フェリチン値を上げる方法

共同執筆者 Jurdy Dugdale, RN

フェリチンとは体内のたんぱく質の一種で、組織内に鉄分を蓄える働きをします。鉄分不足や栄養不足になると、フェリチン値が下がることがあります。その他にも、様々な病気や慢性疾患もフェリチン値を下げる原因となることがあります。フェリチン値が低いと深刻な健康問題を引き起こす可能性がありますが、ほとんどの場合、フェリチン値は比較的簡単に上げることができます。未解決の健康問題があればそれを特定し、サプリメントを摂り、食事を改善することで、血液中のフェリチン値を上げることができます。

パート1(全3パート):低フェリチンの原因をつきとめる

  1. 1
    医師に相談しましょう。フェリチン値を上げようと何かを始める前に、かかりつけの医師に相談しましょう。家族を含めた病歴について問診があるでしょう。また、低フェリチンに関連した症状の有無についても質問があるでしょう。症状例には以下のようなものがあります。[1]
    • 疲れ
    • 頭痛
    • イライラする
    • 髪の毛が抜ける
    • 爪が割れやすい
    • 息切れ
  2. 2
    血液中の鉄分量を調べましょう。フェリチンとは体内組織に取り込まれた鉄分であるため、医師はまず血液中の鉄分量を調べます。それによって、鉄分の摂取が足りないのか、あるいは鉄分が血液中に取り込まれるのを阻害しているものがあるのかを把握できます。[2]
  3. 3
    フェリチン値を調べましょう。医師はフェリチン値の検査もするでしょう。血液中に十分な鉄分がなければ体内の組織から鉄分が取り出されるので、フェリチン値が低くなります。そうしたことから、フェリチン値と鉄分量のテストは同時に行われることがよくあります。[3]
    • 理想的な血液中のフェリチン値は30~40 ng/mLです。20 ng/mL以下の場合は、軽度のフェリチン不足と診断されます。[4]10 ng/mLを下回ると、フェリチン不足と診断されます。
    • 血液の検査機関によっては独自の検査手法を採用しており、フェリチンの値や値域の記載方法が異なることがあります。検査結果の解釈については医師に尋ねるようにしましょう。
  4. 4
    鉄結合能テストを受けましょう。このテストでは、血液が含有できる最大の鉄分量を測ることができます。これによって医師は、肝臓やその他の器官が正常に機能しているかどうかを知ることができます。正常に機能していない場合、フェリチンまたは鉄分量の低さは、より深刻な健康問題に原因を帰している可能性があります。[5]
  5. 5
    深刻な病気を抱えていないか突き止めましょう。医師は問診と血液検査の結果を踏まえて、フェリチン値の低下の原因となっている、あるいはフェリチン値の上昇を妨げている病気がないかどうかを見極めます。フェリチン値に影響を及ぼす可能性のある病気には以下のようなものがあります(これらに限定されません)。
    • 貧血
    • 腎臓疾患
    • 肝炎
    • 胃潰瘍
    • 酵素障害[6]
    Advertisement

パート2(全3パート):サプリメントを摂る

  1. 1
    経口の鉄剤を飲みましょう。軽度のフェリチン不足ならば、近くのスーパーや薬局で鉄剤を買い求めるように医師から指示があるでしょう。製品の説明書や薬剤師の指示に従いましょう。経口の鉄剤は通常、鉄分量、フェリチン値を上げるのに数週間かかります。
    • 鉄剤は、腰痛、寒気、目まい、頭痛、吐き気などの様々な副作用を起こすことがあります。[7]
    • ビタミンCは鉄の血液中への吸収を助けるので、鉄剤をグラス一杯のオレンジジュースと一緒に飲むといいでしょう。[8]
    • 鉄剤は、牛乳、カフェイン、制酸薬、カルシウムのサプリメントと一緒に摂らないようにしましょう。これらは鉄の吸収を妨げます。[9]
  2. 2
    ビタミン注射と静脈内治療を受けましょう。重度のフェリチン不足であったり、最近大量に出血したことがあったり、鉄の吸収を妨げる病気を抱えている場合、医師は恐らく注射か点滴を処方するでしょう。血管に直接鉄を注射するか、鉄の吸収を助けるビタミンB12の注射を受けることになるでしょう。重症の場合は、鉄分量を早急に上昇させるために医師から輸血の指示があるかもしれません。[10]
    • 注射や点滴は、他の手段によって鉄分量やフェリチン値を高めることができなかった場合にのみ行われます。
    • 鉄の注射は、鉄剤と同じような副作用を起こすことがあります。
  3. 3
    処方されたサプリメントや薬に頼りましょう。体内の鉄分量やフェリチン値を上げる薬には様々なものがあります。鉄の吸収や貯蓄を妨げる病気があれば、医師からそうした薬を処方されるでしょう。薬には以下のようなものがあります。
    • 硫酸第一鉄
    • グルコン酸第一鉄
    • フマル酸第一鉄
    • カーボニル鉄
    • デキストラン鉄錯体[11]
    Advertisement

パート3(全3パート):食事を改善する

  1. 1
    肉類をたくさん摂取しましょう。鉄分の補給に最も良いのは肉類、特に赤身の肉といえるでしょう。肉類は鉄分が豊富というだけでなく、肉類に含まれる鉄分は体に吸収されやすいからです。したがって、肉類の摂取量を増やせば、体内の鉄分量もフェリチン値も上がります。鉄分量を上げるのに最適な動物性食品は、以下のものです。
    • 牛肉
    • 羊肉
    • レバー
    • 貝類
    • [12]
  2. 2
    鉄分が豊富な植物性食品を摂取しましょう。肉類に続いて、様々な植物性食品にも鉄が豊富に含まれています。これらの食品は、血液中のフェリチン値の上昇を促します。ただし、動物性食品と同じ鉄分量を摂取するには、平均でその二倍の植物性食品を摂る必要があることを覚えておきましょう。鉄分が豊富な植物性食品には以下のようなものがあります。
    • ほうれん草
    • 小麦
    • オート麦
    • ナッツ類
    • 米(鉄分強化されたもの)
    • 豆類[13]
  3. 3
    鉄の吸収を阻害する食べ物やミネラルの摂取を控えてみましょう。特定の食べ物やミネラルは、鉄の消化吸収を困難にすることがあります。それらを食事から排除する必要はありませんが、控えめにしたほうが良いかもしれません。それには以下のようなものがあります。
    • 赤ワイン
    • コーヒー
    • 紅茶と緑茶
    • 発酵されていない豆類[14]
    • 牛乳
    • カルシウム
    • マグネシウム
    • 亜鉛
    • [15]
    Advertisement

このwikiHow記事について

治験審査委員
この記事はJurdy Dugdale, RNが共著しています。 ジューディー・ダグデールはフロリダ州在住の正看護師です。1989年にフロリダ州の看護師委員会より、正看護師として認定されています。
カテゴリ: 健康 | 全般的健康

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement