プールの塩素濃度を下げる方法

プールの管理には頭を悩まされることもありますが、高くなってしまった塩素濃度は比較的簡単に解決することができます。屋内のプールになるとより難しくなるものの、複数の方法が存在します。プール汚染の危険を回避しながら日々の塩素濃度を下げる必要がある場合は紫外線を用いた仕組みの使用を検討しましょう。

3の方法1:
基本の方法

  1. 1
    「塩素臭」と目の痛みを理解する 化学臭や染みるような目の痛みを塩素の兆候だと考えている人は少なくありません。実際のところ、こうした兆候は塩素が他の化学物質に分解されてから現れます。つまり、正しい対処法としてショック塩素を加えて塩素濃度を「高める」必要があります。[1][2] 検査キットを用いて正確な塩素濃度を把握することができると尚良いでしょう。検査方法は次の手順を参考にしましょう。
  2. 2
    プールの水質検査キットを使用する プール用品が販売されている店舗でキットを購入し塩素濃度を測定しましょう。[3] 遊離塩素と全塩素の両方を測定することができることを確認しましょう。[4]
    • 遊離塩素の濃度は1~3ppmが一般的な目安です。[5]全塩素は遊離塩素よりも0.2ppm高い状態が上限です。ただし、地域の衛生基準によって若干の差異があるかもしれません。[6]
    • オゾンや紫外線による消毒も行われている場合は遊離塩素の濃度は最大0.5ppmまで下がっていても大丈夫でしょう。[7]
  3. 3
    塩素源を取り除く 塩素濃度が若干基準を超えている場合(4~5ppm)の対処法は単純です。塩素を足さない、つまり塩素の投入を止めるという方法で自然に問題は解決するでしょう。[8]
    • 塩素投入機、薬品注入器、あるいは電解除菌水生成器などが用いられているならば電源を切りましょう。タブレットが用いられている場合はプールスキマーから取り出します。フローターの場合も水から取り出しましょう。どのような仕組みが用いられているのかが定かではない場合は、管理者や持ち主に聞いてみましょう。
  4. 4
    屋外プールのカバーを取る 太陽からの紫外線で塩素は急速に分解されます。晴天となった日の午後の時間帯だけでもプールの水から90%の塩素がなくなります。ただし、塩素源も取り除かれているということが前提です。[9]
    • 同じ紫外線ではあるものの、UVランプで置き換えるという方法は得策ではありません。紫外線を用いた仕組みを試す場合は、この記事の最後のステップを参考にしましょう。
  5. 5
    安全な塩素濃度の時に泳ぐ 泳ぐことによっても塩素濃度は下がります。ただし、この方法を試すのは塩素濃度が若干高いという時(4ppm)に限りましょう。どの程度の塩素濃度になると人体に有害になるのかについては専門家の間でも意見が割れています。市民プールは10ppmになると閉鎖されることが多いものの、念のため5ppmで閉鎖するプールもあります。[10]
    • 水質検査の結果、塩素以外の濃度(酸性度やアルカリ濃度)に異常が見られた場合も泳がないようにしましょう。
    • 強い「塩素臭」が感じられる場合(さらに水質検査の結果、塩素濃度が高かった場合)は泳がないようにしましょう。この臭いはクロラミンという刺激物質から発生しています。[11]
    • クロラミンは肺に影響を及ぼします。換気が悪かったり、泳いでいる人が呼吸系の問題を抱えている場合はさらに危険が増します。[12]
  6. 6
    プールの水を部分的に取り替える これは費用がかさむだけでなく時間も要する方法ですが、塩素が薄まります。プールの水の3分の1から2分の1を抜き、新しい水と取り替えましょう。再びプールが水で満たされても、正常な塩素濃度と酸性度に戻るまではさらに時間がかかるかもしれません。[13]
    • フィルターにバックウォッシュ機能が搭載されていると、(部分的な)放水をより手早く行うことができます。
  7. 7
    定期的に水質を検査する 毎日1~2回、使用期間中であれば2~3時間おきに水質の検査を行いましょう。2~3日が経過しても塩素濃度が下がらない場合は次のステップ以降で紹介されている方法を試してみましょう。
    • 記事の終わりに掲載されている「ポイント」欄も目を通しましょう。塩素以外(pH値やシアヌル酸など)の結果の見方について説明しています。基準を満たすことができず、しばらく時間が経過しても問題が解消されない場合は専門家に助けを依頼すべきかもしれません。
    広告

3の方法2:
化学薬品を加えて塩素濃度を下げる

  1. 1
    塩素中和剤を購入する プール用品を取り扱う店舗で販売されています。どの製品を買うべきか定かでない場合は店員に相談しましょう。プール以外の用途の化学薬品は使わないようにしましょう。プール用品の専門店で取り扱われている薬品はプールに特化した特別な濃度で配合されています。
    • チオ硫酸ナトリウムが恐らく最も一般的な塩素中和剤でしょう。取り扱いには注意が必要です。
    • 過酸化水素は最も安価な選択肢で、塩素を無害な物質に分解します。ただし、プールのpH値が7.0未満の環境では効果が薄れます。[14]
  2. 2
    プールを閉鎖する 利用者がいる時に化学薬品を投入しないよう注意しましょう。自分以外にもプールを利用している人がいる場合は、警告するための案内などを掲示しておきましょう。
  3. 3
    使用方法を守る プールに用いられる薬品の多くは、肺、目、肌に有害です。次の手順に進む前に使用方法を確認しましょう。[15]
    • 製品のラベルを読み、安全を確保しましょう。安全に取り扱うために推奨されている器具は全て用意し、緊急時の対処方法も確認しておきましょう。
    • プールに用いる化学薬品は直射日光、熱、湿気を避け、換気の良い場所で保管しましょう。酸と塩素は近くに置かないようにしましょう。また、液体系の化学薬品の隣や真下に粉末状の化学薬品を保管しないようにしましょう。
    • 1度にフタを開けるのは1つの化学薬品のみにしましょう。別の化学薬品のフタを開ける必要がある時は、まず1つ目の容器を閉め保管場所に戻します。
  4. 4
    必要な量を計算する 使用方法を読み、必ず中和剤の投入方法と使用量を確認しましょう。化学薬品は様々な種類や濃度で販売されているので、使用方法や注意事項などもその都度変わります。
    • 一般的に(確認は怠らないようにしましょう)、3800リットルの水に対して15ミリリットルの中和剤を加えます。[16]
    • 市民プールの場合は、さらに精密に計量しましょう。チオ硫酸ナトリウム77ミリリットルあたり、37900リットルの水の塩素濃度を1ppm下げます。[17] こうした計算を行う際はプール用品専門店の店員に相談したりオンライン上の特別な計算機能を活用しましょう。
  5. 5
    少量ずつ中和剤を加える 中和剤の量が多過ぎると様々な弊害が生じます。塩素濃度がゼロまで下がってしまったり、使われなかった中和剤がプールに残留し、次回投入される塩素が破壊されてしまうかもしれません。必要な量を計算することができたら、その3分の1あるいは2分の1を加えましょう。
  6. 6
    何度も水質を検査しながら効果が現れるのを待つ 製品のラベルに書かれている使用方法に従い、中和剤の効果が現れるまで少し時間をおきましょう。何度も水質を検査し、正常な状態になるまで水に入らないようにしましょう。塩素濃度が依然として高いまま計測値が安定した場合は、もう1度少量の中和剤を投入しましょう。
    • 循環装置が遅い場合は、中和剤の効果が現れるまで、さらに多くの時間がかかるかもしれません
  7. 7
    必要に応じてpH値を上げる 塩素濃度を下げるために用いる化学薬品はpH値も下げます。塩素濃度が正常な範囲に戻ったところで、pH値を上げるための措置も取れるようにしておきましょう。pH値は7.2~7.8の範囲を維持しましょう。7.5に近いほど理想的です。[18]
    広告

3の方法3:
UVライトを使用する

  1. 1
    紫外線による消毒の仕組みを理解する プールに特化した紫外線(UV)ライトは、細菌のほとんどを無力化することを目的として作られています。このライトだけではプールを安全に使用することはできませんが、遊離塩素の濃度が最大1ppmまで、必要に応じて(地域の基準次第で)さらに下げることができます。[19] また、塩素の用いられたプールに現れる刺激性物質や危険物質のいくつかが分解されます。また、ライトによっては、高濃度の塩素を分解することができるものもあります(ただし用途としては稀です)。
    • 地域の衛生基準はそれぞれで異なる場合があります。
  2. 2
    MPUVランプを試してみる MPUVランプには下記のような利点があります。
    • 既存の塩素を大幅に分解することができるUVランプはこれだけです。ただし、消毒を用途とした時に推奨されている使用量の10~20倍の量を用いなければなりません。つまり、複数のランプが必要になります。
    • クロラミンを最も効果的に分解することのできるランプです。クロラミンが原因で目の痛み、肌の炎症、そして「塩素臭」が生じます。
    • 消毒効果もありますが、より効果的な選択肢も他にあります。
  3. 3
    LPUVランプの使用を検討する この種類のランプは、しばしば清浄機とも呼ばれています。(量を減らして)塩素を使用する必要があることに代わりはないものの、高い消毒効果を期待することができます。従って、市民プールなどでは魅力的な選択肢かもしれません。
    • LPUVランプはMPUVランプと比べると低価格で効果がより長く持続する傾向があります。
    • クロラミンを取り除けるということをうたった製品も流通していますが、これは部分的に正しい主張だと言えるでしょう。実際に使用すると、チクチクする目の痛みといった明らかな兆候が軽減されることもあれば、軽減されないこともあります。
  4. 4
    その他の種類についても検討する あまり一般的ではないもののMPやLP以外のUVランプもあります。下記のような違いがあります。
    • 紫外線(UV)には様々な光があり、効果も異なります。UVA(紫外線A波315~400nm)、UVB(紫外線B波280~315nm)そしてUVC(紫外線C波100~280nm)に分けられています。光の種類、あるいは波長(nm)の範囲を元に製品を選ぶことができます。[20]
    • プールの消毒に効果があるのはUVCのみです。
    • 塩素濃度を著しく下げることができるのはUVA(太陽光も含む)のみです。それでもかなりの光が必要となります。
    • どの種類の光もクロラミンを分解する効果があります。
  5. 5
    ランプを設置し水質を検査する 専門の業者にUVランプの設置を依頼しましょう。仕様通りに設置されれば、メンテナンスの手間はほとんどかかりません。普段通り塩素濃度を測定し、1ppm、あるいは使用している製品や地域で推奨されてる値を維持しましょう。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む32人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 住宅メンテナンス

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告