パーセンテージを計算する方法

実質年率3.4%から80%オフのセールまで、パーセンテージは私たちの身の回りのどこにでもあります。パーセンテージとは何で、どう計算するのかを知っておくといろいろな場面で役に立ちます。あなたが思っているほど難しくはありません。では、その方法を簡単にご紹介します。

3の方法1:
全体からパーセンテージを計算する
編集

  1. 1
    パーセンテージとは何かを知る パーセンテージとは、全体と比較したある部分の比率を数字で表したものです。パーセンテージを計算するためには、まず全体を100とする必要があります。例えば、リンゴを10個(=100%)持っていたとしましょう。そのうちの2個を食べたとすると、2/10 x 100(%)=20%になり、リンゴ全体の20%を食べたことになります。そのため残りのリンゴは元の80%になります。
    • 英語の「パーセント」という言葉は、イタリア語の「ペルセント」もしくはフランス語の「ポーセント」を語源とし、「百につき」という意味を持ちます。
  2. 2
    全体の数を知る 例えば、瓶の中に1199個の赤いビー玉と485個の青いビー玉が入っていたとします。瓶の中のビー玉の合計は1684個で、これを100%とします。
  3. 3
    パーセンテージを求める対象の数を見つける では、青いビー玉485個のパーセンテージを計算してみましょう。
  4. 4
    全体の数と対象部分の数を分数に当てはめる ここでは485(青いビー玉の数)が1684(ビー玉全体の数)の何パーセントになるのかを計算します。分数にすると485/1684となります。
  5. 5
    分数を小数に変える 分数の485/1684は485÷1684で計算できますが、これを小数で表すと0.288になります。
  6. 6
    小数をパーセンテージに変換する 上記の答えに100をかけます。0.288×100=28.8。これがパーセンテージで28.8%になります。
    • 小数に100をかける簡単な方法は、小数点を右へ2桁ずらします。
    Advertisement

3の方法2:
パーセンテージから対象の数を計算する
編集

  1. 1
    逆算する理由 パーセンテージを告げられて、そこから実際の数を計算しなければならない時があります。例としては、税金、チップ、ローンの利子などの計算が挙げられます。
  2. 2
    計算に用いる数を知る 例えば、あなたが友達からお金を借りて、利子つきでそれを返すとします。計算に必要な数値は、借りた15ドルと利子の3%だけです。
  3. 3
    パーセントを小数に変換する パーセントに0.01をかけます。または簡単に小数点を左に2桁ずらします。3%を例にすると、小数では0.03となります。
  4. 4
    パーセントを小数に変換した数字に全体の数をかける。ここでは15×0.03となり、答えは0.45です。そのため利子は0.45ドルで、借金を返済するまでに毎日その利子が課されることになります。
    Advertisement

3の方法3:
割引を計算する
編集

  1. 1
    値段と割引の割合を知る 割引された値段を計算するのは難しくはありません。まずはどれだけ割引されるかを正確に求めることから始めます。あなたの買いたい商品がセールでどれだけ割引されるのか確かめましょう。
  2. 2
    割引を引いた残りのパーセントを求める 残りのパーセントは100%から割引パーセントを引いたものです。30%オフのシャツを買いたい場合は、残りのパーセントは70%になります。
  3. 3
    残りのパーセントを小数に変換する 変換するにはパーセンテージに0.01をかけるか、小数点を左に2桁ずらします。この場合、70%は0.7となります。
  4. 4
    正規の値段に変換した小数をかける 買いたいシャツが20ドルだとします。この場合、20×0.7=14となり、シャツはセールで14ドルで買えるということになります。.
    Advertisement

ポイント編集

  • 全体とパーセンテージを示す表として円グラフが使われることがあります。円全体が100%を表し、各部分が全体と比較したパーセントを表します。
Advertisement

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement