プラスチックについたシールをはがす方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

プラスチックについたシールやラベルを剥がすのは、一見簡単に思えるでしょう。しかし、いざ剥がしてみると、一部だけしか剥がれなかったり、粘着部分がプラスチックに付着したままということもよくあります。これは、多くの大手メーカーが、シールやラベルがプラスチックから剥がれないように高強度の接着剤を使用しているためです。ピーナッツバターやアルコール液など様々なものを使用して、シールやシールの残留物をきれいに取る方法を紹介します。

3の方法1:
化学溶液を使って剥がす

  1. 1
    シールをラッカーシンナーで擦る ラッカーシンナーは強力な溶液のため、シール部分を5分から10分間液に浸すだけで十分に効果を発揮します。浸した後は、広く平たいスクレーパーで粘着部分まできれいに擦り落としましょう。のり取りクリーナーなど、専用のはがし液も同様の効果があります。[1]
  2. 2
    アルコール液で擦って粘着剤を剥がす 濃度90%のイソプロピルアルコール液を用意しましょう。液を少量垂らした古い布切れで、粘着部分を拭いていきます。1分程擦っていると、次第に粘着部分が取れてくるでしょう。[2]
  3. 3
    シールにディグリーザーをスプレイする WD-40のようなディグリーザー(油性洗浄剤)を使用し、シールやラベルを剥がすこともできます。ラベルを保存したい場合、まず、WD-40をプラスチックの一部に試してラベルの原形を損なわないかどうか確かめましょう。確認後、ディグリーザーをきれいな布または粘着したシールや残留部分に直接スプレーします。ディグリーザーのついた布で、シールが剥がれてくるまで円を描くように擦りましょう。[3]
  4. 4
    シール部分を除光液に浸す 除光液を容器に入れ、シール部分を浸します。容器を満たすのに十分な量の除光液がない場合、除光液を染み込ませた布でシールを擦り剥がしましょう。シールを除光液に浸し数分置くことで、より剥がしやすくなります。[4]
    Advertisement

3の方法2:
オイルを使って剥がす

  1. 1
    ラベルを料理油に浸す 料理油を容器に入れ、ラベル部分を12〜24時間浸しましょう。キャノーラ油、植物油などの料理油は、ラベルに浸透して粘着力を弱めるため、後で剥がしやすくなります。一度で全部剥がれなかった場合、再度油に浸した後カミソリの刃を使ってそっと剥がしましょう。[5]
  2. 2
    シールの残留部分にピーナッツバターを塗る ピーナッツバターに含まれる油分は、多くの粘着剤を溶解する働きがあります。シールの上にピーナッツバターを薄く塗りましょう。ピーナッツバターの種類はなんでも構いません。数分間そのままにした後、洗剤入りのぬるま湯とスポンジで拭き取りましょう。[6]
  3. 3
    マヨネーズを使う マヨネーズに含まれる油分は、剥がし残った粘着剤のベタベタを溶解する働きがあります。マヨネーズの種類はなんでも構いません。粘着剤の残留部分にマヨネーズを擦り込み、15分程そのままにします。その後、乾いた布で拭き取りましょう。[7]
    • 残留部分が分厚い場合や一度で剥がれなかった場合には、この過程を再度繰り返しましょう。
    Advertisement

3の方法3:
剥がし残りの粘着剤を取り除く

  1. 1
    重曹とぬるま湯で、剥がし残りのベタベタを取る 重曹と少量の水を混ぜてペーストを作ります。ペーストを粘着剤の上に塗り、布で擦り取ります。一度で取れなかった場合、ベタベタした部分にペーストを塗って数分置きましょう。 [8]
  2. 2
    食卓塩とウェットティッシュを使う 少量の食卓塩を振りかけ、粘着剤を硬化させます。除菌ウェットティッシュを使って、剥がれるまで擦りましょう。数枚のウェットティッシュが必要となるでしょう。[9]
  3. 3
    残留部分を消しゴムで擦る 鉛筆用の消しゴムを使い、ベタベタした残留部分が取れてくるまで力強く擦りましょう。それでもまだ取れない部分は、刃物で取り除きましょう。[10]
  4. 4
    刃物を使う 残留物を取り除くためには、プラスチック製ブレードが適しています。Amazonや同様のサイトでは、シールやラベルなどのステッカーを取る専用のブレードを取り扱っています。ラベルまたはシール剥がしで検索しましょう。残留物の下にブレードの先を入り込ませ、刃先を前後にゆっくりと動かしながら残留物を取っていきます。ブレードを使って残留物をできるだけ取り除きましょう。[11]
    Advertisement

ポイント

  • 化学溶液使用時には、必ず手袋をしましょう。
  • ピーナッツバターの代わりに、マーガリンまたはハンドローションも使うことができます。どれも、ガラス容器に粘着した接着剤を溶解する働きがあります。
  • WD-40などを使っても取りきれなかった粘着剤は、食器洗い洗剤を溶かした熱湯にプラスチックを浸し、ブラシで擦って取り除きましょう。
Advertisement

注意事項

  • 除光液にはプラスチックを溶かすアセトンが含まれたものもあるため、使用の際には十分気をつけましょう。
  • ディグリーザーを使用する前に、まずプラスチックの目立たない部分に試しましょう。ディグリーザーはプラスチックを溶かす場合があります。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement