ベースメイクをする方法

共同執筆者 Camille Sanghera

まず始めにベース(土台)を作ることは、メイクをする上でとても重要なステップです。ベースメイクは厚塗りする必要はありません。正しく塗ると、メイクが滑らかに乗ってきれいに仕上がります。

パート1(全3パート):ベースメイクをする

  1. 1
    コンシーラーを塗る 目の下にクマがあったり、顔全体にシミがあったりしては、見た目が台無しです。しかし、クマやシミはコンシーラーで隠せるので心配無用です。コンシーラーは目の下に逆三角形に塗りましょう。[1][2]
    • コンシーラーの色は肌の色に合わせると良いでしょう。また、ファンデーションの色と合っているかどうかも確認しましょう。コンシーラーでクマを隠す場合は、オレンジがかった色を選びましょう。
    • 肌の色より明るい色のコンシーラーの使用は避けましょう。代わりに、顔の中で一番明るい部分と同色のものを選ぶと、肌の色を明るく見せる効果があり、仕上がりも自然です。
    • コンシーラーは薬指(またはメイク用ブラシ)で肌に乗せましょう。薬指は、他の指よりも力が入りすぎることがないので、メイクをやさしく肌に乗せるには最適です。また指を使うと、体温でコンシーラーが溶けて肌になじみやすく、きれいに仕上がります。
  2. 2
    ファンデーションを塗る ベースメイクの最後はファンデーションです。リキッドファンデーションや色付きの保湿剤を塗っても良いでしょう。ファンデーションとプライマー(下地)は別物なので、注意しましょう。
    • ファンデーションは、スポンジではなくファンデーションブラシで塗りましょう。ブラシを使うと、ファンデーションを滑らかに、むら無く乗せることができます。[3]
    • ファンデーションを選ぶ上でとても重要なのは、自分の肌色に合った色のファンデーションを選ぶことです。顎のラインと同じ色を選びましょう。ファンデーションは、肌の色を均一にするためのものです。仮面のように厚塗りするのは避けましょう。
    • クマが気になる場合、ファンデーションは黄みがかかった色を選び、顎のラインではなく胸元の色と合わせるのが良いでしょう。[4]
  3. 3
    スティックファンデーションを使う 自然な仕上がりが好みで、顔全体にファンデーションを塗りたくない人は、スティックファンデーションを使ってみましょう。
    • スティックファンデーションを使うと、ベースメイクの時間を短縮できます。大きなマーカーを使うような感覚で使いましょう。頬骨、鼻筋の両脇、眉上に色を太く乗せてなじませます。
    • 日焼けしたような肌に見せたい場合は、ファンデーションを塗った上に、肌の色よりも少し暗めのスティックファンデーションを重ねて塗り、一緒にぼかしましょう。
  4. 4
    パウダーまたはプレストファンデーションを塗る ファンデーションはリキッドタイプではなく、パウダータイプまたはプレストタイプを使っても良いでしょう。
    • パウダーまたはプレストタイプのファンデーションは、小さめのブラシにとって肌に乗せましょう。このタイプのファンデーションには小さめのブラシ付きのものや、そうでないものがあります。
    • ブラシにファンデーションを含ませ、肌と垂直になるようにして持ちましょう。短いストロークで小さく円を描くようにしながら、ブラシを肌に押しあてます。その後、後述する通りにパウダーをはたきましょう。[5]
    Advertisement

パート2(全3パート):ベースメイクの仕上げをする

  1. 1
    パウダーで仕上げる パウダーは、ファンデーションをセットする仕上げの役割を果たすので、ベースメイクには欠かせないアイテムです。
    • ファンデーションは、ルースパウダーでセットしましょう。大きめのパウダーブラシを使って乗せます。パウダーでセットすると、ファンデーションの持ちが良くなります。また、皮脂を抑えてマットな仕上がりにする効果もあります。これは色を足すものではなく、あくまでもセットするためのアイテムです。
    • パウダーは皮脂が出やすい部分(特にTゾーン)に先に乗せてから、顔全体に広げるようにしましょう。
  2. 2
    ブロンザーまたはチークを乗せる ベースメイクが完了したら、頬骨を強調するためにブロンザーかチークを乗せましょう。
    • ブロンザーは顔だけではなく、首と胸元にも乗せると全体の肌の色に統一感が出ます。ブランザーはブラシにとり、肌になじませましょう。[6]
    • チークは、笑ったときに一番高くなる頬の位置から色を乗せ始めましょう。その後、こめかみまでぼかしてから、顎のラインまでブラシを滑らせましょう。色の境目がはっきりと出ないように、しっかりとぼかしましょう。
  3. 3
    コントゥアリングをする コントゥアリングは、映画スターなどが取り入れているメイク技術です。顔に陰影をつけることを指し、自分の好きな顔の骨格にすることができます。上記の手順に沿ってしっかりとしたベースメイクをすると、コントゥアリングがきれいに乗ります。
    • 頬をすぼめて、頬骨の下のくぼんだ部分にブロンザーを乗せましょう。次に、ブロンザーを乗せた部分の上(頬骨のあたり)にクリームタイプのハイライターを入れてなじませましょう。[7]
    • ブロンザーは、スティックファンデーションを使っても良いでしょう。暗めの色を選び、こめかみから額の生え際まで色を乗せます。頬骨を際立たせたい場合は、頬骨の上に色を乗せます。鼻は鼻筋の両脇に色を乗せるか、鼻の付け根から眉頭にかけてのみ狭く色を乗せても良いでしょう。[8]
    • メイクスポンジを使って、コントゥアリングした部分をベースメイクになじませましょう。最後に、明るめの色のスティックファンデーションを目の下に乗せます。額の中央、顎、鼻筋に乗せても良いでしょう。ルースパウダーをはたいて仕上げましょう。[9]
    Advertisement

パート3(全3パート):ベースメイクをする前にすること

  1. 1
    顔と手を洗う ベースメイクをする前には、必ず顔と手を洗いましょう。メイクを乗せるための清潔な土台を作ることができます。
    • 顔だけではなく、必ず手も忘れずに洗いましょう。顔を洗顔料で洗う際に手も一緒に洗うと、刺激の強い化学薬品や石鹸が顔につくのを防ぐことができます。メイク落としやメイク落としシートを使っても良いでしょう。[10]
    • 手と顔を洗った後は、必ずSPF入りの保湿剤を顔に塗りましょう。肌を保護して健康的な肌を保つのに、最適な方法です。毎日欠かさず塗りましょう。
  2. 2
    角質を除去する 角質除去とは、乾燥した肌を除去することです。肌の色を均一にするだけではなく、肌を健康的に輝かせる効果があります。[11]
    • 角質除去は、1週間に2回ほど洗顔後に行いましょう。
    • 角質除去剤は店頭でも販売していますが、砂糖大さじ3と水大さじ1を混ぜて、手作りの角質除去剤を作ってみるのも良いでしょう。洗顔タオルに乗せ、小さく円を描きながら顔全体にやさしく滑らせます。その後、洗い流しましょう。[12]
  3. 3
    プライマー(下地)を塗る プライマーを乗せると肌が整い、滑らかできれいな仕上がりになります。百貨店のメイクコーナーやドラッグストアでも購入できます。
    • プライマーは、ファンデーションよりかなり軽めの質感です。塗っても肌に乗せている感覚がほとんどないでしょう。後に乗せるメイクの土台の役目を果たし、メイクが長持ちしてにじみにくくなるなどの効果があります。
    • プライマーは、顔全体に均一に伸ばしましょう。目の下にも忘れずに塗ります。肌の色より極端に暗い色のプライマーは避けましょう。脂性肌、乾燥肌、混合肌など肌タイプに合わせてプライマーを選びましょう。[13]
    • プライマーの色は、肌トラブルによって使い分けましょう。黄色や緑がかったプライマーは、赤みを抑えます。ピンクがかったプライマーは、くすんだ肌を生き生きと見せます。薄いオレンジ色やオレンジピンクのプライマーは、シミやクマをカバーするのに最適です。[14]
    Advertisement

ポイント

  • 水分をたくさん摂り、肌の潤いを保ちましょう。
  • ファンデーションは、顎のラインと同じ色のものを選びましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHow共著者の一人、Camille Sangheraがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement