全であると、それを恥ずかしいものと見なしたり、性欲を制御できない物と見てしまう傾向があります。さらに、搾取目的や誰かを傷つけるためにセックスを用いたり、同意を得ない状態で、権力を使って力ずくで誰かを支配しようとしてしまう場合もあります。[1]
    • ポルノ依存者は退屈や不安、またその他の強い感情に対処するためにポルノを利用します。誰かに大切にされたり、愛されたり、強くなりたいためにポルノの力を借ります。[2]
  2. 2
    インターネット中毒の兆候を識別する どの時点からインターネット中毒と見なされるのかについてははっきりとしたガイドラインがありません。それでもインターネットとポルノが生活に支障をきたしていることを示す上でいくつかの指標があります。一般的な兆候には次の点が含まれます。[3][4]
    • ポルノを見ていて時間の経過に気が付かない
    • 職場や自宅にてなかなか仕事を完了できない
    • 家族や友人から社会的に孤立している
    • ポルノを閲覧することで罪悪感を覚えたり、言い訳をしてしまう
    • ポルノを閲覧している時に幸福な気分になる
    • 消極的な影響が出ているにもかかわらずポルノを見続けてしまう
    • ポルノを閲覧する上で自分を制御できず、努力しても止めることができない
    • 常にポルノについて考えてしまい、見ることができない状況下では見たい衝動に駆られてしまう
    • ポルノが原因でパートナーとの関係に溝ができてしまっている
  3. 3
    下すべき変化を決断する 問題があることに気が付いたのであれば、何を変えたいのかという点をハッキリと見極める必要があります。完全にポルノから縁を切りたいと願う人もいれば、閲覧する方法や頻度に変化を加えることを望む人もいます。ポルノの中でも特定のジャンルだけを閲覧しないように決断する人もいるでしょう。何を変えたいのかをはっきりと理解できれば、前進できるでしょう。

パート2(全4パート):ポルノ中毒を断つ

  1. 1
    根底にある問題と闘う 人によっては自分を落ち着かせるためにインターネットやポルノを多用します。根本的な原因として、ストレスやうつ病、また不安な気分によりインターネットやポルノにのめり込む場合もあります。また過去に薬物やアルコールと闘った経験がある人もいるかもしれません。現実に向き合う上で、感覚を麻痺させるために薬物に頼るのと同様に、インターネットやポルノを多用する人々がいます。[5]
  2. 2
    対処法を構築する 感情に対処するためにポルノに頼っているのであれば、もっと生産的な方法があります。内気な性格のために、恋愛感情を抱いている人物となかなか関りを持てないという場合もあります。それが原因でポルノに頼っているのであれば、社交能力を向上させてみましょう。怒りや欲求不満を解消するためにインターネットやポルノに依存している場合もあります。ポルノ以外の方法を通じて、生活のこういった問題に取り組む手段を見つけてみましょう。[6]
    • 怒りをコントロールする ようにして 欲求不満に対処する方法を見つけましょう。
    • 健康的な日常生活を送るように心掛けてみましょう。これには体を動かす活動やスポーツ、レクリエーション、ヨガ、深呼吸などが含まれます。
  3. 3
    退屈と闘う 習慣的にポルノを長時間閲覧するような状況もあるでしょう。その最大の原因は退屈にあると言えます。他にするべきことがないので、単純にインターネットに接続して気晴らしにポルノを閲覧してしまう恐れがあります。退屈と闘い、予定を他の活動で埋めれば、ポルノを見る習慣を断つことができるでしょう。
    • 退屈と闘う上での良い方法として、集団活動に参加してみても良いでしょう。こうすれば、信頼できて、自分に注意を払ってくれる人々に囲まれることになるため、何か別の趣味を持つよりも効果的です。スポーツクラブに加入したり、ボランティア活動に参加できるでしょう。
  4. 4
    孤独感に対処する 孤独感が原因でポルノにはまる人もいます。他の人から孤立しているように感じる場合には、努力して人と関係を持つようにしましょう。他者と関係を築くようにすれば、周りの人と健全で満足のいく関係を築けるでしょう。孤独感に悩まされることも無くなります。
  5. 5
    サポートネットワークの幅を広げる より多くの時間を家族と過ごしてみましょう。それに加えて、友情関係を育んだり強めるように努めてみましょう。インターネットやポルノ関連の依存症に対処する上で、支えになって励ましてくれる友人を探します。信頼できる友人を見つけて、問題を打ち明けると共に、助けを求めてみましょう。[7]
  6. 6
    トラウマを克服する 大抵の場合、依存症問題の原因はトラウマにあります。[8]性的な事柄に関連した心理的なトラウマや身体的外傷を抱えている場合、高い確率でポルノと不健全な付き合い方をしてしまう恐れがあります。この場合には、トラウマを克服する上で助けになる精神科医に相談してみましょう。
    • 心理セラピストへの紹介状を医師に書いてもらっても良いでしょう。
    • 大抵の場合、トラウマを抱えている事実を認めて、友人や家族、また同じような経験をした人に打ち明ければ、この手の感情に向き合うことができます。そうすれば健康的な生活に向けて前進することができるでしょう。

パート3(全4パート):周りの環境に変化を加える

  1. 1
    インターネットの検閲機能を使用する ブラウザーの環境設定を確認して設定を変更します。ブラウザーの中には特定のウェブサイトを無効にする拡張機能が含まれています。それによりウェブサイト全体がブロックされます。設定を変更し、避けようとしている性質のウェブサイトが表示されないようなブラウザー設定にしましょう。
  2. 2
    インターネット使用量を記録する 仕事以外やそれほど重要でない活動のためにどれほどインターネットを使用しているかを記録してみましょう。特定の時間にインターネットを使用しているか、また何か特定の活動後にインターネットを使用する傾向があるかどうかを調べてみます。何が引き金になって、オンライン状態で何時間も過ごしているかに注意してみましょう。[9]
  3. 3
    タイマーを使ってインターネット使用時間を管理する 決められた時間の中でインターネットを使用するようにしましょう。何かを閲覧するためや気晴らしにインターネットを使用する際にタイマーをセットしておきます。タイマーが鳴ったらインターネットの使用を止めましょう。[10]
  4. 4
    公共の場所でコンピューターを使用する 公共の場でポルノを閲覧するとひんしゅくを買います。これを逆手に取り、コンピューターを公共の場所でだけ使用することで、誘惑に打ち勝ちましょう。インターネットを使用する際には、人目につく場所でだけ使用するようにします。
    • コーヒーショップや図書館に行くか、寝室に置く代わりにコンピューターをリビングルームに置くようにしてみましょう。
    • 完全に一人になる空間を失くすことを目標にします。こうすればポルノを閲覧したいという誘惑に対処できます。
  5. 5
    より良い環境を作り上げる ポルノと不健全な付き合い方をしてしまっている原因として、身の回りの環境が挙げられます。常にポルノを見るように勧めてくる友人との付き合いを控えましょう。また簡単にアクセス可能なファイルや誘惑になりそうなブラウザー広告、またポップアップがコンピューター内に多数見受けられる場合には、クリーンアップを実施しましょう。
  6. 6
    より満足感のあるセックスを追求する ポルノ中毒者の大半は既婚者であったり、誰かとお付き合いをしている関係にあります。このような関係にありながらポルノに惹かれるようであれば、セックスライフを改善する必要があるでしょう。これは体位を変えてみるというような単純なことではありません。現時点では直視をさけているような、たくさんの事柄に取り組む必要があります。パートナーとの感情的な繋がりを構築するように努め、信頼関係に重きを置きましょう。セックスをする際には、その瞬間に思いを集中します。自分とパートナー、双方の性的関心を満足させることに意識を集中しましょう。

パート4(全4パート):助けを求める

  1. 1
    心理セラピストに相談する 自分一人の力ではポルノ中毒を克服できない場合には、専門家に相談しても良いでしょう。心理セラピストは依存症の専門家であり、インターネット依存症やポルノの呪縛から自由になる上で助けを差し伸べてくれます。
  2. 2
    専門の情報源を調べてみる 様々な情報源を活用して、この特定の問題に関する助けを入手できるでしょう。インターネット依存症やポルノ中毒に関連した助けを提供するウェブサイトやプログラムが多数あります。しかしその全てが信頼できるわけではありません。アルコール依存症患者を支援するグループと同様に、セックス・ポルノ中毒者をサポートするための団体もいくつかあります。色々試してみても効果が無ければ、以下のような団体が助けになるかもしれません。
  3. 3
    変化することを望む 自分を変える上で一番重要な点は、自分を変えたいと望むことです。努力する価値のある理由を探してみましょう。理由は人により異なります。より健康的になるため、自由な時間を増やすため、満足の行く関係を培うため、愛する人をもっと幸福にするためといった理由が挙げられます。努力するべき理由はたくさんあります。

ポイント

  • 最初のうちはポルノ以外のものに意識を向けるのが難しく感じる場合があります。なかなか集中できないように思えるかもしれませんが頑張りましょう。
  • この手の問題を克服する上で宗教の助けが役立つ場合があります。必要に応じて、お好みの宗教団体の集まりに参加してみても良いでしょう。
  • 依存症について誰かに話せば、助けを得ることができるでしょう。
  • ポルノ関連のウェブサイトに対してある程度寛容な見方を持ちましょう。ポルノ関連のウェブサイトは一見ポルノとは無関係のような形式で姿を現します。そのために、依存症を克服しようとしている段階において、高い確率で1つか2つのウェブサイトに出くわす可能性があります。計画に集中していれば、仮に遭遇しても問題にはならないでしょう。ミスを犯しても自分に辛く当たらないようにしましょう。
  • 同様の点として、特定の事柄を普通にインターネット上で検索すると(例えば結腸や直腸の健康に関連した情報、胸の健康に関連した情報、また個人の衛生に関した情報といった事柄)、アダルト向けのコンテンツが浮上する傾向があるということを覚えておきましょう。そのため、ポルノとは無関係であるものの、違うコンテンツが表示されてしまいかねないようなキーワードを検索する際には十分に気を付けましょう。アダルト向けサイトに繋がってしまう恐れがあります。ウェブサイトがポルノ関連であるかどうかが判断できなければ、念のためにクリックしないようにしましょう。Google、 BingまたYahooには検索結果をフィルタリングする機能があります。こうしてポルノ関連の画像や映像、また文章が表示されないようにできます。
  • ポルノを見たいという衝動の引き金になるようなものから距離を置くように努めましょう。どうしてもそれらのものから距離を置けない場合には、その手の状況に対処する方法を計画しておきましょう。
  • インターネットのフィルタリングソフトをインストールして、ポルノ関連の画像やその他の不適切な情報をブロックすることもできます。大半のセキュリティーアプリケーションにはフィルタリングソフトが含まれており、ルーターの中にもフィルターが含まれている製品があります。

注意事項

  • 児童ポルノは違法です。子供たちは性的虐待や搾取の犠牲になっています。児童ポルノ依存症にかかっている場合には、すぐに助けを求めましょう。
  • 恥ずかしいという感情は依存症と闘う上で役立ちません。恥じらいを感じているだけだと、感情的にも不健全な状態になってしまうので注意しましょう。
  • ポルノの代わりに、薬物やアルコールといった他の有害な習慣に逃げないようにしましょう。

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はTrudi Griffin, LPCが共著しています。 トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーです。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得しています。
カテゴリ: 性的関心

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ