プレイ・ドーを酒石英を使わずに作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

酒石英を使わないプレイ・ドーの手作りは簡単で、とても楽しい作業です。小麦粉、食塩、水、そして油を用いた作り方が最も一般的ですが、コーンスターチとコンディショナーで作ることも可能です。食用着色料やKool-Aid(粉末ジュース)で色や香りを加えましょう。

材料

コンディショナーとコーンスターチを用いる

  • コンディショナー120ミリリットル
  • コーンスターチ120グラム
  • 食用着色料
  • ラメ(お好みで)

小麦粉、食塩、油を用いる

  • 中力粉120グラム
  • 食卓塩75グラム
  • 水180ミリリットル
  • レモン果汁大さじ3
  • 植物油大さじ1
  • 食用着色料4~5滴、またはKool-Aid2袋(個包装)

2の方法1:
コンディショナーとコーンスターチを用いる

  1. 1
    120ミリリットルのコンディショナーをボウルに入れる 香りの良いものを選びましょう。プレイ・ドーの色は、コンディショナーの色によって決まるので、よく考えましょう。.[1] 自分で色を作りたいおいう場合は白色のコンディショナーを選びましょう。

    どのようなコンディショナーを用いても構いませんが、低価格のものほど扱いやすいでしょう。[2]

  2. 2
    お好みで食用着色料を加える まず1~2滴落としましょう。よく混ぜ、必要に応じてさらに付け足しましょう。[3]コンディショナーに既に色がついていて、より色を濃くしたいという場合は、コンディショナーと同じ色の着色料を用意しましょう。
  3. 3
    お好みでラメを加える コンディショナーや食用着色料と同色のラメを加えることもできます。あるいは、あえて異なる色を混ぜても良いでしょう。粒の細かいものが最も綺麗に仕上がりますが、通常の大きさのものを用いても問題はありません。まず一つまみ加え、必要に応じて徐々に足していきましょう。
  4. 4
    120グラムのコーンスターチを加えてかき混ぜる 一旦ぼそぼそとした手触りになりますが、こねているうちに滑らかになります。フロスティングのような見た目になったらキッチンのカウンタートップやまな板に移しましょう。[4]
    • コーンスターチがない場合はコーンフラワーで代用してみましょう。
  5. 5
    必要に応じてコーンスターチを足しながらこねる こねている時間が長いほど、しっかりとしたプレイ・ドーになります。1分程を目安にこねましょう。こねている時にベタつきが気になった場合はコーンスターチを足しましょう。[5]

    固くなり過ぎたり、パサついている時は コンディショナーを少量足し、さらにこねましょう。

  6. 6
    プラスチック容器で保管する このように保管することで柔らかさを維持し、乾燥を防ぎます。
    広告

2の方法2:
小麦粉、食塩、油を用いる

  1. 1
    水、レモン果汁、油を大きめの鍋に入れる 180ミリリットルの水を中鍋に注ぎましょう。大さじ3のレモン果汁を混ぜます。さらに大さじ1の植物油も加えて、かき混ぜましょう。.[6]

    レモン果汁は 搾りたてのもの、市販のもの、どちらでも構いません。 搾りたてのレモン果汁を用いる場合は、必ず皮や種を取り除きましょう。

  2. 2
    鍋を低めの中火にかけて煮立たせる 鍋を火にかけましょう。低めの中火で、ゆっくりと加熱します。[7]
  3. 3
    食用着色料あるいは粉末のKool-Aidを加える 食用着色料は4~5滴ほど加え色をつけましょう。色の他に香りも加えたいのであれば、Kool-Aidを2袋加えて、かき混ぜましょう。特に鮮やかな色を作りたいという場合は両方を用いてみましょう。[8]
    • 食用着色料やKool-Aidは、色合いを見ながら量を調整しましょう。
    • Kool-Aidは必ず無糖のものを用いましょう。糖分が含まれていると、ベタつきます。[9]
  4. 4
    ボウルで中力粉と食塩を混ぜ合わせる 120グラムの中力粉をボウルに入れましょう。さらに75グラムの食塩を加えます。スプーンでよくかき混ぜましょう。[10]
    • 全粒ではなく精製された中力粉を使用しましょう。
    • 岩塩やシーソルトではなく食卓塩をしようしましょう。
  5. 5
    ボウルの中身を鍋に加える かき混ぜながらゆっくりと加えましょう。こうすることで、だまになることを防ぎます。[11]
  6. 6
    1つにまとまるまでかき混ぜ続ける かき混ぜていると、粉末状の材料が液体の材料を吸って1つにまとまっていきます。水分がなくなるまで、かき混ぜましょう。[12]
    • この段階でベタつきが気になる場合は鍋の底にたねを伸ばし、2~3秒そのままの状態にしましょう。そして裏返して再び2~3秒置きます。この手順を複数回繰り返し、お好みの質感に整えましょう。
    • 火を通し過ぎないよう注意しましょう。冷めた時に固さが増すということを忘れないようにしましょう。
  7. 7
    1~2分間こねる 1つにまとまったたねを、ワックスペーパーの上に移しましょう。熱すぎる場合は2~3分間冷まします。1~2分間こねて仕上げましょう。[13]
  8. 8
    完全に冷ましてから冷蔵庫で保管する 冷めたら密閉式のプラスチック容器に入れて冷蔵庫で保管しましょう。ここで紹介した分量で作った場合、480ミリリットル程度の容量の容器があれば間に合うでしょう。[14]
    • 必ずしも冷蔵庫で保管しなければならないわけではありませんが、そうしたほうが長持ちします。
    広告

ポイント

  • Kool-Aidを用いる際はラメを混ぜないようにしましょう。とても美味しそうに香るので、子供が食べようとするかもしれません。こうした心配がない場合は、1~2つまみ程度のラメを加えてみましょう。
  • ジップロック式のプラスチック袋では充分ではないこともあります。食品用ラップでプレイ・ドーを包み、それを袋に入れて保管するようにしましょう。
  • グルテンアレルギーの人は、中力粉の代わりに米粉を使いましょう。ただし、中力粉を用いた時と全く同じ質感にはならないかもしれません。[15]
  • ココアパウダーを混ぜると美味しそうなチョコレートの香りが加わります。ただし色もチョコレートのようになります。[16]
  • 香り付けにエッセンシャルオイルを2~3滴加えるのもよいでしょう。ペパーミントやラベンダーが特に合います。
  • よりしっかりと香りをつけたいという場合はエッセンスやエクストラクト(ストロベリー、レモン、バニラなど)を使ってみましょう。[17]
広告

注意事項

  • プレイ・ドーはいずれ乾いて固くなります。おかしな臭いや見た目に気づいた時点で捨てましょう。
  • 小さな子供が遊ぶ場合はラメを混ぜないようにしましょう。
広告

必要なもの

小麦粉、食塩、油を使う場合

  • ボウル
  • 木製のスプーン
  • 密閉式のプラスチック容器

コンディショナーとコーンスターチを使う場合

  • ボウル
  • スプーン
  • プラスチック製容器

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 工芸

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告