パソコンを初期化する方法

パソコンを初期化するには、ハードドライブの全てのデータを消去し、OSを再インストールする必要があります。この作業を行うと、パソコンを工場出荷時の状態に戻すことができます。これは、パソコンが誤作動する、もしくは、コンピュータを売る、寄付するなどの予定がある場合に便利です。Windows 7とMac OS Xを搭載したパソコンの初期化の手順を以下に紹介します。

2の方法1:
Windows
編集

  1. 1
    データをバックアップします。 パソコンを初期化すると、全てのファイルとデータが失われます。また、プログラムも消去されます。従って、必要なプログラムは初期化後に再びインストールする必要があります。文書、楽曲、写真、および、動画を含む消去したくないファイルに関しては、事前にバックアップを取っておきましょう。
    • バックアップするデータの量に応じて、DVD、CD、外付けのハードドライブ、フラッシュドライブ、または、クラウドなどが利用できます。
  2. 2
    CDから起動の設定を行います。CDから起動するためには、パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されたタイミングで設定用のキーを入力します。このキーはメーカーによって異なりますが、分からない場合は、この画面で表示されるので確認してください。通常はF2、F10、F12、および、Delが用いられます。
    • BIOSのメニューが表示されたら、Bootのメニューを選択します。端末の順序を変更して、パソコンがハードドライブよりも先にCDから起動されるように設定します。続いて、変更を保存して終了すると、パソコンの再起動が始まります。
    • フラッシュドライブから起動している場合は、BIOSを「Removable Device」(取り外し可能な保存装置)から起動するように設定します。
  3. 3
    設定を開始します。CDが挿入されており、BIOSが正しく設定されているなら、画面に「Press any key to boot from CD…」(好きなキーを押してCDから起動する)ことを求めるメッセージが表示されます。このメッセージが表示されたら、キーボードのいずれかのキーを押します。すると、Windows 7の設定プロセスが開始されます。
    • システムによっては、キー入力の要請が行われない状態で、設定プログラムが立ち上げられることもあります。
  4. 4
    Windowsがファイルを読み込む間待機します。読み込みが完了すると、Windows 7のロゴが表示されます。この時点ではファイルの変更は行われません。データは後のステップで消去されます。
  5. 5
    基本的な設定を行います。ここでは、言語、時間、および、通貨の形式、さらに、キーボードまたは入力方法の確認を求められます。適切な選択肢を選び、「次へ」をクリックします。
  6. 6
    続いて「今すぐインストール」をクリックします。注意:Windowsを再インストールしてパソコンの修理を行っているとしても、絶対に「コンピューターの修復」をクリックしないでください。「今すぐインストール」をクリックすると、継続する上で必要なファイルの読み込みが始まります。
  7. 7
    利用規約を読み、同意します。次へ進むには、Microsoftの利用規約を読み、同意しなければなりません。ユーザーとしての権利と制約を把握するため、必ず最後まで目を通しましょう。
  8. 8
    カスタムのインストールを選択します。ここでパソコンをクリーンにするためのインストールを行います。パソコンの初期化とは、パソコン上のデータを全て消去することを意味します。要するに、ディスクを消去するプロセスを指します。
  9. 9
    パーティションを削除します。ウィンドウが開き、Windowsをインストールする場所をユーザーに尋ねます。ここでは、パソコンをクリーンにするインストールを実行するため、古いパーティションを削除し、白紙の状態からスタートできるようにします。「ドライブオプション(詳細)」を選択すると、パーティションの削除と作成が可能になります。
    • 既存のOSのパーティションを選択し、「削除」ボタンをクリックします。
    • ハードドライブに複数のパーティションがある場合は、削除するパーティションを絶対に間違えないようにしましょう。削除したパーティションのデータは二度と復元することができません。
    • 削除のプロセスを確認します。
  10. 10
    「未割当領域」を選び、「次へ」をクリックします。Windows 7をインストールする前にパーティションを作成する必要はありません。この作業は自動的に行われます。
  11. 11
    Windowsがファイルをインストールする間、待機します。「windowsファイルをコピー中」の隣の~%が着実に増えていきます。このプロセスには最長で30分間かかることもあります。
    • コピーが終了するとWindowsは自動的にパソコンを再起動させます。
    • 再び設定画面が現れ、レジストリ設定の更新が行われている旨を伝えるメッセージが表示されます。
    • 続いてパソコンのサービスを設定します。Windowsを起動する度に同じプロセスが実行されますが、次回からはバックグラウンドで行われます。
    • ウィンドウが開き、Windowsのインストールが完了したことを知らせます。パソコンが再起動されます。
    • 続いて、Windowsはドライバーを読み込み、動画の設定を確認します。ここではユーザーは特に何も入力する必要はありません。
  12. 12
    ユーザー名とコンピュータ名を入力します。ユーザー名は、パソコンにログインする際、および、アカウントを編集する際に必要になります。また、コンピュータ名は、パソコンがネットワーク上に表示する名前です。
    • Windows 7のコントロールパネルを介して、後ほどユーザーを加えることができます。
    • Windowsがパスワードの入力を要請します。 これは任意のオプションですが、他にもパソコンを利用する人がいる場合はパスワードを利用したほうがよいでしょう。パスワードが不要ならば、空欄のままで「次へ」をクリックします。
  13. 13
    プロダクトキーを入力します。 プロダクトキーはWindowsの箱に25文字で掲載されています。「オンラインで自動的にライセンス認証する」にチェックを入れると、インターネットに接続した際にWindowsが自動的にプロダクトキーを認証します。
  14. 14
    Windowsの更新プログラムを選択します。Windowsを安全に、そして、安定して動作させるために、上から2つのオプションのうちのいずれかを選びましょう。一番上のオプションを選ぶと、全ての更新を自動的にインストールします。一方、上から二番目のオプションを選ぶと、重要な更新が利用可能になった時点で、ユーザーにインストールを促します。
  15. 15
    時刻と日付を選択します。BIOSに接続しているため既に正しい時刻と日付が選択されているはずですが、選択されていない場合はここで変更することが可能です。夏時間を使用する地域に居住する場合、「Automatically adjust clock for Daylight Saving Time」(夏時間に自動的に時刻を合わせる)のチェックボックスにチェックを入れておきましょう。
  16. 16
    ネットワークを設定します。パソコンがネットワークに接続されている場合、ここで当該のネットワークを特定することが出来ます。大方、「ホームネットワーク」、もしくは「社内ネットワーク」が該当します。パソコンを公の場で利用しているなら、「パブリックネットワーク」を選びましょう。モバイル・ブロードバンドのユーザーは必ずパブリックネットワークを選択する必要があります。
    • Windowsがパソコンをネットワークに接続します。 このプロセスは完全に自動化されています。
  17. 17
    デスクトップを確認します。最後にもう一度画面の読み込みが行われ、Windows 7のデスクトップが表示されます。これでインストールのプロセスは完了です。
    Advertisement

2の方法2:
Mac OS X
編集

  1. 1
    データをバックアップします。 パソコンを初期化すると、全てのファイルとデータが失われます。また、プログラムも消去されます。従って、必要なプログラムは初期化後に再びインストールする必要があります。文書、楽曲、写真、動画を含む消去したくないファイルに関しては、事前にバックアップを取っておきましょう。
    • バックアップするデータの量に応じて、DVD、CD、外付けのハードドライブ、フラッシュドライブ、または、クラウドなどが利用できます。
  2. 2
    Macを再起動します。再起動の最中にCommand + Rキーを数秒間押したままにすると、「復元」のメニューが表示されます。「ディスクユーティリティ」を選び、「続ける」をクリックします。
  3. 3
    ディスクを初期化します。ディスクユーティリティの左側のフレームからハードドライブを選択します。続いて「消去」タブをクリックします。「フォーマット」のドロップダウンメニューから、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選びます。ディスクの名前を入力し、「消去」をクリックします。
    • この時点でディスクの全てのデータが削除されます。そのため、重要なファイルは忘れずにバックアップを取っておきましょう。
    • 消去のプロセスが完了したら、ディスクユーティリティを閉じます。
  4. 4
    Mac OS Xをインストールするプロセスを開始します。 ネットワークに接続していることを確認し、OS Xを再インストールするオプションを選びます。続いて、Apple IDとパスワードを入力して、ライセンスの認証を行います。また、ライセンス契約に同意する必要もあります。
  5. 5
    インストールするディスクを選択します。ここでは、OSをインストールするディスクをインストーラから選択するよう求められます。ディスクユーティリティを用いて削除したディスクを選びましょう。
  6. 6
    このプロセスが完了するまで待機します。完了すると、Mac OS Xがインストールを開始します。ここではユーザーは特に何もする必要はありません。インストールのプロセスの最中にパソコンの再起動が行われることがあります。インストールが完了すると、デスクトップが表示されます。
    Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む17人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement