パンのカビを抑制する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

パンの鮮度をいかに保つか。これは多くの人にとって共通の課題です。少人数世帯で、高温多湿の地域に住んでいる人にはなおさらでしょう。パンをカビから守り、最後の一口まで存分に味わうためには、正しい保存方法を学ぶのが一番の近道です。

3の方法1:
パンを冷凍する

  1. 1
    パンをスライスする、またはある程度の大きさに切る まず、パンをある程度の大きさに切るか、スライスしてしまいましょう。凍らせた後のパンを切るのは非常に困難です。先にカットしておけば、毎回全部を解凍せずに済みます。
  2. 2
    パンを密封する ワックスペーパーやアルミホイルでパンを包むと、水分の蒸発と冷凍焼けを防げます。やわらかいパンの場合、スライスしたパンの間にワックスペーパーを挟んでおきましょう。パン同士がくっついてしまうのを防げます。[1]
  3. 3
    フリーザーバッグにパンを入れる 毎回袋を開けるたび、中のパンに合わせて袋を折りたたみ、空気を可能な限り抜いてから袋を閉じるようにしましょう。この方法だと長くて6カ月間、パンの鮮度を保つことができます。[2]
  4. 4
    パンを解凍する パンを食べる際は、加熱する前に、アルミホイルやワックスペーパーに包んだまま自然解凍しておきましょう。そうすると、包みに移ってしまった水分がパンに再吸収され、パンの食感が冷凍前の状態に戻ります。[3]
    広告

3の方法2:
湿気のない冷所に保存する

  1. 1
    ブレッドケースを購入する ブレッドケースは冷所に保管しましょう。熱を発する物の近くはカビの成長を促してしまいます。また、カビの胞子は酸素中に潜んでいます。ブレッドケースは密閉し、胞子の絶対数を抑えるようにしましょう。[4]
  2. 2
    パンを湿気から守る 濡れた手でパンを触らないようにしましょう。また、パンを密封する際は、パンや保存容器に水滴が付着していないことを確認します。水分が付いたまま室温下で放置すると、カビが発生しやすくなります。[5]
  3. 3
    冷蔵しない 冷蔵庫の温度はカビ抑制に効果がありますが、パンの鮮度が急激に落ちる原因ともなります。冷凍と異なり、冷蔵するとパン内部のデンプン配列が変わるため、あっという間に食感が大きく変化してしまいます。[6]
    広告

3の方法3:
長期保存可能な自家製パンを作る

  1. 1
    サワードウ・スターターを材料に使う サワードウ・スターターとは、簡単に言えばすぐに製パンに利用できる状態の天然酵母で、パンに強い酸味を与え、カビの発生と腐敗を抑制する効果があります。[7]
  2. 2
    密度の高いパンを作る 素朴なイタリアパンのように、中がもっちりとして外側がカリッと焼けたパンはカビの発生を遅らせます。パンの密度を上げるには、小麦粉を多めに使って生地を練りましょう。また、パンを焼く際に霧吹きで蒸気を吹きかけると、カリカリのクラストに焼き上がります。[8][9]
  3. 3
    天然の保存料を加える レクチンやアスコルビン酸の天然保存料を加えると、水分を維持しながらイースト菌やカビ菌の数を減らすことができます。ニンニク、シナモン、はちみつ、クローブはそのままでカビ抑制効果のある食材ですが、むろんパンの風味に大きな影響を与えてしまいます。[10][11]
    広告

ポイント

  • オーブンで焼けば、古くなったパンも再び食べることができ、多少は風味も戻ります。ただし、これは一度限りの手段です。
  • 使いかけのパンを数時間から1日ほど新鮮に保つためには、容器には入れず、切った面を下にしてまな板の上に置きます。[12]
広告

注意事項

  • 呼吸器系の問題を引き起こしかねないので、カビが発生していると思しきパンは口元に近づけず、臭いもかがないようにしてください。
  • カビが生えていると少しでも疑われるパンを食べてはいけません。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告