フランス語で「どういたしまして」と言う方法

フランス語で「どういたしまして」の言い方は、それを言う状況や、丁寧な表現かくだけた表現かにより数通りあります。

4の方法1:
「ありがとう」に対する一般的な返事

  1. 1
    「ありがとう」に対して「どういたしまして」と答えるとき、「Je t'en prie」と言う 「Je t’en prie」は「ジュトンプリ」のように発音し、英語の「ユーアーウェルカム(どういたしまして)」と同じ意味です。[1]
  2. 2
    「ありがとう」に対して「どういたしまして」と答えるとき、「De rien」と言う 「De rien」は「ドゥリアン」のように発音し、文字通りの意味は「ありがとうは必要ありませんよ」となります。このフレーズは、相手のためにドアを開けて待ってあげたり、落し物を拾ってあげたりしたときに言われる「ありがとう」に対する返事としてよく使われます。[2]
    広告

4の方法2:
くだけた表現で「どういたしまして」と言う

  1. 1
    友達や家族に「どういたしまして」と答えるとき、「Il n'y a pas de quoi」と言う これは「どういたしまして」のくだけた言い方であり、発音は「イルニアパドゥクワ」のようになります。直訳すると「たいしたことではないよ」の意味で、「Pas de quoi」(パドゥクワ)とさらに短く言うこともできます。[3]
    広告

4の方法3:
丁寧な表現で「どういたしまして」と言う

4の方法4:
プレゼントを渡したときに「どういたしまして」と言う

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告