ペニスを洗う方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

ペニスや性機能の衛生管理をおろそかにしていると、炎症、感染症、不快な臭いなど、様々な健康問題を引き起こします。[1]また、 性交後にペニスを洗わないと、性感染症(STI)にかかるリスクが高くなります。[2] 包茎手術を受けた人とそうでない人では、衛生管理の方法は微妙に異なりますが、本質的には同じです。ペニスの正しい洗い方を学び、最適な健康状態と清潔さを保ちましょう。

2の方法1:
包茎手術を受けていない場合
編集

  1. 1
    低刺激の石鹸を選ぶ 大半の石鹸に含まれる香料は、敏感な部分にとって炎症の原因となることがあります。また、石鹸によっては科学洗浄剤が含まれており、性器に使うには刺激が強すぎます。無香料低刺激のボディーソープを選ぶようにしましょう。(逆に言えば、ハンドソープは選ばないようにしましょう)。[3]
    • 敏感肌のみなさんは、掛かりつけの医者や皮膚科医と相談して、自分に合った石鹸を選ぶようにしましょう。
  2. 2
    シャワーを浴びる、または入浴する 性器や全身への炎症や火傷を避けるために、熱湯ではなく、温水を使いましょう。[4] シャワーをいつも通りに浴び、温水と用意しておいた無香料低刺激の石鹸を使って全身を洗います。
  3. 3
    ペニスを洗う 用意しておいた無香料低刺激の石鹸を、両手で泡立てます。その泡で陰茎と睾丸を包みます。包茎手術を受けていないみなさんにとって覚えておくべきことは、包皮の内側も洗うということです。[5]
    • 包皮を限界まで優しく剥きましょう。ただし、それ以上無理をして剥くと、結果的にペニスを傷つけ、瘢痕を形成してしまう恐れがあります。[6]
    • 包皮の裏側にも石鹸をつけましょう。その後、石鹸と包皮に溜まったカスをきれいに洗い流しましょう。[7]
    • 包皮を元の位置へ戻しましょう。[8]
  4. 4
    清潔を保つ 個人の衛生管理が重要な一方で、ペニスの洗いすぎには医師は反対しています。特に石鹸やシャワージェルを使用して頻繁に洗いすぎると、痛みや炎症の原因となりえます。[9] また、シャワー後はペニスをしっかりと乾燥させるようにしましょう。タルクやボディーパウダーを睾丸に塗布する場合は、ペニス自体への使用は避けましょう。タルクが包皮の内側に入り込むと、炎症や不快感を引き起こす場合があります。[10]
    • タルクパウダーを使用しているみなさんは、コーンスターチ系パウダーへの切り替えを検討したほうが良いでしょう。タルクパウダーと卵巣がんの結び付きが指摘されています。[11] ペニスにタルクが付着したまま性交渉をすると、相手の女性を危険に晒してしまうかもしれません。
  5. 5
    包皮のケアを理解する 適切なケアと衛生管理を行えば、包茎手術を受けていないペニスでも重大な健康障害にはなりません。ただし、包皮の内側を洗うことを怠ると、恥垢と呼ばれる油分やカスが溜まってしまいます。[12] その他、包皮に共通して発生する問題を以下にまとめました。
    • 通常、無理に包皮を引っ張るような行為や、強刺激または香料入り石鹸は炎症を引き起こす原因となります。[13]
    • 包皮炎や亀頭炎などの感染症は、不十分な衛生管理や、洗い残した恥垢の堆積が原因で発生します。[14]

2の方法2:
包茎手術を受けている場合
編集

  1. 1
    低刺激の石鹸を使う 包皮が無い場合でも、なるべくペニスに刺激を与えない石鹸を使用しましょう。低刺激で無香料の石鹸かボディーソープを選ぶようにしましょう。[15]
    • 掛かりつけの医師か皮膚科医に相談して、肌に合った石鹸を選ぶようにしましょう。
  2. 2
    シャワーを浴びる 火傷しないように、水温は肌に優しい温度に調整することが重要です。熱すぎない温水で、石鹸を使って普段通りに全身を洗いましょう。[16]
  3. 3
    ペニスを洗う 低刺激無香料の石鹸を手の中でよく泡立てます。その泡で、睾丸、陰茎の根元、竿部分、亀頭の裏を包みます。包皮が無くとも、汗、バクテリア、恥垢は溜まります。亀頭の裏までしっかりと洗うことが重要です。[17]
    • 包皮が無いので、ペニスを泡立て、シャワーや湯船できれいにその泡を洗い流すだけで問題ありません。
    • シャワーや入浴の後は、ペニスをきちんと乾かすようにしましょう。包皮が無いので、タルクやボディーパウダーの使用は実質的には問題ありません。ただし、タルクが尿道に入り込んだり、炎症を引き起こすことがないように注意しましょう。[18]


ポイント編集

  • 性交後は速やかにペニスを洗い、排尿するようにしましょう。速やかに細菌を洗い流すことで、感染症のリスクを低下させます。[19]
  • 旅行や仕事、または個人的な事情などにより毎日シャワーを浴びることが難しい場合は、赤ちゃん用おしり拭きやホットタオルで一日一回はペニスをきれいにし、バクテリアの増殖を防ぎましょう。
  • 包茎手術を受けていない場合は、入浴中に包皮を剥いて、恥垢が溜まっていないかを確認しましょう。恥垢は、ペニスに潤いを与えるために体が生理現象として出す潤滑油ですが、衛生管理を怠ると、チーズのような見た目になってしまいます。包皮の裏側に恥垢が溜まっていることを確認したら、もっと頻繁にペニスを洗いましょう。[20]

注意事項編集

  • 包茎手術を受けていない子供や幼児については、包皮の内側は洗わないようにしましょう。大抵の場合、包皮は亀頭に張り付いたままなので、完全に剥くことができない状態です。無理に包皮を剥いてペニスを洗おうとすると、痛みを引き起こしたり、傷つけてしまう可能性があります。

このwikiHow記事について

家庭医(かかりつけ医)
この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 マツト医師はペンシルバニア州に住む内科医(引退済み)です。2007年にテンプル大学医学部から博士の学位を授与されています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ